アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である
ブログ紹介
zoom RSS

アドベンチャーワールド

2017/09/23 23:09

社員旅行という仕事・・・。子供に選ばせたらアドベンチャーワールドと言うので、それで申し込んでいたのだが、移動は全て往復10時間、食事1時間、アドベンチャーワールドで3時間という鬼行程の日帰りプラン。俺がアドベンチャーワールドを岬公園と同じところと勝手に思い込んでいたことが原因ではある。

千円払ってミニチュアホースと散歩。
image

ケニア号に乗ってサファリパークを散策。
image

パンダ共は寝てばかり。
image
image

ふれあいゾーンで間近に動物たちと遊ぶ。
image

image

しかし、いかんせん、3時間では回りきれない。ペンギン王国もイルカも見れんかったし、ふれあいゾーンも半分くらいしか見てないし。土産物買うのにも時間使うし。日帰りで来る所ではなかったな。

えらく散財してしまった。でも、すげー楽しかったよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初物2つ

2017/09/22 17:25

今日はお休み。オンラインセミナーを受けるために休み取った。でも夕方に2時間。朝から誰もいないし暇。釣りでも行くか。明け方は満潮で行きたい条件ではないけど、しばらく行ってないし来週も行けないし。明日は社員旅行という仕事だし、日曜日はお墓参り行きたいし。

午前5時半頃から釣り開始。東の遠い空が若干明るくなっている。平日にもかかわらず、釣り人多し。徳島新聞の釣りだよりによると、ここ最近、タチウオやメッキアジが釣れているとか。本当かな?まだ早い気がするんだけど。

マズメの薄明かりの中、エリア10Evoに強烈なアタリ!!
image

今年初タチウオ。でも小さい。でも嬉しい。

明るくなってきたのでバイブレーションや遠投できるワームで広く深く探る。一回アタリあったけど乗らず。

むー、タチウオ1匹では家族分のおかずにならない。せめてあと1匹釣りたいところ・・・。

しかし、その後、虚しく時間が過ぎていく。潮位が高すぎる気がする。流れてもないし。むかつくボラジャンプがあちらこちらに見られる。ルアーに驚いた極小のベイトの群れが跳ねたりしてるので、フィッシュイーターも何かはいそうな気がするけど、俺のルアーには何も触れない。

7時半過ぎ。満潮を迎えると急に流れが出始めて、潮目ができたりしてる。シーバスを意識してバイブレーション投げてみるも反応なし。諦めて、カマス用投げサビキにジグ付けて投げる。以前、これでメッキアジ釣れたことある。メッキアジを意識して小さいジグを付けてたのだけど、流れが速すぎて底が取れないので、30gのジグに変えて探ってみる。

ガツン!!

思わず体がビクッとなるようなアタリがあり、ロッドが強く引き込まれる。焦る俺。なんせ、妙に引っ張られる力が強く、なかなか寄せられない。重量感はない。来たかメッキアジ?にしてはちょっと強すぎるような・・・。

足元の障害物に潜られそうなのをこらえる。サビキのラインが細いので、障害物に擦れたらすぐ切られる。かと言って、無理に引けばそれもまた切れる。

やっと見えてきたぞ。これは何・・・?

image

サゴシ!!やった!!今年初。2年ぶり、いや3年ぶり?忘れた。調べたらわかるけど。

40cmくらい。すごい大きいわけじゃないけど、タチウオと合わせれば家族分のおかずに十分。すごい引きだったのはスレがかりだったからみたい。久々の釣りで良い結果に恵まれた。久しぶりに早起きした甲斐があった。



その後、久しぶりに海の中を見てみることにした。
apeman投入。
しかし、流れが出た後、濁っており、曇ってて日光もあまり届かないため、ほとんど何も映らず・・・。
30gのジグを付けたところ、重さが足りないようで、巻いてくるとすぐ浮いてしまうし。
しかし、巨大な1匹だけ映った。
その場面だけアップ。



次はいつ行けるかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コース変えるのが難しい

2017/09/20 23:40

前の日曜日、台風のためシングルスの試合が延期。今月末になった。少し時間ができたけど、次の土曜日は社員旅行という仕事があり、日曜日は疲れて動けるかどうかわからず、コートで練習できないかもしれない。

で、壁打ちへ。軽くやって終わるつもりが、肘が痛くなるまでやってしまった。

やはり、コースを変えるのがストロークもボレーも苦手。フォアは引っ張る方向が。バックは全て。ボレーはラケットの動きを最小限度にして打つ感覚が得られて良くなったと思ってた。しかし、来た方向に打つのは、面を作って当ててステップ方向に軽く押すだけで簡単だが、コースを変えようとすると、ステップする方向と違ってて、若干ラケット操作が必要でミスしがち。

バックハンドがやっぱり打てない。背中が見えるくらい深くテイクバックしたら腕全体が一体となって、肘とか曲げずに打てる感覚が蘇った。それでも5球に1球はミスしてる。

そんな感じですぐ追われず、かなり打って体が痛くなった・・・。

今回のRPMブラストの様子。赤色。目立ったテンションの落ちは無く、底に近づいている感じ。ストリングの活きとしては終わってるかもしれないが、まあ、こんなもんではないかと思う。張ったすぐのものと打ち比べると差を感じるかもしれないが、週一で使う分には問題ない。飛びすぎず、飛ばなすぎずで、自分にはあっていると思う。

image

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


打つのは簡単、打ち返すのは難しい

2017/09/14 22:20

知らぬ間にジャパンウィメンズオープンが始まってて、知らぬ間に大坂なおみが負けていた。3-6、0-6というちょっと考えられないスコア。ニュースでちょろっと見たけど、奈良くるみののムーンボール作戦にミスを連発してしまった様子。むー、プロでもこんな単純なミスをしてしまうものですか。センターに深いムーンボールを打たれて、それを強打してミス。確かに無理に強打しても角度がつかずなかなか有効打になりそうにない感じ。

では、どうすればよいのか?同じように深いボールを打ってラリーで粘って、機を見て前に出てカットするとか?なんにしても1,2本打ってすぐポイントに結びつくボールを打ち返すのは難しそう。

打たれた時は悩むけど、打つのは簡単なムーンボール。結構効果ありそうなので、余裕持ってラリーで使ってみたいところ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボールが飛んで来る所から始まっている

2017/09/13 22:50

週末のシングルスの試合に備えて壁打ち。土曜日は練習できないかもしれないので、最後の練習になるかもしれない。壁相手にシングルスを想定しての練習を行った。

フォアに回り込んでアドサイドに打った後、スライスでストレートに返されるのを想定しての対策。

シングルスの試合に出ているくせに、コースを変えることが苦手であったことを思い出しての練習。

ボレーもコースを変えることが多いので、それも練習。

サーブはボールを突く所から始まっているつもりで、一定のリズムで打つ練習。

ストロークもボールが相手コートから飛んで来るところから始まっているつもりで、リズムよく打つ練習。


子供の頃、これまた壁相手に毎日野球して遊んでいた頃、ボールの投げ方とか考えたこと無く、当たり前のように投げていた。終いには投げてから捕るまで、どこまで目を閉じてできるかとかやってた。

部活で軟式テニス始めてからは野球で遊ぶことがほとんどなくなり、高校の体育でソフトボールの時。1塁へ悪送球したことがあった。すると、次はミスしないように考えだすと、逆にどうやって投げればいいのかわからなくなった。どんどんおかしくなった。指先をどうやって使うのかとか細かいことが気になって、でも考えるほどだめだった。

30過ぎて草野球始めても、しばらくおかしかったけど、テイクバック小さくして、肘から先を走らせて、顔の前でリリースするようになって問題なく投げられるようになった。そして、ようやく、ボールが転がってくるところから捕って投げてというのが一つの動作としてイメージできるようになった。ボールを追う、捕る、振りかぶって投げるというのが、一つ一つ区切って動作するのではなく、全部つながっている動作として。


そのことを思い出して、テニスのストロークも、ボールが飛んできているときから打ち終わるまでを一つの動作として動けるはずと思い、あまり細かいことを気にせず練習した。力むとテイクバックが高い位置で止まって、上からボールを叩いてミスすることが多いので、テイクバックで固まらずリズムよく打てるように練習した。

しかし、まさかの週末台風直撃予想。さすがに台風の中やるということはないだろうなあ・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野球の試合 ナイターで決勝戦

2017/09/11 00:13

今年のナイター2試合目で早くも決勝戦。

image

こんなきれいな球場でできるなんて幸せ。いつもは乾いたらカチカチ、雨降ったらドロドロの土グラウンドなので、これぞ野球という感じで気持ちが盛り上がる。

とは言え、今日はメンバーが多く、ベンチスタート。なんか微妙にみんな気合入ってる気がして、無理に出られなくていいです。

試合はエースのコントロールが定まらず、初回からピンチを迎えるものの、ぎりぎり抑えて無失点が続く。味方打線は相手ピッチャーの前に沈黙状態だったものの、エラーで得たチャンスをものにして先制し、2−0で4回まで終わる。

俺、5回の守備からレフトに入る。うー、なんかやらかしそうで、こんな緊迫した展開で出たくない。じゃあ、何のためにここに来たんだという話になるが、団体競技故、テニスみたいに自分一人負けてお終いという訳にはいかない。

徐々に調子を上げて無失点を続けていたエースだが、6回表にエラー絡みで1失点。2−1。

6回裏、1アウトランナー無しで俺の打順。相手は二人目のピッチャーだが、ストレートの球威が抜群。今日は審判のストライクゾーンの判定が広く、初打席なのもあって、初球から振っていく。しかし、超高めのストレートを空振り。2球目の高めのストレートをファールチップ。もうストレートしか待っていない。ボールの下を振ってるので、若干バットを短めに持つ。3球目。高めだが、少しボールが落ちた。

ボキん

力なくボールが弾む。セカンドよりのバウンドの高いゴロをピッチャーに取られ、頑張って走るも当然アウト。くー、ちょっとでも左右にずれてくれれば内野安打なのに。バット長めに持ったままにしておけば良かったな。相手の球威にひるんでしまった。いつも通り7割位の力で振ってれば良かったのに、焦って球威に合わせて力んでしまった。それでボール球にも手を出してしまった。

2−1で7回最後の守り。しかし、ここで1アウトからセカンドがフライを落球。そしてバッテリーエラーが3つ出て逆転される。裏の攻撃では三者凡退となり2−3で負け。残念。

午前中にテニスやってたので、足にやや張りがあったものの怪我せず追われた。打ちたかったが、三振しないだけましだったか。球威ある相手に合わせるのは難しい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サーブ&ボレー難しい

2017/09/10 23:54

午前中、テニスの練習。来週の試合に備えて、コートで練習できるのはこれが最後かもしれない。

後で打つのが好きだけど、それだけだとジリ貧になるので、プレーの幅を広げる意識が必要と思いサーブ&ボレーを何度も繰り返した。しかし、最初はミス多し。スプリットステップが遅くなりがちで目線がブレる。さらにしょうもないことに、ボレーの時は厚めのコンチネンタルグリップなのだが、サーブの時に使う薄めのコンチネンタルグリップから持ち替えができず、そのままボレーしてミスしてしまったり。

慣れてきてミスは少なくなったけど、ファーストボレーから前に詰めるのを忘れてたり。ほぼ正面に戻ってくるダブルスでこれなので、シングルスだともっと難しいことになる。まあ、それでもボレー自体のミスは減ってきてる。チャンスでは強気で前に詰めよう。

サーブは練習するごとに自信がついてきて、少しずつ強く打てるようにもなってるし、安定もしてるし、入るか入らないかで悩むことが減ってきた。

フォアハンドは薄めのグリップで打とうとしてるのだけど、気がつくと厚くなっている。どうやら、スピンをかけようとすると自然と手首が90度近く背屈して自然とグリップが厚くなってしまうようだ。薄くすると弾くような打ち方になって、あまりボールを掴んでる感じがしなくなる。だから、厚くてもいいかと思うようになった。

バックも厚いほうがスピンをかけやすいのだけど、打てる打点が狭くなってしまうので、できれば薄いままで打ちたい。その場合、あまりスピンをかけることを意識しすぎないようにしようと思う。ただ、ダブルスだとほとんどバックハンドで打つことが無いため、うまくなってるのかどうかわからない。打てるような打てないような・・・。

練習後、RPMブラストのテンションを測る。赤がブラスト。
image

先週より1lbほど落ちたけど、落ち方は緩やか。ストローク、サーブともにスピンのかかり方に不満無し。無駄に飛ぶこと無く、コントロールできて気に入っている。ポリツアーファイアより少しやわらかく、反発力が抑え気味で、スピンがよくかかる感じ。今の所ストレスなし。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


思い通りいかず

2017/09/03 15:30

日が段々下がってきて日当たりが良くなってきた。相変わらずアオミドロとの格闘は続く。抑えることはできないのだろうか?姫睡蓮は新しい葉が出なくなってきた。当然、花が咲く気配はない。

image

無造作に広がるウォーターバコパ。花はポツポツと咲くため、あまり華やかさがない。
image
image

ようやく育ってきた感があるホテイ草。時すでに遅し。
image

ウォーターミントの花が咲き始めた。
image

しかし、全体像はこんな感じ。何か間違っている感は否めない。こんなにひょろひょろ伸びないと花が咲かないものなのか?
image

明日から泊まりで出張。これらの世話を子供に託さないといけないのが不安でしょうがない。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


RPMブラストをコートで試す

2017/09/03 15:29

ピュアコントロールにRPMブラストを張ってコートで初打ち。

壁打ちでも感じたように、4Gソフトより反発力が少なく飛びが抑えられてる感じ。振り切った時にスピンがよく掛かる印象。4Gソフトもスピンはかかるのだけど、反発力が強い分、スピンの効果が感じにくい。スライスやボレーも特に違和感は感じない。ポリツアーファイアと比べると似てるけど、若干反発力が無く、スピンがよくかかってるように思う。

かつてラケットがスピード300で4GラフからRPMブラストに変えようか店員さんに相談したら硬いからおすすめしないと言われてたけど、今回張り替えて使ってみての印象は問題なし。4Gソフトの衝撃は大したことなかったけど、RPMブラストも同様。振り切った方がボールを潰して柔らかく感じるくらい。ポリツアーファイアの方が若干硬い感じ。

打った後のテンションをRacquetTuneで計測。赤がRPMブラスト。緑、青がポリツアーファイアで黄色が4Gソフト。ポリツアーファイアはテンションの落ち方が緩やかで打感の変化をあまり感じなかった。それに比べて4Gソフトは落ち方が速く、張った当初に比べて最後の方は飛びすぎるのが気になった。RPMブラストはまだ張って数日だけど、落ち方はそんなでもなさそう。

表面にシリコンコーティングがされているらしく、それがスナップバックに効果的とのこと。壁打ち2回、コートで1回、合計数時間の練習でノッチが少しできている。日が経ってどう変化するかが今後の関心事項。


image

ガーデンレッスンでボレーを鍛えて久しぶりのコート練習。練習ではうまくいったけど、試合ではちょっとミス多し。サーブ&ボレーで前に詰める時に目線がずれたり、ネットについてる時に腕だけでボレーする癖が直りきってない。でも、前より良くなったと思うボレーも多かったので、良かったと思う。どんどんしかけて自信を付けたい。

ダブルスだけど、サービスゲーム5回あって4回キープ成功。レッスンを受けてから、逆転してキープとか増えた気がする。セカンドでも振り切れるようになってきた。大事なのはコース、球種を変えて散らすこと。一撃の重さではポイントできないので、相手に的を絞らせず、サーブ&ボレーも混ぜて、同じプレーをさせないように心がける。

バックハンドがまだ微妙。壁打ちの感覚で打つと、やっぱりスピンかけず飛ばしすぎてしまいがち。でも、最後の方に引きつけて腕全体でスイングしてスピンの掛かったボールが打てた。この感覚を忘れないようにしたい。フェデラーやガスケは肘や手首をものすごく使ってるように見えてしまう。ワウリンカは体開きすぎ。ティエムやディミトロフは腕ガチガチに見えてしまう。シャポバロフみたいなバックが打ちたい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


RPMブラスト

2017/08/29 23:55

ついに、RPMブラストを張った。

image

51lb。4Gソフト張ったのと同じテンション。かつて、店員さんに硬いからやめておけと言われて控えてたけど、やはり自分で体感せねばわからないため張り替えた。でも、奥さんの知り合いのラケットコレクターにピュアアエロ+RPMブラストを借りて打った時に硬いとは思わなかったので、あまり心配はしてなかった。

そして、早速壁打ち。

やっぱり心配したような硬さは感じなかった。今までポリの時は振動止めを付けてた。振動止め無しで打てなくもないけど、「ビィーン」と響くのがだんだん気になり、やっぱり振動止めを付けた。
ポリツアーファイアや4Gソフトは振動止つけても響いてたけど、RPMブラストではインパクトの衝撃が無くなって打ちやすくなった。「ポス」って感じで、衝撃で手の感覚を消されない。

ポリツアーファイアや4Gソフトで感じた反発力は無い。最初、思ったより短くなって合わなかった。コートで打ってみないとわからないけど、多分今までより飛びすぎることはないだろう。今にして思えば、4Gソフトの方はナイロンモノのような感じだったな。
ただ、飛ばない分、サーブはパワーダウンしてる気がする。スピンの掛かりもどんなものかわからない。いずれもコートで打ってみてどうかというところ。
今のところ、飛びやスピンはどんなものかわからないけど、打ったときの感触は気に入った。あとはテンションの維持がどうか。4Gソフトみたいに緩みが大きくて飛びすぎたりしないだろうか。3ヶ月は持ってほしい。なんせ、ストリングが2900円、張替え代が1500円で合わせて5000円くらいかかる。おっさんの小遣いでは厳しい。

壁打ちを愛してやまない俺だが、最近こんな動画を見つけた。
https://www.youtube.com/watch?v=pK6oVfVM9dk

ちょっと真似してみたら、結構難しくて、ああ、やっぱりまだまだだなと思った。最近マンネリ気味だったけど、壁相手にまた新しい練習で頑張ってみる・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スーパーボーンヘッド

2017/08/27 23:18

今年、3試合目の野球の試合。前回、出場して勝ったけど、テニスの試合と同日となった次の試合でチームが負けてしまい、また今日まで日が空いた。今回はナイター。試合開始18時半。田舎球場の照明は暗い。人数が今日も少なく、8番レフトで先発出場。

初回、相手ピッチャー乱調で四球連発。1アウトも取れないまま左腕ピッチャーに交代。3点取って、2アウト1,2塁で打順が俺に回ってきた。前日にバッティングセンターで流し打ちの練習をしていたが、いまいちうまくいかず。でも、この打席でもレフト方向を狙う。バットのヘッドが出にくいよう、いつもは短く持つバットを長く持つ。
速くはないけど四角狙ってくる。しかし、不思議とコースがよく見えてボール球に手を出さない俺。ファールを挟みながらフルカウントで外角低めのストレートを見逃してフォアボール。満塁。しかし、次のバッター倒れる。

裏の相手の攻撃。先頭を打ち取るも連打を浴びて2点返され2アウト3塁。なんとなく飛んで来る気がして左バッターなのに深めに守ってたら3塁後方にフライ。普通の守備位置なら追いついただろうが、諦めざる得なく同点にされる。

3回表。前の打者が2塁打でノーアウト2塁で俺。監督からバントのジェスチャー。しかし、監督からは打てのサイン。はて、どうしよう?バントの仕草を試みるが相手動かず。じゃあと思ってセーフティーバント試みるも空振り。2-1。低めの速球空振り。2-2。ここは進塁打だ。と思ったけど、また空振りで三振。あかん。ごちゃごちゃ考えすぎて、体が踊りまくってしまった。チャンスで仕事できず、後続も倒れて無得点。

2点勝ち越して5回裏の守り。1アウト。「カキン」。ん?あの打球はこっちに飛んできてるのか?周りも騒いでるし、そんな気がする。本能の赴くままに、ただの白い点となっているボールと思われるものを追ってみる。ん?落下地点に入ったのか?バシッ。アウト。あぶねー、あぶねー。直前まで本当にボールが来てるのかわからんかったよ。

5-3で迎えた6回表。(ただの)フライをキャッチして気持ちよくなってる所で、先頭バッター俺。
カキーン
追い込まれてから内角高めのストレートを鮮やかにセンター前にヒット。どうやって打ったか覚えてないけど気持ちよかった。

盗塁したいが相手は左投げ。わからん。牽制が来ると思って、実際に来てもないのに戻ってしまう。ボールカウントが進むにつれて段々わかってきた気がする。スタート切ろうか?と思ったら、バッターが右中間への打球。落ちるのを確信して3塁まで到達。ノーアウト1,3塁。追加店のチャンス。

そして、次のバッターがサードへのやや弾む頃。サードの守備位置は後。スタート。

遅い!!

スタート切った直後に遅いとわかったがもう突っ込むしか無い。キャッチャーがホームから離れていると思った瞬間スタンディングのままホームを踏もうとしたところにボールが戻ってきてタッチアウト。

・・・スーパーボーンヘッド。
スタートを切ったことは間違いではなかった。しかし、ボールとサードの位置を見てからスタートは遅すぎる。打った瞬間に行かなければ。事前に相手の守備位置の確認と、場面に応じて自分がどうするのか浮かれてて考えてなかった。突っ込むのではなく、3塁とホームで挟まれて時間を稼げば、1アウト2,3塁にできる可能性もあった。
さらに、ホームにスライディングしなかった。相手送球が良かったからいいけど、送球の位置によっては相手も自分も怪我をしかねなかった。元野球部員ではなく、アスファルトの上で壁相手がほとんどのため、スライディングする習慣が無いのが未だに直らない。
あー、ベンチに戻るときの他のメンバーの視線が痛い。

しかし、この後、味方打線がつながり、相手の守備の乱れもあって加点。そしたら、この回に2度目の打席。2アウト満塁。複数安打、打点稼ぎたいね。
ワイルドピッチで一人生還。2,3塁。フルカウントまで進む。そして高めのストレート。よし!!空振り三振。うー、前の打席では打てたけど、高めのボールの見極めとスイングがちょっと合わない。

10-3で7点差。この後、無得点で抑え、6回でコールド勝ち。

追加点を取れる大事な場面で三振したり、判断の悪い走塁だったり。チームが勝ったから良かったけど、接戦では流れを変えてしまうまずいプレーだった。盗塁ともう一本のヒットが欲しかった。
しかし、1本ヒットが出たのとフライ取ったことでテンションが上っているお得な気分。

日曜の夜、体はきついけど、仕事のことを忘れられて、むしろテンション上がっている。月曜のことを考えて家でじっとしてるのも良くないのかも。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トロ船が心配

2017/08/22 21:42

メダカのトロ船でメダカが続けて死去。おかしい・・。泳いでるやつは元気なんだけど。アオミドロに絡まってという感じでもないし。

そのトロ船で一向に大きくならないホテイソウを稚魚のいる田んぼ土の水の方に入れてたら、新しい葉が濃い緑になってきた。
image

姫睡蓮もなんかおかしい。買ってきた当初はまんまるの葉っぱだったのに、後から出てきた葉っぱはコウモリみたいな感じに。小さいし。
image

田んぼ土に移したメダカの稚魚。5匹いたのが4匹となった。たまたま紛れ込んだ1匹がすごいスピードで大きくなったので、どうかと思っての実験だったけど、田んぼ土というより、稚魚の個体差だと思われる。移した時は同じくらいの大きさだったのに、1匹だけもう成魚と同じ餌が食べられる大きさになっているが、他は成長はしてるけど、まだ小さい。移す前の容器の方の稚魚も順調に大きくなっているし。ただ、田んぼ土の方くらいまで大きくなっているのはいない。
image

ウォーターバコパにようやく一輪だけ花が咲いた。大きくなって入るけど花が満開とはいかない。
image

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


何も釣れない

2017/08/20 13:51

早朝、大潮の下げ潮を狙って釣りに行く。でも、目覚ましに気づかず、目が覚めたのは予定の1時間以上後。朝日が見えて、完全に明るくなってから釣り開始。

見るからに川が流れている。狙ったどおりの状況。漁のブイがいくつか見えるけど、ルアーを投げる場所は確保されている。



何も釣れずに8時前に終了。最後、ジグが底の何かに引っかかってロストした所で諦めて終わった。

前回は流れが全く無い状況で坊主だったので、今回は期待したけど全く何も起きなかった。ルアーを上げる時に小魚がびっくりして飛び跳ねるのを見ただけ。徳新の釣りだよりではいろいろ釣れてるように書いてるんだけど・・・・。


帰りに橋の工事現場に立ち寄る。橋脚の基礎が出来上がった所で作業は止まってると思われる。曲がってるんだけど、橋って曲げて作るのだろうか?カーブしてる橋なんて見たこと無いが。
image

陽が射す景色が綺麗だと思って撮ったけど、あまり綺麗に見えない。
image

以上。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


残念杉田

2017/08/20 13:33

錦織が故障で離脱も杉田が勝ち進んで、トップランカーがいない大会を楽しませてくれたシンシナティW&Sオープン。録画してたのを見ながら、いつの間にか寝てしまうというのを毎日繰り返していた。

錦織はフォームもプレースタイルも自分と違いすぎて参考にならないけど、杉田は自分に近い部分があって、勉強のつもりで見ている。ディミトロフとの試合、ほぼ見せ場なく終了。なんか自分がいつも負けるパターンと被って見えた。フォアのストロークがコートボールが多い。スライスを打たれるとネットミスしたり。中盤からは大して厳しくないボールを大して攻めてもないのにミスしたり、ラリーでチャンス作って最後に1球打てば終わりというボールをミスしたり。

粘ろうにも、普通に続けるストロークでミスするので、どうにも頑張りようが無い。ミスの数がディミトロフより3倍近くになり、勝てるはずがない。多分、対してい疲れもせず終わってしまっただろう。

プロ選手でもこんなに簡単に同じミスをするのかという感じ。俺自身、いつも全く復活しないまま負けて終わるので、できれば、途中でどうやって持ち直すのかを見たかった。

じゃあ、どうすればこの展開を変えられたのかと考えても、別にフォームがおかしいとかないし、打つボールをコートに入れるしかないという感じ。ただ、スライスだけは打ち返しにくそうだった。そんなに打てないんだったらフォアでもスライスで打ち返せばいいのにと思ったが、実際コートに立って試合してるとそう思わない。だって、打点は低いけどネットまで十分距離はあるので、ボールを持ち上げる余裕も十分ある。でも、打ってみると持ち上がらずネットする。擦り上げるように打っても、飛んでくるボールに勢いはないから前に弾く力が足りずネットする。どうしたらいいのかわからない。

全米オープンはWOWOW契約してないから見られないけど、杉田も他の日本人選手も頑張れ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ああ

2017/08/16 23:10

楽しかったな、5連休

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラストレッスン

2017/08/14 19:49

5月から通い始めたガーデンレッスンも今日が最後。残り2回あったのを盆休みを利用して、ストロークとボレーでまとめて消化。

ストロークは先日のソフトテニス同窓会での練習のせいで、またスイングが大きく、肘も使いまくってて、気付いて修正したもののいまいちでミス多かった。やっぱりフォアで引っ張る方向が苦労する。

最初、若い女子と打ち合ってたのだが、フォアバックともに両手から打ってくるボールが妙に勢いあって、気づいたら完全に打ち負けていた。合間に聞いたら、高校生だそうで。型にはまった時のショットは手がつけられない。しかし、そのボールを受けてると段々わかってきたこともあって、無理に力で打ち返さず、タイミングよく面を合わせるだけで深く返せたり、バックは肘を伸ばして前で面合わせればやっぱり返せるし、スライスはがつんとぶつけて相手のボールの勢いを打ち消す打ち方の方が面が安定した。

レッスンのポイントとして、コースをしっかり狙うということで、相手前衛に触らせないような練習とか、雁行陣対並行陣で打ち合っての練習。ここでも例の高校生にいてこまされる場面があったが、そのレベルでやりあえると楽しい。

続けてボレーのレッスン。インドアコートながら、この時点で体力の消耗激しく、2コマ連続で入れてしまったことを後悔する。しかも、レッスン生は俺ともう一人だけ。

動くボールに対して、なるべく止まってボールを見るというテーマ。しっかり引きつけてボレーする感覚も持つようにとのことで、バランスボールに座ってボレーする練習。お?なんか楽しいぞ?足動かせないからあまり力入らないのかと思いきや、結構普通にボレーできる。体は回せないので腕が思ったほど動かせず、自然と目線が打点に残って綺麗にボレーできる。

その次は前に動いてスプリットステップしてからボレーの練習。しっかり止まってボールを見てボレー。その次に後でアプローチショット打ってから前に動いてのボレー。ここでもスプリットステップ。相手が打つときには完全に止まって、相手のボールが来るのを確認して軸足に乗って待って、引きつけてボレー。スプリットステップはサービスラインからだいぶ後だけど、軸足乗ってステップする2歩でベースライン付近でボレーする感じ。かなり早い段階でスプリットステップ踏む感じで、慣れてくるとアプローチ打って2歩か3歩でスプリットステップというリズムに乗った感じになった。サーブ&ボレーも多分こんな感じなんだろう。

止まるときのコツは、ちょっと後傾姿勢でスプリットステップを踏むこと。真っすぐ立ったままだと前に動いてる勢いがあるので、つんのめりがちで、それを防ごうと前に動くスピードも緩めがち。

なんか硬式らしいボレーができてきた気がする。腕をなるべく使わず面を作ったままの形で前に飛ばせる感覚。腕を使えば使うほどスピンかかりすぎてコントロール乱れてミスをする。今までのレッスンでスライス打つのも抵抗なくなってきたし。おまけ的にうれしかったのは、アプローチで浅い低いボールをフォアで打ち返せたこと。肘が曲がりがちなのを我慢して、伸ばした形で打ってトップスピンで入った。

しかし、打てたようになってきた気はするけど、やっぱりすごいのはコーチ。打ち合ってて良いボールがあっても、最後にミスするのはこっち。レッスン生のフォームを見ながら打ちやすいボールを常に打ち返してくる。上達してるとは思うけど、やっぱり次元が違うのだと、しみじみ思う。

これで、ガーデンレッスンは終了。足つりそうでかなりきつかったけど、最後だと思って集中してやりきった。いろいろ教えてもらってありがたかった。普段気になってても練習しないようなことを、丁寧に時間取ってやれたりしてためになった。普段の練習ではいちいち指摘されないけど、だめな点を教えてもらったり、気になることを聞けたりと、お金を払って受けている価値は十分あった。顔見知りのレッスン生もできて(話はしないけど・・・)、これで終わりというのも寂しいけど、お小遣いも厳しいし元々7月で終わるつもりだったので、ここですっぱり終わる。

あとは試合で結果を出してレッスンの効果を形にしたい。短期間で休会なので、それで恩返ししたい。しかし、すでに1大会は子供の運動会のせいで出られないことがわかっていて、非常にむかついている。試合に出たら怒られるだろうなー。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


体が軟式

2017/08/11 18:01

5年ぶりの大学のソフトテニス部OBの同窓会。昼からソフトテニスをみなで楽しむ。俺自身もソフトテニスやったのは5年前のこの集まりが最後。みな、寄る年波のせいか、やってる休んでいる時間のほうが長くなっている・・・。

最初、全然ボールが飛んでくれないけど、3分もすればほぼ元通り。ミスは多かったけど、まあ、1日練習すれば、また県でもベスト8に入れるな。

ボールもラケットもすごい軽くて楽。ストロークはどんなにしばき倒してもライン際ですっと落ちるし、相手のボレーやスマッシュのフォローもラケットに当たれば軽くコートに入るし。サーブだけはボールがラケットに食いつきすぎてスピン掛けてのコントロールが難しかったけど、まあ入れるだけなら問題なし。

やっぱり体が軟式でできあがってる。他のメンバーも普段なんの運動してなくても、ちょっと練習したらすぐ打てるようになるし。やっぱり若い世代の時にやりこんだことは体が覚えてるんだな。


また硬式のほうが調子悪くなりそうな気がする。でも、ボール打ってて同じようなミスする時もあり、悪い癖は両方共共通なんだと思った。また練習し直そう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


早朝、暑くて何も釣れないとくたびれる

2017/08/11 17:45

今年は幸い5連休。釣りにも行きたい。お遍路参りに行っている手前、お盆は避けたくて11か12日。でも11日夜は飲み会なので、11日の朝に行くことにした

暑くて早めに目が覚めて、予定より早く現地に。夜が明け辺りが十分に明るくなった状態で釣り開始。前回まで苦しめられたタコ漁と思われるブイの大群は皆無。大海原が広がっている気分。投げ放題。しかし、上げ潮のため流れがほとんど無い状態。


そして、全く釣れず・・・。


1回、ずっしりとしたアタリがあり、歓喜に包まれた。しかし、じわーっとラインが動いていく鈍重な引き。これは・・・。そして、ギュッと走られた途端、ブッとラインが切れてバラし。ライン先を見たら切れたのではなく、リーダーとの結び目がすっぽ抜けていた。前に釣りしたときのまま使ってたからな。だめですな。手を抜いては。それ以前に、かかってたのは恐らくエイ。その後も、座布団みたいなのが目の前を悠然と泳いでるのが見えた。


曇ってて釣ってて楽だったけど、2回連続でアタリさえなく終わってしまった。いろいろやったんだけど、何もなかったときの徒労感が重い。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


強打でミスをする

2017/08/09 23:45

壁打ち。明後日、同窓会で軟式やらないといけなくて、調子悪くなりそうだからやりたくないのだけど、しょうがないので少しでもイメージを残しておきたい。

先日の試合でフォアのミスが多かったので練習。やっぱり、強打するとミスする。レッスンで肘曲げるなと言われたのに、強打する時どうしても腕だけを走らせようとして、肘が曲がってしまう。そしてネットミス。テイクバックも大きく引きがちで力んでしまう。力抜いてスピンをしっかりかけて打てばいいのだけど、それでポイントが取れない時に焦って大振りしてしまう。

低い打点も練習。なるべく腰を落として打ってみる。まあ、良し。しかし、多分、試合になると打てない。大体、練習ではどんな打ち方しても入るけど、試合になると入らない。スライス打ってくれる相手がいないので練習できない。

ストリング変える前に打ち方直さないとと思ったけど、思うようにうまくいかず。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


言っていることが矛盾していた

2017/08/08 23:20

先日の試合でボール飛びすぎて困ってストリングのせいにしていたが、言っていることに矛盾があることに気づいた。

ボールを掴んでいる感触が欲しい→柔らかいストリングにする。テンションを落とす→ボール飛んじゃう→硬くする→ボール掴めなくてネットミス連発→柔らかい・・・

この相反するセッティングの無限ループに陥っている。普段のマイルドな練習だと柔らかいセッティングが良い。あまり真剣に振らないから、柔らかい方がボールが掴める。でも、試合になって本気で打ち出すと、硬いセッティングの方がボールを潰せて掴める。このプレー条件の違いにも翻弄されている。

先日の試合で負けたときにミスを連発したのは、ストリング以前に真横から引っ叩き過ぎたのだと今頃わかった。ガーデンレッスンのおかげでフォームを直してたから、いつもよりはましだったけど、リードされて焦って結局はコントロールできない状態に陥ってた。

まずは試合に合わせて硬めのセッティングにしましょう。そのセッティングで緩いボールでもきちんと打ち返せるように練習しましょう。

いや、緩めのセッティングにして、試合でも力まずラケットの反発を活かした打ち方にしましょう。

・・・どっちがいいのだろう?

客観的に考えると、体力落ちているから後者の方が良いのだろうけど、あのボールを潰して叩き込む感触も捨てがたい。いや、未だにラケットを振り回してゴムボールを打ちまくっていた過去の呪縛にとらわれている気もする。

いずれにしろ今のセッティングでは、力まず振り抜いてスピンもかかって理想的と思っても、予想以上に飛んでいくボールがあったので、緩すぎると思われる。

打った感触は柔らかいけど、弾かない反発しない伸びないというストリングがいいのだけど、ないだろうか?いや、ピュアコントロールだとラケット自体が柔らかくて硬いストリングでも衝撃を吸収してくれるので、ストリングの硬さは気にしなくても大丈夫な気がする。やっぱりRPMブラスト張ってみようかな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる