アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である
ブログ紹介
zoom RSS

県のシングルス まだ先は見えず

2018/04/15 18:45

今年度最初の県のシングルス。去年は戦車みたいなやつにテニスをできない体にされかけた。今年もドローを見たら強い人と当たっている。昨日から急に天気悪くなり、前回の雪の中並みに厳しいコンディションかもしれない。試合行く前に壁打ち。相当早く行ったつもりだが、既にテニスしそうな雰囲気の人が少しいて、さらに後からも来る。はて?試合会場間違えてないよな?しばらくしたらソフトテニスの人であることがわかった。多分、大きな試合だと思う。もしかしたら知ってる人が来てるかもしれないと思いつつ、時間が来たので改めて出発。

強い雨が振る時もあったが到着。雨は降っておらず風も吹いておらず、少々肌寒いくらい。これはやりやすそう。しかし、コートは水で濡れており、乾きそうにもない。せっかくのナチュラスストリング、またも使えず、ピュアコントロール+4Gソフトで試合に挑む。

第1ゲーム、相手の強いサーブに押されてG0-1。
第2ゲーム。適当に打ったサーブがエースになったりしてラッキー。ラリーが長く簡単にポイントをくれなかったけど、どうにかゲームを取ることができた。
G1-2の第4ゲーム。40-30のゲームポイントまではいったものの取り切れずG1-3。ここで力尽きた。

序盤からドロップショットを何度も打たれるし、ミスらないようにラリーを続けるも結局ポイントにならないで、ずっと息の上がった前半。しかし、簡単なミスを繰り返すようになってラリーは短くなるので息は整ってきたが、簡単にポイントを取られ、ゲームはどんどん進む。ちょっと良いボール行ったかなと思っても普通に返されて、耐えきれずちょっと攻めようとするとミスするし。

G1-8で負け。4ゲーム目以降、一度もゲームポイントが取れなかったどころか、ジュースにもなってない。いつもよりミスは少なく、それなりラリーした気はしたが、結局いつもと変わらなかった。 これくらいのレベルの人とは試合にならない。一昨日Oracle Master受かってテンション上がってたのに、早くも下がってしまった。


次、コンソレ。相手は高校生。待ってる間に他のごつい人の試合を見てた。んー、スライスとかスピンサーブもこするような打ち方はしてない。バゴッと鈍い音を手て、ボールを厚く潰すような感じ。スピンはすごいかかってるし、前衛の推進力もあり。そうだよ、去年レッスンでもそういう当て方をしろと教えてくれたじゃないか。

で、サーブを多めに打ちたかったので、肩が痛いけどトスに勝ってサーブを選択。それ行け。ん、さっきより安定してる気はするな。相手は高校になってから始めたのかな?という感じで、ミスが多い。こっちが仕掛けなくても、何球かラリーしてたらミスしてくれる。楽々。まあ、さっきの試合は俺がそれをやってたのだが。

相手が左利きのため、バック側に逃げていくサーブ、フォア側にはリバースサーブを打ってきて、入ると手こずって1ゲーム取られたけどG6-1で勝ち。あー、いつ以来だろうな、人相手に勝ったの。サーブは確かに厚い当たりでスピンをかけられたとは思うんだけど、なんか威力ないしコース狙えないし、なんか違う気がする。


コートから出ようとしたら、もう1試合できるかと言われる。相手がいないのか?まあ、いいか、練習になるし、こちらもありがたい。

相手はまた高校生ぽい。またサーブを選択。サーブが入るんだけど、相手のレシーブがチェンジアップのように微妙なところに落ちて処理に苦しみ40-40でノーアドバンテージ。また浅いボールが来たのを安直にフォアのスライスで打ったら大アウト。G0-1。また誰かに怒られそう。

その後は下手なミスをしないようにラリーを続けて挽回。G4-1までリードする。この試合も終わるな。

ところが、こちらのスライス攻撃に相手が無理をしてこなくなって流れが変わる。またネットに出てきて、ボレーを決められる。ストロークやサーブは「?」なミスが多かったのに、ネットプレーは明らかにうまい。競ってはいるものの決め手を欠いてG4-4と追いつかれる。

G5-4とリードするも、流石に疲れてきて足が動かなくなってきた。スライスばっかり使うようになり、逆転されG6-5。相手のサービング・フォー・ザ・マッチ。しかし、なんとか意地を見せ、この日初めてまともなバックハンドのパッシングが決まったりして40-40。ここで、またスライスを使いまくり、最後にフォアのダウンザラインが決まってG6-6に追いつく。

タイブレーク。一進一退。最初リードされるて2-3。しかし、こねくりまわして長いラリーを続けて、バックのスライスでパッシングが決まり3-3。さらに4-3と逆転して俺のサーブ。甘いボールを叩いてネットに。ここでアウト気味のボールが返ってきた。フォアボレーは抑えが効かず大アウト。さらに続けてポイントを失い4-6。しかし、ここも粘って、相手のレシーブミスにも助けられ6-6。

サイドが変わって俺のサーブ。追い風状態。相手のスライスの短いレシーブが風に押され思ったほど飛んでこない。足が前に出ずラケットをかすめるのが精一杯。6-7。
相手のサーブ。バックに入ってスライスで返したらネット。6-8で負け。試合後に何年生か聞いたら中学3年とのこと。高校生かと思ってた。なんか自分の子供に負けたような気がしてむかついてきた・・・。

疲れたけど久しぶりに3試合できて楽しかった。ラリーは続いたしな。最後の試合もよく粘れた。簡単に勝てると思ったのを逆転されたのを追いつき、タイブレークも引き離されそうなところをジュースまで追いついた。よく気持ちが切れなかった。去年のレッスンが効いてると思う。

しかし、家で試合の動画見たら、やっぱり思ったのと違う。一言で言うと格好悪い。フットワークはばたばただし、猫背だし、なんかもう、一つ一つの仕草が気に入らない。

フォアが一番ましだけど格好悪い。浅いボールは相変わらず攻められない。フォアでひたすら返して簡単にミスをしないようになってラリーを続けられてるが、根本的な解決になっていない。サイドに振られた時の返球も苦しい。本来クロスに引っ張るのが強い力が出せるはずだが、バギーホイップで擦り上げるような打ち方になることが多い。そのため苦しくなるとアドサイドばっかり打ってしまう。

バックはスライスばっかり。それも深く狙うとアウトになるのが怖くてサービスラインあたりの浅いボールばかり。俺はそのボールを打たれると瀕死だが、普通の相手は普通に攻めてくる。トップスピンは1球だけまともなのが打てたが、それだけ。最近はイースタングリップで練習してて壁相手には良く打ててたのだけど、特に試合で人相手だと打てない。緊張したり力が入ってくると、どうしてもソフトテニスのときのように、手首をほぼ限界まで背屈してしまい、面が上を向きすぎてしまう。

サーブはコンソレから良くなった気がしてた。ダブルフォールトも一気に減ったし。しかし、全然威力がない。ピュアコントロールにしてからサーブ飛ばないなとは思ってたけど、それを差し引いても飛ばない。ベースライン上に立っている相手に届くときにはボールがお辞儀している。
そして、見た目が格好悪い。一番格好悪い。すごく力弱い。すごいアグレッシブに打ってるつもりなのに、動画を見るとすごくなよなよしている。

ネットプレーは悲惨。技術的な問題の他に、シングルスのネットプレーというものがよくわからない。簡単に抜かれる。届く範囲に来ても有効なボレーが打てない。

レッスン受けてから徐々に良くなってる気がしてたけど、それと共に限界を感じてきた。ソフトテニスの経験を活かせると思ったが違った。むしろ邪魔なくらい。そりゃ初心者に比べれば有利かもしれないが、体の使い方や力の入れ方がかなり違うように感じてきた。ソフトテニスで自分が力を出せる打ち方が硬式では全く使えない。全てミスをする。

フォアは肘を伸ばしたままだとまた痛めそうなのが怖く、て曲げてはいるけど、スイングの中で曲げ伸ばしはしない。ある一定の角度を維持して体全体でスイングする。そうしないとミスをする。しかし、この打ち方だと力が入らない。スイングスピードが上がらない。特にジュースサイドに引っ張るのが一番きつい。だから、苦しくなって、ポイント欲しくてソフトテニスの時のように肘から先を走らせるような打ち方をすると、力が入るけど全てミスをする。
他のバックハンドやサーブもそう。細い体の使い方が全部違うと感じるようになった。

それで、最近、段々限界を感じて寂しくなってきた。硬式始めて10年位経ったけど、結局、初心者に毛が生えた程度の感覚しか持ち合わせて無くて、この歳でこの後、一体どこまで強くなれるのかわからなくなって。体に染み付いた感覚を一度全部捨ててからじゃないと強くなれない気がして。

肘は大丈夫だけど、今度は肩が痛い。やってる時は気にならないけど、試合終わった後すごい痛い。関節が外れるんじゃないかという感じさえする。今までこんな痛み方は無かった。最近は痛いところが無い状態が無い。

それにしても、新しいラケットはいつ使えるのだろう・・・。
image

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


肩痛いけど、雨を想定して練習

2018/04/13 20:14

Oracle Masterの試験後、壁打ち。日曜日に試合あるので動かずにはいられない。

しかし、先週の練習の時から肩が痛い。結構痛い。肘が治ってやっと普通にできると思ってたけど、急に肩が痛くなった。多分、サーブの時、変な打ち方をしてしまったと思う。風が強い中、調子を戻したくて無理してしまった。特にスピンサーブの時、打点が前により過ぎてるところを無理やりスピンかけようとしてた。

まあ、痛いもののできないことはなく、ストローク、ボレー、サーブと壁相手に一通り練習。絶好調。久しぶりに動画撮って、見ながら調整。壁相手に絶好調。

しかし、所詮、壁相手。これがコート上の人相手になると全く変わってしまう。人相手にまともな試合をしたい。

image

なんだかんだ文句言いながら、それなりにこなれてきて使っているRevo CX 2.0 LS。人並みの普通のフォームで打てれば威力を発揮してくれそうな気がする。

しかし、週末は天気が悪そうで、また雨の中で試合になるかもしれない。ナチュラルストリングのため、また使えないことを想定して、ピュアコントロール+4Gソフトのラケットでも練習して感触を確かめた。やっぱり、こっちの方が打ちやすい気がする・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Oracle Master 12c Silver すれすれ・・・

2018/04/13 19:17

2年前、Oracle Master 11g Silverを取った。本当は12cを取りたかったけど、10年ブランクがあったし難易度も高いので11gで手を打った。そして、今日、やっと12cを受験。1Z0-062-JPN。

再受験キャンペーンを使ってるので、落ちても費用追加無しでもう一度受けられる。しかし、もう勉強したくない。去年の11月末に12cの参考書、「ワイド版」Silver Oracle Database 12c 解説編〈1〉を買って勉強開始。その後、練習問題集、解説編2と徐々に買い足し、11gの白本も再度引っ張り出してきて、毎日ちびちびと勉強してきた。

試験を申し込んでからの約1ヶ月。おしりが決まったことで真剣に勉強を始めた。眠いのをこらえて、それでもテレビを付けたまま、そしていつの間にか寝てしまって深夜に目を覚ますパターン。

もう嫌。もう勉強したくない。今日合格して終わりにしたい。しかし、問題集は大体抑えたが、理解したようなしてないような感じ。2年前は150分、95問、合格ライン67%だったのが改定され、120分、64%となり出題範囲は狭くなり、難易度が下がったと言われている。が、削られた範囲も絡んでて用語とかも出てくるので、本当に完全無視でいいのかわからない。12c用に買った参考書と問題集は評判あまり良くなくて、実際それで勉強したわけだが、本当にこれで大丈夫なのか、内容薄くない?という疑念が晴れないままだった。

で、試験開始。序盤は快調だったが、1/3くらい過ぎた所でペースが落ちてきた。わからん・・・。複数選択の問題が多く、あと1つどれだ?という展開。勉強した内容からもう一つ踏み込んだ感じで、自身を持って答えられる問題が少ない。

1時間位で一通り回答したが、30問くらい自信なくて見直し。

37問は自信ありなものの間違いもあるだろうから、低めに見て2/3合ってるとして24問。30問は自信なしで半分正解としたら15問。足して39問。合格ライン67%だから45問・・・。

やばい・・・。

とりあえず自信無い30問を見直し。んー、これ、やっぱりこっちかな・・・、と思って回答を変える問題がポコポコ出てくる。やばい。これはかなりやばいパターン。過去、こういう時は本当に成績悪かった。

残り30分。自信あり問題も見ていく。もし落ちた時のことを考えて、どんな問題が出てたのかを覚えておきたい。が、無理。覚えられるわけない。

残り20分位で終了とした。

その後、退室手続きして紙もらう。前回の11gもそうだったけど、受験後30分位で合否通知メールが届く。しかし、今日はいくら待てどもメール来ない。お昼ご飯食べてる時も来ない。壁打ちしてる時も来ない。合間でなんどもメール見るけど来ない。帰ろうとして車のタイヤがパンクしてることに気づき、JAF呼んでスペアタイヤに変えてもらってる間も来ない。

結局、家に帰っても来ない。どうなっとるんだ?

それで、Cert Viewにログインして見ると・・・。

image

合格、だよな・・・。

おめでとう!!

結局、その後もメール届かず。あのおめでたいメールが来ないのが寂しいので一応問い合わせてみたら、多分配信の不具合で試験結果には問題ないとのこと。そうか。良かった。

いやー、すれすれ。ほんまにすれすれ。問題数にすると2,3問の差。見直したのが良かったのか、悪かったのか?やはり参考書の内容では少し薄かった。11gと共通の範囲も理解がつめられてないところがあって危なかった。

あー、やっと解放される。違うことが勉強できる。仕事ではSQL Serverなので、評価もされず、仕事にも活かせず、当然給料も変わらない、自己満足受験だった。今日は乾杯。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


非常に不安

2018/04/07 23:30

約3週間ぶりにコート上で練習。約3時間。ダブルスゲームを続けて疲れはしたけども肘に異変は無し。ほぼ故障前に戻ったと思う。

しかし、プレー内容は悲惨。野球の試合で2週間飛ばしたものの、壁打ちはしてたので調子はキープできていたはずだった。ウォーミングアップでもバックハンドは打てないものの、他は問題なかった。

ところが試合になると、まずサーブが破綻。ちょっとフォーム変えたら全く入らず。ダブルフォールトも多い。寒くて風が強いのもあったけど、あまりにもひどかった。

次にフォアでミス連発。最初は良かったけど、かつての病気のように全くコントロールできなくなってきて、レシーブはほぼ返らなくなる。

ひどかった。来週の試合がとても不安。肘を壊した後、負担を考えて肘を曲げる昔のフォームを戻した。特に問題は無かったけど、今日はだめだった。多分、手首を使いすぎた。スピンをかけようとせずフラットに当てると安定してきた。

フォアの浅いボールの処理にも苦労した。女性相手の試合をしている時にスライスやドロップショットで走り回されたら、太もも裏に痛み。先週の野球の試合で若干肉離れ気味だったのが響いてきて、足が動かなくなってきた。それで浅いボールに足が出なくなってきて、フラットに当てようとすると手首を使いすぎてネットに突き刺さり、スライスではボールを切ってしまってアウト。やはり今年も浅いボールに悩みそう。

バックハンドは最初打てなかったのが、逆に試合になると打て始めた。打てる感覚を思い出すまでに時間がかかる。

心配してたラケットはあまり気にせず使えた。やっぱりスピンをかけようとするのではなく、フラットに当てたほうがコントロールできる。手首を使ってスピンをかけているのがまずいとは思うのだけど。重り足しまくった結果、ようやく自分のフィーリングに合ったと思われる。持った感じは重いけど、人相手に打つにはこれくらいで丁度良い。スライスとか柔らかいボールも打ちやすい。スペアのピュアコントロールに、Revoと同じボールフィールプラスを貼ろうかと考えてたけど、特にラケットに問題無さそうでやめた。

今日は手首使いすぎてたので、次はそうならないようにとは思うけど、サーブは最後まで良くなかったし、来週までに直すのは難しいかもしれない。また繰り返す。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春を迎える

2018/04/01 16:44

ようやく厳しい夜の冷え込みも和らいできた。


まだ花が咲いている玉翁。

image

冬の間葉っぱが散っていた名前のわからない植物も一気に枝を伸ばしてきた。
image

冬に枯れきっていると思われたウォーターミントは葉っぱが吹き出してきた。またつるがどんどん伸びていくのだろうか?枯れていた大量のつるは切って捨てた。
image

メダカの稚魚用容器のウォーターバコパ。こちらも古く枯れた茎は切った。
image

メダカ。無事越冬。ホテイ草、ぎりぎり冬を乗り越える。
image

ナガバオモダカや姫睡蓮に新しい葉が出てきた。
image

メダカの産卵も始まった。はやくも10数個、発見。今年はヒメダカの成魚が出てくるだろうか?
image

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


野球の試合 やってしまった・・

2018/04/01 16:26

先週に続いて野球の試合。土曜日仕事だったので、軽く休んでおこうかと思ってたけど、人が足りなかったので行った。それでも足りず、助っ人が呼ばれていた。規定により、助っ人は9番ライトのみ許され、点数も0-1からスターというハンデを負っているとのこと。初めて聞いた。

そして、俺は6番レフトで先発。6番!?記憶に無いなー。多分7番とかが一番上の打順だった気がする。最近は8番か9番ばっかりだし。随分前の練習試合で1番というのが1回あったけど。やっぱり先週のサヨナラヒットかな。まあ、人がいないというのは大きいけど。

初回の守り。先頭打者の打球が来た。浅い、ショートフライかな。・・・あれ?ボールどこ行った?まあ、ショートフライだろうから・・・。

「バック、バック!!」

センターからの声が聞こえた時、ボールははるか頭上。後ろ向きに走るものの当然届かず。ただのレフトフライが2塁打に。

ガーン。やってしまった。しかも初っ端に。次の打者、バント。しかし、1アウトも取れず。その後、相手打線に連打連打、守りのミスも絡み、どんどん点が入る。一体何点入ったのかわからない。あー・・・・、全ては最初のレフトフライ・・・。

あ、打球来た。今度は慎重に・・・・、いや、なんかおかしいな・・・、フラフラしながら落下点に入りキャッチ。ほ、やっと1アウト。ショートにボール返してと・・・、あ!!3塁ランナー走ってる!!そうだ、ランナーが居るの忘れてた!!

しかし、ショートからキャッチャーにナイス返球でホームでアウト。危ない。取ってすぐショートに返してたから良かったもののに、またもとんでもないボーンヘッド未遂だった。

ようやく初回終わったものの8失点・・・。

2回も1点取られる。最初の打席は2回裏。ノーアウトランナー無し。

先週もだけど、来る前にバッティングセンターで打ってから来た。本当は140kmのゲージで練習したかったのに先着有り。まあ、いいかと120km/hで練習。左打ちのゲージが少ないからな。最初の5球くらいは快調。しかし、体が慣れて振れてくるようになると逆にミスヒットが増える。難しいな。球が微妙に遅いし。

先週ヒット打ったものの、今日はなんかしっくり来てない。しかし、速そうに見える相手ピッチャーのボールに振り遅れること無くついていく。しかし、ファールチップ連発。キャッチャーにボコボコ当たるので、キャッチャーがむかついているようだ。しかし、こっちも初回のミスを取り返さねばならない。カウントはフルカウント。そこからもファールで粘るも最後は浅いピッチャーフライ。あーあ。空振りはしないんだけど、前に飛ばない。

先週と違ってあまりボールが飛んでこない。みんなセンター中心だな。あ、来た。レフト線を切れる・・・はずだが、また見失った。どこ?どこ行った?

ぽこーん。

ファールだけど、はるか後をボールが転がっていく・・・・。

4回も攻められ、ランナー3塁。深めに守ってたらポップフライ。花粉症のため最初サングラスを付けていたが、2回もボールを見失ったため外してた。しかし、やはり打った直後の打球の行方が判断つかない。これはどうやら浅い。レフト!!て言われたけど、無理。届かない。その後も追加点を取られ、逆にこちらの打線は沈黙。

5回裏。ここで点を取らないとコールド。だけど、あと5点くらい取らないといけない。とりあえず、先頭で俺。またもファールチップの連続。空振りはしないんだけど。相変わらずキャッチャーはむかついている。2ストライクでも遊び球なし。外角にスライダー。泳ぎ気味でカットしようとしたら止め気味のバットの芯に当たる。3塁線ファール。その後も粘る。しかし、最後、内角膝下のストレート。いいボールだった・・・。見逃し三振。あー、でも、なんで、ここまで粘って最後手を出さないかな・・・。その後の後続もあっさり討ち取られ、13点くらい取られて負けた。

1発目にとんでもないミスをしてしまい、最後までへこみっぱなしだった。打てそうで打てないし。バッティングセンターで120km/hに入ったのがまずかったな。なんか体が前に泳ぎ気味で抑えようとしたけど、最後まで芯に当たらなかった。泳いで当てたのが一番芯だった。見た目はファールで粘ってたけど、そこまで厳しいボールでも無かった。あれだけ前に飛ばせないおはなんか理由があるとおもう。

ボールも見にくいし。超快晴で何ら問題は無かったのに。先週ヒット打って、今日は6番となって、浮かれるのとは逆に活躍しないとと、ちょっと自分にプレッシャーを掛けてしまった気がする。ま、野球はこれでしばらくお休み。次はテニスの試合。再来週試合なので、しっかり忘れて切り替える。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野球の試合 最年長記録更新

2018/03/25 21:12

野球の試合。今シーズン開幕。本当は出るのをやめようかと思ったけど、やや人が足りない気味だったのと、来週再来週と出られない可能性が高いので参加した。冬の間、1月に右肘を痛めて何もできないこともあったけど、素振りも何にもせず。まだ肘に不安を抱えているので、テーピングを施して、伸び切って肘の骨が当たらないように固定。

去年はテニスの試合に多めに出たり、出られると思ったらチームが負けてたりして、出た試合が少なかったけど、左打ちで結果が出始めた。打率は3割超え、と思ったら、チーム公式成績では.286だったけど、それでも自己最高成績。

日当たり良い晴天。しかし、冷たい東風が吹く。体が冷えて怪我しそうなのを見越して、ほぼ真冬仕様の装い。今日は9番レフトで先発出場。

2回表、相手の攻撃。1アウト2塁。守備練習もしてない状態でフライ打球が飛んできた。きたよー、きたよー・・・。なんか伸びるようで伸びない・・・。しかし、足が止まってしまった。顔の前で捕るはずが、無理やり手を前に出してしゃがんでキャッチ。今年初プレーを微妙にこなす。しかし、その後ヒット打たれて0-1。でも、裏の攻撃で味方が同点に追いつく。

3回裏、先頭で俺。調べたことはないけど、感覚的に先頭で出るときが一番打っている。多分、サイン見る必要がなく集中できるから。相手はスリークォーター気味。基本的に内角は絶対攻められるが、外から入ってくる変化球がポイントとなる気がする。初球見逃しストライク。2球目低め変化球ボール。3球目。内角打ちに行ったらボテボテのファーストゴロだけどファール。4球目は外角低めぎりぎりボールで救われる。5球目、外から入るスライダー。狙ってたので打ちに行くが、低めに外れていく。右手一本でヘッドを残してうまく当てられたが、低く弾むゴロ打球はサード正面。自慢の快足で内野安打と行きたいところだが、前進されてたので余裕でアウト。

ベンチに戻ったら若者が、もう少しためてバットを払えばカットで逃げられると教えてくれた。カットかー。野球部員ではない故、そんな高度な技、頭の片隅にもなかった。しかし、無理にフェアグラウンドに入れよとせず、しっかり振り切れば自然とファールになるボールだとは思った。

同点のまま回は進むが押され気味。うちのピッチャーは簡単に追い込むものの、そこから相手に粘られ出塁されてしまう。時にはエラーもあって足を引っ張るが、最後の一線を踏みこたえる。

痛烈な大飛球がレフト線に飛んできて背走。相変わらず走ると目線がガタガタ揺れてボールが見えない。全力で追いかけて手を伸ばすも届かず。しかし、ファールだった。助かった・・・。

センターに痛烈なライナー。まあ、捕るだろ、と思ったらまさかのバンザイジャンプ。フォローのため転がるボールを追いかける俺。草野球ゆえのボールデッドで2塁打。無駄な全力疾走だった・・・。

5回裏、1アウトランナーなし。前の打順には同じ会社の人。オッサン二人のうち、どっちか塁に出て、上に回そうと言ってたが、その人は初球打ってゴロアウト。で、俺。
相手はピッチャーが変わって、普通のオーバースローで、やはりスライダーを投げてきている。初球、甘めのボール見逃してストライク。2球目。内角気味のストレート。

パコーン。

ピッチャーの横を抜けていくも、セカンド正面。余裕のゴロアウト。うおー。第1打席といい、難しいボールを捉えてはいるものの打球が弱い上に守備正面。この回も無得点。


6回表。ノーアウトから痛烈な打球がサードの頭上を超える。全力で走っても追いつかず、2塁打となってしまう。くそー、ライン際に強い打球が来ると思ってたのに、この時、若干詰められてなかった。ノーアウト2塁の大ピンチ。が、このピンチもピッチャーが踏みこたえる。サードゴロでランナーを動かせず1アウト。これが大きかった。この後も内野フライ、ゴロでしのぎ無失点。

7回表。レフトフライ。今度は足止めず、正面向かず、軽快に捕った。2アウトから内野安打、盗塁でピンチを迎えるもピッチャー抑える。

6番から。もし、9番の俺に回る時は勝負を決める打席だろう。回ってこい。俺に回ってこい。

願いが通じたのか、6番のバンザイジャンプがヒットで出塁。さらに7番、タイムリー打ってたキャッチャーもヒットで1,2塁。ここまで堅い内野守備に阻まれてたが、その網を破ったチャンス。8番同じ会社の人。サインはバント。初球でばっちり決まる。1アウト2,3塁。そして、俺。まさに勝負の打席。

相手タイムでマウンドに集まる。もしかしたら満塁策だろうか?いや、押し出しのリスクもあるし、9番の俺をやすやすと歩かせないだろう。いろいろ考えてたら審判の人が話しかけてきた。

「あのピッチャー、コントロールええから、初球から行ったらええよ」

審判がそんなこと言っていいのか?思わぬところでペースを微妙に乱される。キャッチャー構える。

「ボール4つね!!」

ボール4つ?何それ?敬遠か?いや、座ってるな。バックホームしろってことか。野球用語は未だにわからん。

初球。たしかに、狙ったボールならいったろうか。低めのストレートに狙いを定める。しかし、来たのは思ったより高め。見逃してストライク。ちょっと見逃すにはもったいなかった。2球目、内角低め外れてボール。3球目、外角低めストレート。これも外れて余裕で見逃し。

「ストラーイク!!」

・・・・。ん?え?ストライク?ストライクって言った、今?やべー、よくわからんが、外角低めは今日は取られている。1ボール2ストライク。4球目。内角ストレート、と思って体が反応するがそ、こから曲がり落ちる。足元にに外れるところバット動いたけど止める。

「ボール。」

危ない、危ない。スイング取られなくて良かった。2ボール2ストライク。さあ、ここからだ。決めてやる。俺が決めてやる。このチームで野球を始めた当初、左打ちでサヨナラの場面を迎えたことがあったけど、あの時はバットに当たる気がしなくて、変化球に力ないスイングで三振した。しかし、今日は違う。ボールは見えてるし、振れば当たる。相手は前進守備だ。バットに当たれば俺の勝ちだ。

5球目。内角ストレート。高い。両腕を体に引き寄せ体を回転。

「ボコン」

鈍い音を立てた打球はライナーと呼ぶには弱い弾道でセンター前にぽとりと落ちる。まさかのセンター頃を防ぐため1塁へ全力疾走。ベースを踏んでサヨナラヒット達成!!

2-1で勝ち。普通の守備位置だったら、もしかしてセカンドに取られてたかもしれないが、よく難しいボールを捉えることができた。やりました。最年長サヨナラヒット達成(と思われる)。

まあ、同じ会社の人のバントが決まった時点で9割方決まってたな。最後に俺がバットで当てただけ。あれが1アウト1,2塁だったらいろいろ考えることが多くて難しかった。当然、連打で出た二人もすごかったし、ここまで最小失点で切り抜けたバッテリーもすごかった。

次は盗塁だな。去年1個もできなかった。今年は絶対走る。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


何も助けてくれない

2018/03/17 18:55

奥さんの前の勤め先の人が誘ってくれてテニスの練習へ。肘にまだ不安があるけど、子供が混じったりとごつい人ばかりの集まりではなく、しかも、すごい上手い人がコーチングしてくれるとかで、それなら適当にできるだろうと思って参加させてもらった。

重りを足しまくったRevoで人相手に打つ。

かってー。

やっぱり硬いものは硬い。これはもう重さどうこうの問題ではない。とにかく硬い。もう書き飽きたくらい硬い。ピュアコントロール+4Gソフトの方が圧倒的に柔らかい。

ラケットマニアの人がピュアドライブ2018チームにRPMブラストを張ったラケットを持ってきてたので、ちょっと借りて打ってみた。

かるーい。そしてよく飛ぶ。Revoの後に使うと本当によく飛んでくれる。すごい軽くてポリを張ってるのにインパクトの衝撃が全然なく、すっ飛んでいく。逆に俺のRevoを使ったラケットマニアの人は硬すぎて肘痛めそうとのコメント。やっぱりそうですよね。

しかし、しばらく使ってるうちに、これはこれでいいのかな?とも思い始めた。このラケットが何かを助けてくれるということはほぼ無い。スピンもかからないし、スピードも出してくれない。余計なことは一切しない。全て自分。使う人間がすべての責任を持つ。使い手の持ってる物が、そのままボールに現れる。それ以上の物は出ない。

そのため、飛びすぎを気にして調整する必要がない。安心して叩いてコートに収められる。

フォアは特に気にせず打てる。ほとんど軟式やってた時の感覚で打てる。フラットに叩いて、ネットの上ラケット半分くらいの高さを通ってコートに程よく収まる。

ちょっとスイートスポットを外せばひょろひょろでネットにさえ届かないこともある。これが本来のあるべき姿なのか?

バックは打ち方がよくわかってないこともあって、ミスが多いけど、やはりフラット気味に叩いたほうがイメージに近いボールが打てる。ホールド感が無いため、どんなショットも全体的にフラット気味に打ったほうがコントロールできる。

ボレーはフォアが入ればバックをミス、バックが入るとフォアが入るという不安定さ。これはラケットの問題ではない。サーブも飛ばないので、逆に安心して振れる。ただ、スピードが出ないというわけでなく、エース級のサーブも打てた。でも、スピンの掛かりはいまいち。

せっかくうまい人いたのに、バックの打ち方とか教えてもらえば良かった。3時間も練習してたのに。肘は練習後にやや違和感を感じる状態で、まだ不安定。まだ無理はできそうにない。あのラケットどうしよう。振り回すことはできるけど、肘に響いてる気がしてしょうがない。RacquetTuneでテンションを逐一計ってるが、もうあまりテンションが落ちなくなった。
image

ピュアコントロールにボールフィール張ったらどうなるかな?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


重い・・・

2018/03/14 22:30

先週末、Revo CX 2.0 LSを合計330g程まで重く調整し、今日壁打ち。朝は寒いけど、夜は日中の暖かさが残って練習しやすい。

重りを足しに足して足しまくったところ、重くなりすぎて振るのが苦になってしまった。しかし、ようやくボールの重みに負けなくなったせいか、インパクトの衝撃が和らぎ、ナチュラル本来の性能と思われる柔らかさとか反発力を感じるようになった。重り減らそうかと思ってたけど、これで一回コートで人相手に打ってみてどうなるか試してみよう。

しかし、このラケットの特徴は何なんだろうか?何の特徴も無い気がする。ピュアドライブのようなパワーアシストやピュアコントロールのホールド感は全く無い。なにか助けてくれそうな要素を感じない。上級競技者向けと思われる。このまま使い続けて良いものか悩む。

厚ラケにすれば少々軽くても弾き返してくれると思う。今までこすりすぎの打ち方でフレームショットが多いので、厚ラケに対して嫌悪感があるのだけど、ナチュラルストリングに変えて、肘のことを考えて打ち方も変えたら、ましになる気もしている。でも、もうラケットを買うお小遣いはない。秋頃になったらピュアドライブかピュアコントロールにナチュラルを張り直そうか。

バックの両手打ちの練習を少しやってみた。肘を曲げて打ったところ、今までで一番ましなボールが打てた。前は肘を伸ばしたままテイクバックからインパクトまでやってたけど、肘を曲げる事でかなり良い感じになった。これだったら試合でも使えるかもしれないと思ったくらい。でも、細い右腕よりも明らかにさらに細い左腕。スイングスピードは上がらないし、打ってると腕が痛くなってくるので、本当に使えるまでには先は見えない。

肘に負担のかからないサーブのフォームとはどんなものかと、いろいろ試してはいるがあまりしっくりこない。どうしても肘には衝撃が来る。無理をしない。これが一番大事だと思われる。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リハビリ開始

2018/03/11 11:37

肘を痛めて8週間。久しぶりに所属サークル(ビジターではあるが)で練習。4ゲーム選手のダブルスで3試合。肘はやってる時は気にならないけど、抑え気味に打った。やっぱり若干違和感を感じる。

久しぶりなのと、普段コンタクトレンズのことろを花粉症でメガをかけてたせいか、ボールのスピード感や遠近感がわからなくて、最初はフレームショットばっかり。ラケットは硬いし。ボールが食いつく感じがしないので、スピンを意識してかけずに、いつもより直線的な弾道をイメージした方がミスが減った。やっぱり強めに打たないとだめだなと思ってたが、年配の人が「もう目もついていかないし、スピードにもついていけない」というのを聞いて、力任せに打つのはだめだなと思ってセーブ。それでも段々コントロールできるようになってきた。手でスピンをかけようとしすぎてたかもしれない。フラットにしっかり当てる中で、弾道の高さをイメージした方が良い感じだった。

サーブもなかなか思ったように打てず。手でスピンをかけようとするとうまくいかず。むしろ、スピンをかけないようにと思ったほうがよくかかってる。


Revo CX 2.0 LSを初めて人相手に本気で使った。重りを足して、ボールの重さに負けるということは無かったけど、やっぱりテンションの硬さやパワー不足はぬぐえず。スイートスポットを外した時の衝撃の強さはピュアコントロールより強い。ナチュラルにしたメリットを感じない。肘のことを考えて軽めのラケット、ナチュラルストリングを用意したのに意味がない。

で、帰りにリードテープを買い、
image

またグリップの下に追加。前回調整時の320gから8g増えて328gとなり、前に使ってたピュアコントロールと同じになった。しかし、持った感じが違う。バランスとしてはRevoの方が1cm位手元に来てるのだが、Revoの方が重く感じる。手元に重りを足すと、持った時の重量感が増すのだろうか?振ると、振り出しは重いけど、ヘッドがすっと出てくる感じがする。先重の方がそういうイメージで思ってたのだけど。

これでどうなるかな?重りを足せるのはここらへんが限界と思われる。これ以上足すとスイングスピードが落ちすぎてしまいそう。それより、ストリングを張り替えたい。もっとテンションを落としたい。しかし、ナチュラルで一番安いトニックプラスでも6千円して、張替え代もかかる。痛い。肘も痛いし、お小遣いも痛い・・・。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


やっと・・・

2018/03/06 22:06

会社帰りに壁打ち。先日、重りを足したRevo CX 2.0 LSの感触を確かめる。これでだめなら売るしかない・・・。

が、やっと使える状態になった。前は壁相手の死に球でさえ打ち返すのが重かったが、今日はその重さを跳ね返すことができた。総重量321g。肘を痛めたので軽い方が良いのかともおもったけど、どうやら俺のパワーでも、これくらいの重さがないと打ち返せないと思われる。結局、重りをフレーム、スロート、グリップと足しに足して推定17gくらい増やした。LSじゃなくレギュラーウェイトのモデルを買っておけば良かった。

ナチュラルなのにテンションの硬さは気になるものの、振動止めを使うことで凌げそう。ナイロン使った時もそうだけど、打った後にビーンと響きが残るのが感覚的によろしくない。とりあえず、せっかく張ったナチュラルストリングを諦めずにすみそう。暖かくなればテンションも緩んでもう少し打ちやすくなるだろうと期待している。

今日は肘のことも考えて20分位で終わり。機嫌良く終わった。ラケットが使える目処がたったのに加え、ストロークの調子が良かった。肘のことを考えて変えたフォアが思いの外、気にならず打てるので楽しい。

ラケットつながりのケビン・アンダーソンの試合をテレビで見る。相手はデルポトロ。アンダーソン、サーブのフォームがちょっと印象的。横向き姿勢を維持している。長身の選手にありがちな高い打点から打ち下ろすような感じではない。それに対してデルポトロは正面に向き気味でスタンスもステップする足がオープン気味。体の使い方が違うと思われる。アンダーソンは側転するような感じ。デルポトロはボールを投げるような感じ。

今までは後者の打ち方だったけど、前者の打ち方を試してみた。その方が肘には優しそうだ。ボールを投げるような打ち方はプロネーションの動作の負担が大きく感じる。そして、クローズドスタンスでも打ちやすい。今まではどうしても正面を向いて打とうとするのでスクウェアスタンスじゃないと打ちにくくてしょうがなかった。体の使い方の違いによるものと思われる。同じシリーズのラケット使ってるし、もう少し試してみるつもり。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まだあがく

2018/03/04 18:17

Revo CX2.0 LSとトニックプラスが思った感触と違ってだめだと思ってるけど、なんせこのまま使わなくなるのは費用的に痛いので、一応最後の対策を打ってみる。

フレームとスロートに重りを足したが、さらにグリップ部にも足しみる。手持ちの重りが残り少なくなったので、最寄りの店に買いに行く。しかし、愛用しているキモニーのリードテープが無い。あったのはH型の1個3gのやつとヨネックスの1本3gのやつ。前者は今も持っているけど、1個3gでは重すぎて使い勝手が悪く、厚みもあるためグリップ部分には使えない。後者のは800円。まあ、今回はこれで手を打っておこう。

これだけだと合計12g。グリップ部分は少々足しても変化を感じにくいので、物足りない気がする。そこで、グリップをレザー(本革)グリップに変えると10gくらいは重くできるらしい。しかし、行った店で打ってるのは2千円の物のみ。高い。レザーだから大体どの製品もそんなものでああるけど、重り足すだけのために3千円使うことになる。それでもなだめなら、ストリングを張り替えることになる。

30分悩み、レザーグリップは諦めた。正直、重りを足してもだめな可能性が高いと思っている。型落ちモデルとポイントを駆使して安く買ったラケットのために、賭けに近い投資はもうこれ以上できない。800円でも限界だ。

で、家に帰ってグリップに重りを足す作業。

の前に思い出して、今の重量を量ってみる。308g。軽すぎるな。スペック値では290gだけど、ストリング張って、グリップテープと足した重り入れて308g。多分、290gよりもっと軽かったと思われる。ストリングが15g、グリップテープ5g、重り5gとざっくり見積もると280gくらいじゃなかろうか?
image

今回買ったもの。キモニーのリードテープが良かった。こいつらはグリップの下に入るので、日の目を見ることはない。
image

グリップを外し、斜めの位置に貼り付けてみた。重りにやや厚みがあり、仮に全面に貼ったらグリップサイズが1つくらい大きくなりそう。
image

グリップを巻き直して軽量。320となった。足した重りの分だけきっちり増えた。
image

これでもこれまで使っているピュアコントロールより10g軽いが、振った感じはあまり違いがわからない。これでどうなるだろうか。壁打ちに行ってみたけど、中学生ソフトテニスの試合をやっていて、壁打ち場がカオス状態だったので何もせず引き上げてきた。また会社帰りに行こう。肘もまだおかしいし。

これでだめだったら・・・、いや多分だめだとは思ってるけど、その後どうしよう・・・。ここでナチュラルを張り直すのは痛いな・・・。ナイロンかな、やっぱり。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


痛恨

2018/03/03 21:22

肘を痛めて7週間。ほぼ戻った。可動域は痛める前に位には戻った。多分、これ以上良くも悪くもならない。チューブ使ってちょっとしたトレーニングしてて、今日は仕事終わった後に壁打ちへ。

40分位やったが、ほぼ気にせずストロークもサーブも打てた。特に痛くもなく、悪くもなってない。少しずつ負荷を上げてパワーを上げていきたい。肘のことを考えて、ストロークは肘を曲げた状態で打つフォームにした。多分、前のように肘を伸ばして打つと、肘に響く衝撃が大きくなってダメージを受けると思われる。肘を伸ばして体の前で打ってたのを、肘を曲げて体の横で打ってる感じ。

サーブはあまりプロネーションを使わないように、普通のコンチネンタルグリップで打ってみたが、前に飛ばすだけでも苦労する。それにスピンがかけられない。前はこのグリップで打ってたはずなのに、どうやって前に飛ばしてたのだろうか?結局、コンチネンタルよりも薄めのグリップに戻す。スタンスはやや前向きで、肘で極端なプロネーションをしないようなフォームになるだろう。

問題はラケット。Revo CX2.0 LSとトニックプラス ボールフィール。先週の練習でボールの衝撃に負けてたので、重りを足して打ってみた。少し改善した。しかし、やっぱりだめ。硬い。やっぱり根本的な硬さが解消できない。そして重い。インパクトが重い。ラケットが適度にしなり、かる〜く弾いてくれると思ってたが、だめ。完全に思惑はずれ。俺には合わない。

なんか勝手にしなりがあるラケットと思ってたのだけど、勘違いだったみたい。改めて商品ページ見ても、特にしなりがどうとか書いてないし。何で勘違いしたんだろ?ピュアコントロールみたいなホールド感や柔らかさがあると思ってたが、単に弾かない上級者向けのラケットと思われる。

硬い割にボールが飛んでるように感じるのはナチュラルのトニックプラスのおかげかもしれない。しかし、硬い。パイーン、じゃなく、パキーンに近い。明らかにテンション硬し高し。振動止つけるとなんかずっしり重いし。よく見ると、ストリングの結び目が2つしか無い。1本張りだ。同じサークルの人から聞いてたが、このラケット買った店でうまいストリンガーがいると言ってて、お店でもナチュラル張れるのは一人しかいないと言ってたので、その職人が張ってくれたものと思われる。やはり職人は1本張りですか。しかし、うますぎて、普段張ってた店と同じテンションで依頼したら、硬すぎるテンションになったのかもしれない。

テンションを緩めればましになるだろうけど、このラケットのパワーアシストが低すぎるし、感触も硬すぎ。俺のパワーと弱くなった肘では多分無理。打ってて疲れる。痛恨。新品とナチュラルで2万円と安く買えたと思ったが、ここまで使えないと意味がない。痛恨。

ああ、どうしよう。せっかくのナチュラルストリングだったのに。別にナイロンでもいいような気がしてきた。ピュアコントロールにナイロンで張るか。もっとパワーを求めて今使ってないピュアドライブ2015に張るか。はたまたナチュラルに投資するか。痛い。お小遣いが痛い。Revo売ろうかな。誰か買ってくれないかな、1万くらいで。まだ数回も使ってないよ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まだ使えない

2018/02/24 20:54

肘を痛めて6週間。なんか、急に治ってきた気がした。曲げてもぎりぎり指先が肩につくくらいではあるけど、力を入れて重いものを持ったりするのが気にならなくなってきた。可動域はもう少し良くなる気がするけど、こんなもので落ち着きそう。おそらく4月の試合には十分間に合うと思われる。

壁打ちに行こうかと思ったけど、大会やってて人が多そう。調べたら別のコートが相手そうだったので、2時間取って家族で遊びに行くことにした。まだ真剣に打つことはできないだろうけど、遊ぶくらいは大丈夫だろう。

しかし、いつも来てから思い出すのだが、家族がへぼすぎて本当に遊ぶだけで、俺は何の練習もできない。

新しいラケット。Revo CX 2.0 LS+トニックプラスBF。未だ、思ったようなフィーリングにならず。先週壁打ちで少し重りを足して良くなったが、コートで打つと、まだインパクトの衝撃に負ける。ラケットにしなりとか柔らかさを全く感じない。ストリングは金属音のような甲高い音を立ててホールド感が無い。スイートスポットがとても狭く、そこを外すと全く飛ばず強い衝撃が残る。硬い。その一言に尽きる。

ラケットはビームが薄いのでパワーが無いのはわかってるけど、打感が硬いのが誤算。ストリングのせいなのか、本当に期待外れなのか。

ストリングは4GSを使ってたときより若干テンションを落として52lbで張って一ヶ月。ナチュラルの柔らかいというイメージからかけ離れている。張った店が違うのがまずかったか。思ったほど伸びも無いし、スピンもかかってない。もっとテンションを落とせば良かった。気軽に張り替えるには価格が高いのがナチュラルの痛いところ。

とりあず、ラケット自体を重くしたいけど、ヘッドは重くしたくないので、スロートの内側に長めにリードテープを追加してみる。これでどうなるか試してみて、それでもだめならストリングを張り替えざる得ない。また肘を痛めることになってしまうかもしれないので。そのときはナイロンでもいいかもしれないと思ってる。ナチュラルにしてもそんなすごく良いと思えないし、ナイロンでも簡単に切れることもないし。それでも打感が硬かったりパワーが足りないと感じたら、ピュアドライブ2015に変えるかも。

2時間遊んだけど、やりすぎた。終わった後、若干痛かった。悪化はしなかったので助かった。前の試合の時一番痛みを感じたサーブも今日は打てた。肘が治って本気で打ててからじゃないとラケットの本当の感触もまだわからないかな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


重りで調整

2018/02/18 20:05

上の子と二人きりになってしまい、家にいるとゲームしかしないため、壁打ちに連れ出した。単に、俺がやりたかっただけだけど。

肘を痛めて5週間。痛いのを我慢すれば、ぎりぎり指先が肩に届く。少しずつ良くなっているとは思う。しかし、強い力や衝撃がかかると痛い状態。


今日やりたかったのは、先月買ったREVO CX2.0 LS(2015年モデル)の調整。先週軽く打った時、スイングウェイトが軽すぎるせいか、打った感触が硬い上、飛びが悪く感じた。そこで、ボールを打って感触を確かめながら重りを足していくことにした。

使うのはキモニーのLEAD TAPEスリムタイプ。ちなみに、LEAD TAPEのLEADはリードじゃなくレッドが正しい発音に近いらしい。

とりあず、グロメット間3つ分切ったものを3時9時の若干上に1枚ずつだけ張ってみた。
image

これだけで随分感じが変わった。ボール打った時の重みが小さくなった。重りを足すことによる振り始めの重さもそんなに感じない。あまり打ちすぎると肘が悪化するので、結局、これだけで調整終了。ただでさえ好みじゃない先重バランスのため、フレーム部に足すのはこれくらいが限界と思われる。これ以上足すとトンカチで打ってる感覚になると思う。肘がまだ痛くて力が出し切れないので、これで大丈夫なのかはわからない。まだ足りないと感じたらスロートかグリップに足すことになると思う。

それ以外に思うところとして、ストリングがナチュラルにしているが、期待したような感触ではない。初めて打った時は柔らかいと思ったけど、今はなぜか硬く感じる。テンションをもっと下げれば良かった。それにREVO CX2.0 LSも硬い。謳い文句にあるようなしなりを感じない。まだ全力でスイングできないので、細かい調整は肘が治ってからですかね。

肘を痛めないためにフォームを変えないといけないと思って、フォアは肘を曲げて打つ方法を模索。去年から肘を伸ばして体の前で打ってたけど、肘を痛めた後、スピンを掛けるためのプロネーションで非常に痛さを感じる。そのため、肘を曲げて打点をやや右斜め後ろに下げて試してみた。昔はこの形でミスを繰り返して悩んでた。でもガーデンレッスン受けて、肘の曲げ伸ばしがだめだと教わった。肘曲げててもその形を維持してスイングするように心がけた。あと、フォロースルーを肩の上くらいに高くして調整。スピンはチャンのレッスンで見たように、肘で無理にかけないように気をつけた。これで弾道を高くすることができた。

バックハンドは肘を伸ばして打つ片手より両手打ちが良いのだろうけど、どうしてもスイングスピードが上がらず、ボールの衝撃に左手が負けてしまう。なるべく打たないようにするという原始的な手段が一番有効と思われる。

サーブは前の試合で感じたほどの痛さは無かったけど、今までと同じフォームで打つのが苦しい。コンチネンタルより薄めに持っていると、どうしてもプロネーション動作が必要だけど痛い。今の肘では肘を支点にして曲げるような強いプロネーション動作ができない。痛くない時はそれでいいと思ってたが、今できないということは、実は強い負担がかかってるということだと思う。かといって、イースタングリップとかじゃ打ちたくないし。どうしよう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 二十三番札所 薬王寺

2018/02/12 21:19

平等寺に続いて訪れた。平等寺はあまり人がいなかったのに、薬王寺は人が一杯。お遍路以外の人が多い。子供の頃に来たのを覚えている。とは言っても、階段に置かれたお賽銭を踏まないように歩いたのを覚えているだけ。うちの母親はここに来た年に父親(俺のおじいさん)を亡くしたため、厄をもらって帰ったと今も言っている。今日もお賽銭を踏まないように気をつけていたが、階段や通路のど真ん中にお賽銭が落ちていることがあり、とんでもないトラップに警戒が解けなかった。

山門。
image

本堂。
image

大師堂。
image

還暦厄坂を上っていくと
image

色鮮やかな瑜祇塔。拝観料として100円必要だが、お遍路さんは行くことをおすすめする。
image

最初に「戒壇巡り」なるものが出てくる。真っ暗。何?奥さんはびびって入らない。左手に壁沿いに進めという説明書き。そのとおり、真っ暗な中をそろそろと進んでいくと、薄っすらとオレンジ色の明かりが見えてくる。そこに浮かび上がってきたのは金色の薬師如来像。苦しみや迷いの中、僅かな光に導かれ、仏様と縁を結んでいただける。

真言密教の世界観や悟りの境地を凝縮して表現している胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅。始めて間近に観ることができた。感動。言葉では理解することがとても難しい密教を視覚的に観ることができる。それでも理解することは難しい。理解できれば悟りの境地。
image

怖くて1枚1枚大きく見せることがはばかれる地獄絵図。
image

美しい女性が死に、朽ち果てていく九相巻。最後には白骨化した姿になっていた。
image

他にも書画や仏像が置かれていた。

年の数だけ叩いて厄を払う随求の鐘。
image

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか


これで発心の道場は全て行った。一昨年の11月から始めて、29の札所に行った。これからはちょっと気が向いた時に、というわけにはいかない。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 二十二番札所 平等寺

2018/02/12 20:37

山門から本堂に紐が伸びている。本堂の仏様の手につながっている。本堂まで歩くのが大変な人がご利益に恵まれるように、だったかな?
image

本堂。お大師様が修行の降り、五色の雲がたなびき、黄金の梵字が現れ、薬師如来に姿を変えたという言い伝え。本堂に入ると正面に黄金の仏様が祀られていて、御前立も立派だなあ、と思ってた。しかし、家に帰って平等寺のHP見たら、本来は秘仏の薬師如来であることがわかった。何やら去年工事が終わって、その記念かなんかでご開帳されているらしい。紐が指先につながっていて、はて?御前立につながっているんだっけ?と不思議に思っていたが。なんという幸運。もっと拝んでおけば良かった。
image

天井にはたくさんの綺麗な天井画。
image

大師堂。
image

本堂の前からは遠くに横たわるお大師様が眺められる。
image

弘法の霊水。お大師様が掘って見つけたとのこと。当初は白い水だったらしいが、今は無色透明。下の穴から中を見ると水が湧き出ているのがわかる。普通に土の底に水がたまっていて、飲めるのか疑問ではあったが、飲めるとの説明なので大丈夫だ。誰も持ち帰っている光景がなかったので不安だったが、ペットボトルに入れて持ち帰った。右肘が治ることを祈って肘にかけ、そして飲んだ。
image

春になれば境内いっぱいにいろんな花が咲きそう。
image

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テニスって簡単

2018/02/11 22:19

先週の試合の直前に衝動買いしたマイケル・チャン著の「超一流のメンタル」。この本には付属でDVDがついてて、多分WOWOWで放送してたマイケル・チャンのテニス塾が収録されている。

これが意外に面白くて、何回か繰り返して見てしまった。本当に基本的なことをシンプルにレッスンしてくれる内容だけど、普段の練習にしろ、試合にしろできてないことが多いなあと思った。

「足を動かしてボールは同じところで打つこと。そうしないといろんなボールを打つ練習をしないといけない。」

言われてみればそうです。いろんなボールを打つ練習をしてました。そのため、練習も試合も余裕があるのに高すぎたり、低すぎたり、前すぎる打点で打とうとしていた。まず、一番打ちやすい打点で打つこと優先に足を動かさなければ。昔は当たり前のようにやっていたことが、硬式を独学で始めて打ち方のことばっかり考えてた。サーブもトスを安定して同じところにあげるようにと。じゃないと、いろんな打ち方を練習することになるからと。

フォアもバックもシンプルに引いて体の前でしっかり当てること。バックは両手打ちの説明しか無かったけど、引いて打つだけ。何も難しいことしてない。俺にもできそうじゃん。

スピンの説明では肘を使ってスピンをかけてはいけないとの説明。アマチュアがみんなこれで苦労していると。見た目はかっこいいかもしれないけど、怪我をしてしまうと。俺のこと?

本当に基本的な説明ばかりだけど、まずこれができなければ応用もへったくれもなく、試合では間違いなく勝てないだろう。


で、これを見ると体が疼き、新しいラケットを使ってみたいのもあって、壁打ちに行った。先週の試合でもストロークはほとんど気にならなかったので大丈夫でしょう。肘の負担を下げるために、肘を少し曲げて打つフォア。そして、バックハンドの感覚を知りたくて。

おや?なんか大人たちがいっぱい集まって試合してるな?なんか試合あったっけ?なんかどっかで見たような人もいるし。ま、いっか。おずおずと打ってみる。

パイーン。

かってー。すごい硬い。周りの人と明らかに違う打球音。ナチュラルを張ってるにもかかわらずなんて硬さだ。テンションが強いのか?しなりが特徴のRevo CX2.0 LS。のはずだが、全力で打てないせいもあってかしなりは感じない。テンション強+軽量薄ビーム+雪もちらつく寒さ、のせいか、とにかく硬い。ボールが重い。やっぱり、ちょっと重り足さないとだめかな?肘が治ってみないとわからないけど、相手のボール以前に、自分のスイングスピードの衝撃で面がぶれそうな気がする。

肘を伸ばして打つ片手バックのほうが衝撃をより感じる。当てるだけだとコントロール出来ない。ある程度強く振って強くボールにぶつけないと、スピンもかけられないしラケットに乗らない。でも肘痛い。先週の試合はあまりバック打たなかったから気が付かなかった。ちなみにマイケル・チャンのレッスンで簡単に打てそうな気がした両手打ちやってみる。全然、飛ばん。ひょろひょろ。スイングスピードが全く上がらない。一応、素振りはやってたんだけど・・・。

打ってたら、隣の人が声かけてくれた。お知り合いの人だった。やっぱり試合だったみたい。いやだね、こんな寒くて風の強い中試合するのは。メルカリで同じシリーズのラケットを2本も買ってた。しかも俺のより安く。負けた。

5分位でやめるつもりが10分以上やってしまった。なんか肘痛い。先週1試合やったときよりも。ナチュラルなのに振動止つけておけば良かった。

テンションの変化の様子。殆ど打ってないが、張り上げ後、約2週間で6%減。ナチュラルと言えど、まあこんなもんですかね。
image

ちなみにポリの4G ソフトはこんな感じ。赤が直近だが、夏場に張った青色のものと比べると低下率がかなり低い。同じストリングなのに、この差はなんだろう?トニックプラスより落ちてない。張り方?寒さ?このアプリの性能がこんなもん?
image

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


IGNIOのサポーター

2018/02/10 21:16

肘を故障して4週間。まあ、ちょっとましになったかな?という程度。いまだ指先は肩に届かず。先週の試合後、悪化しなくてよかった。重いものを力入れて持ったりすることはできない。重い鉄扉の開け閉めとかもできないわけじゃないけど、なるべく避けてる状態。普段、どうしても肘を使ってしまうのだけど、本当は固定したいくらい。

今、IGNIOのサポーターを使っている。

新しいラケットを取りに行った時、サポーター売り場に立ち寄って、たまたま目に入ったのを買った。一昨年痛めた時に良いものがみつけられなかったのだけど、これは思ってたものに近い。

よくある、伸縮性のある筒状ではなく、固定するタイプに近い。特に曲げる方は拘束力があって、曲がりすぎないようにできる。今回の故障は曲げすぎると痛いので非常にありがたい。テニス肘用のサポーターのようにインパクトの衝撃を弱める効果はあまり無い。強く締めればそこそこ保護してくれるかなという程度。先週の試合はテーピングして普通の薄めのサポーターをして、その上にこの拘束力の強いサポータをしてた。

伸ばす方向には拘束力はない。さすがにそれはテーピング等で補強する必要がある。

フォアハンドで肘を曲げすぎるくせがあるので、怪我をして無くてもこのサポーターを付けておけば矯正してくれそうな気がする。ただ、あまり強く締めるとサーブの時支障が出る。

今は日中も寝る時も付けている。やわらかいギプスみたいな感じで使ってて、不意に曲げ過ぎたり力入れて痛めないよう役に立ってる。

しかし、痛みはあまり無いものの、肘の曲がりがあまり改善しないのが気になる。前回も可動域がもどらないままだった。今回の故障でも可動域がsらに小さいままにならないか・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やはりサーブが原因なんだろうか?

2018/02/05 21:57

スポーツニュースでちらっと見ただけだけど、錦織サーブのフォーム変わったな。ぱっと見わかるのは後ろ足を寄せなくなってる。ネットでだめだめの評価コメントを見たけど、エース取ってるシーンではそんな悪いようには見えない。それより厚めグリップを変えたのかがわからない。それが手首の故障の原因だったはず。スピンサーブは打てるようになってるのだろうか?

昨日の試合後、1日経って肘の方は変化なし。むしろ湯治のおかげか良くなった気さえする。肘の内側の筋肉に張りがあるのが気になる。普通はあまり痛くならない所なので、肘の故障に関連してるのかもしれない。

サーブだけがどうにもならずアンダーサーブまで打ったのだが、やっぱりサーブが故障の原因なんだろうか?痛くてプロネーションできなかった。フォアも肘を伸ばしてプロネーションの動作がやや痛いので、肘を曲げる昔のフォームに戻さざる得なかったが、そうすることで痛みは最後まで無かった。故障前は全然サーブで苦痛は感じてないのでわからない。そもそもどのショットでも痛みは感じてなかった。一昨年、初めて故障した時も大元の原因は野球の素振りのしすぎだが、故障が発生したのは壁相手にサーブを打ちまくってた時だった。

試合ではプロネーションの動作や薄いグリップでのインパクトの衝撃に耐えられなかった。今にして思えばグリップをイースタン気味に厚くして押すように打てば、少々なら強くサーブが打てた気がする。そうするとプロネーションはあまり使わないし、インパクトの衝撃もファハンドのような感じになるので肘に響かない。試合中に思いつかないのが相変わらずだめなところ。

気になるのは故障が治ったとして、その後をどうするか。ラケットは新しいのを用意してるけど、それだけですむだろうか?再発させないためにフォームも変えないといけないだろうか?原因がはっきりわからないので、今のフォームのままで良いのかだめなのか判断できず怖い。

サーブもやっとこのフォームで良いと思えるところまで来たのに、また変えないといけないのかと思うとがっかり。比較的後回しの大きなテイクバックで、インパクトまで力を抜いて打ってるのだが、肘が伸びすぎてる気がしないでもない。外目ではわからないけど、ラケットを加速させるのもやや遠回しな分、肘の負担が大きくなってる。そう言えばジョコビッチも肘の故障明けでサーブのフォームが変わってた。テイクバックがやや小さく、体の前から上げる感じになってる。その方が肘には楽ではある。

ただ、プロネーションやインパクトの衝撃はグリップも変えないとあまり変わらない気がする。今はコンチネンタルよりも若干薄め。肘の内側をボールにぶつける感じになって、力込めやすい上にスピンがかけやすい。が、故障してわかったが、衝撃が大きい。ベッカーみたいにイースタンにすると楽になる。しかし、これだとスピンがとてもかけずらい。ベッカーはそれでスピンサーブまで打ってたが、異次元過ぎて真似出来ない。

フォアもやっと安定してきたのに、結局ガーデンレッスン前に戻さないといけないかもしれない。無念である。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる