あれ?打てるぞ?

午前8時。ソフトテニスの練習に行く。

下の子が部活を始めたことで、奥さんも急にやりたいと言いだして聞かず、昔の高校大学の同期のつてで、サークルを紹介してもらった。聞いた次の日に行くという迅速さ。最初なんで、俺も一緒に行く。あと、なぜか関係のない上の息子もついてくる。

もう10年以上サークルの練習とか行ってないのだけど、大学の頃からの知り合いの先輩の人がいて、いろいろ世話してもらって練習できた。

使用ラケットはXyst TSとXyst T3。これも10年以上前に使ってたラケット。ストリングも当時のまま。グリップテープもそのままだが、表面が完全に剥げ落ちてドライタイプと化している。
2020-08-1001.jpg

全然飛ばん。特にT3には硬いストリングを張ってて弾力が全く無く、ロブを上げようとしてるのにボールがこぼれ落ちるような感じで、さすがに使うのが嫌になってきた。
しかし、試合も出ないのに新しいラケットを買うはずもなく、新品のグリップテープを使うのも嫌。奥さんが使うやつだけ巻いてやったけど、それすら一晩悩んだ。まあ、奥さんが新しいラケットを買ったら、それに巻き直してやる。

久しぶりに人相手に練習して試合もやったのだが、別にふつーにできた。なんにも考えなくてもフォアもバックもボレーもできる。なぜ硬式でミスりまくるスマッシュがいとも簡単に決まるのか不思議だ。サーブだけがかなり感覚が違ってて、気をつけないとスピンがムッチムチにかかってしまう。フラットサーブに+α程度のスピンをかける感覚じゃないと入らない。

奥さんもふつーにやってた。軟式は大学のときからずっとやってて硬式をちょっと一緒にやってたけど、すぐやめて、空手はやってたけど、それも最近やめて、まともな球技は10年やってないが、ふつーにやってた。やはり若いときにやったことは体が覚えてるのか。バックハンドは地を這ってたけどな。あと、ショルダーカットサーブがネットに届いてなかった。多分、ラケットのせいだろう。

常に喋ってる先輩と中学生がいて、退屈せず11時くらいまでやって引き上げた。
サークルはほとんど年配の人ばかりだけど、中学生がいたり、今日はいなかったけど僕の大学時代の先輩後輩が何人かいるらしく、通いやすい。まあ、奥さんがちょっと馴染むまでは一緒に行ってやるか。


午後。テニスの練習へ。午前の勢いのままに出発。昨日から猛暑の中、シングルス4試合し、今朝軟式やって、午後硬式。さすがに死ぬ。しかし、お盆の間特にやること無いし、釣りいけないし、昨日もまたヘボすぎたので練習するしかない。

暑いわー。
全然打てんわー。
午前と打って変わってストレスマックス。どこ飛んでいきやがるんだ、あのボールは。

昨日の反省から、テイクバックをきちんと取って打つのだが、なんか違うんだわ。やっぱり軟式で打ってるときほどの確信みたいなのが全然無い。軟式やってるときのように打つと、打てるんだけど、なんか力を入れるタイミングや入れ具合とか面さばきが微妙に違ってて、全く同じ感覚では打てない。そして、基本的に飛びすぎるので、これまた微妙な力加減で調整している。
最近、軟式と同じように打てばいいんだと思ってやってたが、いまいちものにならない理由がここらへんにあると思われる。

壁打ちや球出し練習で打てるようになってるので、その感覚でも打とうとしてるのだが、それもものにならない。まず、テイクバックが間に合わない。

しかし、あるタイミングから急に打てるようになった。
「あれ?打てるぞ?」
という感じ。強く振っても、入るという確信を持って打てる。なぜ?

リターンのとき、今まで振り回してたのを、前に立って面だけ合わせる方法を試してた。テイクバックを取ってる暇はないけど、ラケット立てててちょっとだけ引いて、あとはタイミング合わせて面を合わせるだけ。

そしたら、ストロークが入るようになった。同じような引き方をするのだけど、余裕がある分だけラケットは後ろに移動。そして打つと、なぜかスピンがガッツリかかって打てる。なぜ?スピンを掛けるのと前に飛ばすことの両立ができなかったのが、ここにきて急にできるようになった。なぜ?

ま、次練習や試合で、いつもどおりまたできなくなると思うけど。早くフォアはもう大丈夫と思いたくて、言いたくて、何度もそう確信して、そして全部間違いだった。そんな簡単に解決するわけがない。

ただ、軟式との違いがわかった。硬式はやっぱりスピンをかける動作が確実に入る。それがないと、振り切ってコートに収めることができない。軟式はスイングの一連の動作の中で自然にスピンをかけるくらい。スピンをかける意識はあるけど、硬式のそれには全く及ばない。少なくとも俺の軟式打ちでは入らない。ようやく軟式と硬式の棲み分けができるようになった気がする。

いいわー、CX200。
2020-08-1002.jpg

今のエラストクロスの装着状態。ストリングの擦れ状態を見て徐々に増やしてるのだけど、思ったより先の方で打ってるみたい。
このラケットにしてから、振動止めを外し、今日は肘のサポーターを外してたけど、今の所問題ない。柔らかさと弾きのバランスがとても良い。そしてスピンもかかる。
振ってても操作しやすい。ツアーの方が重いんだが、5g重いだけでバランスはさらに手元に近い。重い方がラケット振り回す必要がなく、ラケットの重みで飛ばすことができる。なんかそっちの方が良かった気がするなー。

さすがに、体がきつい。明日から、何もしない。

調子は良かったんだけど

月一恒例シングルス大会、8月の部。暑すぎだろ。年々体が燃え尽きていくわ。まあ、明日は休みだから遠慮なくできるし、新しいラケットで試せるし、楽しみで来ましたよ。しかも9月以降の県の試合も軒並みコロナ中止となってるし。

今日は6人と少なめ。でもいつも勝てない人いるし、暑いし丁度よいでしょう。

リーグ戦第1試合
左利きの若者が相手。最近は勝ったり負けたりだが、直近は2試合連勝している。
しかし、この試合はいきなりG0-4。相手のサーブで2回ノーアドでチャンスあったのに物にできず、自分のサーブは簡単に取られる。
ようやくストロークが安定してきて3ゲーム練習。G3-4。
で、自分のサーブ。取れば追いつく。というところで、また落とす。そんな予感はしてたけど。で、次も取られてG3-6で負け。
いつもよりストロークは良かったんだけど、序盤のミス、特にスライスでミスが重なりリードされ、中盤盛り返したのに、調子が出てくると軟式癖が出てきてまたミスった。


リーグ戦第2試合
女性が相手。負けたことはない。最近は0や1で勝ってる。
で、今回も0で勝った。なぜかこの人が相手になるとプレーが安定する。


インドアで2試合したが、風が通らず空気がこもってるのでむちゃくちゃ暑い。あまりに暑くて地下水プールにパンチいっちょでダイブした。


順位決定トーナメント2回戦
なぜ、本来リーグで1位の人が2回戦からなのに、俺が2回戦からなのか?それはコーチが間違えたから。俺もおかしいと思いつつくつろいでて、直前でわかった。1位の若者はもう片方のリーグの3位の人と対戦している。かわいそうに。
最近負けてばっかりの相手。2ヶ月前は決勝で勝つことができたが、その前後は負けてばっかり。
前の試合で復調したラリーで応酬。しかし、じわじわと離されていく。G0-4。
おかしーなー。そんな調子悪くないと思うんだけど、ゲームを取りきるところに至らない。
サーブキープしてようやく1ゲーム取り返したけど、反撃はそこまででG1-6で負け。
やっぱりスライスがバックもフォアもミスりまくる。CX200のせいか、44ポンドと緩めに張ったトニックプラスのせいか、なんかいつもと感覚が合わない。

順位決定トーナメント3位決定戦
左利きの若者は1回戦勝ったのに、2回戦の途中で相手が足をつって棄権。そしたら、その代わりにコーチが出てきて続行。で、負けてしまった。かわいそうに。
3試合連続でやってて、俺との試合で4試合目。俺はここまでインドアばっかりで、この前も休憩してた。
若者とコーチの試合を見てて、コーチが若者を蹂躙していたプレーを真似してたつもり。と入っても、サーブもストロークもテンポ良くコンパクトに打ってたので、その雰囲気だけ真似した。まあ、単にミスなくつないでただけ。
で、今度はG3-0とリード。
楽勝ムードだったけど、ここから混戦。
G4-1となって、さらに5-2とできるチャンス。しかし、ノーアドで正面の大して難しくないボレーをネット。次のゲームはミス連発でG4-3。相手がミス減ってきたのもあるし、俺がミス増える。何ていうか、大きくリードして、それをぎりぎり維持できるかどうかという展開になるのがここ最近の試合。
次のサービスゲーム。俺も流石に体力が厳しくなってぐだぐだのラリー。体力不足とこれ以上失点できないという展開でお互い攻めることができず、ミスをしないようにつなぐだけ。30-40のピンチ。ここで高い弾道で打ったフォアを相手が頭上でまさかの空振り。で、ノーアドで相手のミス。G5-3。
完全に相手の体力切れ。40-15からパッシングショットが決まってG6-3で勝ち。


今日も収穫なかったなー。
3位と言っても、順位間違いで連戦となった相手に体力がちしただけ。普通にやってたらまた負けてただろう。

CX200、良いなー。良いラケットだ。がしゅっ、とか言ってボールが面からこぼれることが無い。全てのショットがバランス良く思い通りのイメージで打てる。スライスはミスが多かったが、ちゃんと打てたときは良い感じで回転かかってた。
しかし、どんなにラケットが良くても、使い手がへぼければ意味がない。
なんか、ストロークでパワーとスピンが両立できないのよね。スピンかかって遅いボール、または、スピンがかかっておらず吹っ飛んで行くか。殆どはかすかすのスピンで入れるだけだった。しかも、誤差が大きくてコースが狙えない。

おかしいな。壁打ちでは全く問題を感じなかったのに。久しぶりに動画を撮って、壁打ちの見比べてみた。
試合ではテイクバックが異常に小さい。
女の人とやってたときは比較的マシだったが、他の試合はテイクバックで腕が縮こまっている。これのせいかな?ストロークがどん詰まり。前にもっと余裕持って打てと言われたのに。なんか余裕がないのよね、試合になると。とはいえ、軟式のときはこんなおかしなテイクバックはしてなかったしな。

https://www.youtube.com/watch?v=GzTkha8Dy1M
↑ソフトテニスやってる人が硬式でプロ相手に打ち合ってんだけど、すごいねこの人。フォアは全然問題なく打ちまくってる。腕が伸びで自然に無理なく面が出てる。軟式のせいで打てないと言ってる俺の立場は?

今日の戦利品。
2020-08-0901.jpg

こんなん、なんぼあっても困りませんから。
しかし、相変わらずショートタイプのソックスが大半。普通の長さのがほしい。いい年こいたおっさんの足首なんて誰も見たくないだろ。

CX200

勝っちゃった♪

2020-08-0201.jpg

ダンロップのCX200。
CX2.0の頃から気になってたのだが、ついに買ってしまった。
ネットでポイント使ってストリング込みで19000円。

ボーナスのたびにラケット買っててやばいな。
メルカリで中古ラケットを買おうとしてたが、使えそうなので一番安くて15000円くらい。それでストリング張替えとかなると、結局新品買うのとあまり変わらなくなってくる。1年とか使われてるラケットにそれだけの費用をかけたらなんかもったいない気がして、今回も新品を買ってしまった。

しかし、ラケット本体だけで新品が1万7千円くらい。店頭で見たところ2万6千円くらい。いくらネットとはいえ安すぎない?なんか偽物じゃないかという気がしてきた・・・。

しかし!!
実際打ってみて、非常に良い感じだ。
適度なしなりを感じつつ、反発力は損なわれてない。ピュアコントロールも柔らかいラケットだが、明らかに威力が落ちるのに比べると、CX200はパワーが維持されてるのが良い。

このラケットのスペックで一番気に入ってるのはバランスポイントが315mmと、他の同等のスペックのラケットに比べて一番手元に近い。ピュアドライブやピュアストライクに比べ非常に扱いやすい。非常に自分好みの感触。
ちなみに、2世代前のCX2.0 LSを買ったことあったが、あれはまじで飛びもせず柔らかくもなく、まじで失敗したと思った。

グリップサイズは久々に3。2を選択して、太くしたかったらキモニーのグリップチューブでということも考えたが、単純に面倒。それと、ピュアストライクも1から太くしたのだが、妙に重く感じて振りにくい。グリップチューブ使うと10gくらい増える。手元で少々増えても関係ないと思うのだが、もしかしてそれのせいなんじゃないかと疑っていることもあって3にした。

ストリングも久々にバボラのトニックプラス ボールフィール。VSチームとかVSタッチの高価なものを最近は使ってたけど、費用を抑えたかったし、正直あまり違いがわからない。少なくともポリよりは柔らかく飛ぶので、よく飛ぶポリくらいの感覚で使っている。

ストローク、ボレー、サーブといずれも抜きん出た飛びやスピンとかは無いんだけど、程良くアシストしてくれてコートに収まる感じ。しばらくはラケットに悩まず過ごせるのではないかと思う。まあ、いつも新しいラケットを買ったときは、同じことを思って、また別のラケットを探し始めるのだけど・・・。


ただ、ラケットは良くても、使う人がヘボければ意味がない。

やっぱり軟式とはちょっと違うんですよねー。
ボールの引きつけと飛ばすときのタイミングみたいなのが。

最近、手先じゃなくて、右腰あたりでボールを掴んでコントロールしつつ、前に飛ばす感覚を思い出して、壁打ちでは上手く行ってた。腕を使わなくていいので全然疲れない。トップスピンで柔らかく打ち返す感覚が少しわかってきた。球出しでも柔らかく打てるようになってきた。

しかーし、人相手となるといろんなボールが飛んできて、思ったようなコントロールができない。懐深く呼び込んで、前に弾く感じ。それがあまりに軟式レベルまでやってしまうと前に飛ばない。特に低い打点は持ち上がらない。スイングと一緒にラケットヘッドが出てくればいいんだけど、体が前向いてるのにまだグリップエンドが相手に見えてるくらい遅れてるとわかる時がある。わかってるんだけど、直らない。体が動けば動くほど、昔の癖が出てしまう。我ながら悩みは深い。

ソフトテニスマガジン

コロナの勢いがすごいな。今年の流行初期に思ってたことはいろいろ外れた。夏でもがんがん流行するし、若い人も感染するし。徳島も毎日感染者が出て立派なコロナ大国になってしまった。さすがに出歩くのが怖くなってきた。

本屋で見かけたソフトテニスマガジン。思わず買ってしまった。何年ぶりかなー。いや、何十年ぶりか。下の子に渡したが、いかにも興味なさそう。
2020-08-0105.jpg

出た。レジェンド中掘。俺の記憶は同世代のこの方で止まっている。なぜ、今まだ特集されているのだろうか。しかし、今見ても美しさと力強さを兼ね備えている姿に目頭が熱くなる思いだ。ちなみに、1回だけ出た西日本選手権で、中掘・高川組に審判をしてもらったのが今でも良い思い出だ。試合よりそっちが気になってたくらい。別にそのせいじゃないけど、1回戦でころっと負けた。ポーチ1本決めたくらいしか記憶にない。勝ってたら中掘・高川組と試合できたのだが、ちょっと遠かった。
2020-08-0106.jpg

美しい・・・。ここまで体重を前に乗せてるのに、ヘッドはぎりぎりまで出てこない。ここからでも、まだコースを変えられそうなくらいの懐の広さ。
2020-08-0107.jpg

しかし、硬式でこれだとクロスに引っ張ろうとしてもストレートに飛んでいくだろうな。
やばいな。また次の練習でおかしなことになりそうな予感・・・。

花咲かず

交換前のトロ船。メダカの稚魚が数匹あとから見つかってたのもあって、水入れっぱなしで放置してた。それもようやく水がなくなってきた。
2020-08-0101.jpg

ナガバオモダカの根がびっしりと赤土の中を行き渡り、赤土ごと持ち上がる状態。こりゃ大繁殖するわけだ。

新しいトロ船。快適。
2020-08-0102.jpg
2020-08-0103.jpg

姫スイレン。今年はトロ船から出して単独で育てて、葉っぱがいっぱい出てきたので、花が咲くと期待してたのだが・・・・。無理かな。もう咲いてる時期だけど、葉っぱが出るだけ。まだ日当たりが足りないのかなー?しかし、アブラムシがどっからわいてきたのか、ほっとくとびっしり増える。
2020-08-0104.jpg

何も考えない

今日も仕事休み。連休最後で朝から破棄がない。しかし、このまま何もせず1日終わると余計に後悔するので壁打ちに行った。

はい、いつもどおり、なんら問題なく打つことができました。

今日は、フォアハンドの練習は、手に持ったボールを球出しする要領でトップスピンで打つ。なんせ、球出しがいつもできないので、まずはここからだろうと。

いつもは、どうなるかと言うと、自分から見て左下に飛んでネットする。試合前練習で相手にボレーをさせることができないくらいひどい。

当然、ソフトテニスやってるときはこんなことはない。ボレー練習でボール上げすることなんて当たり前のようにできる。それが硬式になるとできなくなる。何が違うのかと最近考えてて、あることに気づいた。



だめなときは、どうやってうまく飛ばすか考えている。どうやってラケット引いて、どんな角度でスイングして、ボールに当てる面の角度、フォロースルーの形・・・。
こういうときは、まず間違いなくトップスピンでは打てなくて、面を上に向けてスライス気味で打つことしかできない。

あえて言うなら、スタンスに関わらず、腰を入れて体重を前にかけている。しかし、腕のことは何も考えてない。
多分、考えているときは体を使えてなくて、手だけで前に押してスピンかけようとして、左下に飛んでると思う。

打点はかなり引きつけている。引きつけてるが、詰まってはない。
だめなときは、肘に加えて手首も90度背屈してて、前にも押せずスピンもかすってる。
よくグリップは厚くなるほど打点が前になると言われるが、あれは嘘だね。僕にとっては。

と、思ったがうまく打てたフォームを見てみると、打点結構前だった。まあ、いいのよ、これで。引きつけたと思って、実際上手く打ててるののなら。これを見た目もあわせようと、もっと引きつけようとすると、おかしくなるのよ、きっと。
2020-07-1804.jpg

うまく言ってると、体の力で前に押してスピンもかけられるので、手が疲れない。さらに、小手先の操作をしてないので、コントロールも良くなる。

なんか、最近、同じことを言ってたような気がする。結局、壁相手にうまくいっても、コートでできないのが問題なのは変わらない。


まあ、しかし、子供に打ち方を教えてるが、よく考えると、それも嘘かもしれない。
良いフォームで打つから良いボールが打てるのではない。
良いボールを打ったら良いフォームだった、気がする。見た目が良い悪いではない。良いボールを打てたフォームが、自分にとって良いフォームだった、気がする。

もちろん、何の感覚も持ってない初心者は形から入らざるえず、練習を繰り返すうちに体が勝手に動くようになるのだろう。
口で形だけ教えても、うまくなるとは限らないのは当たり前か。難しいなー。

スマートミスト

フィールダー買った直後、エネオスでキーパーコーティングやった。6千円ちょっとで有効期限3ヶ月というコーティングだったけど、効果はてきめんですごい撥水、光沢だった。

で、そろそろ3ヶ月というところで、すでに効果は減退。
2020-07-2701.jpg

洗車すれば表面の汚れが取れてまた撥水する、ということだったが、洗車しても戻らなかった。まあ、コーティングした後、1回も洗車してなかったからな・・・・。下手に洗車するとコーティングが早く取れる気がしてたが、汚れがコーティングを落としてしまうのかな?

撥水はどうでもいいんだけど、目立つ色のためこの後何年も使うことを考えると、塗装のハゲを防ぎたいところ。とりあえず、買ったときはキーパーコーティングやったけど、3ヶ月で6千円とかちょっとコスト的にもったいない思い。

で、とりあえず市販のコーティング剤でしのいでみようかと思い、イエローハットで「スマートミスト」を購入。いろんな製品があるんだけど、なんかこの製品が一番情報としてたくさん出てきて、評価も無難そう。LINEのクーポンと株主優待券を駆使。
本当は親水タイプがいいんだけど、店頭にはなかった。

雨が続いていたが、その間隙を縫って、実家で水洗い。
で、スマートミストを吹きかけて、付属のクロスで拭き取り。洗車後に吹きかけて拭き取るだけ、という簡単さがうれしい・・、が、それだけでも結構手間かかる。普段洗車しない俺にとっては・・・。

で、こんな感じになった。
2020-07-2702.jpg

キーパーコーティングほどの強力さは無い。一応、ボンネットに貯まる雨水が筋になって落ちていく。まあ、こんなもんかな。2000円くらいで手軽にコーティングできるレベルと思えば。
後は耐久性かな。2ヶ月は持ってほしいんだけど無理かな。

また夢を見た

土曜日、久しぶりにサークルの練習。しばらく、試合やら腰痛やらで行ってなかった。しかし、正直言って、サークルで毎週練習より、シングルスの試合を月1回行ったほうが上手くなってる気がする。

サーブ完成。
壁打ちで思い出した肩、肘の使い方はやっぱり間違いではなかった。
多分、ダブルフォールト改善のために覚えようとしたスピンサーブのせいでおかしくなってた。
スピンサーブの説明って、よくボールの左下に当てて右上に擦り上げる、みたいなのが多いでしょ?
それをそのまま文字通りやって失敗した。肘が下がって上に振り上げるスイングになって、「なんちゃって」スピンサーブになってた。回転はそれっぽいけど、かすかすのスピンで威力なくて安定もしない。
しかも、フラットやスライスもおかしくなった。安定を求めてスピンサーブの延長でフラットやスピンを打とうとしてた。本来上から下に打ち下ろすべきところ、スイングは上に向いてるので、おかしなことになってた。ここ最近、ソフトテニスやってたときのサービより遅くなってると思ってた。

ソフトテニスのときにやってたスイングを思い出して、肘を高い位置に維持して、フラットやスライスががしがし入るようになった。
スピンサーブはそのスイングの延長で、スピンをたくさんかけるだけ。
実際にボールのどこに当ててるのか、じぶんでもよくわからない。多分フラットサーブとあまり変わらないと思うのだけど。スピンをかけるためにヘッドの動く方向が斜めに変わってるだけで、面の角度も大して変わってない気がする。
でも、本当は打点も変わってて、そのちょっとした違いが大事なのかもしれない。でも、それを具体的に説明できるほどの差は無い気もする。

フォアは微妙。ミスはとてもなかった。
今まではベースライン付近を狙って打つことが多かった。直線的に伸びていって、ベースライン前でぐっと落ちるような弾道をイメージしてた。しかし、ソフトテニスのボールと同じ弾道で飛ぶはずがないということを今更ながら気づいた。
で、最初はサービスライン付近に落ちるように、そして今までより山なりな弾道で狙って打った。そしたら、安心してラケット振れるようになった。入るか入らないかみたいな不安は無くなった。単純に狙いを緩くしただけだが、感覚がつかめるまでは、自分にはこれくらいで丁度良い気がする。
トップスピンかけたいが、弾道は直線みたいなイメージも良くなかったかもしれない。この相反する要素を硬式のボールで実現するのは無理があったと思う。もっと自分にやさしくなろうと思う。
しかし、まだこれで行けるという確信までには至らず。

調子上がってきて、さあこれから、というところで帰宅。実は、子供が部活の練習試合の帰り、他人様の家のシャッターに自転車で激突してシャッターをへこますという事故を起こしてて、取り急ぎ謝りに行かないといけなくなった。まったく、余計な仕事を増やしやがって。ころす・・・




日曜日。家族でテニス。奥さんが軟式やりたいとうるさい。こっちに帰ってっきた後、しばらく一緒にソフトテニスやってたのだけど、俺が硬式やるようになってから奥さんはやらなくなった。
奥さんは本当は部活でソフトテニスやってる下の子とやりたいのだが、昨日シャッターに突っ込んだ下の子は友達と遊びに行った。
しょうがないので俺が奥さんの相手。

やっぱり楽だわー。全然握力使わないもんね。むしろ、使うと飛ばない。奥さんも10年くらいやってないはずだが、その割にまともに打てる。
ついでに上の子も道連れでやらされたが、意外にも打てる。硬式よりラリーができる。バックは両手打ちだけど、一応戻ってくる。
「軟式のほうが簡単。硬式は重いし、どこに飛ぶのかわからない。」とのこと。

まあなー。やっぱりラケットでボールを掴んでるという感覚が極めて乏しいのよね。
かと言って、その感触にこだわって、柔らかいラケットに柔らかいストリングを低いテンションで張れば良いという話でもない。あまり極端にすると全く飛ばなくなってしまう。
硬式は硬式の適正な感触があって、ソフトテニスに比べるとそれはものすごい高反発な感覚なんだけど、そういうものだと思って身につけるしかない。

下の子がソフトテニス部に入ってから、ソフトテニスのボールを打つことが増えたが、その度に、ああ、そう言えばこんな打ち方してたなー、て思い出す。
ソフトテニスだったら入るのに、硬式では入らないって思ってた打ち方は全部勘違いだった。硬式で入らんもんはソフトテニスでも入らない。
逆に硬式で擦り上げて打つような打ち方は、ソフトテニスでは回転がかかりすぎて前に全く飛ばない。頭の上に振り上げるにしても、前に押し出す動きが必要。
ちなみにソフトテニスで硬式のスピンサーブみたいにして打ってみたら、みっちみちにラケットに食いついてものすごいスピンがかかって、頭の上で打ってるのに全然跳ねない変なサーブになってしまう。

柔らかいラケットとかにこだわる前に、どんなラケットでもボールをしっかり掴めるスイングが必要なのよね。フォアが打てないのを軟式の癖だと決めつけていたのを反省しないといけない。

とは言え、違う部分もあるのは事実。軟式をやり込んだ分、その差を埋めるのが難しい。
例えば、ストロークではフォアでもバックでも前足に体重をかけて腰でぐっと前に押し込む必要がある。これがないと力のあるボールが飛んでいかない。
しかし、これを硬式でやると大抵はオーバーパワーで、しかも振り遅れてあらぬところに飛んでいく。体重乗せて押し込んでやろうとする前に、ボールがラケットから離れて飛んで行ってしまう。
前足を踏み込むにしても、重心は前足に乗り切らないよう後ろに残さないとコントロールできない。踏み込んで打つなら、かなり意識してラケットを早いタイミングでインパクトまで持ってくる必要がある。
いろんな動作で、しかも感覚的な細かいところで差があって、何か一つ直せばすむという感じでもない。

なかなかすぐ解決といかないけど、軟式と硬式の融合作業は続いていく。
でも、今の軟式と同じウエスタングリップだと、振り切って打てるのは体に近い打点だけかな。ちょっと走らされて打点が離れると、頭の上に振り上げるフォアじゃないとトップスピン打てない。
サーブとバックハンドがまともになってきたから、あとはフォアだけなんだけど。

とか言いながら、やっぱり新しいラケットほしいー。
ピュアドライブVS
CX200
ブレード98
ファントムグラファイト
ここらへん試したい。ちょっと壁打ちしたくらいじゃわからない。メルカリで格安のとか見てるんだけど、なかなかねー。ポリ張ってるラケットがほとんどで、ストリング張り直しだとコスト的にもう新品買っちゃえと思っちゃうし。


で、今日。
月一でシングルスしているクラブでの練習会。朝になってお誘いの連絡が来てた。奥さん仕事で子供置き去りになるが、明日から雨っぽくて練習できないかもしれない。それに、試合じゃなくがんがん練習できるかと思って参加。
しかし、なんのことはない。集まったメンバーでダブルス。時たまシングルス。しかし、しこたまできて、6ゲーム先取で、ダブルス5試合、シングルス2試合やった。

フォアも良くなったし、快勝、快勝、なんて夢のまた夢。
フォア死亡。サービスラインあたりを狙えば入るんだけど、威力がないためラリーが長く続き、しびれ切らして打ったら即ミス。
バックも思ったほど振りきれず。
サーブは概ね良かったけど、ストロークがだめなのであまり意味無し。

もう、とにかくね、フォアが振り切れないからテニスじゃない。なんでこんなに下手くそなの?あれだけ練習して良くなったと思ったのは何だったの?とにかく常にかすってる感じ。フォアのスピードが子供より遅い。打点を前にすると面がかぶりがちネット越させるので精一杯。打点後ろにしたら詰まるし。ちょっと強打したらフレーム当たるし。なんでこんなにラケットの真ん中に当たらないの?軟式やってるときにはありえないんだけど。

最後にシングルスしたんだけど、今まで負けたことない人に2で負けた。目の前にネットあるのに、頭より高い打点のイージーボレーをネットにかけるし。もう、いくら練習しても意味ないな、このままでは。

中古iPhone7

IIJmioの格安SIM+ZenFoneに変えた後も、長年ただのWIFI接続端末として使っていたiPhone5sはバッテリーが膨張してディスプレイも浮き出す状態になって数ヶ月以上。いよいよ買い換えることにした。
2020-07-1803.png

ちょっと前に出たiPod nanoも考えたけど、お値段的にやめた。所詮、iTunesにためている音楽を聞く、なめこ、銀行の暗証番号、目覚まし時計だけ使ってる端末なので、メインで使うAndroidより高い値段出す気になれなかった。

で、中古でiPhone7を探すことにした。ネットで探すとイオシスという中古屋が出てくる。で、買っちゃった。

2020-07-1801.png

2020-07-1802.png

15000円くらい。docomoのSIMロック解除されてないやつ。IIJmioのSIMでも使えるので。おそらくこれをメインにすることはないけど、そういう可能性を持っておきたい。同じ値段でSIMフリー版もあったけど、どう考えてもキャリア版のほうが安くなるなのに、同じ値段となると品質が落ちるのじゃないかという思いがあって遠慮した。

見た目とか普通。Cランクの端末なのだが、本体に傷はない。ケースに入れられて使ってたのだろうか。ディスプレイに若干傷らしきものがあるが、全く気にならないレベル。イオシスのCランクの説明を見たところ、結構な傷が例として上げられてるのだが。まあ、こういうのってイメージ戦略みたいなもんだから、悪い例を見せておけばクレームも出ないくらいのことは考えてるのだろうけど。

5sからの移行。昔は、パソコンに取ったバックアップを新しい端末に復元するという手順でやった。しかし、今はWIFIにつながってれば新旧の端末だけで移行できるようになってた。
2020-07-1803.png

小1時間ばかりかかったけど、無事移行完了。そしたら、本当に5sと全く同じ状態で使えるようになってた。なめこも5sで最後に遊んだ状態で復元。ここまで完全に復元すると怖いくらい。仕事でシステムの移行とか普通に古いデータ捨てちゃうのに。

で、早速やりたかったのがマイナポイントの申請。クレジットカードで申請したかったのだけど、コンビニとかだとできなくて、スマホから行う必要があった。iPhone7からおサイフケータイの機能がついて、マイナンバーカードの読み取りができるようになった。
ちょっと手間取ったけど、無事申請完了。ちょっと感動。

その後、2日くらいして、急に7の本体が熱くなり、バッテリーがガンガン減る症状に。あちゃー、バッテリーかなー。Cランクというのはここに来てたのか。まあ、そんなうまい話無いよね。フィールダーも安く買えたと思ったらバッテリー交換で4万円もしたし。

とても常用できるレベルではなく、かといって捨てるわけにもいかないのでバッテリー交換しようと思った。調べたら5400円とのこと。まあ、それで使えるようになるならいいか。元は15000円だしね。

と、その前にネットでバッテリーの発熱のことを調べたら、iOS13で同じ症状の情報がいっぱい出てくる。なになに?「最適化されたバッテリー充電」の機能をオフにすると直るかも?やってみたら本当に直った。
そういえば、1回iOSのアップデートしたな。その時、この機能が入ったのかな?やれやれ、危ないところだった。

1週間以上使ってるが、特に異常なし。元々5s使ってたから7になってすごい進化した感じがする。今使ってるZenFone3 Laserよりも動き滑らかだし、これにSIM挿してメインにしても良いかもしれないとさえ思う。それにはまだしばらく使ってみないとわからないけど、iPhoneの品質の高さを改めて知らされた思い。

理論は後付

先日の試合で勉強したことを復習するべく壁打ちへ。

だめだー、壁相手にすらフォアがうまく打てない。先月教えてもらった頭上テイクバックに加え、鳥の羽グリップで打つものの、上手く行ったり行かなかったり。打てば打つほど、かすってネットを超えなくなる。なぜ!?

バックは完成した。試合でも壁でも打てる。もう心配ない。

フォアは諦めてサーブを練習する。先日の試合でコーチのサーブを受けたが、すごく速くてキレキレで飛んできた。不思議なのは、全然力入れておらずかる~く振ってるのに、キレキレで飛んでくること。なぜ!?僕が全力振り絞って打つサーブより見た目で明らかに速い。鈴木貴男の動画見ても、かる~く打ってるのにすごい伸びてるもんな。

何が違うのか?力?いやー、そういうことじゃない気がする。なにか間違えている気がする。ソフトテニスで打つサーブの方が速い気がする。

しかし、1点だけ気をつけたら速くなった。それは肘を高くテイクバックして、それを維持して打つこと。高くと言っても両肩の延長線上だけど。

スマッシュの練習するときにたまたま気づいて、サーブでも同じようにしたらうまくいった。そういえば、最近は無理して速く打とうとして、肘が落ちて、肘を90度より小さい角度まで曲がってた。野球で言えば内野手投げ。いつのまにこんな事になった?軟式のときはこんな肘の使い方してなかった。

外野手が遠投する要領で肘を使ったら良くなった。スピード出るし、コースも狙いやすくなった。ワイドに狙うスライスとか打ちやすい。スピンもよくかかるようになった。壁相手だけど、復活の手応え。

で、またフォアの練習。打てねー。おかしいよな。グリップはウエスタングリップ。それより厚いグリップの選手でも、かすらず厚い当たりで打ちまくってる。俺がこのグリップで打てないはずがないのだ。

ふと、気がついた。フォロースルーで肘が体の前に来るまでしっかり振ること。単純だが、これで前に押せる力が大きくなったと思う。かすりまくってるときは、肘が体についたままでフォロースルーしてた。小手先でしか押せないので、面がボールの上にかぶって、すっぽ抜けアウトとかネットしまくってた。

なんで、こんなことになった?
軟式のときはこんなことになってない。
硬式のボールの重さにいつの間にか腕が縮こまったのか?
飛びすぎる高反発なボールにいつの間にか振りが小さくなったのか?

先日、構えが遅くて詰まってるって言われたが、この動きのことを指摘されてたのかもしれない。肘が体にくっついたままで、詰まったように見えてるのかも。インパクトは肘をひきつけてるけど、その後肩から先が前に出て、肘も前に出てフォロースルー。これを忘れないように。

んー、これで大丈夫かな?もう完成したとか言わんよ。実績を得るまでは。

しかし、ああすればいい、こうすればいいとか、技術的な理論て後付のような気がしてきた。よく考えたらソフトテニスやってるときは、高校の時とか打ち方教えてもらってない。数多くボールを打つ中で自然とフォームが身についた。こうしてああしてなんて考えてない。こうしたら上手く打てる、ではなく、上手く打てた結果こういうフォームになったと考えるほうが自然な気がする。

子供に教えるとき、経験的にこうしたら打てるというのがわかってるんだけど、それが子供に伝わらない。1つや2つ、形を教えても上手く打てない。体全体で流れの中で無意識にいろいろ複雑に絡み合って打ってるので、口で全てを伝えることはできない。形から入りすぎると、本来ボールから感じる大切な感覚を置き去りにしてる気がする。難しいなー、テニスって。

シングルスの試合 完成してたのでは?

毎月恒例、所属クラブのシングルスの試合。前回、久々の優勝。完成された俺としては当然のように連覇を狙う。昨日の子供の練習試合に付き添って、さんざん壁打ちしてるので準備も万端。心配なのは腰だけ。

なのだが、やっぱりコートに経つと微妙になんか・・・。

今日は9人。3人リーグで3つに分かれる。6ゲーム先取ノーアド。

リーグ第1試合
前回も対戦したご年配の方。完成したフォアハンドを中心にゲームを進めてG6-0で勝ち。ノーアドには1回行っただけ。ほぼ完勝。

リーグ第2試合
前回も対戦した同年代の人。
ラケットをピュアコントロールに変えて見た。で、第1ゲームのサーブ。前位の試合はピュアドライブを使ったのだが、それに比べて明らかにめちゃくちゃ勢いがない。ブレークの危機を乗り越えキープ成功。
相手のサーブでブレークチャンスを握りながらノーアドで取れず。G2-1で、40-0の3つのブレークチャンスもまた取れず。G2-2。なーんか嫌な感じ。
その後、ピュアドライブに変えて、ようやくノーアドからブレークに成功して、そのままG6-2で勝った。
しかし、ちょっと怪しい雰囲気・・・。

順位決定リーグ第1試合
前回、初戦と決勝戦で対戦した人。
第1ゲームは取ったものの、3ゲーム取られてG1-3。相手のフォアの勢いに押され、前の試合から怪しくなったフォアにミスが連発。やべー。
第5ゲームもピンチながらなんとかキープしてG2-3。
ここで少しフォアが改善。打点を引きつけることで手押しがなくなり、ラケットの遠心力で安定してファオが入るようになった。あっという間に逆転G4-3。
そのまま続けてブレークできるのかと思ったら、またミスが出始めてしまう。もー、何がちうんだろうな・・・。G4-4。
怪しいフォアが響いてG4-5。
相手サーブ。15-0で、さらにチャンスボールがネット際に。ストレート狙ったら超フレームショット。あーあ。
30-40から、いつもの押し打ちですっぽ抜けたフォアがアウトとなりG4-6で負け。あーあ。

順位決定リーグ第2試合
初めて対戦するお人。30代かな。
サーブから。最初の1,2ポイントでまあ、勝てるかなと思った。で40-0。からミス連発でノーアド。超イージーチャンスボールをボレーしたら大アウト。G0-1。あーあ。
相手サーブ。スピードはそこそこでスピンがきいてて結構勢いある。フォアに来たサーブを打つと「バチーン」とフレーム連発。バウンドしてからも曲がってるようだ。そう思っても、フレームショットが止まらない。
とりあえずラリーになれば勝てるかと思ったが、ラリーが続いても思ったほどミスしてくれず、こちらが先にミスをする。G0-5まで行く。
ラケットをピュアコントロール→ピュアストライクと変え、ようやく1ゲーム取る。しかし、最後はピュアドライブでダブルフォールト。G1-6で負けた。最後の方だけ少しファオが戻った。

だめね。なーんか最初からフォアに違和感があって、ウィナーとか連発しててもなんか自信が持てなくて、おかしくなり始めたら後は落ちるだけだった。なんだろうね一体。子供のせいでソフトテニスのボールを昨日も打って感覚を取り戻してたつもりで、最初は調子良かったんだけど、なんかフラットに当てようと意識するとすぐにフレームショットになる。
終わった後にコーチにまた聞いてみた。

「スピンをかけるのにボールの上をなでるよう打ち方しないですよね?」
「上がってくるボールはそれでもいい。それより、手首よりヘッドを落とすんですよ。」
「手首より?」
「そう。手首とラケットがまっすぐだからみんなネットしてるんです。鳥の羽みたいな感じ。」

ふーん、それってソフトテニスの縦面の打ち方の持ち方じゃないの?なら、できるよ、それ。
ちょっと壁打ちしてみた。感じは良い。ボールがラケットからこぼれない。

予定より早く全試合消化されたので、余った時間でみんなでダブルスをすることになった。
さっそくさっきの打ち方を試してみる。おお、入る入る。なんか安心して打てる。こりゃいいや。
しかし、3ゲーム目くらい早くも破綻。フレーム連発。おいおいおい。

ダブルス2試合目。相手はコーチペア。フォア、復活。また入るようになった。その試合の前にペアの人から、今日の僕のフォアを見てて、テイクバックが小さくてしかも間に合っておらず、つまり気味になってるって教えてくれた。前回、コーチに頭の上からテイクバックしろと言われてたのだが、同じところを指摘されてると思った。
それで、意識してテイクバックしてて復活した。
試合の方は、コーチの上質なショットの前に食いついていったが負け。セカンドサーブで当たり前のようにエースを取られる。あと、ネットプレーが激ウマ。

もう何回目か忘れたが、完成して、やっぱり今日も完成してなくて、そしてまたヒントを得て、完成すると勘違いした今日。まあ、去年よりはましになってると思うんだけど。
ソフトテニスの縦面の持ち方でいいんだけど、本当に縦面の打ち方するとフレームショットになる。不思議だ。ソフトテニスならフレームショットなんかならないのに。物理的にどう違ってるのか?

ちなみにバックは完成した。前回よりもさらに完成した。自信持ってトップスピン打てる。少々高くても打てる。よく考えたらバックに回り込んで打ったら、もうちょいましな結果になった気がする。フォアの練習のつもりでやってたから、そんな発想には至らなかったけど。

ボレーは激ヘボ。とにかくチャンスボールほどミスをする。手で決めようとしてしくじっている。コーチのボレーがすごかったなー。

サーブは前回と同じ。ファーストは強いスピンサーブ、セカンドも強いスピン、またはびびったスピンサーブ。ファーストの確率が良いので破綻しなかった。しかし、ファーストでフラット、スライスを打つと殆ど入らない。ちょっと問題ありの状態。今度はサーブのこと聞いてみようかな。

さ、また明日から完成勘違いの日々が始まる。

ところで、参加賞にもらった景品。今回はTシャツ。
2020-07-1203.jpg

おっさんにはあまり白いのは似合わないなー。
ん、なにこれ?

2020-07-1204.jpg

・・・カエルか?
なんだろう。最近のTシャツはおまけでフィギュアを入れてるのか?
んー、なんかこの干からびてる感じとか、妙にリアルなんだけど・・・。

色づき始めたオランダ獅子頭

5月初旬にもらったオランダ獅子頭の稚魚。2ヶ月経った。11匹中生き残った7匹は今も元気にぷりぷり泳いでいる。みんな色がフナみたいに銀色だったのだが、赤みを帯びてきた稚魚がいる。

2020-07-1201.jpg

2020-07-1202.jpg

順調に成長しているようだ。大きさは2~3cmてとこかな。色も変わり始めたし、まだまだこれからの成長が楽しめそうだ。

無知を知れ

中学の子供のソフトテニス部の練習試合があり、まだまともに打てない1年生も行くとかで、送っていった。強い雨がしばらく続いたが、30分くらい待ってると雨が弱まり、練習が始まった。

先週、部の保護者説明会があって、積極的に練習試合あり、近くの高校に見学にも行くとか言ってた。僕の高校の時の顧問の先生がいる強豪校にも行くとか言ってて、へー、思ったより結構やるのかな?という感じで、どんなもんか見てみることにした。

ほうほう。これはなかなか。想像以上に、はるかに想像以上に

ヘボ集団

典型的に教える顧問がいない部活動チームだった。もう、細かいこと挙げると書くのが疲れるので書かないが、こんなんで練習試合やろうとか、高校に見学行こうとかよく思えるな。俺の先生のところに見学行くとか怖くて身震いするわ。

とりあえず、2,3年生がどんな試合するのかとか、先生がどんなことを言ってるのか気になってコート後ろで見てたが、気分悪くなって10分位で壁打ちに戻った。

1年生は主に審判の練習してて、手が空いた生徒は壁打ちで練習をしてた。どいつもこいつも打ち方知らないくせにフルスイングして、壁を遥かに超えるホームランを連発してた。知り合いの子供がいたので、見かねてちょっと教えたが嫌な顔をされたので、それ以上は何も言わなかった。その後も特に変化なくホームラン連発してた。お前は一生ホームラン打ってろ。多分、1年もたず辞めると思うが。


まあ、誰も悪いわけではないんだけどね。誰もソフトテニスを知らないだけで、知らないことを知らないだけで。俺も中学校のときはコートで野球やって怒られたことあったし。たまたま高校のとき、なぜか国体の強化指定校になって、新しく来た顧問の先生がとんでもない人で、ただ、最後まで辞めないで続けられただけで。


しかし、俺の子がこの集団と同化しているのが許せん。もう、この部活にいる以上どうしようもないが、俺の見ている前でホームランを打っているのがどうしても許せない。

13時に練習試合が終わり解散。しかし、その後、壁で居残り練習。当然のように嫌だとごねる。
「じゃあ、お前、この後ずっとホームラン打ってていいのか?」
帰りたいが、できないでいいのかと言われると、それも嫌だと思う子供。逆ギレする子供を見限ってさっさと帰りたい親。雨が上がって炎天下の中、ここから親子の意地のぶつかり合いが始まる。

1時間もやってないと思うが、熱い陽射しと俺のプレッシャーの中、子供にとって辛い時間がすぎる。
どうしてもボールをしゃくってスライス回転で吹っ飛ばす癖が抜けない。テイクバックは面を伏せろ言って、それはできてるのだが、スイング始めるときにくるっとラケットがひっくり返って上を向いてしまう。それを言うと、そんなことはないとキレる。フォロースルーを肩の上にというと、言ったすぐはできるが、その次にはもう肩の下。

難しいわー、やる気のない初心者に基礎から教えるのは。一番簡単だと思って縦面の打ち方を教えていたが、途中で諦めて横面で打つ方法に切り替えた。打点は両肩の延長線上。打点が低いときは体の軸を傾けろと。スイングの遠心力で飛ばせ。それでやっとドライブ回転のボールが打てるようになり、ホームランが減っていった。本人は打てる気になってるようだが、多分まだ身についてはない。

疲れたー。明日自分の試合があるのに、また腰が痛くなった。朝早くから丸一日こんなことになって、体に堪える。やっと腰痛治ったと思って、水曜日にランニングしたのがまずかったか。

それにしても褒めて育てるとかしゃらくさいわ。性格によるだろうけど、こんな言う事聞かない逆ギレするやつに、ちやほやしていい気分にさせたり、ちょっとしたことで褒めたところで、できたと勘違いして全部半端で終わるだけ。できてないことはできてない、できたことはできたと断言する。

信用できるか?Bluetoothのヘッドセット

この世で信用ならないものを3つ上げろと言われれば、1.中韓北の政府、2.奥さんの1つの会社に勤める期間、3.Bluetooth を迷いなく上げる。

Bluetoothはまじで信用できない。マウス、キーボード、ハンズフリーヘッドセット等、いくつか使ってきたが、すぐ切れるわ、切れたらつながらないわ、誤作動するわで、良い思いをしたことがない。最近はスマホとスマートウォッチをBluetoothで接続して使っているが、こいつも知らぬ間に切れてる事が多く、まじむかつく。

最近は車のカーナビとiPhoneを接続して音楽を聞いているが、特に勝手に切れたりせず、トランスミッターに比べれば音も良いので、これだけは及第点。唯一残念なのは、カーナビが電源入っても、自動でiPhoneと接続されないこと。説明書には自動で接続できるって書いてるんだけど、理由はわからない。

やっぱりいろんなメーカー、製品と接続できる汎用性が便利な分、不安定さが否めない。その点、LogicoolのUnifiyingはLogicool製品しか使えないけど、接続の安定性は抜群で悩んだことは1回もない。

それだけBluetoothを信用してないにもかかわらず、久しぶりにヘッドセットを買った。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B071NWK3SL/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

会社ではしょっちゅうパソコンでオンライン会議やってるのだが、会社で支給されているサンワサプライのヘッドセットを使ってると、耳が痛くてしょうがない。で、ちょっと自分で買ってみようと思った。

耳が痛くないタイプとなると、耳をすっぽり覆うタイプ。これはサイズが大きくなりがちで、お値段ちょっと高い。安いのもあって以前買ったことあるのだけど、しばらく使ってるとばっきり折れるという事態に見舞われた。

違うタイプとなると、耳にかけるタイプかなと思った。これも大きいと逆に耳に当たってる部分が痛くなりそうなので、小型のものを探してみて、Amazonで評価の高いのを買った。

最初、何の荷物が来たのかわからない箱。安物のくせに、無駄に着飾っている。
2020-07-0901.jpg

中身。付属品が多い。充電用USBケーブル、耳にかけるアタッチメント、換えのイヤーパッド、両耳で聞こえるようにできる追加のイヤホン、それらを入れる小袋など。
2020-07-0902.jpg

あー、本体が思ったより小さいな。マイクが全然口に届いてない。

で、実際に2時間ほど使ってみた。

接続に関しては、繋がりにくかったり、切れたりすることはなかった。この点は及第点だった。
音は、ちょっとこもった感じはするが、まあ聞こえる。

しかし、マイクがだめ。相手からいつもに比べてかなり聞きにくいと言われた。大きい声を出しても、かなりこもった感じらしい。使ってる俺の声は聞きにくい上、周りの他人がしゃべる声や雑音もしっかり拾っているとのこと。はい、だめ。

やっぱだめだったなー。Bluetoothがだめというより、このヘッドセット本体の性能の問題ではあるけど。なかなか良い製品に巡り会えない。

俺、完成する

完成すると言って何回目だろうか?俺は一体何回完成するのだろうか?

しかし、今日は確信した。一体、何回目の確信だろうか?

先々週の月曜日からヘルニアまがいの腰痛になって、1ヶ月位は復帰できないと思ってたが、2日前くらいから急に良くなった。良かった。軽症だと治りも早い。まだ筋肉体操は怖いけど、腰に負担のかからないものはできるようになった。そして、暇だったこともあって、調子に乗って壁打ちに行った。さすがに、コートで人相手の練習はまだ怖い。

小学生と思われるジュニアの試合をやっていた。そのせいで、壁も人多かったけど練習するするだけのスペースはあった。よかったな、みんな。やっと試合できるようになって。しかし、またコロナ再燃してるし、県内も発症者増えたし、どうなることやら。

ストローク完成した。やっと取り戻した。今まで、ボールの上を撫でるような打ち方だったけど、フラットに当ててスピンもかけられるようになった。前者の打ち方だとラケット面の上寄りに当てるほうが安定するけど、後者の打ち方だと下寄りに当てたほうが安定する。明らかに打ち方が変わった証拠だ。

腰を痛める直前、子供とソフトテニスの練習をしたとき、完全に思い出した。これまで軟式打ちが抜けないせいで上手くなれないと思ってたが、軟式打ちに回帰したことで全てを取り戻した。硬式に合わせた若干の感覚的な調整は必要だが、硬式だからと何もかもを変える必要はない。今まで悩んでた、フォア側の浅い緩いボールの返球も問題ない。これからはドライブで打ち返してがんがんネットに出ていける。打ち方かっこ悪いけど、今までのほうがよっぽどかっこ悪いので、もうどうでもいい。

軟式打ちのおかげでバックも思い出した。今まで肩の入れ方が浅くてラケットヘッドの落ち方が足りなかった。より深く安定して打てるようになった。

ちなみに、今の所、全て壁相手の実績のため、人相手にどうなるかはまだわからない・・・。

まあ、大丈夫でしょ。それよりもやっぱりコロナが懸念。暑くなっても勢いが弱まらない。高温多湿でウィルスは死にやすいらしいが、感染が増えてるということは、暑い屋外じゃなく、屋内で広がっているということでしょうか。個人的にはあまり困ってないけど、また子供が学校に行けなくなるのは嫌だな。

走行距離が記録されない

フィールダー買ってから、ずっと気になってたことがあった。それは、カーナビ(純正品NSCD-W66)で燃費計算できるはずなのだが、走行距離が記録されないので1回も計算できたことがないこと。

ガソリンの給油量を入力すると、走行距離が記録され、次の給油量入力時に燃費が計算される。カーナビの説明書にはそう書かれている。しかし、一回も計算できたことがない。

2ヶ月経つが、一回も走行距離が表示されたことがない。なので燃費計算もされたことがない。
2020-07-0401.jpg

当初は気になって今までの履歴とか消したり、ナビの再起動とか、いろんな設定を見たが理由がわからなかった。走る上で何も困ることはないのでしばらくほっておいた。しかし、2ヶ月経っても全く記録されないので、気持ち悪くてまた調べた。

なかなか新しい情報に行き着けなかったが、Googleで「nscd-w66(ナビの型番) 走行距離」で検索した結果を眺めてて、たまたま見たサイトで気になるところがあった。

https://0492658000.jp/products/detail.php?product_id=6542
「本製品装着後、スイッチON(ナビ操作可能モード)にしている間は走行距離のカウントをしていません。 」

ん?
なに?本製品て?

「走行中にテレビが見えてナビ操作もできるキット」

カーナビは普通、走行中は危険だからと言う理由で、テレビ見たりナビ操作ができない。それを解除する製品。ああ、そういえば、フィールダーを仕入れてくれた整備屋さんからそのこと聞いて、取り付けてもらったんだっけ。

間違いない。絶対これだ。

果たして、TVキットのスイッチをオフにして走ったところ、即、走行距離が計測された♪
2020-07-0402.jpg

わかれば単純だが、自力でたどり着くのに苦労する話だ。しょうがないけど、こいうことがあるっていうのは知っておきたかった。
TVキットはネットで見たものとは違って、H111という製品。説明書を見直してみたところ、走行距離が計測されないという明確な説明はない。
ただ、ナビに表示される現在位置や車両メンテナンス時期のお知らせ機能の走行距離が実際の距離と異なる場合がある、と書かれている。これが同じことを意味していると思われる。

また、取り付け時にバッテリー端子を外すことでメモリが初期化されて、以下の機能が使えなくなる可能性があるらしい。
 バックガイドモニター
 電動スライドドア
 パワートランククリッド
 サンルーフ
 パワーウィンドウ

バックガイドモニター以外、フィールダーに無いが他の車種ではこういう影響があるらしい。そういえば、バックガイドモニターが、説明書に書かれてるモードにできないものがある。もしかして、それもこの影響なのか?バッテリー交換したので、それのせいかな?
どの機能も復旧方法があって、バックガイドモニターの場合、バックガイドモニターを表示させ左右両側にステアリングを一杯に切ると復旧するらしい。今度試してみよ。

やっぱり走行距離が測れないこともあってか、説明書には通常はOFFの状態にしておくようにと書かれている。そうかー、ちゃんと読んでおけばよかったな。基本、ナビではテレビ見てなくて、iPhoneをBlutoothでつないで音楽聞いてるからな。OFFにしても全然問題ない。むしろ、TVキット自体つける必要なかった。

みんなこういうことわかって付けてるのかな?しかし、まだ気になるのだが、TVキットOFFにしててもテレビついてるんだけど。ナビ操作はできない。なんか、TVキットの付け方間違えてるんじゃ・・。

メダカ引っ越し

今月始めに用意していたメダカ用の新しいトロ船。3週間経って、まあ、水質もそれなりに整っただろうとおもい、引っ越しを実行。

まず、数匹、水合わせして引っ越し。いきなり全部引っ越して全滅しないか様子見をするため。とはいえ、水の部分入れ替えを2回やって30分位という手抜きなもの。まあ、引っ越していきなり死ぬって、相当の毒水じゃない限り無いとは思う。本当に水質が大丈夫か様子を見るなら最低一晩くらいは空けた方が良いと思うが、面倒なのでそこまではしない。
2020-06-2801.jpg

稚魚も引っ越し。オランダ獅子頭の稚魚の餌やりのために使用してたネット。思いついてメダカにも使用していた。
2020-06-2802.jpg

時間差で徐々に引っ越ししている最中、ミナミヌマエビを1匹発見。そういえば、いつだったか入れてたな。入れた経緯も忘れた。よく生きてたな。池の水を抜いたらびっくりという番組みたいな気分。

2020-06-2803.jpg

3時間位で引っ越し完了。前と比べて底砂が明るいので、メダカも目立って見やすい。腰痛を抱えて、子供に手伝わせてトロ船の位置を入れ替え。むちゃくちゃ重かった。元気でも一人では無理。
2020-06-2804.jpg

これが引越し前のトロ船。こうやって見ると汚いなー。結局、一体この堆積しているヘドロはなんなんだろうかわからないまま。しかし、ミナミヌマエビにはこっちのほうが餌が多くて良い気がする。新しい方のトロ船だとすぐ消えてしまいそう。
2020-06-2805.jpg

去年からずっと気になってた課題がようやく片付いた。前のトロ船を片付けようと思う。しかし、ふと、このトロ船に新しい環境を作って・・なんてことを少し心のなかでかすめている。

腰、死ぬ

先週、金曜日夜釣り、土曜日テニスの練習、日曜日子供のテニスの練習。
月曜日、会社に行くと、徐々に腰が痛くなる。
火曜日、まじ痛い。椅子に座ってる状態から立ち上がると、痛みでしばらく歩けない。
で、今日、まだ痛くて、テニスとか全然無理な状態。

はー、ヘルニアかな。まあ、本当にヘルニアと診断される状態なら、激痛で会社に行くこともできんだろうけど、そこまでではない。
ヘルニアの場合、仰向けに寝て膝を伸ばした状態で足を持ち上げてもらうと、腰に激痛が走るんだけど、そういう症状はない。
ただ、いわゆるぎっくり腰であれば、どんなに痛くても数日で回復していくのが実感できるのだけど、そういうのはない。

経験的に、肉離れのような筋肉の故障なら、痛めた瞬間に痛くなる。
しかし、関節の故障は後から来る。家に帰った後にじわじわと痛くなり腫れてくる。我慢できないほど痛くなって寝られないときもあった。

人生の中で腰のヘルニア、手首の舟状骨骨折、肘の故障を経験した。いずれもプレーしてるときは気にならないのに、後から痛くなった。
今回も翌日になってじわじわ痛くなって、歩くのもつらい状態になった。

今のところ、体を前に倒して前にかがむことができない。手を膝についてなんとか曲げられるくらい。
一番痛いときで、靴下履くのが辛かったり、仰向けに寝られなかったりしたので、それに比べるとましになった。

これも体の劣化なんですかねー。
2日連続で練習したら故障するってどんなもんですかねー。筋トレとかしてても意味ないってことですかねー。
今思うと金曜日の釣りが地味に伏線になってた気がする。最近釣り行くと、地味に腰に来てるんですよね。土曜日の練習は夕方からだったので、余裕あると思ってたんだけどなあ。

ヘルニアは怖い。25歳のときになって、入院したし、その後もまともにテニスできるようになるのに数ヶ月かかった。こいつは絶対再発させてはいけない。一回なってると再発しやすいけど、絶対再発させてはいけない。

こんな状況なので、筋肉体操もランニングもテニスもお休み。でも、昔のようにパニックにはなりません。もとに戻るにはまだしばらくかかるだろうけど、なってしまったものはしょうがないので我慢する。

え、乱打って言わないの?

テニスコートを借りて、子供と練習する家族サービス。上の子がいまだにオンライン授業が続いており、家にいるのだが、暇つぶしにスポンジボールで壁相手にボレーを極めていて自信を持っているらしい。「久しぶりにテニスしたいなー」とつぶやいていたのを奥さんが聞いて、俺に練習させろということになった。ついでにソフトテニスを始めた下の子も連れていくことにした。

しかし、硬式と軟式どうやって一緒に練習するのか?俺しかいないので、同時に相手することができない。せめて奥さんがいればまだ良かったのだが、用事があっていない。前の日から悩んでたが、いい練習が思いつかない。仮に硬式と軟式のラケットを同時2本持ったところで意味がない。

1時間早くついたので、壁で時間つぶし。ソフトテニスを始めたばかりの下の子の振りを見る。全然できてない。できてるとは思わなかったが遥かにできてなかった。

「こりゃ、乱打できんな。」
「らんだってなに?」
「乱打よ、乱打。乱れるに打つって書いてらんだ。二人で普通にストローク打つ練習よ。」
「そんなん聞いたことない。」
「え?乱打って言わんの?じゃあなんて言うん?」
「知らん。ラリーとかかな。」

えー、いまどきは乱打って言わんの?ようわからんのー、今どきの軟庭界は。


結局、硬軟織り交ぜての良い練習方法が思いつかず、一人の相手をしてる間、もう一人は白帯打ちをさせることにした。ネットに近いところで自分でボール落として、白帯の下狙って打ちつける。これでラケットを振り切れる感覚を身につけろ。

ぜんぜんできねー、下の方が。至近距離で打ってんのに、ネットの上をボールがかっ飛んでいく。マッチ棒みたいな体型で力は全然ない。力のない初心者にありがちなのだが、軽いゴムボールを遠く飛ばすのに、上からしゃくるように開いた面でスライスかけてしまう。ドライブで遠くに飛ばせるスイングを覚えてないとスライスで飛ばしてしまう。

いらつくわー。あまり細かいこと言わず、テイクバックとインパクト、フィニッシュの形だけ言ってるのに、それすらできない。

「ほら、また面が上向ている」
「向いてない!!」

だめだ、こりゃ。


なんか、隣のコートでソフトテニスのプロ集団みたいのがいるぞ。みんな20代そこそこかな。監督みたいな人が一人いる。「ALL JAPAN」なんとか書いてるシャツが見える。そういう大会に行ってる人たちっぽい。

その隣で硬式軟式を混ぜて練習する奇異な親子がいる。やだなー、あんな人らの隣で軟式の練習するの。なんだ、あいつらは?みたいな感じで見られてる気がする。見ないでほしい。

で、まあせっかくコート借りてるので「乱打」を下の子とやってみる。俺、3年前のOB会で打った依頼、軟式のラケットさえ握ってない。打てるのか?あ、ごめん。あ、わりー、あ、短い。

3球で思い出したわ。
もう普通に打てるわ。
しかし、ラケットもストリングも10年以上前の化石みたいなもんなんで、全然飛ばん。硬式やってる感覚もあって、なかなか思ったより飛ばず短くなりがち。まあ、でも打てるわ。

で、10分とか15分打ったら、適当に子供を入れ替えて練習。

硬式難しいわー。
やっぱり思ったように飛ばんわー。どこに飛ぶのかわからんわー。
上の子はビンタみたいなフォア打ってて危険。こいつもドライブかからない。言っても直らない。素人に教えるの難しいなー。何より、俺が思ったように打てずに10年。自分でその難しさを痛感していることを忘れていた。やっぱりセンスなのかなー。

下の子は・・・まあ、無理かな。まともな素振りができないのに、コートで打つのは。まずボールがどんな軌道を描いて飛んでくるのかわかってないので打点に入れないし。ま、遊びね、遊び。まだ部活でまともに練習させてもらえないし。こういうもんだってわかればいいよ、今日は。

でも、やっぱりむかつくわー。おんなじことなんべんも言わせんなよな、まったく。俺の子があのしゃくれ打ちをしているという事実が許せん。しかし、性格も終わってて、すねるし逆ギレするし根気は無いし体力ないし。続けさせるだけで精一杯だわ。ちょっと良いボールが来たらおだててやらんといかん。あそこで座ってる監督さん教えてくれんかな。親子で教えるのは難しいわ。

で、また上の子と交代。
もう、どこ飛ぶのかわからんわー。なんでこんなに難しいんじゃ硬式は。軟式なんか何も考えんで打てるのに、硬式のボールは勝手にどっか飛んでいくわ。

そんなこんなで2時間終わった。
2時間練習を続けさせることができた自分を誇りに思うわ。下の子は思ったように打てなくてふてくされてたけど。まあ、少しはドライブの効いたボールが打て始めてたので、それだけで今日の収穫だったわ。

しかし、硬式難しいわー。まったくラケットにボールが乗ってる感じしないもんな。そういう打ち方をしてしまってるんだろうけど。もう完全に軟式打ちにしてみようかな。今日の感覚で。今までは軟式うちにしたと言っても、ちょっと公式に合わせてアレンジしているところもあったけど、今日の感覚で打ってみようかな。こりゃまた迷走が始まるな・・・。

ちなみに、ボレーに自信を持っていた、上の子のボレーは・・・・やはり、所詮スポンジボレーのレベルだった・・・。

これ、だれか買わない?

サークルに練習へ。ちょっと人減った。しかし、日曜日はむちゃくちゃ多いらしい。まあ、徐々に減っていくとは思うけど。

完璧に近づいた俺だが、今日はいまいちだった。
前は練習で完璧で試合に行ったらいまいち。最後の試合で超仕上がって壁打ちで完璧で、今日の練習ではいまいち。なぜ、こうも結果がシンクロナイズしないのか?

ダブルス数試合で勝ったり負けたりという感じ。フォアが不安定だった。最初は教えたもらった頭上テイクバックで良かったんだけど、徐々におかしくなっていった。持ち上がらなくなったり、暴発したり。
後で気づいたのだが、シングルスだと打てないときは無理せずスライスとかでつなぐんだけど、ダブルスでそれすると前衛に捕まるので無理して打っちゃう。それでミスしてしまう。まあ、ちょっと体勢苦しくなっただけですぐスライスで逃げてしまう程度の技術しかないのが元の原因だけど。

ミスしだすと、テイクバックや腕の形、ラケットの角度とか、とにかく肘から先の動きを調整して合わそうとしてしまう。これがだめね。足を動かしてなるべく腕の細かいことを気にせずに打たないと。

バックは良かった。最初はどうも体が前に突っ込んでボールがネットを超えなかった。途中で気づいて、左足を意識して折って体を起こして、ボールを引きつけることで良くなった。おれ、ガスケみたいじゃん、みたいな感じで打ってた。当然、肘の伸ばし過ぎも気をつけて。そのフォームになってから、ほぼノーミス状態になった。

サーブもだんだん打点が前になっておかしくなっていくのだが、途中で気づいて持ち直した。

やっぱりフォアかな。一番使うので、これを思い通りに打てなければ試合にならない。人間が打ってくる様々なボールに崩れずに同じように打てないと。まだテイクバックとか腕の形を気にしすぎてしまう。まだまだかな。


ラケットだが、また迷走している。
フォアの振りが良くなってくると、またラケットのフィーリングが変わってくる。
最初ピュアストライクを使ってた。今後メインで使おうと思ってた。しかし、弾きが強すぎてやめた。
次にピュアドライブを使った。ポリをゆるく張ってるので、球持ちが良く打ちやすい。が、フォアが振りまくれる状態だと、これもやや飛び過ぎ感が出てきた。
それで、ピュアコントロールを使った。ナチュラルを張ってるけど、ラケットが柔らかいので、安心して振れた。でも、最後は疲れてきて、降るのがめんどくさくなってきた。
その時の調子で使いたいラケットが変わる。全てのラケットをいつでも使える状態にしておかねばいけない。めんどくさい。

2020-06-20.png
先日の試合でのくじ引きで手に入れた商品。ウィルソンのRUSH PRO 2.5というシューズ。新品でぜひ使いたいのだが、サイズが27.5cm。残念がながら普段28cmを使ってて、試しに履いてみたがつま先が当たってて無理。うちの上の子も俺と同じ。下の子まはまだまだでかすぎる。奥さんにもでかすぎる。

活用方法を考えたが、どうにもならない。
メルカリで売ろうかとも思ってるが、全然知らない人に売るのもちょっとコーチに対して気が引ける。できれば知ってる人に譲りたい。単にメルカリでいろいろ手続きするのが面倒なのもあるけど。

誰か買わないかな?
5千円くらいで。
そういえば、今日練習行ったのに聞くの忘れた。


今日の練習のとき、親子でソフトテニスの練習に来てた。中学生くらいかな。あとお父さんとお母さん。見てると、はっきり言ってあまりうまくない。親も経験者かどうか怪しい感じで、子供の方は部活でやってるんだろうけど、ちゃんと教えてもらってるのか怪しい感じ。

あー、教えたい。すげー教えたい。あー、あれをこうすれば良くなるのに。
今すぐ、あのコートに乗り込んで教えたい。
近くを通ったら無意識に体が動いてしまいそうで、自分が怖い。