アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である
ブログ紹介
zoom RSS

両手打ちチャレンジ

2017/07/27 22:49
久しぶりに壁打ちへ。ガーデンでレッスン受けたり、仕事があったり、疲れてたりでしばらくさぼっていた。

ガーデンレッスンのおかげでフォアハンドストロークとサーブの打ち方には悩まなくなった。ボールにスピンがちゃんとかかるように打てているかを確認して程々に。

ボレーは今まで壁に近づいて、手に持ったボールを壁に打って跳ね返ったところをボレーする、ということを1球ごとにやってた。しかし、本当のボレー練習とは違う感あり。
今回はフォアもバックもスライスの練習を多めにした。スライスの下手な人はボレーも下手、逆に上手い人は両方上手いと教えてくれた。今まで練習量が少なすぎたし、数打って感覚を養おうと思う。

バックハンドストロークが未だに打ち方わからない。ストロークのレッスンのときに高い打点の打ち方を教えてもらったけど、そもそも低い打点も思ったように打てない。

いろいろ試すうち、肘を曲げないように意識して打ったら、結構うまくいった。フォアと同じ要領。今まで手首を固定して打つことを意識していた。でもいまいちうまくいかず。手首も肘も固定するようにするも、やはりいまいち。うまく打てることもあるけど、打てる打点の範囲がとても狭い。

でも、肘を固定して手首は適当にして打つとうまく打てる場合が増えた。フォアと同様にボールを潰して打てる感じがした。ボールを強く掴んで押し出すのは肘を伸ばしたほうが良いのか?でも、打点が変わることの微妙な調整は手首で柔軟に対応するのだろうか?あと1回ストロークのレッスン受けるので、その時何かものにしたい。

ついでに両手打ちの練習もした。過去に少し試して即挫折していたが、両手打ちはとても簡単なんだという以下のサイトの説明を垣間見て、ちょっと練習した。
https://www.mlritz.com/mredirect.php?p1=113&p2=6802&p3=0&p4=408600&cid=K000000408600&check=2578db2e5b0d0460ea110968c6ac4bb7


自分でボール落として、両腕を固定して打つ。ほー、ほー、段々うまく打てるようになってきたよ。過去に練習した時は肘の曲げ伸ばしを使ってた気がするが、意識して使わないようにするとうまく打てることが増えた。段々と壁から離れたところから強く打って1バウンドで戻るようになってきた。

昔から体に近い打点で打つ方が力が入ってコントロールもしやすいと思ってたけど、硬式は肘を伸ばしたほうが何かにつけてうまくいくことが多いな。理屈はわからないけど。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野球の試合

2017/07/23 21:45

野球の試合。今年ようやく2試合目。テニスの試合が重なったり、出られると思ったら、その前の試合でチームが負けたりして、ようやく2試合目。前回いつ出たか忘れた。季節はすっかり積乱雲が立ち上るようになり、最後まで体がもつのか心配。今回はバッティングセンターにも行かず、朝にちょこっと素振りしただけ。相変わらず素振りすると左肘が痛くなるし。


また人数が少ないこともあり、8番レフトで先発。助っ人が来てて、ピッチャーをやってもらう。


初回。相手が先行。2アウトから相手打線につかまる。鋭い打球が俺の前に。ゴロを無難に取ってさっさとショートに返す。さらにランナーが出て、さらにライト前タイムリーヒット。一人帰る。打球がイレギュラーして、ライトの顔に当たり、大きく弾く。その間に1塁ランナーもホームを狙うがこれを中継プレーでアウトにして1失点で終わる。


その裏、味方打線満塁のチャンスも得点できず。


2回裏、1アウトランナー無しで俺。左打席へ。初球、低めの変化球に手を出しバットを止めるもストライク。2球目空振り。3球目。叩きつける打球。大きく弾んでピッチャー取れず、セカンドが突っ込んでくる。1塁走る抜ける俺。送球がそれ2塁へ。記録は1ヒット1エラー。1アウト2塁。
その後、レフト前ヒット。打球が抜けるのを見てからスタートしたので3塁ストップ。さらに次のバッターがレフトオーバーの2塁打で悠悠ホームイン。同点。少し仕事した気分。
その後も味方打線がつながり、相手のエラーもあって4-1とする。


3回裏に1アウトランナー1塁でまた俺打席。しかしランナー盗塁失敗で2アウトランナー無し。フルカウントまで粘る。変化球が決まってない。読みでは外角ストレート。よし、来た!!高めストレート。渾身のスイングは空振りで三振。我ながら良いスイングだった。でも、ボール球だったな。

助っ人ピッチャーは徐々に調子が上がり、相手打者を討ち取っていく。


味方は4回裏にも2点追加。6-1。

5回裏。ノーアウトランナー1塁で俺に回る。相手は3人目のピッチャーが上がっているが、味方からぼこぼこにイジられ、コントロールも無茶苦茶。初球、バントの格好したら太ももあたりにボールが来て、ジャンプして股の間をボールが抜けていく。ランナー2塁へ。
流し打ちしたいんだよなー。流し打ちなら左打席だし、ほぼ内野安打にできる自信がある。しかし、ランナーは2塁。ノーアウトだし進塁打だよなー。体の芯で回転するイメージはできてるけど、ちょっと前に流れすぎてる気がするので、そこは気をつけよう。後は引っ張る。


ポキン。


またセカンドゴロ。しかし、相手弾く。またセーフか?と思ったけどわずかに間に合わずアウト。相手2塁手、あらかじめ前目によってた。しかし、その後味方打線が相手ピッチャーのノーコンもあって得点。最後は右中間を破るタイムリーヒットで8-1となりコールドゲームとなり終了。


快勝、快勝、相手ピッチャーの調子が悪かったのもあるかもしれないけど、うちも良く打った。俺も内野安打1つ。しかし、もう1本打ちたかったな。3打席目は特にストライクを取りに来た棒球だったのに。振ってる感じは悪くなかったけど、ミートできなかった。ちょっと大振りだったかな。もうちょい引きつけて軽く振る感じでも良かった。引っ張る打球が多いので、変化球でも流し打ちするくらいの感じで。


まあ、無事怪我せず終わったから良し。暑かったけど、途中から曇ったし、先々週カンカン照りの中テニスの試合やってたのを思うと、外野で立ってるだけなんで楽だった。1球しか来なかったし。全力で走ったのはゴロの2回だけだし。


最初の打席は緊張するけど、フォームを変えてバットに当たるようになって、少し前向きに打席に立ちたい気分が出てきた。でも、次の試合はまたテニスと重なりそう・・・

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一輪の花

2017/07/23 11:21

今頃になって名前の分からないサボテンの花が一輪だけ咲いた。

image


田んぼ土の入った容器で育ったメダカの稚魚を新調に水合わせしてトロ船に移動。今年初の稚魚から成長したメダカになった。体の色が白く、他のメダカが追い回していて心配したが、日が経つごとに色が黒くなり、今は他のメダカと一緒に泳ぎ回っている。
image



雑草かと思って捨てるところだったバジル。順調に大きくなって香りも強くなっている。
image


名前の分からない植物はまだ大きくなっている。過去最高。
image



ちなみに葉の裏側は赤い。秋以降になると表も赤く紅葉する。
image

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


ボレーレッスン 3回目

2017/07/22 22:52

ガーデンでのボレーのレッスン3回目。クロスのコースでスライスでミニラリー、そしてストローク&ボレーの練習。


ミニラリーの時、待ちすぎて、打点を落としてから、しっかりと、しかしボールをこねるようにスライス回転をかけすぎてるので、高い打点で面を軽くあわせる感じで良いとのこと。


ボレーも特にバックが同じような感じで引きつけすぎなので、もっと軽くあわせる感じで良いとのこと。


しかーし、なかなか思ったようにいきません。特にバックはフレームに当たったり、長さの調整がうまくいかなかったり。また、ハイボレーの方が長さの調整が難しい。ネットに近い位置でのボレーの練習で、微妙な高さで叩けそうだけど、叩くとミスしそうな球威のとき、ボールに勢いと深さを付けたいのだけど、なかなかその加減とか面の調整がぴたっといかない。


途中でスライスの練習してるのにボレーのフォームが違ってるのに気づいて、ローボレーの時は特に下手にスライス回転かけないよう、面を合わせることに集中したら、フレームショットは減って深さも出るようになった。下半身ももう少しうまく使えるといいんだろうけど、足を使うことを意識するとまたラケット操作がおろそかになる。


一番良かったのは、ストロークの時、高い打点での片手バックハンドがうまく打てたことかな・・・。ボールの真後ろではなく、自分に近い方のやや斜め後ろを打つ感じでうまくいった。2球くらい打っただけだけど。

しばらくレッスンおやすみ。残り2回だけど、お盆休みの時にまとめて受けることにした。ボレーをあと1回と、復習の意味でストローク。できればバックハンドをちょっと教えてもらいたい。ボレーはまだうまくなってないので、もう1回教えてもらいたい。サーブは前の試合で結構うまくいったので、あとは今の感じで回数を重ねて良いイメージを積み上げていきたい。

で、終わりと。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Zenfone3 Laser

2017/07/21 23:27

木曜日にようやくZenfone3 Laserが届き、モバイルデバイスが復活した。


水に浸かって心配していたSIMカードとSDカードは今のところ問題なく使えている。真水で拭いたので大丈夫とは思うけど、今後錆びなければ多分大丈夫。故障したZenfone2で撮った写真はSDカードに入っていたのだけど、Zenfone3に挿したら何もしなくてもギャラリーという写真を見るアプリで見ることができた。


初期起動時にアプリを前の端末から移行できるオプションが選べた。しかし、まだWifiに接続できるパスワードが入力できておらず、回線で大量のアプリをダウンロードされると遅いし通信料も無駄になるので選ばなかった。無駄なアプリもあるだろうから、また一から設定して綺麗にしたいという思いもあった。


しかし、やっぱり面倒で、殆どのアプリはインストールするだけじゃ終わらず、ログインやら設定が必要。端末本体の設定もあるし、最初に一回だけやってすむ設定については、その方法を覚えておらず、いちいち調べないといけないのを後から気づいて、少し後悔した。

なにげに困ったのが連絡先。Googleにログインすりゃ勝手に移行するかと思いきや、名前は入ってるけどほとんどメールアドレスだけ。前の端末ではどこに保存してたのか?SIMカードからインポートを試みるも、1件も入ってない。はて?では前の端末は何から移行したのだろうか?

結局、Zenfone2で持っていたはずの連絡先の移行は諦め、その前に使っていたiPhone5sから取り込むことにした。

参考にしたのはここ

http://mvno.dmm.com/doc/migrate_contactinfo.html

正確にはiPhone5s→iCloudからの以降。iCloudに連絡先を同期し、vCard形式で全ての連絡先をエクスポート。それをGMailに取り込むことでZenfone3 Laserに取り込めた。Zenfone2のときはどうやって取り込んだのだろうか?

本体と液晶保護フィルムと保護ケース。左上の黒いのはUSBケーブル。ASUS Shopで買ったら特典ということで純正のケーブルがついてきた。しかし、本体と一緒に白いUSBケーブルが入っており、特典と言えどはっきり言ってうれしくない。保護フィルムはガラスタイプの少し厚みのある硬い素材。ガイドテープが付属していて、結構貼りやすかった。ただ、背面のカメラレンズの保護シールが入ってなくて後悔。

ケースは透明でストラップを付けられる穴が開いている。意外に少なくて探すのに苦労した。釣りをする時にスパイラルコードがつけられないと不安なので必須項目。

image

発売されてから1年も経ってるので、ここでレビューしても意味は無いだろう。

ディスプレイのサイズがZenfoe2と同じく5.5インチと大きく、老眼が始まっている目には助かる。さらに本体は縦横も厚みも小さくなって持ちやすくなってありがたい。

まだアプリをたくさん入れてないが、動作は軽快。メモリが4GBというのも余裕があって良い。前はPokemonGoを入れたあたりから極めて重くなり、不満だった。

バッテリーの持ちも良くなってるようだ。一日ちょこちょこ触っていても0%にならない。Zenfone2のときは使ってないのに会社についた時点で10%近く減って、休みの日なんかは一日持たないときがあった。

指紋認証が便利。指をセンサーに当てるだけでスリープから復帰できる。これが一番気に入ったかな。

しかし、予定外の痛い出費であることには違いない。今度は3年以上絶対に使うぞ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地雷と水の中

2017/07/21 18:56

先日、突然冷蔵庫が壊れてしまった。すでに製造中止となっていて、修理できるかどうかもわからないとのこと。10年位使ってたので、諦めて新しいのを買った。真夏故、冷蔵庫が無いのはかなり不便で一日も早く来てほしかったので、今日は会社を休み、新冷蔵庫搬入、旧冷蔵庫撤去に立ち会う。しかし、冷蔵庫って高いのね。軽く10万円超えている。ボーナス消し飛ぶ。

で、1日休むとは言え、これだけで終わるのもつまらないので、釣りに行った。中潮の下げ潮。きっと何か釣れるでしょう。

夜明け後の5時半頃開始。期待したほど流れてない。むしろ、小潮の上げ潮だった前回のほうが流れていた。雨で増水してたのだろうか?流れてないわけではないし、濁りもあったのでそれなりに期待してルアー投げる。平日ながら先行者有り。なんか釣れてるだろうか。



しかし・・・、釣りにくい。タコ漁と思われる仕掛けを沈めているブイがあちらこちらに浮いている。この時期にあるのはわかっているけど、今年はかなり多い。今までは隙間を狙って遠投できるくらいのスペースはあったのに、今年は遠方も足場近くも等間隔で浮いてて、邪魔でしょうがない。



すぐに足場に行き詰まり、車で少し移動しても、その地雷達のペースは変わらず。結局元の位置に戻り、一番開けている場所で、終いには回遊魚狙いのサビキまで投げたけど、全くアタリも無く終わった。久しぶりにボーズ。8時位に終了。帰りは出勤ラッシュに巻き込まれた。



で、先日撮った動画。こんな仕掛けで撮影。apemanを防水ケースに入れただけでは水に浮いてしまうので、投釣りのオモリを付けた。しかし、重すぎていつもつかってるシーバスロッドでは10mも投げられず。

image



家に帰って見てみる。おー、映ってる映ってる。濁りが強くてあまり見えないけど、底に沈んでる障害物が見える。そうかー、見えないけど、数m先に結構沈んでるのね。お!?魚、魚がいるぞ!!なんだろう!!思わず興奮してしまった。



その一部がこれ。

体型がシーバスに似てるように思ったけど、こんなに群れてないよな?もうちょっと濁りがなければなあ。しかし、こういう物陰に隠れててルアーに飛びついてくるパターンも多いと思う。そこらへん意識してルアー投げると良いことがあるかもしれない。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


早く来い

2017/07/19 23:23

先週日曜日、釣りをしている時にスマホを水中に落とし、回収したものの復活せず。

カバーを開け、内部の蓋も開け、乾燥させて見たものの、うんともすんとも言わず。Zenfone2ご臨終。

image

SIMフリーにすると同時にこの機種にしておよそ2年。最近は大して使ってないのに、動作が重くて重くて嫌気がさしてたのでちょうど良いとも言えるが、少なくともあと1年は使うつもりだったので痛い。

急に手元からモバイルデバイスが無くなってしまうと、使いたいものより早く手に入る物が優先気味。本当はiPhoneを中古で買おうかと前から考えてたが、欲しいとと思う機種の価格がまだまだ高く諦めた。それで、Zenfone2にそこそこの満足感を得てたので、後継機種のZenfone3を買うことにした。もうしばらくすればZenfone4が出るはずだけど、コストのこともあるので、特に気にはならない。それより、ずっとZenfoneキャンペーンというのをやっていて、Zenfone3

シリーズが安く買えるというタイミングにのっかった。

選んだのはZenfone3 Laser。奥さんがZenfone2 Laserを使ってて、それで全然問題ないし安いのでLaserにした。定価が約30000円のところをキャンペーンで3000円引きで買える。

値引きにはクーポンコードを入手する必要がある。そのためにはシリアルナンバーが必要。設定画面から調べることができるらしいが、本体はすでに死んでいるためわからない。でも、購入当時の箱と説明書を置いてて、そこでシリアルナンバーがわかり、無事クーポンコードを入手。

ASUS SHOPから購入手続きを進めるが、クレジットカード情報を入力しても「このカードは扱えません」となってしまう。使ってるのは楽天カード。カードの種類にそれは選択できないけど、VISAを選べば問題ないはず。しかし、どうしても先に進めない。

んー、せっかく安く買えると思ったのに・・・。ところが、ASUS SHOPで先にアカウントを作ってから購入手続きをすすめると注文できた。意味がわからないが、とりあえずよしとした。

すぐに注文確認メールが来たが、注文承諾メールが来ない。どうやら休日ではそこまで確認してないらしい。注文承諾メールが来たのは、祝日の17日を過ぎ、休み明けの18日の昼すぎ。そして、発送は夕方。

「正常に注文が承諾されたことをご確認ください。」

若干上から目線な感じがしないでもない・・・。



実は、Amazonで注文した方がキャンペーン価格よりも少しだけど安く、早く着くことがわかった。だから、ASUS SHOPの方をキャンセルしようとしたけど、お客様都合でのキャンセルはできないとかで、地団駄を踏むことになった。

ケースと液晶フィルムは後日Amazonで注文したけど、そっちの方がすでに到着している。



心配なのはSIMカードとメモリカード。釣り場ですぐに取り出し、真水で拭き取って錆びないようにしたつもりだが、無事使えるのかどうかわからない。多分大丈夫と思うけど・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ひろの真夏の団体戦

2017/07/17 23:47

朝起きて、行きたくないと思った。一昨日、昨日と極暑が身に沁みてるし、その中練習や釣りして体だるいし、ただではすまないと思ってた。スマホを水没させて、集合場所と時間がうろ覚えでちょっと不安を抱えながらも合流成功。

現地到着。やはり死ぬほど暑い。ここ数年、無意識のうちに暑い中での練習を避けてたな。夜に壁打ちしてすませてたり。仕事も座りっぱなしで、体力の低下は著しい。

今日のチームはボス以外みんな初顔。もう、そんなことどうでもいいくらい暑い。お一人はベテランのシングルスのコンソレでボコられた人。試合方法は男女ダブルスとミックスでの組み合わせ。男子ダブルスかー。これまたほとんど経験無く、あまり自信ない。

予選リーグ第1試合

ボスと組んでミックスで。第1ゲーム、レシーブで良い感じだったけど落とす。第2ゲーム俺のサーブ。相手女性へのストロークで突然リズムを失いミス連発。あっさり落とす。

そして、G0-5。ダブルスだからと舐めていたが、一人ダメな奴がいるとペアも巻き添えにどんどんゲームが進んでしまう。自分のサーブで40-40からボスが決めてくれてやっとこさキープ成功するも、G1-6で負け。自慢のフォアも相手女子サーブに押されたまま終わる。チームは1-2で負け。

ミックスダブルス6連敗。シングルスも入れると10連敗。まずいなー。シーバス釣るより難しいことになっている。

予選リーグ第2試合

SITU氏と組んで男子ダブルスで。相手サーブが強力でまともにレシーブできず。G1-1。

そして俺サーブ。先の試合のこともあり、かなり自信なし。しかし、ガーデンレッスンのおかげもあり、サーブ自体は上がり気味。そして、高い打点からのフォアの強打が決まった当たりからリズムが良くなってきた。

キープに成功すると、相手側がプレッシャーを感じたのかダブルフォールトに始まりミス連発。

ペアのSITU氏はセカンドでもサービスエースを取り盤石。

G6-1で勝ち。チームも3-0で勝ち。2位確定し、下位トーナメントに回る。

暑い。死ぬ。試合中、サイドチェンジのたびにコールドスプレーを全身に浴び、試合中はウェアの襟を立てて少しでも暑さをしのぐが、まさに焼け石に水。

昼ごはんを食べた当たりから気分悪くなり、眠くなり、日影に座ってるのにくらくらしてきて、冷房の効いているクラブハウス内に避難。まだ2試合あるのか・・・。早めに芍薬甘草湯を飲んでおこう。

下位トーナメント1回戦

またSITU氏と組んで男子ダブルス。絶好調。最初こそ相手の強力サーブを返せずキープされるが、SITU氏のサーブで立て直し、すぐに相手サーブをブレーク。俺のサーブも安定して安全にキープ。G3-1。

最初に返せなかった相手サーブも、ポジションをやや後に下げるとタイミングが合ってフォアで強打しまくり。相手が前に出てもボレーでミスを連発しブレーク成功。G5-1まで進む。

しかし、レシーブで調子に乗ってミス、チャンスボールをフォアのボレーで大アウトすると俺一人怪しい雰囲気。

G5-2で迎えた俺のサーブ。サーブは調子良いが、その後のストロークとボレーがぶれぶれ。レッスン受けてるローボレーはお約束のネットミス。

30-40。ここ落とすといよいよ怪しくなる。ここでセンターへのサービスエース。目測90km/hのスライスサーブ。そこまでスピンサーブ中心の配給だったのが効いた。

40-40。俺のフォアに相手前衛がポーチ。しかし、ネットギリギリのボールで相手のボレーがベースラインギリギリアウト。G6-2で勝ち。チームも勝った。

変なミスをするとすぐに自信が無くなってきて調子がおかしくなる。

下位トーナメント準決勝

実はトーナメントのひとつ下の山に入っていて、まだ準決勝であることにショックを受ける。今度はボスと組んでミックスダブルス。復調したし、今度は大丈夫でしょう。

G0-3。あれ?どうやら相手女性へのサーブやストロークの微妙なさじ加減で調子がおかしくなっていくようで・・・。難しくないバックのローボレーをまたネットミスして、さすがにむかついてボールを蹴飛ばす。クリーンヒット。足で打つほうが確率高い。

しかし、相手女性のサーブでどうにかブレーク成功したあたりから流れを取り戻す。G1-3で俺サーブ。40-40で相手男性へのサーブ。安全に入れていこうかとも思ったが、この期に及んで迷ってはいかんと考え直し、全力でスピンをかけに行く。コースもスピードも甘かったが、思いっきりスピンがかかってて多分相手のタイミングが合わずミスを誘いG2-3。

最初は反応できなかった相手男性のゴリゴリサーブにレシーブ一発決まってブレーク成功。ボスのネットプレーも冴えており、G5-3。

相手女性のサーブ。ここで決めたかったがミス連発。うおー。G5-4。相手男性のサーブ。ここも落とすと流れが相手に行ってしまう。

しかし、相手がダブルフォールト3本。助かった。G6-4で勝ち。久しぶりに勝ちました、ボス。

下位トーナメント決勝

最終の5試合目。なんとかまだ生きている。足つりそう。今日始めて組むベテランでボコられた人と。正直、話をしていても何を考えているのか、どう思われているのか測れず不安。相手の人と同じ職場のようで、俺一人アウェー感。相手のサーブは片方の人はスピンサーブ、もう片方はスライスが得意だと教えてもらう。

しかし、いきなりスピン得意な人にスライスでエース取られる。おえー。ポジションを最初からセンター寄りにしすぎた。

最初はキープされたけど、その後は3ゲーム連取。サーブ、フォア調子良く、ペアの人も決めてくれるし流れは良い。

相手サーブでリターンのサイドパスが決まったりして40-0のブレークチャンス。が、ここからキープされる。

次のペアのサーブ。ここも40-15だったのにブレークされる。ペアの人のストロークのネットミスが目立ってきた。

G3-3。試合が拮抗してくると一瞬でポイントが決まるダブルスでの1本の緊迫感が高まる。疲れて辛くなってきた。

徐々に俺もミスが増える。相手にサーブキープされた後の俺のサーブ。フォアの調子が良かったのが、オーバーヒート気味。調子良すぎてさらにギア上げたら、思ったように振れて想定したネット上の高さを通ってるのにアウトしてしまう。0-40。

ここから3本連続でサービスポイント。ポジション変え、球種変え、コース変え、相手に的を絞らせず。40-40に追いついて最後の1本。サーブは入って、その後のストロークも入る。しかし、ネット際の難しいボールになってペアの人のボレーがアウト。G4-5。

だい10ゲーム。相手のサーブがバックに集まり、ロブでしか返せない。そしてオーバーヒートフォア。相手のプレーが安定してて、中盤のチャンスをしのがれ、前衛に入った相手の動きにプレッシャーを感じて無理してしまった。最後は厳しいところを狙ってないのにストレートのサイドアウトとなりG4-6で負け。

またやってしまった。ミスをしだすと修正できず、流れを止められなかった。そして、この試合もローボレーミスった。チームも負けた。

暑かったなー。家から持っていった水筒では足りず、ペットボトル2本買い足した。最後までよくもった。体を冷やす続けたコールドスプレーは1本使い切った。

出だしかなり怪しかったけど、ペアの人のおかげもあって調子戻せた。でも、最後はまた失速してしまった。あまりにもわかりやすい浮き沈みの激しさになんとかしないといけないと思った。フォアは良くなったらなったで入らなくなるし。

サーブは良かった。ストロークやボレーのせいでキープできなかったけど、サーブは安定してて、ペースを変えて相手に攻め込まれることは少なかった。特にスピンサーブは良かった。レッスン受けた下位があった。打点をやや後にずらしてより良くなった。強く打ってよりスピンをかけて、重力の自由落下に頼らないサーブが打てた。野球のカーブも足の踏み込みを少し小さくしてリリースポイントを下げると回転がよくかかるらしいしな。

ボレーは全然だめ。ボスは良くなったって言ってくれたけど、速いボールに対しては前から気にはならなかった。面を作って当てるだけだから。ローボレーやネットから離れた位置での浮いたボールに対しては相変わらず、ほぼミスった。バックのハイボレーだけは良くなったと思う。最後に組んだペアの人なんか手だけでてきとーに打ってるようにみえるのにすごい安定している。俺、一生懸命足使って頑張ってるつもりなのにミス。この違いは何?

家に帰ったら風呂入ってすぐ寝た。子供に着替え持ってこさせて着せてもらった。介護してもらった。多分、向こう一週間、仕事にならない。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


悲劇は釣った後に

2017/07/16 22:37

3連休の中日。奥さんも子供もでかけるので、釣りに行くことにした。夜明け後、5時半頃到着。小潮の上げ潮。いつもなら来ないタイミングだけど、暇だから来た。

最初、一応シーバス狙ってルアー投げる。しかし、初っ端に買ったばかりのルアーをロスト。また漁のブイが並んでいるが、当然無いところを狙って投げてた。しかし、明らかに何も無いと思われる所で表層を引いてたのに引っかかってしまった。

表面にはベイトの気配あり、1時間ほどやってみたが、やっぱり何もないのでキス狙いに切り替える。キス仕掛けにワームをくっつけて探る。

しかし、全く反応なし。上げ潮ながら小潮のせいか川の流れが勝って、そこそこ流れがある。さらに水が濁っていて、底まで光が届いてるのか怪しい感じ。常にキスにワームを見せる必要があるのに。粘ったけど断念。

その後、Apemanというアクションカメラを水中に投入し、水中の様子を撮影。

日が高くなり暑くなってきたので、ちょっとだけシーバス狙って帰ることに。

表面近くは結構ベイトの気配感じるのだけど、いくらルアーを引いても反応ない。シーバスがいるかどうかわからないけど、少なくとも表層には出てないと思った。大潮の引き潮だと狙わないが、今日は流れが緩いので、ルアーを底まで落とし、それから引いてくる。

すると、いきなりゴツンと反応あり。そこの方で何かがうごめいている。エソか?またエソか?

いや、上がってきたのは鮮やかな銀色のシーバス。しかし、小さくてタモ使わなくても引き上げられた。40cmもない。いつもなら逃しているけど、フックが目にかかり大きなダメージを負っている状態のため、持ち帰ることにした。

しゃがんでナイフで締めるその時・・・

「ぼちゃん」

スマホ、水中に飛び込む・・・・。

スパイラルコードを付けてたのですぐ引き上げたけど、ディスプレイがしましま状態に。慌てて電源を切ろうと電源スイッチを押し画面は消えたけど、それは故障で消えたのか、電源OFFで消えたのかわからない・・・。

その後数投するもは当たり無く終了。シーバスは炙りで家族でいただいた。

そして、スマホは・・・分解して乾かしたけど、復活せず・・・。えらく高くついた釣行になってしまった・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボレーレッスンその2

2017/07/15 22:07

2回目のボレーレッスン。息を止めないこと、顔を残して止めて打つことを心がけて練習する。

基本的に近い距離でのストローク・ボレーの練習。コーチにはテイクバックが小さすぎるので、ボレーの強弱にかかわらずもう少し大きく構えて、懐を深く対応するイメージを持つようにと教えてもらった。

バックのゆるく足元に沈められたボレーを立て続けにミス。おそらく手で振りすぎて、自分の体に近い方のフレームに当てまくってしまった。腕は動かさず、ラケットをセットした形で当てるようにしてやっと変えるようになった。

緩いボールでの応酬は結構問題なくできたが、雁行陣でのゲーム形式の練習でミス連発。速いボール、ネットから離れた位置での微妙に緩いボールに対してのボレーがコントロールできず。

んー、やっぱり難しいなボレーは。ネットに張り付いてのボレーは上から叩くだけのことが多いからいいけど、実際はちょっと離れてボレーすることが多い。そうなると、相手のボールのスピード、スピン、軌道に合わせてラケットをコントロールせねばならず、それはストロークよりもっとシビアに調整する必要がある。しかも頭で考えてやってる余裕は無い。この打ち方一つでいいという単純な話でもない。肘や手首を使わないようにすると安定するけど、かといって全く使わないつもりで打つとミスしてしまう。とにかく自分なりの感覚に頼る面が大きくて、なかなかアドバイスを効果的に活かすことができない。

ダブルスの試合の時は、サイドに角度つけて打つと相手も打てる角度が広がってサイド抜かれる可能性が大きくなるから、ボレーがうまいなら、相手正面に打ってボレーする方が良いとのこと。

しかし、一番ショックだったのは、ストロークでバックハンドのトップスピンを完璧にミスしたこと。先週教えてもらったテイクバックの構え試したら全くだめだった。月曜の試合もきっとだめだな・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


技の館 藍染のTシャツが欲しい

2017/07/15 21:50

以前、うだつの町並みに行った時、藍染の商品がいろいろ売ってたので、Tシャツ買おうと思ったら6千円やら7千円もして諦めたことがあった。

先日、たまたま金曜日という番組を見てたら、上板町にある技の館というところで藍染ができるのを知った。調べてみると、ハンカチや手ぬぐい、Tシャツなどを買って、そこで染めることができることがわかった。Tシャツは3500円。ちょっと高い気がしたが、普通に買うより安い。持ち込みでもできるけど、1g20円。Tシャツがだいたい150gらしいので、3000円くらい?あんまり変わらない。

まあ、でも今月いろいろお金使っちゃったしな。また、今度。でも、奥さんが行きたいらしく、お遍路もしばらく行ってないので、ついでに近くのお寺にもという甘言に乗ってしまい出発。

暑いなーしかし。熱中だしな。

image

結構いろんな種類がある。理由はわからないが、この時は100円引きだった。

image

模様の付け方をレクチャーしてもらい、子供はハンカチで、俺はTシャツで。輪ゴム、茶こし、洗濯ばさみ、フィルムケース(子供はそれが何なのかわかっていない)などで布地をしばったりして模様をつける。さあ、どうなる?

image

image

ハンカチは1回1分、Tシャツは生地が厚いので2分染料に漬け込む。そして、絞って空気によく触れるように1分さらす。これを5回繰り返す。染料は単に藍を水に溶かしたようなものではなく、発酵していて変な匂いがする。漬け込んだ時は緑色だけど、空気に晒すことで酸化し藍色に染まっていく。強く縛ったりしてるところは染料が染み込まないので真っ白だけど、3回目や4回目の漬け込む時に外すと、薄い水色にと調整して染めることができる。

image

お、なかなかいいじゃないか。

image

俺のTシャツ。う、イメージと違う・・・。前も後ももっと大きな模様で前後に模様がかかるようなデザインのつもりだったのに。

image

水洗いして脱水してくれた。家に帰った後もう一回洗って陰干しに。すごい青色の水になるけど、天然の染料は他の衣類に色移りはしないらしい。化学染料は移る。ただ、日光に弱いので干す時は陰干しにとのこと。

染料を作る作業場を見せてくれた。藍の葉っぱを扇風機で向こうに飛ばし、

image

天日で晒して染料の元としていくらしい。

image

10時位に行ったけど、他に人がいなかったので、丁寧に教えてくれてありがたかった。Tシャツはほのかに藍の香りがするのだけど、蒸し暑い時には気が紛れて良い。鮮やかな藍のシャツになってくれて良かった。誰か来てるのかというのが正直な感想だったけど、介護施設の人たちとかが団体で来るとのこと。

その後、近くにある和三盆を古くから作っている岡田製糖所により、資料館とかお土産を買った。

image

image

image

知事書の糖源境の書。意味はわからない・・。

image

徳島城にあった屏風らしい。それがなぜここに?

image

藍染体験は空いてれば1時間もあれば終わるし、製糖所もこじんまりとして長く入られないと思うけど、また地元の古き良きところを知ることができた。お遍路行ってなけりゃ来てないな、きっと。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 第七番札所 十楽寺

2017/07/15 21:40

安楽寺の後、車ですぐ近くの十楽寺へ

ここの山門もなんか中国風。

image

入ってすぐ水子地蔵様

image

また山門のような建物。中には愛染明王像が祀られていた。

image

深い真紅の凛々しい姿に手を合わさずにはいられない。

image

本堂

image

大師堂

image

治眼疾目救済地蔵尊。眼の健康、治癒を祈願する。200円の御札を買って納める。俺も目が悪く、昔はソフトテニスのボールが眼に直撃して眼球内出血、飛蚊症も相変わらず、最近は近くが見えづらいと何かと心配なので、御札買ってお祈りした。

image

image

おん あみりた ていせいから うん

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 第六番札所 安楽寺

2017/07/15 19:13

技の館で藍染をした後、久々のお遍路。まずは六番札所安楽寺。

中国風を思わせる山門。

image

山門の中に、「商業、HP掲載目的の写真撮影は禁止」と書かれていた。

よって、写真の掲載は無し。

入って左手すぐに日本トイレ協会に選ばれた茅葺屋根のモデルトイレが有る。

お大師様を弓矢から守ったというさか松が多宝塔との素晴らしい風景を形作っている。

本堂の中に納経所もあり、冷房がきいていて、他のお遍路さんたちは本堂の中でお経を読んでいた。現代を代表する仏師、松本明慶師作の仏像がたくさん見えた。

image

おん ころころ せんだり
まとうぎ そわか

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボレーレッスン 呼吸を止めるな

2017/07/08 22:41

7月に受けるのはボレーのレッスン。30年近くソフトテニスやってた人間にとってボレーは最大の鬼門。ソフトテニスでもコンチネンタルでボレーする時もあって、硬式始めた時はそれなりにできてた気もしたけど、数年経っても大して進歩せず。普段の練習でも最も練習しない。壁打ちでも壁相手ではどんなに練習してもうまくなった気がしない。

レッスン始まり。レッスン生が自分を入れて2人しかいないので練習し放題。ボレーのレッスンだけど、スライスショットに通じる要素が多いので、スライスでのミニラリーとストローク練習から。

「打つ時、呼吸止めてないですか?」と聞かれる。

はー、確かに。言われてみるとそんな気がする。特に緊張してる時。試合の始まってすぐとか。呼吸が止まると、打つ時もインパクトでラケットが止まりやすい。スライスは特に微妙なタッチでコントロールするので、ラケットがガッチリ止まるようなスイングにならないようにとのこと。なるほど。これはどのショットでも通じることかも。

あと、ミニラリーの時、フォアのスライスの時はテイクバックが若干小さいと。ミニラリーでも普通のラリーでもスイングの大きさは変えないように練習することが大事だと。ミニラリーだからと言って当てるだけのような小さなスイングでは練習のための練習のようなもの。

そんで、バックのスライスは横切りになってる。うまくするとサイドスピンがかかって横にバウンドさせられるけど、相手のボールが速いときは食い込まれやすい。飛んできた方向に押し出すように打つのが一番簡単。ふむふむ。

そしてボレー練習。へぼー。全然思ったように飛ばん。2対1で方向変えてボレーするんだけど、一向に狙ったところに行かん。でも、呼吸を止めず、ラケットも止めないように気をつけて練習した。ラインからだいぶ内側に置かれた目標を狙うが、バックは大分狙いから外れた。バックのスライスもそうだけど、狙ったところから大きく外れることが多く、試合ではコートど真ん中を狙うことしかできない。

でも、例えばジョコビッチはコート1m内側を狙って練習するらしい。試合でプレッシャーを感じた時はそれくらいの位置じゃないとびびって打てないだそうで。もちろん試合では追い込まれてラインギリギリ狙わざるえないこともあるけど、基本は余裕を持って狙って打てばいいと。

最後に何が練習したいのか聞かれたので、バックのハイボレーを要望。チャンスボールなのに安全に返すか、決めに行ってミスする事が多い。背中で打つイメージ、余裕がある時はステップして勢いをつける。ラケットを寝かせた状態から起こすような打ち方はしない。へぼー。チャンスボールなのにミスが多い。でも、良いボレーも打てた。

どんなショットもそうだけど、ボレーは特にボールから目を離さず、打った後もインパクトの位置を見て、打った感触でボールをどこに飛ばしたか感じるようにとのこと。それが一番難しいかもしれん。ソフトテニスの時は相手を見ながら打ったり、目線と違うところに打ったりしてたから。でも、硬式になるとボールの扱いに慣れてないせいもあってか、ミスショットが多い。意識して練習しないとな。

コーチは俺がちょくちょく試合出てるのを知ってたみたいで、前のシングルスの試合もちょっと見てたみたい。バックはスライス使わないのかと聞かれたけど、そんなのヘボいから使えないのに決まってます。トップスピンもヘボいけど、スライスに比べればまだましというだけ。今日も大分練習したけど不安定極まりなく、どこに飛ぶのかわからなかった。ただ、試合だと力んでスピンいっぱいかけようとしてたけど、今日練習した時は力抜いてゆっくり打ってもベースラインまで飛んだ。4Gソフトのせいかもしれないけど、ボレーもスライスもインパクトでがちんと当てて弾くのではなく、狙ったとこに置くようなイメージが良さそう。

あと、バック打つ時、テイクバックでラケットを支える左手の人差し指でラケット面に触れることで、ラケット面の方向がわかるとのこと。ガスケとかティエムとか。それいいな、と思ったんだけど問題有り。スライスとボレーはいいんだけど、トップスピンは厳しい。フォアもバックも同じ面で打ってるので、グリップエンド側から見ると、フォアからバックに握りかえる時は時計回りで握り変えてる。ガスケとかは反時計回りで握り変えてる。かなり感覚が違う・・・。

いっぱい練習できて、いっぱい教えてもらった。しかし、ボレーがうまくなった感覚はまだない。でも呼吸を止めないというのが地味ながら自分にとって一番効くような気がする。来週も頑張る。

練習後、誕生月だからということで、キーホルダーとコーチからの直筆メッセージ、インビテーションカードもらった。大変だなあ、コーチも。しかし、来月でやめるんだけど・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5連発

2017/07/08 17:41

久しぶりに釣りへ。本当は土曜日朝に行きたかった。雨が降って増水して濁ってるかもしれないし、濁ってなくてもapemanで水中を撮影したり、キスを狙ってもいいし。でも、日中用事があって、早起きすると体がとてもきついので、金曜夜、仕事が気になりつつもほどほどでおいて吉野川へ。

20時ごろ到着。ほぼ無風。吹いても弱い東風。流れは十分有り。水はちょっとだけ濁ってる状態。期待はずれ。月明かりが明るい。

始めて10分位でアタリ有り。かからず。

さらに10分位してルアーピックアップ寸前でアタリ有り。あわせると水面からシーバス飛び出て針外れてボチャン。30cmも無いと思われる。

後から来た人が入りたい場所に入ったので方向転換。しばらくアタリ遠のく。

よし来た!!が、針に掛からず。

しばらくするとピックアップ寸前でアタリ有り。乗らず。これも小さい。

さらにしばらくすると遠い所でアタリ有り。そして水面でバシャバシャ暴れている。やっと大きいの来た!!と思ったら針ハズレ。

それを最後に22時過ぎに終了。

5連発バラし。特に最後のはまともなサイズのように感じたのでちょっと空を仰いだ。いつもは向こう合わせ気味でアワセ入れないんだけど、もっと電光石火でアワセた方が良いのだろうか?

家で虫除けスプレー拭いて出たけど、後半は蚊に囲まれてかなり鬱陶しい状態だった。次からは朝にしよう。

image

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最後のサーブレッスン

2017/07/02 22:49

昼間、たまたまBS1でエドバーグとベッカーの1988年ウィンブルドン決勝戦をやってて見てた。うーん、いい。今見ても楽しめる。ベッカー、サーブ速い。エドバーグも速い。いつもスピンサーブというイメージしか持ってなかったけど速い。セカンドだったらベッカーの方が軌道が大きく曲がってる。でも、スローで見るとやっぱりスピンサーブのフォームで打ってる。そして、ネットプレーのすごいこと。ボレーが本当にライン際に正確に決まる。サーブ&ボレーで大きく体が動いてる状態でも完璧にコントロールされている。すごい。

その後、県高校総体のテニスをケーブルテレビでやっていた。サーブで苦労している選手が多い。女子に至ってはセカンドで下から打ってる選手もいる。そのサーブでは入らないでしょうと思えるサーブを全力で打ってダブルフォールトになって悔しがってて、それだったらもうちょい考えて打てばいいのにとか思ってしまう。

春にシングルスで対戦した重戦車高校生も映ってた。あの時は危うくテニスのできない体にされそうになって、また長い不調期間に入るきっかけになった。テレビで見てると、あの時ほどごついという印象がしない。やはりテレビと実体験は全然違うということがわかった。と、いうことは、俺をテレビで見ればもっとしょぼいということか・・・。

その後、録画していた2008年ウィンブルドン決勝、ナダルとフェデラーの試合を見た。ベッカーとエドバーグの試合とは全く違い、激しいラリー戦。これを見るとやっぱりストロークのレベルが上がったんだなあと思える。少々苦しい体勢でも正確に打ち返せるので、うかつにネットに行けないのがわかる。

で、夜にガーデンのレッスンに行く。最後のサーブのレッスン。今日はストロークやゲームも混ぜての練習。サーブを打つ本数は減るけど、自分のサーブがどれほど相手に効果があるのかわかりやすいのが良い。

左側を狙うスライスサーブが苦労しなくなった。前は無理やりなんとかそっちに打つみたいな感じだったけど、楽に打てるようになった。ただ、長さの調整が不安定。

スピンサーブが微妙。良いサーブが打てる時もあるけど、同じくらい打てないケースもある。スライスサーブの時、力入れると不安定なので、テイクバックを体の前から持ち上げる感じにしてたけど、それでスピンサーブを打ってるともっとボールとラケットの距離を取った方が良いとコーチに言われた。うーん確かに。それは自分も感じた。でも、そうすると今度はスライスサーブが不安定に。安定して振り切ってサーブ打つのは難しい。

スピンサーブって実際、ボールのどこにラケットを当てたらいいんだろう?ボールの下側とか7時位とかイメージの解説は多いんだけど、自分の感覚からすると、ボールの後ろ側に当てないと前に飛ばないだろうと思うのだけど。そこが明確にイメージできなくて、打つたびに打点やフォームが変わってる気がする。

ふと気がつくと、スライスサーブが1バウンドで向こうの壁に当たってた。はて?前もそうだったっけ?4Gソフトのせいかな?別に力んで打ってるわけじゃないのに。たーだ、ストロークの時に飛びすぎる不安を感じる。なかなか、サーブ、ストローク、ボレー、全てにぴったりというセッティングにはならない。

構えに入るときにはサーブのコース、球種、弾道を明確にイメージしておくようにとの教えだった。サーブを打って相手の甘い返球を引き出すのが目的なので、サーブを打つ時に迷って相手の返球に慌てることがないようにと。

これでサーブはおしまい。次はボレーのレッスンに行くつもり。せめて体の近くに来たボールは自信持って返せるようになって、シングルスで相手を追い込んだ時に前に行く機会を増やすのが目的。でも、次の期間は2ヶ月で5回受けられるので、ボレーで手応え得られたら、1回か2回はまたストロークやボレー受けても良いかも。

疲れた。どうも、5月に焼山寺行って以来、足の疲労感が抜けない。先日も足が重くてボールに追いつけない。全力で走りきれない。歳のせいだろうか・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心通わせる動物園

2017/07/01 23:11

今年にオープンした某大型総合大型店舗にて、コンタクトレンズを買う。その後、子供と一緒にもふもふ動物園に入る。1600円も払って。

お、ハリネズミがいるぞ。最近話題のかわいいやつだな。革手袋をつけて触るように注意書きがあったのでそうする。かわいいもんですな。なんか手袋いらなさそうだな。素手で触ってみる。針は寝てるから触っても痛くない。まあ、テレビとかでも手に乗せて可愛がってたしな。ほれほれ、背中、腹となでて、口元に・・・・。

痛った!!!

突然、鬼の形相で歯をむき出して人差し指に食らいつかれた。持ち上げても食いついて離れない。我慢できず振り落としてようやく離れたが・・・。歯が食い込んだ跡が残り、血も出てきた・・・。

image

(遠近感で小さく見えるけど手のひらサイズはある)

絶対、革手袋を付けて触るべし。注意書き通りしてろということで・・・。

指は当然痛いが、まさかの敵意むき出しの攻撃をくらい、心にも傷を受けた俺。へこんだ。

その後、うさぎにもモルモットにも逃げられ、そしてミーアキャットにも噛まれた。注意書きには「甘噛するかも」みたいに書いてたが、明らかに痛いくらい噛まれた。別の女の子にはおとなしく撫でられてたくせに・・・。

image

ギンバトも触ってると微妙に逃げていくし。おとなしく触れたのは動かないリクガメとイグアナと、餌をくれると勘違いしたヒヨコ。あと、フクロウ。

image

image

image

おもしろかったよ。子供は最初に噛まれたのを見てちょっと引いてたけど。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


壁打ちに合わせると調子悪くなる

2017/07/01 22:44

4Gソフトに張り替えてようやくコートで練習。不調。

コンタクトレンズを買い替えた。いつも使ってるのから、店で勧められたものに。確かに良さそうなんだけど、時間が経ってコートで練習してるとピントが合わなくなってきた。乱視が強いせいか、いつも視力を出すのに苦労するが、今回も失敗したみたい。また元に戻さねば。

で、フォアもミス多く不満。バックも最初全然入らない。肘も手首も使わず、ヘッドを立てる感じにしてやっと入った。

サーブもいまいち。だけど、左方向に狙って打つサーブが苦労しなくなった。スピンサーブは安定しないが、自然落下ではなくスピンでぐっと落ちるようなサーブもあった。

4Gソフト。壁打ちでは良いかもと思ってが、コートで打つと思ったより飛んでしまうことがあった。どうもポリツアーファイアと比べるとテンションの落ちが速い気がする。

黄色が4Gソフト、他の2本がポリツアーファイア。

image

ボレーは調子良い気がしたけど、単にテンションが落ちて、当てるだけで飛んでくれてただけかもしれない。シングルスの試合の時のように本気で振り回すと入る感じがしない。壁では打ちやすいけど、試合ではもっと強く張ったほうが良いかもしれない。でも、期待したスピンについては特に違いを感じられず、それだったら値段の安いポリツアーファイアに戻すだろう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もちこたえる

2017/07/01 22:23

先々週くらいに蕾が出たのに、いつまでたっても咲かないと思ってがけど、今日少し咲いてた。でも、夕方に見るとまたしぼんでた。どうやら、日中に開いて、夜にまた閉じるようだ。

image

植え替えたバジル。しなびてたが、どうにか復活。葉っぱがちょっと大きくなった。一番下の葉っぱは落ちたけど。

image

まさかこれもバジルだろうか?

image

メダカの稚魚は目立った減少はなく、やや大きくなった個体も有り。ただ、ヒメダカの稚魚は1匹だけになった。まだ小さくて安心できない。

image

カブトエビが出るはずだった田んぼ土の容器は相変わらずカイエビが泳いでいる。以外に長生き。あとはスネール。妙に数が増えて、大きい個体もいる。そして、いつの間にか1匹だけ紛れ込んでたメダカの稚魚。明らかに他の稚魚より大きい。もう成魚用の餌も食べられそう。こちら水のほうが大きくなれるのだろか?また卵がホテイ草に産み付けられてたので、実験的にこの容器に移してみた。

image

気がついたらベランダの容器が増えている・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ウォーターバコパ お前もか

2017/06/25 20:40

先週追加したウォーターバコパ。ウォーターミントの根が横へ横へと膨張し、メダカトロ舟の中で収拾がつかなくなりつつあった経験を活かし買ったのだが、

http://silent-diary.at.webry.info/201706/article_7.html

こいつも横へ広がっている・・・。

image

茎が横たわり、元々入っていた容器の縁に支えられる形に。そして、茎の先が上に向いて伸び始めている。まあ、株の数も限られてるし、根が際限なく増えるような形ではないので大丈夫とは思うけど、やや事前調査は必要な気はしてきた。

睡蓮の大きな葉がはやくも枯れた。こんなもんだろうか?新しい葉も出てるけど。

image

サボテンの横に生えてるの、バジルだよな?匂いもバジルの感じだし。

image

元々バジルを植えてたものの枯れてしまい、空いた鉢にサボテンを植え替えたのだが、バジルが再び勝手に出てきた。当初は雑草と思ってたけど、ズボラなので様子見をしていたら、こういう事になった。

そこで、また実家から空いた鉢に土を入れて持って帰り、植え替え。

image

しかし、植え替えてすぐにしおれて倒れていた。深く植えなおして無理やり立たせているが、なんか失敗したかな・・・

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる