DIY魂 キズ消し大失敗

先週、サイドミラーの引っかき傷をタッチアップペンで塗装。
https://silent-diary.at.webry.info/202010/article_12.html

今日、仕上げに入る。

これが作業前の状態。塗装が乾いて完全に固着。マスキングテープを塗装の周りを囲むように張る。そして1000番の紙ヤスリでこする。
2020-10-3101.jpg

マスキングテープの厚みまで塗装を削るのだが、いまいち削れてるのかどうか不安。それにマスキングテープも一緒にこするので、マスキングテープも削れていく。数回、マスキングテープを貼り直して削る作業を繰り返す。

こんなもんかなー。削り過ぎも怖いので、こんなもんでいいかな。
2020-10-3102.jpg

今度はコンパウンド粗目で磨いていく。というか削っていく。塗装がサイドミラーのもともとの面と平滑状態にする・・・のだが、これが大変。いくら磨いてもなかなか平滑状態にならない。紙ヤスリが足りなかったかなー。かれこれ30分くらい粗目で磨く。

スポンジに青い色が付いてるので、塗装を削ってるのは間違いない。
2020-10-3103.jpg

たまたま妹が来てて、知人の話を聞いたら、ヴィッツのサイドミラーの交換した人によると8千円程度だったらしい。俺はこの傷直しの道具のために3千円以上使っている。この手間を考えると、失敗するかもしれない作業の費用対効果という面では微妙。まあ、自分の手で直すというのが楽しいということもあるのだが・・・。

もう、こんなもんで諦めましょう。指先で触るとなめらかになって入るけど、塗装の膨らみは残っている。しかし、塗装面以外も一緒に削ってるのは間違いない。もう、こんなもんで諦めよう。しかし、なんか微妙に色が違うような。間違えたかな?
2020-10-3104.jpg

後は、コンパウンドの細目と極細目で磨いていく。

しかし、細目で磨いていると異変発生。
2020-10-3105.jpg

傷の真ん中あたりの塗装が元の面とかなり平滑状態になり見分けがつかないくらいになった。お、すごい。もっと磨けば完璧になる?と思ったが、その平滑状態の上下が白く曇った状態に。写真ではわかりにくいが、明らかに元の面が曇ってしまった。

あちゃー、やっちゃった。
コンパウンドで磨きすぎてクリア層がなくなっちゃったのかな?指先で触った感じではわからないけど。
この時点で諦めてクリア塗装を薄くぬる。白く曇ったところもクリア層が無くなった可能性があるので、クリア塗料を塗る。

しくじったなー。
紙ヤスリが足りなかったな。削り過ぎが怖かったが、結果的にコンパウンドで磨きすぎてしまった。
それにコンパウンドで磨く時もマスキングテープ貼っておいたほうが良かった。周りと差がつくかと思ったが、こうなることがわかってたら貼ってた。
それと、先週の作業で、紙ヤスリで傷の上をこすって細かいバリを取ったのだが、そのとき傷を広げてしまった。それで塗装も広げることになったのが後に響いた。

やっぱりタッチアップペンで塗装し直すのは難しいな。ピンポイントの小さい傷を直すにとどめるべきだった。削って磨くという工程が必要になることを考えると、極限まで塗装を広げない努力が必要だった。


で、これで諦めようかと思ったが、また動画を見て、やり直すことにした。
https://www.youtube.com/watch?v=nRf37aWRd7I

タッチガンスプレーでやり直す。ここまで来たら納得するまでやってやる。
くそー、クリア塗料塗るんじゃなかった。無駄にまた紙ヤスリで削らないといけない。でも、もうアマゾンでタッチガンも、タッチガン用のクリア塗料とボカシ剤も注文したもんね。また3千円近くかかっちゃったよ。それで失敗したら、最悪はディーラー行きかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント