アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である
ブログ紹介
zoom RSS

波と風にただよう枯れ葉

2017/11/19 21:35

ネットで注文したウェーダーが届いた。プロックスのウェーダーでアマゾンで6000円くらいだった。

http://www.proxinc.co.jp/lineup/page.jsp?mode=id/604

もっと安いのもあったけど、普通に使ってるだけで穴あきそうな不安にかられたのと、いいなと思ってもサイズがなかったりでこれにした。サイズは3L。やはりでかい。でかすぎる。でも足のサイズはぴったり。履いたらなんかマリオみたいな感じになった。

で、早速そのウェーダーを持って1年ぶりの鳴門へ。そのために買った。行ける時に行っておかないとシーズンはすぐ終わってしまう。午前3時半。目覚ましだけでは一人で起きられず、奥さんにも起こしてもらう。鳴門用のルアーに入れ替えるのに悩んで30分くらいかかったりして、久しぶりに行く場所の準備で寝る時間が少なくなって辛い。

なんか、車が多い。停めるところが有るのか無いのかというくらい。準備してる人もいるし、既に釣りしている人もいる。はて?どうしてこんなに多いんだろう。まさか、釣り大会でもやってるのかと思った。

準備を済ませ、釣り場所を探しに歩いていく。まだ11月。真冬にはまだまだと思ってたが、とても寒い。風が強い。風と波の音に包まれながら、足場の悪いゴロタをよろめいて歩いてく。

先行者さんらがたくさん釣りしてる。はじめてだ、こんなの。連れ立ってきてる人達の会話が聞こえた。

「1投目からばらした!!」

え、そんな景気の良い話なってるの今?こりゃ良い時に来たかもしれんな。急げ、急げ。

5時過ぎから釣り開始。月明かり無いなか、他の人の邪魔にならない場所で、とりあえずフローティングミノーから投げる。前日に雨が振り、マズメ時が干潮とあまり良い条件と思えない。朝マズメの一瞬がチャンスだな。いや、でも、さっきばらしたと言ってたな。

例のごとく、風と波のせいでルアーがどこに行って、どこを通って戻ってきてるのかさっぱりわからない。まあ、そんなもんだろと思ってたけど、あまりにルアーの手応えがなく何をやってるのかわからない。そこで、シンキングタイプに変更。フローティングより比重が重いから投げやすいし、水の中の手応えもある。足元は浮いてくるから根掛かり少ない気がする。

5時半頃。なんかロッドが引っ張られている?お!!なんか来てるのか!?

来てる、来てる!!およよよ、焦って足元がよろめく。ドラグは緩めにしてたけど、最近イマイチ信用しておらず、強い引きは全身でいなして持ちこたえる。引波で前に歩き、寄せ波で後ろに引き寄せ、ゴロタに引きずりあげていく。

image

やった。久々のナイスサイズ。立派なスズキだ。久しぶりだなー。去年、一昨年と釣ってないから3年ぶりかな?明らかに卵を持っている。どうしよう・・・。いつもなら逃してるのだけど。奥さんにも朝起こしてもらったり、家族サービスもあんまりだったので、悩みながらも絞めた。ごめん。合掌。

家族の食料は確保した。あとはマズメに向けて大物を狙う。ちょこちょこ足場変えて釣るのが好きだけど、人が多くて移動できないので、同じ場所でルアーを変えて探る。徐々に明るくなってきた。でも追加の反応はなかなか出ない。でも、1匹釣れてるので気持ちは余裕。

こんな写真撮ったりして。
image

明るくなってルアーがどこに行ってるのかわかってきた。ラインが風で煽られて大分無駄に出てる。反応ないまま時間が過ぎていく。禁断のエリア10Evoも投入してみる。向かい風でも意外に飛ぶな。早く巻いたりもしてみる。

見える範囲で7〜8人はいる。しかし、なんかフィーバーしてる感じではないな。お、一人釣れてる!!なんだろう?遠くてよくわkらない。シーバスぽくない。ツバスかな?釣れてるのが確認できたのはそれだけ。結局、今日の出来栄えはどうだったんだろう?人が集まった割にはあんまりだった気がする。俺も期待のマズメは空振りだったし。

で、俺は7時位に終了。1匹釣れたので無理しない。どんどん潮が満ちてきてたので、早めに引き上げる。明るくなってからも人が増えてるようで、ジャークしてるひと多いから、多分ジグで青物狙ってるのかも。おれも釣れなかったら、そのつもりでそれ用のルアーは持ってきてた。でも、もう十分。

魚抱えて車まで戻る。疲れた。寒いし、重いし、腰痛いし。釣ってる時は楽しいんだけど、行くまでが辛い。帰るのも辛い。体力的に夜明けの時点で一日終わってしまう。気がついたら他の人がみんな若く見える。もう人生半分終わった人間がする釣りじゃないのかな、これ・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フォームのことは忘れたい

2017/11/18 18:15

久しぶりにコートで練習。2週間前に試合してるので、それも練習と言えなくもないけど。

その試合前から、なるべくフォームのことを考えないようにしてて、徐々に効果が出つつあるような気がする。壁打ちではフォア、バックを50本打ちをこなし、どういうボールを打つかに集中。

この日の練習ではフォアについてはほとんど思い通りに行った。どんなボールが来ても、どんなボールを打つかというところにフォーカスして、ミスが少なく思ったように打てた。今まで苦しんだ緩い浅い低いボールもドライブで打ち込めた。高いチャンスボールも高い打点で打てた。昔はそれでミスを量産してたけど、その後フォームを考え続け、その通りのフォームで打つことに固執してまたミスを量産し、そして今、何も考えずにミスをしないところまで来つつある。と思われる。

バックのドライブは相変わらず打てない。入るには入るけど、自分の思った通りとはいかない。入るのか入らないのか不安な気持ちで打って、たまたま入ったという感じで、入ったからと言って自信も持ててない。ダブルスのためほとんど打ってないし。

バックのグリップを決めやすいように、最初はコンチネンタルグリップで持っといて、その後にフォア・バックのグリップに握りかえるようにしてみたけど、これもうまくいかない。遅れる。遅いボールが来てるのに、フォアでさえ遅れる。慣れの問題ではあると思うけど、いつまでチャレンジし続けるか悩む。

良い感じになりつつあるとは思うけど、気になるのは結構良いボール打ったと思っても、普通に相手に返されること。思ったほどボールに勢いが無いのだろうか?

夜は奥さんのレッスンにまたついていく。人に教えているのを聞くのも勉強になるしな。奥さんは相変わらずすくうような打ち方で苦しんでいる。バックのほうがまだフラット面でドライブがかけられているけど、スイングスピードが遅すぎて面からこぼれている時がある。ある程度強く打った方がコントロールできる。人のふり見て改めてそう思った。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年末までの試合に備える

2017/11/12 21:29

土曜日。何もせず昼寝して終わった。日曜日に野球の試合だったから、土曜日は家族サービスと思ったけど、奥さんが昼寝したのに合わせて寝てしまった。子供らはゲームと動画で終わり。

ただし、土曜日の夜は奥さんのレッスンに付き添い。夏に自分がレッスンに行ってた間、タイミングよく誕生日だったのでインビテーションカードをもらってた。それを奥さんが使ってのレッスン。俺は既に休会してて、厚かましいこと限りなし。

普段全くテニスの練習してない奥さん。ストロークのレッスンでぎりぎりなんとかやれてる感じ。多分、4回行っても何も変わらないだろう。後ろから見てて、そう思わざる得ない。コーチには悪いけど。教えてくれてはいるけど、あとから聞いたら本人も意識してやってるらしいけど、後ろから見てる限り何も感じない。

軟式やってるときからそうだけど、フォアはスピンで打とうとしてるけど、すくうような打ち方でスライス回転でしか打てない。バックは両手打ちにしてるけど、こちらもヘッドが落ちずスライス気味の回転にならないとちゃんと前に飛ばない。俺もそうだけど、軟式と比べると、かなり意識してヘッドを落とさないとドライブでは打てない。とは前にも言ってるけど、聞く耳持たない奥さん。せいぜい第三者に教えてもらってがんばってください。

日曜日。野球の試合の後、ストリング張替えに出す。もう少し後にするつもりだったけど、2割引きのキャンペーンで節約するために。次の試合、年齢別に申し込んでたけど、エントリー少なすぎてB級予選に回る可能性が高く、日程は早まるのでちょうど良いだろう。これで年末までの試合をこなす。年齢別だったら、少なくとも本気試合が2試合できるし、3人しかいなかったら全敗しても3位だろうという勝負師として終わってる思惑だったのだが。

今回もRPMブラストにした。前の試合でサーブもストロークも振り切って入ったし、感触に問題なかった。1.25mmと1.30mmのどちらのゲージか思い出せず焦った。ラケットに張ってあるRPMブラストを見ても、品名のプリントは禿げて読めない。しかし、その前に使っていた4Gソフトが1.25mmのゲージしか置いておらず、RPMブラストにするときに比較しにくい1.30mmにするはずがないというのが決め手となり1.25mmにした。テンションも同じ51lb。

それにしても自分に一番合っているラケットやストリングのセッティングてなんだろう?今は反発力のないセッティングにしてるけど、実は逆の方が試合では良いのではないかと思う時もある。自分としてはボールをホールドしてる感じが好きだけど、あまり伸びがなくて相手からすると怖くないボールでは?とか。

とりあえず、しばらく今の打ち方を続けて感触を掴んでいこう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野球の試合 くるくる回る

2017/11/12 20:25

今年ようやく4試合目。10月は雨で流れ続け、先週はテニスの試合に行ってて、今日ようやく4試合目。10月に出たテニスの試合の後、腰に違和感があり、それからずっと痛い。運動できないほどではないけど、そらしたりかがんだりすると痛いのが治らない。今日はしょうがなくコルセットを付けた。今日も人数不足気味。8番レフトで先発出場。

大分前の試合から空いたため、バッティングセンターや素振りは一応してた。前の試合で速いボールで抑えられたため、バッティングセンターでも140km/hで調整。半分くらい前に飛ばせなかったが、ボールの軌道が1個分は上に伸びてくるイメージを持ってましになった。一応バントも練習。

初回。相手ピッチャーの立ち上がりを捉えて2点先制。

裏の相手の攻撃。ノーアウト1塁。2番打者の打球が3塁線を抜く。序盤から下がっておけと言われてたので、後ろめに立ってたおかげでぎりぎり打球に追いつき止めた。見た目より結構きつかった。硬い土で打球は速いし、割り込んで前で捕るのも体を無理にひねって、それでも後ろにそらしそうだった。ノーアウト1,2塁。このピンチをサードゴロと、ショートライナー+飛び出したセカンドランナーをアウトにして切り抜ける。

2回表、ノーアウト1塁で回ってきた。初球高めのストレート見逃してボール。そうそう、前回のように高めのボール球は手を出さないよ。2球目。バントの構えだけ。高めのストレートストライク。3球目、外から入るスライダーが低めに決まるナイスボール。4球目、低めに伸びるストレート。ナイスボール。1回も振らないまま三振。おーのー。生身の人間が投げるボールに目がついていかない。

3回表に1点を加えて3-0としたものの、その裏に相手の反撃をくらい、あっという間に同点にされる。

4回表。またノーアウト1塁で打席が。バントのサイン。バットを前に構えて体から離さないようにな。1球目、高めのボール球。当たったけど、真下に落ちてファール。2球目。もっとボール球に手を出して空振り。あらー。
打てのサインに変わる。2球ボール。5球目。ストレート。3球位下を振って三振。バットの勢いに体がくるくる回る。むむむ・・・。
しかし、この後、打線がつないで2点勝ち越しに成功。

4回裏もまたピンチ。2アウト1,2塁から痛烈な打球がこちらに来た模様。気がついたら目の前に。1バウンドで捕球して、素早くショートに返す。返しただけでみんなに褒められる。いかに俺に対する期待値が低いのかがよくわかる。このピンチは無失点で切り抜ける。

5回表、3度めの打席は1アウトランナー無し。ようやく目が慣れてきた。初球、ストレートを打ちに行くもファールチップ。くるくる回る。むー、一応球筋を見極めてるつもりだけど、やっぱりボールの下をバットが通る。前に突っ込み過ぎかな?打席を外し左足に体重乗せて素振りし直し。
2球目。外側高めのストレート。やっと重い感触。3塁方向にフライ。ポテンヒットを期待したけど、ほぼ定位置のサードフライ。ありー。

時間が来て5回裏が最終回。エラーが絡みノーアウト2,3塁の大ピンチ。うー、くるなー、こっちに飛ばすなよー。三振で1アウト。セカンドゴロで2アウトも一人ホームイン。5-4で2アウト3塁。うー、口では来いと言ってるけど、来るなよー。
三振!!

5-4で勝ち。ピッチャーが最後まで切れずに踏ん張りきった。

せっかく3割あった打率も出塁率も急降下。3回も打席があったのに、まったく何もできなかった。

まず、目がついていかない。マウンドの上からマジピッチャーが投げるマジ球に目がついていかない。バントもボール球に手を出してしまうし。ゾーンの一番高いところに構えてそれより高いところは見逃す、はずが手を出してしまう。

体の回転だけを意識してればバットに当たるはず、が当たらず。テニスと同じように、フォームを意識せず自然になるようにリラックスを心がけたら前に体重が流れてしまったようだ。最後にやっと当たったが、それを最初からやってれば1本くらいはまともに打てた気がする。まあ、テニスと違って、試合前しかバット握ってないからな。

右手手動で引っ張るように打つから、右足に体重載せた方が振りやすいんだけど、そうするとバットが落ちてしまう。左足に残したまま右手で引っ張る。なんか不自然な気がするけど、そうしないとだめみたい。打つ方でなんか貢献したいところだが。

行く前はだるかったけど、試合始まって声出してたら鬱屈した気分が晴れてきた。仕事がうんざりすぎて毎日しんどいけど、こういう仕事を忘れる時間帯がないと持たないね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ノーベンバーシングルス 無慈悲に打つべし

2017/11/05 23:21

連盟登録してもらってるクラブでのシングルス。次の県の試合まで間が空いたのでエントリーした。お小遣いが痛い。

今日のテーマはフォームを気にせず、遠慮なく打つ。ガーデンレッスンで習ったとおりのフォームで打つことを心がけて一定の効果はあったものの、その後の試合で思った結果が出せず。何か違うような気がして、最近の壁打ちでは習ったことを気にしつつも、あまりこだわらないように打つように練習してた。

フォアは打てる時はちゃんと振り切って打つ。
サーブは振り切って打つ。

総勢10人。3リーグにわかれて、順位別にこれまたリーグで順位を決める。1セット、ノーアドバンテージ。

リーグ戦第1試合
前回、同じ試合の最後に対戦した年配の人が相手。その時は終始サーブ&ボレーを仕掛けて6-0で勝ったけど、今日はストロークを打ちたいので控える。
序盤からまあまあ好調。フォアの強打が入る。サーブも入る。フォームは忘れろ。ボールにフォーカスしろ。
周りから見ると、もっと手加減しろと思われているだろうが、こちらはそんな余裕は無い。これは入ると思ったボールがミスになることがやっぱりあって、その都度悩む。

G5-0。しかし、ここからおかしくなる。相手の返球がゆるくなるほどミスが増える。手だけで擦り上げるボールは本当にかすっただけで持ち上がらない。チャンスボールはアウト。弱気になってサービスラインから打ったフォアのスライスはネット。余裕のあるドロップショットもネット。

G5-2。やばい。焦る。でも、何をどうしたらいいのかわからない。

相手のサーブ。ダブルフォールトが絡んで40-40のノーアド。バックにアプローチされてネットに来た。スライスでロブを上げるも浅い。しかし、相手がスマッシュをミスしてゲーム。6-2で勝った。これだけ離れてるのに、正直負けると思った。5-3になってたら本当にやばかった。

リーグ戦第2試合
また年配の人が相手。相手がサーブ練習もせず始めるというのにやや焦りを感じる。相手のサーブから。調子が合わず返球しにくい、。そして、本当にゲームを失う。
俺のサーブ。ボールの引きつけが足りなくなっていたのに注意してキープ。1-1。
相変わらず相手のサーブが返しにくいと思ってたら、この時点でようやく相手が左利きであることに気づく。左はやりにくい。苦手なバックでさらに逃げていくサーブを打たれると合わない。さらにアンダースピン気味のため、あまり弾まずネット近くで打つことになる。強打が難しく、スライスも面を合わせるだけのような弱いボールしか打てない。で、そのボールをまたバックに集められる。トップスピンが打てないのでスライスで返すが、コースと深さのコントロールができないので甘い返球になり、最後にミスをするパターン。G2-2。

あー、もう、またこの負けパターンか。ここで思い直した。まあ、負けてもしょうがない。大体、今日は勝ちに来たんじゃなく、練習しに来たつもりだったんだし。また相手にチャンスボールを配給し続けるテニスから脱却したくて来たんだし。やりたいことをやり通そう。

相手のサーブで頑張って時々ドライブで打ってみる。入ってはいるが、それでも確信が持てない。それより、スライスでもいいので相手のバックに集めることに集中。すると相手の返球が甘くなってバックで打ち続ける状態から抜けられて挽回。G5-2まで行く。

相手のサーブ。やはりレシーブに苦労してミスが重なり5-3。しかし、次のサーブ。この試合から足を寄せるフォームを試していたが、大分形になってきた。調子が上がったサーブで優位に立って振り切れた。6-3で勝った。なんとか1位通過。

また怪しい試合だった。相手の人は「いやー、3つも取れて満足。楽しかった。」と言ってたが、0-2になってたら負けてたかもしれない。どんなに調子良くても、1つミスするとトラウマが蘇って自信が無くなっておかしくなっていく。

1位リーグ第1試合
過去に大差で勝ってたので、勝てると思ってたのに前回2-6で大敗した相手。勝った時は特に考えなくても深く返してればミスをしてくれてた。しかし、今日試合を見てたら、随分上達してるのがわかった。凡ミス少なく、チャンスボールはちゃんと攻めてきて、そりゃ同じ調子でやってたら負けるなという感じ。だからこそ今回は勝ちたいところ。

打つべし。ミスしても逃げずに打つべし。そう心に誓って打ち続ける。コースは細かいところは狙えないけど、前回より振り切ってるので球威はある。相手のサーブは球威はそこそこで、いやらしさはないので返しやすい。2度ブレークし、3-0と一気にリードを広げ、4-1と進む。

上々の展開ではあるが、徐々にポイントがとれなくなりつつあった。弱気にもなってないにも関わらず、相手に押されてミスが増えつつあった。太陽が背にある有利なサイドで2ゲーム失い4-3。第8ゲーム。サーブでも四苦八苦。なんとか40-40。浅いボールをスライスで相手バックにアプローチ。相手のバックハンド思いっきり強打してきて正面の足元。でもフォアボレーでしっかりジュースサイドへ。こんどはバックのダウン・ザ・ライン飛びついてバックボレーが決まりキープ成功。5-3。

もう勝負が決まってもおかしくない展開。が、ミスの連鎖が止まらない。何か微妙に合わない。簡単なチャンスボールもミスをしてしまう。一気に5-6と逆転されてしまう。

第12ゲーム。サーブ。30-0とリードしながら、やはり相手に先手を取られる展開が続き、30-40と逆転されてしまう。ネット際に死に球が来た。フォアで決めに行くがネット白帯。振り回さなくてもドロップショットでもオープンコートでも簡単に入る状況だったのに・・・。7-5で負け。

んー・・・、最後4ゲーム練習されて負けか。このパターン多いなあ。あとから聞いたら3-0のあたりで相手の人ラケットを変えたらしい。具体的にボールの質がどう変わったのかは気づかなかったけど、苦しくなり始めたのは確かにそのタイミング。何があったのだろうか・・・。でも、それくらいの変化ですぐミスをしてしまうようではなあ・・・。


1位リーグ第2試合
初めて対戦する人。サーブが強力。でも、スピンサーブを打たず、ダブルフォールトが多くなりそうな感じ。とりあえずフォアに手応えが出始めてるので、負けてもいいから打つべし。しかし、3位になると下位リーグの首位の人と順位決定戦をやると言われてて、時間も遅くなるし、そこまではやりなくない。

相手サーブが強力なのでトスに勝ってサーブ選択。サーブが強打しても大分安定して入るようになった。しかし、相手はストロークもかなり強打してきて、それが結構入ってくる。しかし、しかし、俺も打ってくれた方が合うので叩き返す。お互いバコバコ音を立ててラリー。40-40。相手に押されてロブ上げるも相手頭上。それを相手が自分のコートに叩きつけたのに助けられ1-0。

その後もこちらペース。たまに力のないボールが行くと、相手がタイミングが合わずミスをしてくれるのに助けられる。3-0まで進む。
でも、俺みたいにミスをして自信をなくして雪だるま式にミスが増えるような相手ではない。粘られてミスをしてしまい4-1。

相手サーブの第6ゲーム。先の試合と同じように展開が拮抗し始めている。ここを取れば5-1。取られれば4-2。5-1にできれば一気に楽になるが、4-2だとまたわからなくなる。ミスはするけど弱気になるな。でも凡ミスも減らせ。一進一退で40-40。相手も次の1本が大事なことがわかってる緊迫の1本。えーと、なんだか忘れたけど、多分相手がミスって5-1。

胸のつかえが降りた気分。こうなるとサーブも気分良く打てて、相手は無理して打ってきてミスしてくれる。40-15から強打した今日一番のサーブが相手のミスを引き出して6-1で勝ち。

2位でした。新聞の地方欄に載るかもよ。残念ながらまた同じ相手に負けてしまい初優勝はできなかったけど、最後に勝って気分良く終わった。小さいな、俺。弱気になってミスが止まらない癖は相変わらずで、その展開になるのを恐れて先行して弱気になるという新たな展開も感じて先行き不安。

良かったのはフォアの強打を最後まで押し通せたこと。振り切って打てた。力抜いて入れに行くほうが難しい。ボールを潰すようにがつんと当てないとスピンの掛かりが甘くなることがよくわかった。昔はそれでミスしまくってたけど、紆余曲折を経て、ガーデンレッスンのおかげもあって形になってきた気がする。
具体的にフォームがどう変わったかは知らない。肘を伸ばしてというのにずっと気を遣ってたけど、全てのボールをそうするとだめ。特に緩いボールは面からこぼれてしまう。手首はある程度固めて打ってたけど、肘はスイングの中で曲げ伸ばししないようにだけ注意し、状況によってなるように任せた。
あとは膝が伸びっぱなしになるのを最後の試合で気をつけたらミス減った。焦ったり、横に走らされた時、膝が伸びっぱなしで手だけでこすって打ってたのを、姿勢を沈めてちゃんと振って当たるように直せた。疲れるけど必須だろう。

サーブも良かった。力入れて打てた。自然落下に任せるようなサーブは無かった。ちゃんとスピンかけられた。足を寄せたほうが力が入る。不安定になりがちで敬遠してたけど、目線が上下しないように引き寄せるようにして安定感も失わずにすんだ気がする。

バックはスライスしか打てなかった。それもミス多い。最後の試合みたいに相手の球威があった方がボレーのように面を合わせるだけで打てる。ゆるい方がある程度勢いを付ける必要があって振らないといけなくて、相手ボールに合わせて調整する点が多くて難しい。
ドライブの方は全然だめ。入る気がしなくて打つ気しなかった。なんとかしないとなあ。後のポジションでスライスではチャンスボールにしかならないし、ネットに出てこられたらロブでしのぐことしかできないポイントが何度もあった。壁打ちじゃなく、人相手の練習をもっと増やさないとなあ。

ボレーはミスのほうが多かった。特にサーブ&ボレーはチャンスボールなのに山なりボレーになったりして意味なかった。これも人相手の練習を増やさないとなあ。

最後のクラブのコーチと話ししたけど、かつて海外の有名なアカデミーに留学してたけど、その後トッププロとなるジュニア選手たちと一緒に練習したら、あまりの次元の違いにカルチャーショックを受けてプロの道を諦めたとのこと。当然、俺はそのコーチの足元にも及ばず。プロの世界ってどんなところなんだろう?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サイズがない

2017/11/04 20:54

この冬の鳴門釣行に備えて、ウェーダーを探しにいはらへ。予算は5千円くらい。

あるある、一応安いのがある。じゃあ、これにするか、と思った瞬間、ある問題を思い出した。

サイズがない。

身長が174cmながら、足のサイズがテニスシューズなら28cm、革靴なら27cmと末端肥大気味。そのため、ウェーダーだと横幅、股下がガバガバな状態になってしまうが、足のサイズが第一優先。

目的の商品が袋に入ってて出して試着するのをためらったため、他の製品で試す。ダイワ、シマノ製品を試す。2Lで問題なし。履きやすくていいな、これ。2万円くらいするので論外だけど。

じゃあ、2Lなら大丈夫だなと思ったけど、念のために別のメーカーで試す。なんと!!きつい!!同じ2Lなのに・・・。

靴底を重ね合わせてみると、ダイワ、シマノは同じ2Lでも大きい。おぉ・・・。

同じ靴底サイズでも、足首がゆるいとつま先が当たってやっぱりだめなのもあった。で、結局、目的の製品幾つかを箱から出して試着するも2Lはやっぱりだめ。2Lでいけるのは、ダイワ、シマノ、プロックスだった。他の店頭にあったのはだめ。前に使ってたマズメはどうかわからない。店頭には3Lが無い。悪戦苦闘してまた畳んで箱詰めして、買うつもりのなかったルアーを買って帰ることに。今年はすこぶる調子の良いエリア10Evoのパープルバックレインボーカラーを追加。ウェーダーはネットだな・・・。

先日釣ったシーバス。クックパッド見ると、内臓のレシピがあって試してみた。

胃袋と浮袋はひっくり返して洗う。で、胃袋と肝臓、浮袋と皮みたいな順番で数分煮る。
image

冷まして小さめに切ってポン酢とネギ(のつもりが間違えてニラ)。
image

思ったよりうまい。御飯のおかずというより酒のあて。

メインの身の方は奥さんが漬け丼に。醤油、酒、みりんに漬けて、
image

温泉卵、山芋、海苔、ネギと合わせて。うまかった。海の恵みに感謝。合掌。
image

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 十九番札所 立江寺 と お松大権現

2017/11/03 23:04

お遍路を始める前、お遍路が何かもよくわかってないころに帰り道にふらっと立ち寄ったのが立江寺。駐車場代がかかることに、え〜っと思いながら入ったのを思い出す。その後、お遍路を始めたものの、奥さんが忘れた頃に行きたいとか言って、比較的近いところにありながら引き伸ばして本日再来。

立派な山門。
image

立派なお大師様の像に何やら太い金剛杖のような棒が紐で繋げられている。何か書いてるけど、意味がわからない。
image

お大師様と多宝塔。
image

本堂。
image

大師堂。本堂とともに見ごたえある素晴らしい造り。
image

黒髪堂。今で言うところの不倫を犯した女性の肉付きの髪の毛が鐘の緒に巻き付いたものが収められているという伝説。肉付きって何?
image

立派なお寺だ。近くの店で売ってる立江餅がうまい。
image

おん かかかび さんまえい そわか

1年でようやく1/4終わった。


その後、奥さんが前から行きたいと行ってたので、お松大権現に向かう。
image
image

何から何まで猫づくし。

image

立派なお社。
image

狛猫?
image

山の斜面の方に行くと・・・。

神社なのに猫の大仏様。
image

猫のお不動様。
image

猫の七福神。
image

お松権現のお話が切り絵とともに建物のかなをぐるっと飾られている。
image

image
image

無実の罪を直訴で藩主に訴えるも、直訴はどんな理由でも処刑。やはりお松さん処刑され、飼い猫が化け猫となり悪人どもを滅ぼすという伝説。切り絵の情緒が物悲しく訴えてくる。

ちなみに行った時、たまたま赤ちゃん捨て猫が数匹いた。かわいそうに。境内には「捨て猫禁止」という看板あり。
image

参拝者がまばらながらも続けて訪れていて、おそらく地元の人にも愛されてるのだろう。
image

悪者を滅ぼした伝説から勝負事に縁起が良いとかで、受験、スポーツなどいろいろなお守りのたぐいが売られていた。招き猫を持って帰って飾っておき、願い事が叶えば返す習わしもあるらしい。王子神社もそう。俺は必勝お守りは王子神社で買ってたので、ここでは仕事お守り買った。細く長く生き残れますように・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


狙ったものが釣れない

2017/11/03 09:41

久しぶりに釣りへ。10月は雨が多くて、行きたい時に行けなかった。吉野川で狙うタチウオもそろそろ終盤。3連休だし是非行きたいところ。

午前4時半。目覚ましをかけ忘れていたが、奥さんが布団をかけなおしてくれた瞬間に奇跡的に目を覚ます。

午前5時半ごろ釣り開始。今日は時間に余裕を持ってたので、落ち着いて準備。これが焦ってると忘れ物したり、ラインをガイドに通すのをミスってたりする。北西の風と満潮からの下げのタイミングで大いなる流れあり。水はクリア。まだ冬とはいえないけど、十分な防寒装備で対策。今日はあまり他の釣り人が見えず。

さあ、タチウオこーい!!でも、釣りだよりだとシーバスも釣れてるようで、それも意識しつつ最初はエリア10でゆっくり流れに乗せて引いてみる。

空が明るくなり、ライトがなくても手元が見えるようになった頃、威勢のいい反応あり。来たかタチウオ!!

いや、シーバスだ。しかし小さい。抜き上げられそう。でも、慎重を期してタモですくおうとする。でも、すくう前にフックがタモに絡んで余計にて間取りグダグダに。30cmも無さそう・・・。リリースかな、と思ったけど、フックが目玉にかかっている。ダメージ大きいため絞めてキープ。取り込みで手間取った時に目に引っかかったような気がする・・・。

その後しばらくして再びアタリ有り。反射的に合わせを入れるけどかからず・・・。今年はこればっかり・・。さっきよりは大きそうな感じだったのに。そして、タチウオの反応は無いまま、完全に明るくな。まだまだこれからとバイブレーションを遠投するが、何も当たらず。水面では相変わらず流れがある中で、ボラジャンプ(実際にボラかどうかはわからない)があちこちで見られる。

小休止を挟み、ジグサビキ仕掛けで不特定多数のターゲットを狙う。メッキアジとか釣れたらいいなと。しかし、このなりふり構ってられないやり方でもアタリ無し。何たることだ。

そう言えば、さっきばらしてから時間が経ってるので、違うルアーで同じところ通してみたらどうなるかな?VJ-16を投入。すると、ややもぞもぞした反応からぐっと乗ってきた。

これもシーバスな感じ。よってきたらやっぱりシーバスだった。ルアーが見えない。飲み込んでるのか?1匹目より重い。もう、そこまでよってるのに、流れのせいか引きが強くなかなか取り込めない。もたつきながら、なんとか取り込む。

image

きれいなシーバスだ。でも小さい。40cmくらいかな。リリースかな。しかし、何故かエラから血がだらだら流れている。なぜ?どうやら飲み込んだVJ-15のフックがエラにかかってるようで、それのせいみたい。エラが傷ついたらだめだと何かで見たことがあるけど本当だろうか?結局、これも合掌してキープ・・・。

ここで終了。2匹もキープしたので、十二分に家族分の食料を得られた。タチウオ釣れんかったな。去年も今年もぱっとせんかった。

image

45cmと40cmくらい。1匹目も思ったほど小さくはなかった。十分2日分の食料になった。1匹は卵を持っていた。そうか、もう産卵の時期か。そりゃ、鳴門でなくても時期が来れば吉野川のシーバスも産卵するよな。3枚に下ろすのに1時間かかった。今回は内臓も食べようと思ってごちゃごちゃしてたのと、頭を2つに割るのに手間取った。

次は鳴門のゴロタ浜に行こうと思う。以前ほど必死に行くつもりはないけど、一番大物が狙えるので2回行ければいいかな。前に使っていたウェーダーがどうしても穴の補修ができず捨ててしまったので、買わないといけない。ちょっと良いの買っても、転んですぐ穴あくので、もう安物にしよう。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


四国霊場八十八箇所 二十番札所 鶴林寺

2017/10/28 23:39

太龍寺の次に鶴林寺へ。車道は走りやすいのだが、すごい急勾配が延々と続く。15〜20分ほどかけて着いたけど、エンジンが焦げ臭い。

山門の中にはおなじみの仁王像だけでなく、鶴の像も。
image
image

綺麗な苔が生えている参道。しかし、なぜか電気網で守られている・・・。
image

本堂。鶴も阿吽。軒下の彫刻は他のお寺と比べるとあまり凝っていない。しかし、それは鶴林寺が長宗我部の阿波侵攻でも消失しなかった貴重なお寺である証拠と思われる。
image
image


大師堂。堂の中を撮影してはいけないとの注意書き。そうか。だめなのか。まあ、そんな気はしてたけど、今まで撮りまくっていた。今度から控えよう。ご利益を得るためのお遍路が、失礼なことをしていると逆に厄を持って帰ってしまいそう。気をつけなければ。

image

三重塔。
image

太龍寺もそうだけど、自然の中にそびえる静謐なお寺。次は歩いて訪れてみたいものだ。
image

image

おん かかかび さんまえい そわか
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 二十一番札所 太龍寺

2017/10/28 22:35

7月に行ったのを最後にご無沙汰だったお遍路。いろいろ出費がかさんだりして控えてたけど、ぼちぼち行きたいなあと思っていた最近。奥さんがたまたまJAFの会報で太龍寺ロープウェイが割引になるという情報を見つけて計画。ロープウエイ乗り場もある鷲の里道の駅でナカまつりが始まるこの日だけJAF割引で往復運賃が半額になるという特典。5月に焼山寺に歩いて行ったのに引き続き、この難所もという気持ちもあったけど、子供らを連れて行くことも考えて、この特典に乗ることにした。

しかし、また台風のせいで朝から雨。さらに前日には下の子が風邪で学校を早退。諦めかけていたが、子供の体力が回復してたし、雨も豪雨というわけでもない。上の子が数えで十三の年。この時に太龍寺でお参りすると無限の知恵、健康、幸運が得られるという。部活が週末でもなかなか休みにならないが、この日はたまたま休みだったこともあり、強行した。

雨のせいか、ナカまつり始まってるのに人の数はいまいち。お陰で1台に100人乗れるロープウエイもすかすか。JAFのこの日だけの割引で俺と奥さんは一人往復1200円。子供らは普段の割引が適用されて100円引き。

雨のせいで眺めは期待できないと思っていが、途中雲海のような風景に。これはこれで趣がある。
image

山犬、つまり狼の像が崖の上に。ゴンドラの中で係員の人が説明してくれてたんだけど、なんだったか忘れた。
image

途中、南舎心ヶ嶽のお大師様像が見える。あそこに行きたい。
image

10分ほどで到着。奇跡的にこの時点で雨はやんでいた。
image

西の荒野とも称される太龍寺。手水場も立派。
image

本堂
image

千円で銅板を納める。これ自体どういう意味があるのかわかってないけど、納経所で記念としてお箸をもらえた。
image

大師堂
image

御廟
image

龍天井
image


長宗我部の兵火で消失したらしいが、荘厳な雰囲気を感じざる得ない。
image

ロープウエイ乗り場から見える南舎心ヶ嶽。歩いて大龍寺まで来ることはあきらめたが、せめてあそこまでは行きたいと思っていた。雨がやんでたし、子供達も元気だったので、行ってみることにした。

image

八十八箇所の仏様が置かれている道を上がっていく。途中、結構勾配のきついところもあった。
image

15分ほどで到着。
image

近くに行ってみる。雨で足元が滑って怖い。
image

ロープウエイ乗り場が見える。伝説ではここらへんで虚空蔵求聞持法の修行をされたらしい。
image


お大師様像の周りでうろうろして写真とかとっていたら急に大雨に。お大師様のお怒りを買ったのかと怖くなって、光明真言と南無大師遍照金剛を唱えて帰った。

image

ちなみに十三歳のうんぬんの件(十三参り)は、予約して正式にご祈祷(一万円)していただかないいけない模様。でも、十分満たされた気分。やっぱり遍路道を歩いてみたい。


のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


50本打ち

2017/10/25 00:17

壁打ちに行った。やっと台風過ぎて天気良くなると思ってたら、また新しい台風が発生して次の週末が怪しい。最後にコートで練習したのはいつだっけ?

高校の時、軟式の練習で、後衛はよく50本打ちという練習をやっていた。一人だけコートに入ってトップ打ち50本決めたら終わり。前衛を立たせてて、取られたらカウントされない。それだけ。単に甘いボールを確実に叩き込むだけ。しかし、腑抜けたボールではカウントしてくれない。真夏にやるとかなりきつかった。ちなみに俺は前衛だったので、50本ボレー(ポーチボレー)、または50本スマッシュだった。これもかなりきつかった。

先日の試合で相手にチャンスボールを送り続けるプレーに、最後に心身ともに切れてしまった。そこで、壁相手に50本うち敢行。フォアもバックも。続けるのではなく、1本ずつ叩き込むだけ。チャンスボールはピンチボールなんていうことわざに悩んでるレベルでは試合には勝てない。

高校の時の先生曰く、「疲れ切って体に力が入らない状態になって、やっと本当の打ち方が身につく」。
今前考えすぎて、小手先でいろいろやりすぎてたので、フォームのこともなるべく忘れた。ただ、ボールが勢い良く相手コートに入るように打つだけ。しかし、コート相手に何本打っても大して疲れないな・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Penn Court One

2017/10/17 23:29

壁打ち。今週も雨が続きそうで、雨の合間を狙ってサラッと行ってきた。

いつもより短い時間で終わった。大体思ったように打てたし、かと言って壁相手に調子を合わせてもしょうがないし。サーブにもうちょい威力が出ないかいろいろ試してみたけど、やっぱり力が無いため無理だった。ストリングを4Gソフトに変えればスピード出るけど、今度はストロークが飛びすぎるし。

11月が試合が空くので、シングルスの試合を1つ入れようかと思ってるけど、会社の運動会という極めて迷惑なイベントが雨で流れ、それが次にどの日に割り当てられるのかがわからず非常に困っている。

ところで、今日、新しく買ったPenn Court Oneというボールで練習してみた。いつもはBRIDGESTONE NPというボールを使っている。壁打ちごときに良いボールを使う気もなく、1個100円位。Penn Court Oneは3個入りで300円ちょっとだった。ふらっと立ち寄った店で見つけて買った。

打ってみると、重い、硬い、弾まないで非常に打ちにくいボールだった。おまけに変な臭がする。外国人はこれくらいのボールで簡単に打てるのだろうか?BRIDGESTONE NPも弾まないボールだが、ここまでひどくない。ひどいボールを買ってしまった。結局、帰りにいつもの店でBRIDGESTONE NPを買った・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


また迷いそう

2017/10/11 22:41

申し訳ありません。また壁打ちに行きました。

日曜日の試合で足つるまで疲れてて、未だに筋肉痛が治らない。でも、気になることがあって打ちに行った。レッスンでストローク習った時は、手をまっすぐ打球方向に伸ばした位置で打つという話だった。しかし、手首が90度位曲がって、高い打点になるほどかすり気味で打ちにくいのが疑問で、前の試合の時も同じだった。

フォームのことは一回忘れて、打ちたいように打ってみた。どんなボールでも同じフォームで打っていたのが無理だった。打点の高低などでフォームは変わる。当たり前のことだけど、今まであまりにミスが多くてフォームに囚われすぎてた。

よし、調子良くなってきたぞ。しかし、レッスンで習った打ち方と全然違うような・・・。

やはり打点がやや横後ろになって、手首が90度ではなく、やや伸びた形になる。その方がボールを押しやすい。特に高い打点は。しかし、試合になるとこの打ち方でミスを連発していたような・・・?どうだったっけ?また迷走するのか?



120km/hのスイングスピードだと、インパクトでのボールとの接触時間が0.004秒くらいで、13cmくらい動いている・・・みたいなことを説明しているサイトがあるけど、違うと思う。インパクトの衝撃で一瞬ラケットは減速してほぼ止まってるように見える。13cmもボールをくっつけたまま動いてない。たまにテニスの試合をテレビで見てるとスーパースローが流れるけど、絶対に13cmも動いてない。ボールを潰す感覚があれば動いてるように感じるけど、インパクトはほぼ一点、一瞬の感覚のはず。

軟式の経験が長かった故、硬式でもラケットにボールを食いつかせて飛ばす感覚になりがち。浅く短く、バウンド後落ちてくるボールを低い打点でトップスピンで打とうとする苦労する。というか打てない。スイングスピードを落とさないとオーバーするけど、そうするとボールが食いつかず持ち上がらない。ミニラリーも一緒。ミニラリー未だに苦手。

気持ち、ラケット面を上に向けて打たないとボールが持ち上がらないことに気づいた。今までは後で打つのと同じ感じでラケット面に食いつかせて持ち上げようとしてた。

もっとボールから伝わる感覚を大事にしよう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


俺はD級の下

2017/10/08 22:32

級別のシングルス。不攻の誓いを立てて臨む。例のごとく、壁打ちしてから現地入り。前日の夜も壁打ちしていたが、なんかしっくり来ないまま。肘を伸ばすか、いや、それより体と腕一体でスイングするかとか、高い打点はちょっと体から離すかとか、いろいろ試し、結局何も得られず。バックに至っては壁打ちですら満足に打てず。とりあえず今日はスピンかけて高い弾道で打っとけば、そうそう攻められないだろう。それを続けてれば何か見えてくるかもしれない。

現地につくと、今年ミックス団体戦でお世話になった人が声かけてくれて談笑。普段一緒に練習してる(とは言っても、月1,2回しか言ってないけど)もいて、今日は話する人が多い。

D級、今年多い。1日で終わらず、今日は8本決めるまで。俺は2回勝てば8本。去年は結構上手い人多いなあと思ってたけど、今日は見てみるとそうでもない。しかし、俺も勝てる自信ないためそわそわしっぱなし。知り合いの試合をいくつか見て、そうそう、ああやってやらないとね、とか言い聞かせて落ち着かせる・・・。

2回戦
相手は1試合勝ち抜いているので、調子上がってるはずでやりにくい。トスに負けたけど相手はレシーブを選択。く、最初だからレシーブが良かったのに。朝は曇って涼しかったけど、試合が始まる頃には晴天。すごく暑い。

キープ成功G1-0。相手のサーブはファーストもセカンドもスライスであまり弾まず打ちにくい。感覚が合わなくてレシーブに苦しみG1-1。
その後、試合が進んでいっても調子も上がらず、マイルドなラリーが続く。スピンの利いた高い弾道のボールを打とうとすると、かすったり暴発したりして思ったようにスイングできず、ポコーンと打ち返す。でも、相手も同じような感じ。バックに行った時、相手のスライスが甘く、こちらはまあ普通に打ったので、その差くらい。バックのトップスピンは1球打って全く入る感覚なくミスして、その時点で諦めた。G6-1。

差はついたが、余裕は無い。チャンスでもこちらに決定的なボールがないため、無駄に長いラリーを続けてミスしてもらうのを待ってるだけ。しかし、終わりが見えてきた時点で、この無様な試合を早く終わらせたくて焦ってくる。コートの中で相手の棒球をスライスでしか返せず、しかもそれをネットにかけたり、ベースライン後ろから打つトップスピンがかすってネットしたり、スライスのレシーブはアウトしたり。
とりあえず、サーブを入れておいたら時々相手もミスしてくれてキープだけは成功して、G8-3で勝った。

勝った。一応。いつ以来ですかね、県の試合で勝ったのは。Dだけど。

全然うれしくない。

勝ちゃあいいと言うもんじゃない。最後まで羽子板テニスしかできず、早く終わってほしくて小手先で打ち返してミスしたりとか。とりあえずトップシード初戦敗退を免れて安堵している自分にもムカつく。なにこれ?

次の試合を待っている間、知り合いの人と話し。

「久しぶりのシングルスだけど、相手のボール遅い方が合わなくて打ち返しにくい。」

そう、そう、そうなんですよ。俺なんかフォアもスライスでしか返せないです。

別の人からも声かけられる。・・・誰だっけ?ああ、前に所属クラブで試合した人だっけ?目の前のコートで試合してる人、なんか地味にうまいから見といたほうがいいよと言われる。ふーん、そうなの?どれ?
むー。わからん。コンパクトなテイクバックでかちっと打ってるところかな?でも、ミスも多いけど。両手打ちのバックは入ってるな。少なくとも俺の片手打ちよりは。しかし、今の俺には何を感じ取ればいいのかわからない。


3回戦
俺より年上の人。さっきと一緒。おっそいボールの応酬。しかし、さっきの人より明らかにミスが少ない。ラリーが長くなる。暑い。苦しい。体全体を使ってスピンの利いたボールを打とうとしているが、全然ラケットに食いつかず、こすったスピンか、当てるだけの棒球しか打てない。
G1-3とリードしたけど、相手がダブルフォールトを連発したのに助けられてG3-3まで追いつく。

長い長い、何の見ごたえもないラリーが続く。打ってる本人があくびしそうなラリー。実際は暑くて苦しいのでそんな余裕はないけど、他人には見られたくないラリー。

続けてると、だいたい相手の返球が浅くなる時があり、その時はフォアもバックもスライスで返してネットにつき、相手のパッシングの精度が悪いのに助けられて終わるというパターンでサービスゲームをキープしていく。1ブレークリードして進んでいく。

しかし、徐々にミスが増えていく。とにかく疲れている。ただでさえいつもより長いラリーなのに、入るか入らないか焦って息が必要以上に上がっている。ネットについてもボレーミス、スマッシュもミス、おまけに空振り。アドサイドで回り込んでフォアというのだけまともに打てたのだが、それをやったがために動く距離が長くなってた。ちょこちょこ前に走らされて、いつの間にか足が動かなくなってきていた。簡単なボールを何度もミスって、腹立って声をそのたびに荒げてしまう。

G6-5でサーブ。しかし、この時点でついに、俺、切れる。

「これ、なんか意味あるのか?」

ラケットやストリングに何を使おうが関係のない羽子板テニス。温泉で素人がスマッシュの打てないラリーを続けるのと同じピンポンテニス。無理をしないトップスピンさえ打てず、相手にチャンスボールを送るだけのこのテニスを続けることに意味あるのか?試合を続けているうちに何か変われると思ってたのに、2試合目の終盤になっても、逆にひどくなっている。

ガスッ、ペコッ、パスッ。G6-7。ちゃぶ台をひっくり返す。

なんとか気を取り直したいところだが、足つった。ただでさえ威力のないサーブが足が使えないことで、ただ頭の上から当てるだけのサーブになってしまう。なんとかできる範囲のことだけやってボールを打ち返すが、ネットに詰めるのもままならず。30−40からフォアのスライスがネットに届かずG6-8で負け。


もうテニスやめようかな。
本気でそう思った。硬式やりはじめて10年位かな?軟式もやめて真剣に練習しだして3,4年くらいかな?今年は短い間だったけどスクールにも通って、やっとまともにテニスできると思ってた。それが、この有様・・・。何も変わってない。もう、流石に諦めどきかと思ってもおかしくないでしょうよ。

家に帰って動画を見る。
ピンポンテニスでもラリーが続いてると、それなりにテニスやってるように見えるな。しかし、ヘボいな、俺。レッスンで肘伸ばして打ってたのに、やっぱり曲がってる。特にジュースサイドに動いて引っ張るフォアは最高にかっこ悪い。サーブはどんどん威力なくなっていくし、コート中の甘いボールはフォアでもスライスでしか打ち返せないし。よくこれでテニスやってますと言えるな。

俺は足も上体も使って、一生懸命トップスピンを打とうとしてるけど、思ったように打ててない。しかし、似たようなボールを相手は少ない動きで打ってる。本来は大して力使わないでも打てるボールを必死で燃費の悪い打ち方をしてるがために、無駄に体力を消耗してしまった気がする。

むしろ、回り込んでのフォアで、何気なく力抜いて打ったボールがスパーンとウィナーになってた。でも、その後打ち込んだろうと思って打ったら、やっぱりかすったりミスったりしてた。今にして思うと、バックハンドのライジングでドロップショット打ったり、前に詰めてスイングボレーとかしておけばもっと早く終わらせられたな。せっかく練習してたのに、そこまで頭が回らなかった。

いろいろ声かけてくれる人が増えてうれしいけど、逆にテニス見られるのが余計に辛くなってきた。今頃になって、ようやく、試合に出てるのが恥ずかしくなってきた。体力の低下も激しい。足の速さはまだ自信あるけど、持久力がない。1日2試合持たないとは。普段座りっぱなしだからなあ。

勝てないからD級にしたけど、自分のレベルがはっきりわかって、余計自信なくなった。これからどうしようかな・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋雨むなし

2017/10/07 14:15

翌日にテニスの試合を控え、練習したいところだけど釣りも行きたくて、やはりテンション上がるのは釣りの方なので早起きして出発。しかし、車で走り出してから雨が結構な勢いで降り出す。天気予報アプリ見ても大して雨雲は出てない。現地到着しても降ってたけど、弱くなりだしたので準備して釣り開始。

5時半頃から釣り開始。塩が満ち満ちてて足元が波にさらわれそう。徐々に明るくなり始めてタチウオのゴールデンタイム。しかし、水が妙に濁っていることに気づく。前日の雨のせいだろうか?ルアーに木くずが引っかかってくる。んー、あまり濁るとタチウオ釣るには難しい気がする・・・・。流れもない。前回は満潮前には既に結構流れてたのに。

日の出の時刻は過ぎたけど、時折小雨が降る曇り空。バイブレーション、ワーム、ジグなどを投げていくけど何もなし。たまにボラジャンプが見えるけど、見える範囲にベイトは感じない。タチウオだめならシーバスは?と思ってルアー投げても何も来ない。

それでも7時半頃、ようやく魚の反応有り。しかし、姿を見せたのは指2本くらいの極小タチウオ。これは持ち帰るにはさすがに・・・。写真くらい撮るか、と思った途端、針から外れて落ちた・・・。

遠くの方から泡出つ潮目が近づいてきた。どうやら潮が下げ始め、川の水が降ってきたみたい。潮目が通り過ぎると一気に流れが出始める。
image

でも、でかいゴミが引っかかっただけ。8時頃終了。

家に帰った後に残る疲労と睡眠感。釣れた時は心地よい疲労感だが、釣れなかったときの徒労感はほんとうにけだるい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2017/10/07 14:13

翌日にテニスの試合を控え、練習したいところだけど釣りも行きたくて、やはりテンション上がるのは釣りの方なので早起きして出発。しかし、車で走り出してから雨が結構な勢いで降り出す。天気予報アプリ見ても大して雨雲は出てない。現地到着しても降ってたけど、弱くなりだしたので準備して釣り開始。

5時半頃から釣り開始。塩が満ち満ちてて足元が波にさらわれそう。徐々に明るくなり始めてタチウオのゴールデンタイム。しかし、水が妙に濁っていることに気づく。前日の雨のせいだろうか?ルアーに木くずが引っかかってくる。んー、あまり濁るとタチウオ釣るには難しい気がする・・・・。流れもない。前回は満潮前には既に結構流れてたのに。

日の出の時刻は過ぎたけど、時折小雨が降る曇り空。バイブレーション、ワーム、ジグなどを投げていくけど何もなし。たまにボラジャンプが見えるけど、見える範囲にベイトは感じない。タチウオだめならシーバスは?と思ってルアー投げても何も来ない。

それでも7時半頃、ようやく魚の反応有り。しかし、姿を見せたのは指2本くらいの極小タチウオ。これは持ち帰るにはさすがに・・・。写真くらい撮るか、と思った途端、針から外れて落ちた・・・。

遠くの方から泡出つ潮目が近づいてきた。どうやら潮が下げ始め、川の水が降ってきたみたい。潮目が通り過ぎると一気に流れが出始める。
image

でも、でかいゴミが引っかかっただけ。8時頃終了。

家に帰った後に残る疲労と睡眠感。釣れた時は心地よい疲労感だが、釣れなかったときの徒労感はほんとうにけだるい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


誓い

2017/10/04 00:18

今週末の試合に備えて壁打ち。試合までに今日が最後の練習になるかもしれない。

先日の試合で、またテニスの試合と言えないプレーをしてしまい、もうテニスやめようかとさえ思い始めてしまった。まだやるけど。とりあえず次の試合に先立ち、誓いを立てた。

・もう攻めません。ネット前でも攻めません。

・ネットの上すれすれなんて狙いません。

・カッコつけてライジングでウィナーとか狙いません。

・フォアもバックもネット上1m以上を通します。

・フォアもバックもスピンかけます。

・バックはセミウエスタンで打ちます。もう決してイースタングリップは使いません。

数少ない勝ち試合を思い出すと、何も考えず深く打った時だった。その後、これからは攻撃だとか調子に乗って打つとすぐ負けた。次はつないでつないでつなぎまくろう。そこで何かを見つけたい。バックのスライスももっと使おう。前の試合で遅いけどスピンの多くかかったスライスを打った時、相手が返しにくそうな気がした。

RPMブラストは1ヶ月経った。テンションの落ちはほぼ落ち着いた。つまり、性能的には寿命が来ていると思われる。でも、経済的に1ヶ月で張り替えるのはもったいない。でも次の試合でスピンかけまくりたい。そこで買ってみた。

SPIN PLUS

http://princeracket.jp/column/column-8895/

水溶性シリコンを利用したストリングの潤滑油みたいなもの。ストリングの滑りが良くなるらしい。釣りで使っているPEラインのコーティングスプレーも同じようなものらしい。実際、ストリングに塗った後は滑りが良くなって、指でストリングをずらしやすくなった。

壁打ちで使ってみたところ、ホールドしてる感じが増した気がする。壁相手にどれくらいスピンがかかってるのかわからないけど、それなりに効果ありそう。スピンをかける、スピンをかける、スピンをかける・・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シングルスの試合 また1つ大会を無駄にする

2017/09/30 18:31

テニスの試合の季節がやってきました。台風で延期になった大会。ガーデンレッスンを受けて初めて県の試合。今回を含めて年末まで5つのシングルスの大会に出る予定。

壁でさまざまな場面を想定して練習しました。コースを変えるのとか、深く打って前に詰めてライジングで打つとか。そして、バックハンドも練習した。一気にレベルアップすることを夢見て練習した。相手は知らないけど、そんなこと関係なく勝つことを夢見ていた。

例のごとく、朝、壁打ち。そこで小学生か中学生の試合があるらしく、彼らがうごめく中でおっさんが紛れて壁打ち。十分やりきって自分の試合会場へ。何人か知り合いの人と軽く会話して自分の試合開始。

予選1回戦
相手左利きでレシーブから開始。スライスばかりでレシーブ。2本、相手がミスってリードしたけど、すぐレシーブをミスってしまう。30−30からのラリーでフレームショット。この時点で嫌な予感がした。G0-1。
続くサービスゲームはまだこちらのサーブになれない相手のレシーブミスに助けられ、40−0。イレギュラーして高く弾んだサーブ。ロブが上がったのをネットに詰めていて、スマッシュが決まりG1-1。
またレシーブミスりまくってG1-2。

既に嫌な予感は現実になりつつある。ラリーになるとポイントが取れない。サービスゲームで相手のレシーブが返ってきはじめ、ラリーになるとやっぱりポイントが取れない。

G1-8で負け。早かった・・・。ジュースに1回も行かない。相手のサーブでは良くて1ポイントしか取れず、自分のサーブでは良くて2ポイントしか取れない・・・。0じゃないだけましだった。


はて・・・。
壁で練習したあの数々の練習はなんだったのか?レベルアップしたはずのフォアハンドはミスも多く入っても相手に脅威とはならず。バックのトップスピンは全く入らず、スライスも最後の方にやっと入ったくらい。

コンソレを待っている間、他の人の試合を日影でぼーっと見て、時折頭を抱えてみる。
なんか、技術的なことばかり考えていたけど、どこにどんなボールを打つのかという選択も間違えている気がする。コートの後ろの方からコースを変えようとしたり、速いボールを打っていた気がする。

コンソレ
高校生かな?とりあえず無理せず返すことだけ考えてラリー。しかし、すっかり力が抜けた状態のため、足が動かず簡単なミスが多い。徐々に入るようになるけど、相手にいいように打ち込まれる。
浅いんだよな・・・。深く打とうとしてるのに浅い。スピンもあまりかかってないので、簡単にライジングで踏み込まれて打ち込まれる。G3-0。

相手のネットプレーがヘボすぎたのに助けられ、G3-2まで追いついたけど、俺のストロークが極めてレベル低く、やはりラリーが続くと浅くなりとどめを刺される。ダブルフォールトも連発してしまい、G2-5。
最後のサービスゲーム。構えもバッチリ決まった渾身のバックハンドが地を這いネットにも届かず。最後はセンターを狙ったサーブがワイドに流れ、フォアでリターンエース決められG2-6で負け。


つまらんかった。またも何の手応えも得られず、1大会無駄にしてしまった。真夏のシングルスの試合で勝てると思った相手に負けた時に、もっと真剣に危機感をもっておけば良かった。

家で動画を見る。フォアの時、肘が曲がっている。あれほど肘を伸ばして打つ練習をしていたのに曲がっている。スイングの最中に曲げ伸ばしが無いから前ほどミスはないけど、思ったより浅くなっている。レッスン受けていた頃のスピンも深さもスピードも程遠く。

バックは最後まで思ったボールは打てなかった。ひどいもんだった。動画で素振りしている姿を見ると全然問題を感じないのだけど、実際に打つと全く違うフォームになっている。壁であれだけ練習したのに、試合では全く打てない。
スライスはコンソレの方でやっと入った。深く入ると十分武器になることがわかった。しかし、感覚をつかむまでに時間がかかりすぎる。

サーブもいまいち。動画を見てると自分が思ったのよりかなり力弱い。十分振り切ってるつもりなのに。ダブルフォールトも多かった。決して弱気で打ってたわけではないけど、最近調子良かったので、無神経に打ってしまった。もう少し丁寧に打つべきだった。

ボレーだけ良かった。これが一番レッスンの効果が出てた。サーブ&ボレーでの最初のボレーのミスが今までで一番少なかった。ポイントも取れた。しかし、サーブが弱いため、常用するのは博打レベル。

レシーブがあまり返らずブレークできず。サーブでは1本で決められることは少なかったけど、ラリーになるとセンターにしか打てず、そこから次に展開する場面に持ち込めず、攻められて終わるパターン。とりあえず、棒球でもラリーを続けてると相手がミスすることもあることはわかった。

1回プライベートレッスン受けて、だめなところを指摘してもらわないとだめだな。どこにどう打ったらいいのかわからん。

来週は級別。今回はD級。受付の人からBの間違いじゃないかと連絡があったが、Dです。Bの予選が子供の運動会と重なっていたのもあるけど、今まで勝ったこと無いので最初からDで行くつもりだった。しかし、今日の調子だと相手が誰であろうと勝てる気がしない。しかも、トップシードになっていて、恥の上塗りになることうけあい今からうんざりしている・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明日試合

2017/09/29 21:34

明日、台風で延期になったシングルスの試合。天気は大丈夫そうだ。気温も下がってやりやすいだろう。おっさんにはありがたい。

昨日も壁打ちした。疲れが残らないよう短めに切り上げたけど、どうしもて気になってやっておきたいことがあって練習した。しかし、相変わらずフォームのことが気になりすぎて、ボールを見てないし、バックは打てんままだし厳しいことは変わりなさそう。いくらでも練習したい。やってもやってもやり足りない。肘や足が痛くなって打てなくなっても練習したい。

ガーデンレッスン受けてから初の県の試合。レッスン受けてる間に出たスクールの試合では3勝3敗。上達してると思ってたけど、勝てるはずの相手に負けたりして、ガラスの自信はひび割れたまま。

しかし、いいかげん勝ちたい。相手が誰だあろうが、思う存分振り回して勝ちたい。せっかく教えたもらったことを形にしたい。しかし、これまで負けすぎてミスしすぎたのがトラウマになって、1本ミスったらすぐ自信無くなりそう。でも勝ちたい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


これ欲しい

2017/09/26 23:42

壁打ち。雨が降るらしいので、行けるうちに行った。土曜日に試合がある。おそらく今日が試合までの最後の練習になる。結局、あまりコートで練習しなかったな。

ストロークもボレーもコースを変えて打つことを意識して練習。あまりうまくいかない。

バックハンド。やっぱり打てない。だめだな。試合で打たれたら返せないだろう。まあ、フォアも壁相手なので入ってるのかどうかよくわからないけど。

http://gabejaramillo.net/s_backhand/index.php

これ欲しいな。約6千円という買えそうな、買えなさそうな微妙な値段なのが悩むところ。効果があれば安いもんだけど、無ければ痛い出費になるし。はて・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる