アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である
ブログ紹介
zoom RSS

肘治らず

2018/01/20 22:47

残念がながら、テニス練習後の日曜日夜からおかしくなった肘は、今日になっても治らず、伸びないまま曲がらないまま・・・・。すぐ治るのではという淡い期待は裏切られた。一昨年なった時ほどひどくはない。あの時は肘を伸ばして骨が当たるとズキッという痛みが続いたけど、今回その痛みはない。限界以上に曲げたり伸ばそうとすると痛い。可動制限もあの時ほどでは無いけど、180度は伸びず、曲げても指先は肩にちょっと届かない状態。

前回は病院行ってMRIも撮ったけど、今回は行ってない。どうせ同じ理由だし、前回もまともな治療はしてないし。ただ、まあ、一応なんかやっておこうかと考えて、接骨院に行ってみることにした。今までは接骨院、整骨院、カイロプラクティックは胡散臭いところもあって、あまり信用してなかったこともあり、行ったことがなかった。今回はダメ元でどんなもんか行ってみようかと。

母親に聞いて家の近くに行ってみた。狭い待合場所に、えらいたくさん人がいる。受付するとすぐに呼ばれて入る。中で施術している人が挨拶してくる。びびってこちらも挨拶し返す。

症状の問診があってまずは電気治療。右肘にいろんなパターンで電気がシビシビと流れてくる。次、ウォーターベッドのようなものの上に寝ると、肩たたき椅子のような感じで足から肩までマッサージされる。これはなんか関係あるのか?

「待合室で待っててください。」

終わった。ま、こんなもんだろうな。筋肉系の故障じゃないので、接骨院でできること無いよな。座って待ってる。まだまだ人が入ってくる。そんなにみんな体痛いのか?そんなに評判いいのか、この接骨院は?

しばらくするとまた呼ばれた。あれ?終わりじゃなかったの?

終わりじゃなかった。さっきのはウォーミングアップのようなもので、これが本格的な施術だった。右肘中心に腕全体の筋肉を丹念に探って押したりさすったり揉んだりしてくれる。触っていたいというところは殆どない。若干、肘外側の筋肉が張ってて痛い気がする。最後にキネシオテープでテーピングされて終わった。

しかし、やっぱり特に際立って改善するわけでもなく。少し伸ばすのが楽になった気がしないでもない。ま、しょうがない。よく言うテニス肘の症状ではない。おそらく今回も軟骨が傷んで炎症起こして、その周りの筋肉や靭帯も炎症が及んでるのだろう。一生懸命施術してくれた人に申し訳ない気持ちになった。外科的にできることはなく、安静にするしか無い。またしばらくテニスも野球も釣りもできまい。

費用は想像してたより安かった。初診料込みで1200円ちょい。施術だけだったら数百円。

どっちかというと鍼の方が良いかな。腰のヘルニアになった時、一番効果があったのは鍼だった。鍼で椎間板が整復することはないけど、炎症の起きた腰回りの筋肉がすごく改善した。しかし、専門の所でやると数千円はかかる。


前ほど深刻では無いけど、治ってもその後の再発が怖い。前回は野球の素振りのしすぎが原因だったけど、今回は純粋にテニスのみ。それも、普通にやってただけ。ダブルスなので打つ回数も少なかったのに。前回の故障で完治せず弱くなってることは間違いが、今まで「普通」と思ってたことで再発してしまったことが今後の不安。肘に負担がかからないようにフォームとか道具を変えざる得ない。

ちょっとラケットを振ってみたら、サーブで痛いのは前回と一緒なのに加え、フォアハンドも痛いのが意外。どうもプロネーションの動作で痛いみたい。去年夏にガーデンレッスンで腕伸ばして打つフォアハンドのフォームを教わって良くなりつつあったけど、これがまずかったのだろうか?確かに肘を伸ばしてるので、インパクトの時に肘がやや響く感じはあったけど。寒かった中で繰り返し打ってダメージがあったのだろうか?そして、インパクトの形を維持しつつプロネーションでフォロースルー。でも、この肘がひねる動きの時が痛い。
この打ち方を変えるとなると、また迷走することになりそう。肘を曲げる以前の打ち方では、またミスの山だし、どうしたらいいのかわからない。サーブでプロネーションが使えないと困る。肘じゃなく肩を支点にするような感じで打てばいいのだろうか?

ストリングもポリをやめざる得ないかな。元々ナチュラルを試そうかと思ってたところだったので、ちょうど良いタイミングではあるけど。ただ、4月の試合に合わせて3月に張り替えるつもりだったけど、2月頭の試合のために早めることになりそう。試合できるかどうかわからないけど、前回の時もなんだかんだでやったしな。シングルスなので手を抜いても途中で棄権しても問題なし。

とりあえず肘を治さんことにはね。安静第一。利き腕なんでどうしても使ってしまって難しいけど。とりあえず、王子神社に参拝して必勝お守り買った。早く良くなりますように。
image

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


肘が・・・

2018/01/16 00:21

やばい。肘が曲がらなくなってきた。一昨年の夏、野球の素振りをしすぎた後に壁打ちして、4ヶ月何もできなかったあの時のように・・・。

土曜日練習した後、ちょっと肘がおかしいなと思いつつ、まあ許容範囲だと思って日曜日も練習。その夜にちょっと肘が張ってきたなと思ったら、月曜日に曲がらなくなってきた。時既に遅し。これはすぐには治りそうにない。

昔、骨折したときやヘルニアになった時もそうだけど、厄介なのはプレーしてる時はなんともないのに、その後に痛くなること。今にして思えば。土曜日の夜に気づいて、日曜日はするべきではなかった。でも、今までも感じたくらいの異変だったし、そんな状態でテニスや野球したっておかしくはならなかたので、判断するのは難しかった。

んー、しかし、今になってどうして?今年一番の冷え込みの時に、サポーターもせずやりすぎたか?ストリングが硬すぎたか?それでもなー。今まで真冬の夜に壁打ちで打ちまくっても、ここまでおかしくなることはなかったしなー。やっぱりコートで人相手に打つと、知らないうちに負荷があがってるのかなー?

前に比べると痛みはほとんどないので、4ヶ月も打てないということは無いと思うけど、どれくらいで戻るのか全くわからない。2月頭に試合があるのに。どうしよう。冗談抜きでラケット買わないとまずいかも。ラケットとストリングの硬さのせいかと思うと、打つのが怖くなってしまう。ナチュラルは一回だけ打たせてもらったことあるけど、打った感触がとても軽くて衝撃が無く驚いた。肘に優しいことは間違いない。

ちょうどタイミングよくマリオテニスオープン買ったので、これでイメージトレーニングを積むか。中古で千円くらいだったので、思わず買ってしまった。ダイレクトモードという、コートに近い目線でプレーでやってみると、実戦とイメージが近い。狙えるコースが狭く見えて勉強になるなあ、これ。
しかし、3DS本体を立てて持ち上げないといけないので、肘が痛くなってきた・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


両手打ち?

2018/01/14 21:30

昨日に続き、練習。土日練習に行くなんて何年ぶりだろう。いや、そんなことないか。まあ、土日とも奥さんと子供が部活と空手でいなくなり、一人暇になったから行けたんだけど。

今日もいっぱいミスした。昨日の反省をして、良かったところもあったけど、悪かったところも多かった。

「相手の球速いほうが調子いいね」って言われた。まあ、おっしゃるとおりで、ほっといてもしっかりボールがラケットに食い込んでくれるので。相手が高校生や大学生でぼこぼこ打ってくれた方が打ち返しやすい。しかし、シングルスだと空いたところに打たれて一巻の終わりだけど。

遅い低いボールは苦労する。特に緩いスライスサーブがバックハンドに来ると、ノーコントロール。強振するには打点が低いしネットに近いで難しいし、スライスで打つにしてもポリの感触が硬くてラケットに乗らないし。後に下がってしっかりテイクバックを取りたくでも、そこまでボールが飛んでこないし。

先月4Gソフトに張り替えたけど、昨夏頃に張ったときに比べて硬い感じが取れず、テンションをRacquetTuneで測ったのを比較すると、
image

全然、落ちてない。赤色が今回、青色が前回。夏は張ってからどんどんテンションが落ちたのに、今回はそれに比べて落ちるカーブがかなり小さい。前回はかなり落ちたので、それを見越して若干強めに張ってたのに、前回に比べると5lbくらい高い。夏頃は飛びすぎる気がしたくらいだったけど、実際どれくらいのテンションになってるのだろうか?どうして、こんなに差を感じるのだろうか?寒いから?

まあ、いいよ。春先にはナチュラルに張り替えるからな。行きつけの店に行ったらREVO CX 2.0の前モデルが半額で売ってた。またクーポンやラケット下取り使ったら安く買えるな。いかん、もうラケットも買うつもりでいる・・・。

しかし、道具以前にバックハンドのトップスピンがいつまでたっても打てない。軟式やってた時に手首を背屈して固める形が一番力が入り、いろいろ試したけど、この形を変えることはできなかった。この形で一番合うのはセミウエスタンだと思うのだけど、引っ張るのが難しい。特にアドサイドで逆ロスに打つのが難しい。また、ウエスタンとイースタンの間という半端なグリップ位置に手の平と指先がなじまない。イースタンにすると面が上向き過ぎてスピンを掛けるのが難しい。ボールのスピンが目で見えくらいの時がある。そして、どっちのグリップも相変わらず、レシーブの時のグリップの握り変えが間に合わない。

今日だって最初の1対1の練習の時、アレイに入るように意識してたけど、フォアはまあまあ打てるんだけど、バックが全く入らない。スピンはかからんし左右も奥行きもばらばら。最近ちょっと打てるような感触があったけど、ノープレッシャーの状況でノーコントロール。試合で打てるはずがない。

真剣に両手打ちにしようかな。今更左手で打つなんてできないと思っていたが、気がつけば10年近く経った。そしてこのレベル。俺って、こんなに運動神経悪かったの?と思い始めた。少なくともこうすれば打てる、という感覚さえほとんど無い。もう両手打ちしか無いな、これは。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バリウムと腸閉塞

2018/01/14 20:47

先日、バリウム飲む胃透視検査を受けた。終わったらすぐに下剤を飲まされる。しかし、効かず、夜に追加でまた飲んだ。そしたら腸閉塞になった。前から腸閉塞になったら下剤を飲めばすぐ治るんじゃないかと思っていたが、全く直らなかった。むしろ、詰まってるのに無理に出そうとして余計に圧力が強まって悪化した気がする。

症状がいつもより長引いて、次の日の昼ごはんを抜かざる得なかったが、夜は普通に食べることができた。その後、バリウムと腸閉塞についてネットで調べてたら、市町村によっては持病で腸閉塞を持っている人はバリウムは飲めませんとあった。初めて知った。今までそんな説明を聞いたことも見たこともなかったし、実際バリウム飲んで腸閉塞になったこともなかった。今回の腸閉塞がバリウムが原因かどうかわからないけど、そういうリスクが有るということは少なからずありそう。来年からはちょっと気をつけないとな。

記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


今年は満開

2018/01/13 22:38

今年の冬はサボテンの花が豪快に咲いた。

玉翁。前の春に植え替えたのに、この鉢も一杯一杯になってきた。

image

名称不明。たくさん咲いているが、ほのかに黄色がかった白色で目立たない。
image

めでたい。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


頭の中はナチュラル

2018/01/13 22:32

最近は壁打ち行っていない。その代わり、コートで練習する。今日もいつものサークルへ。

しかし、いっぱいミスした。頭の中がすっかりナチュラルストリングを使うことにいっぱいになっていて、勝手にナチュラルの感触をイメージして打ってしまい、特にスライス系のショットやボレーでミスりまくってしまった・・・。ポリはある程度強く打たないとコントロール難しい。でも、試合になると意外に強く打てる機会が少ない。

どうすんのよ、張り替えるにしても新しいラケットを買うにしても、後2ヶ月あるのに。先月張り替えたばかりだし、値段も張るので我慢せねば。しかし、うかつにも2月に2試合も入れてしまった。頭はナチュラルの予想イメージ、実際に張ってるのはポリエステル。ポリを張っているという事実に合わせて打てばいいだけなのに、欲望に引きずられている・・。

まあでも最近、ボールを操る最後の一瞬の感覚が足りないとつくづく感じるようになった。軟式やってた時に感じたことのないストレス。ミスをしないようにずっと気を遣っていて、相手を見る余裕がない。やはり体は軟式の感覚が深く身に付いていて、それを硬式に上手く転用できない。これは、やはりナチュラルに・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野望

2018/01/10 20:47

「ねえ、ねえ、新しいラケット買っていい?」
奥さん「はあ・・・」

次、ストリング張り替える時、ナチュラルに手を出そうかと思っている。可能な限りいろいろ試してきたが、どれも完全に納得しているものは無し。今使っている4Gソフトもポリの割に柔らかさと反発力が有るけど、やはりポリ特有の硬さは拭えず柔らかいショットに違和感がある。ナイロンモノは反発力あるけどスピンがかからず、ナイロンマルチは柔らかいけど柔らかいだけ。

もう、次はナチュラルしか無い。値段が高いけど、今でも1年で4回は張り替えている。1回5千円くらいかかってるから1年で2万円・・・。2万円も使い捨ててるのか!?
ナチュラルのやすいのは5千円くらい?張代入れると7000円くらい。恐らく半年は持つので、1年1万4千円・・・。

ナチュラルを使うとなると、水に弱いため、雨の日などにはポリを張ったスペアラケットとして緊急避難的に使いたい。それがラケットを買おうかと思ったきっかけ。

前から同じタイプのスペアラケットが欲しかった。今までタイプの違うラケットを買い替え続けてきたので、本当の意味でのスペアラケットがない。もし、次の張替えタイミングで今使っているピュアコントロールのストリングをナチュラルに変えた場合、ピュアドライブ+ポリツアーファイア、またはスピード300+ポリツアースピンGがスペアラケットになるが、ラケットもストリングも全くタイプが違ってしまう。
いずれにしろ、後1年位でまた別のラケットを買うつもりでいる。

1.3月、ピュアコントロール+ナチュラル 7,000円
2.年末、新ラケット+ナチュラル 25,000円(激安ラケットを探す前提)
ピュアコントロールをポリに張替え 5,000円
合計 37,000円(途中で張り替えることは考慮外)

しかし、今新しいラケットを買うと、

1.3月、新ラケット+ナチュラル 25,000円(激安ラケットを探す前提)

で、終わり。スペアは今使っているピュアコントロールがそのまま使える。どう?この無理矢理なこじつけ論。
一番安いのはナチュラル張り替えて、スペアを用意しなければいいだけという事実には目をつぶっている。

今使っているピュアコントロールがラケットのタイプとしては気に入っているので、次買うのも同じタイプにしたい。そしたら似たタイプのスペアラケットが用意できる。ストリングのタイプが違うのは、この際しょうがない。
しかし、ピュアコントロールの今の後継はピュアストライクVSではあるが、バランスが325mmと先重で、今はわざわざグリップの下にオモリを自分で足している。ピュアストライクVSも同じスペックのため、あまり買う気が起きない。

今買うとしたらSRIXON REVO CX 2.0かな。これもフレーム厚が21mmと薄いながらしなりがあるタイプ。こちらはバランスが315mm。最新モデルは高いけど、1つ前のモデルだと半額くらいでネットで買えそう。

どうしようかな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


足腰立たず

2018/01/08 00:07

今年初のテニスの練習は所属サークルへ。あまり行かないのでビジター扱いではあるけど。

練習前にスポーツデポ行ってテニスシューズ買った。ティゴラのオムニ・クレー用で約5000円。スポーツデポアプリ入れてクーポン使ったりして、グリップテープとペットボトル水1つつけて、全部で5000円以下で買えた。
https://www.alpen-group.jp/shop/commodity/SALP0482D/TI1866BU01280/

今まで練習用に使っていたのが、底の溝がなくなってしまって、流石に練習用でも危険を感じてた。試合用のも古くなってきたので、試合で使うことも考慮して良いものを買おうかと思ったけど、まあ、まだしばらく持ちそうなんで安物にした。今まで使ってたのはインドア用にしよう。


最初は人多かったんだけど、段々少なくなり、疲れるごとにコートに入る時間が多くなり、かなりたくさん練習できた。家に帰って御飯食べると、すぐ寝てしまい、目が覚めても体が痛くて動けない。

かなり体力が落ちている。去年はよく壁打ちで練習した。かなり数打った。しかし、足が動いてない。平日の夜なこともあって、壁相手に走って打つ追い込んだ練習なんてしてない。今日は人相手に走らされまくって、走らされて打ち返す練習ができてないことや、体力もかなり落ちていることを痛感。今年はもっとコートに行かなければ。

最初は調子よくやってたんだけど、体が動き出すと段々おかしくなって、調子が戻せないという最近の試合のまま。

前の試合でスライスで苦しんだので、意識して打ってたんだけど特に問題なし。練習では普通に打てるんだけど、試合になると打てない。ただ、テイクバックのタイミングが遅くて、ラケットヘッドが落ち切らない癖が直せない。相手ボールの勢いがある時は頭上に振り上げる打ち方で返せるけど、スライスだったり緩い浅いボールだと持ち上げにくい。それがわかってたので、今日は気をつけてトップスピンで打ち返せたけど、少し気を抜くと押すような打ち方になってネットしてしまう。フラットに当てて体で前に持っていくと安定する。腕で振って打ち返そうとすると、ネットするかフレームショットになる。

バックが相変わらず難しい。特にアドサイドでワイドにサーブが来ると、スライスのロブでしか返せない。トップスピンやスライスでクロスに打ち返そうとするとセンターに流れて、ポーチに来てない相手前衛の餌食になる。ラリーではそこそこ打ててたのだけど、レシーブが打てないのが気になって、それもできなくなってしまった。そして、トップスピンばかり打ってて急にスライスを打とうとするとミスする。

横に走らされて遠い打点で打つ時、前に向いてしまう。横向いたままの方が懐に呼び込めてひっぱりやすいのに、これも癖で直らない。

サーブも段々おかしくなる。ファーストで打つフラットやスライスはまあまあ良かったとは思うけど、疲れとともに、スピンサーブがおかしくなっていった。これも試合の時と一緒。手首を使いすぎてしまった気がする。
他の人から、参考にしたいから打ってくれと頼まれた。一番教科書通りで参考にしやすいフォームと言われたので、外目にはそんなにおかしくないとは思うのだけど。

練習の合間、ストリングは何がいいのかという話題が。ポリを使ってる人が多いけど、ナイロンに変えたら無理に振り回さなくなってミスが減って、ボレーやドロップショットのような柔らかいボールも打ちやすくなってる人がいた。そういうのを聞くと、また変えたくなってしまう俺・・・。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2018 初釣り 軽いショック

2018/01/06 23:05

年始にいつも行っているお寺で詣りし、親戚にも顔見せして、その夜に今年最初の釣り。3連休だしね。場所はいつもの吉野川。また夜の大きな下げ潮を狙う時期。

しかし、現地につくとショック。土手に入る道が塞がれている。なんと、高速道路建設の工事のため、工事専用道路とするとのこと。えー、どうしよう。右往左往して、土手下の路側帯の広いところに車を停めて準備する。ここ駐禁なるのかな?他の車も停まってるけど。これじゃ人が増えるとすぐいっぱいになって危ないよな。

ちょうど満潮を迎える時間に開始。他に人いない。車のことも気になるし、そもそも釣りをして良い状況なのかも不安になる。風が予想より吹いておらず、流れが全然ない。むしろ上流側に流れてる気さえする。1時間位投げたけど反応なく、場所を上流側に大きく変える。お、先行者いる。同じように土手下に車を停めているようだ。

車が土手に入れないのは変わらない。しかし、風が少し出て水面がざわついて流れも出だした。下流側に遠投して引いてくると

グイッ

という手応え。反射的にアワセを入れる。グッと来て、バレた・・・。ショック。しかし、釣れそうな雰囲気を感じてきた。ただ、流れが出るとゴミも流れてきたみたいで、ルアーによく引っかかるようになる。

場所を変える。すると他の人がやってきてライトを水面に照らして移動してくる。釣り竿は持っていない。俺がそこらへんでヒットさせようと思っている場所も遠慮なくライトを照らしている。何をしているのか?俺の背後を通り過ぎ、ライトで探りながら消えていった・・・。
その後、同じように引いてくると、ゴツッとまたアタリ。が、しかし、またバレる。

その後もアタリあったけど、反射アワセに乗らず。

ボラジャンプがあちこちで見られる。もしかして、最初の大きなアタリもボラだったのではないかと疑う。なんせ、乗らないので、何がかかったのかわからず、もしかしてゴミだったのじゃないかと思えてくる。

軽くやって帰るつもりだったけど、釣れそうな雰囲気に引きずられて0時位までやったけど、反応得られず。今度アタリがあったらじっくり待ってアワセてやろうと思ったけど何事もなく終了。アタリがあったのは30〜40分くらいの間だけだった。

道路封鎖は4月まで続く模様。今後、どうしよう・・・。おそらく、新しい道路が完成するまで断続的に封鎖されるのだろう。昼間だと本当に釣りもできなくなるのではないのか?
新しい場所を探さねばならないだろうか?弱った。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


四国霊場八十八箇所 第十三番奥の院 建治寺

2018/01/06 17:50

毎年、ここにお参りしてお守りを買うことで、俺の1年が始まる。今年もやってきた。ここは十三番札所大日寺の奥の院であることを知ったので、今回は納経もした。

http://silent-diary.at.webry.info/201601/article_4.html

image

image

年始は本堂に入れて、仏様を拝むことができた。さすがにご本尊の金剛蔵王大権現は見えなかったけど、阿弥陀如来、十一面観世音菩薩、あと名前を忘れたけどなんとか童子という不動明王に似た像がある。

で、御朱印を頂いた。
image

御影も。
image


これで良い一年が過ごせそうだ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 第六十五番札所 三角寺

2018/01/06 17:26

年をまたいで、今年最初に訪れた札所の三角寺。

事前に行き方を調べてて、最寄りのインターから数km、10分位で着くはず。ところが、ナビを設定すると30分近く要している。そんなわけない。しかし、走ってると、どんどん目的地から離れているように感じる。4km位下道走った後に山道入ったが、それもえらく細くて、他の車は前からも後ろからも来ない。正月というのにこんなに人通りが無いのか?明らかにおかしいと思いながら我慢して走ること20分以上で到着。

後からわかったが、やはりナビのルートは明らかに遠回り。確かに太い走りやすい道を選んでたようだが、実際に走った山道は超狭くて対向できる箇所もほとんど無かった。Googleマップでルート検索した道の方が新しく、広く、そして近かった。

時間とガソリンを浪費したためいらついていたが、そんなことで心乱してはいけない。その無駄もまた修行であり、逆に得たものがあるのだ。心平静に。

山門までに長い階段がある。
image

山門の中に鐘があり、つき忘れることはない。出る時に鐘をついてはいけない。「出金」でお金が無くなる。ご利益無くなる。
image

中は結構広くてびっくり。桜がたくさん植えられてて、春には賑わいそう。時期を選べないのがお遍路の難しいところ。
image

本堂。
image


大師堂。

image

延命地蔵菩薩像。かなり大きくて近くに行くと迫力ある。
image

弁財天が祀られている三角の池。らしいが、池であることに気づかなかった・・・。お大師様はここに三角形の護摩壇を作って降伏護摩の秘法で祈念したらしい。
image

山門脇にある賓頭盧尊者像。後からわかったが、頭をなでると賢く慣れるらしい。そんな説明無くても、この頭を見るとなでずにはいられない。
image

花の時期ではないけど、南天の実の鮮やかさが際立つ。
image

ご本尊は十一面観世音菩薩。
image

おん まか きゃろにきゃ そわか

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 第四十七番札所 八坂寺

2018/01/06 16:59

浄瑠璃寺につづいて近くの八坂寺へ。お遍路発祥となった右衛門三郎の里とかで、近くに邸跡に建てられた文殊院とかあった。

image

山門の天井に綺麗な絵が描かれている。
image

本堂。
image

大師堂。
image

閻魔堂。向かって左側に地獄道、右側に極楽道あり。
image

地獄道。尖った石が敷き詰められている。靴を脱いで歩いてみたところ、あまりの痛さに地獄の片鱗を味わった。
image

地獄の様子が描かれている。
image

極楽道の方は、極楽浄土の様子が描かれている。
image

本堂地下にある万体阿弥陀尊。全国各地から奉納された仏様が祀られている。手を合わさずにはいられない。
image

お正月に備えてなんかうきうきした感じの境内。
image

駐車場に祀られているいやさか不動尊。火渡り修行もここでやってるらしい。
image

ご本尊は阿弥陀如来。
image

おん あみりた ていせい からうん

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


四国霊場八十八箇所 第四十六番札所 浄瑠璃寺

2018/01/06 16:29

年末、奥さんの実家に帰省する途中に立ち寄った浄瑠璃寺。

image

敷地はそんなに広くはないが、木々が所狭しと植えられてて夏場には勢いを感じそう。
image

お大師様が加持されたという樹齢1000年を超えるイブキビャクシン。
image

本堂。脇にあるヤシの木が南国を思い出させる。
image

大師堂。
image

大師堂に置かれている赤ちゃんのお大師様。抱っこしていいと書かれてたので抱っこしてみた。かわいい。
image

お釈迦様の足跡をかたどった仏足石。千輻輪という模様が描かれている。他の札所にもあるけど、ここのは裸足で踏んでいいとのこと。健脚と交通安全の御利益有り。最近、足が弱ってるので強くなってほしい。
image
image

お釈迦様が説法された霊鷲山の石を埋め込んだ説法石。おかけください、とのこと。
image

ご本尊は薬師如来。
image

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


インドア シングルス 極上のスライス

2017/12/29 16:33

毎年恒例、年末のシングルスの試合。去年、マッチポイントを取るところまで行ったけど負けた。今年、レッスン受けたりと今まで以上にいろいろ試して、結局結果は出せず、でもその締めくくりにと挑む相手は・・・。

知り合いの人が1試合終わって引き上げてた。

「今日の相手は厳しいね。」

そう、ここのコーチなのでとても厳しい。やる前から完全に行き詰まっている。何年か前に対戦したけど、何をやったのか記憶にない程簡単に負けている。

朝、いつもの壁打ち。かつて無いほど問題なく調子よく終わった。余裕を持って会場入り。抽選でリストバンド当たった。ラッキー。久しぶりに使えるものが当たった。早速使おう。

何日か前にYouTubeでどこかのベテラン選手権の決勝戦とかたまたま見つけて見た。あるマンガアプリでは壁打ちしてるだけの人がテニス部相手に勝つ話を見た。それで思ったのは、攻めるとかなんとか言うのは、まず絶対にミスしないことが前提にあるということ。当てて入れるだけではなく、自分ができる範囲の中で絶対ミスせずにラリーすること。もし、それがコートの真ん中に打ち返すことしかできないとしても、それが実力だからそれを超えて打つことは自滅につながる。

で、試合開始。とにかく絶対ミスしないように。トスに負けたけど相手はレシーブ選択。勝ってもサーブ取るつもりだった。多分当てるだけしかできないから。

サーブも無駄にセカンドを打たないように、ファーストから入れていく。ボールが浅くなる。コーチが前に詰めて打ち返す。俺ならフォアでもスライスでしか返せないボール。コーチは薄いグリップでフラットにコーナーに打ってきた。深くて返せない。30−40まで行ったけどブレークされる。

相手サーブ。

どごーん。

ゆったり打ってるんだけど、重く響くサーブが飛んで来る。それもコーナーに。フォアもバックもスライスで返ればラッキー。しかも、ネットに来るのでボレーされて終わり。だめだな。レシーブはほぼノーチャンスだな。

自分のサーブだけはラリーする展開に持ち込みたい。しっかりファースト入れる。リターン1撃で殺されることはない。が、自滅する。スライスで戻ってくる。それを普通に返せない。たしかに夏頃まではスライスを打ち返すのに苦労してたけど、レッスン受けてからあまり気にならなくなっていた。しかし、今、この試合で打たれるスライスは手に負えない。

その違いをやっと理解した。空中にある間はゆっくりスーッと飛んで来る。しかし、バウンドすると想像してるのよりずっと速く飛んで来る。物理的にスライス回転のボールのスピードが、バウンド後のほうが速いなんてありえない。しかし、今俺の体感上はそうなのだ。だから、スイングのタイミングがどうしても合わない。

しかも、深い。まじでラインギリギリ飛んでくる。サーブが入っても完璧にコントロールされている。空中をゆっくりゆっくり飛んできて、ああ、これはアウトだなと思ってラケット落としてボールを手で取りに行ったら、ライン際ですっと落ちてライン内側。それをがっちりキャッチ。スライス相手にどんどんベースライン後ろに下がってしまう。


なので、サーブ入って、スライス返ってきて、2球返せたらラッキー。3球目までにミスをする。バックのトップスピンも頑張って打ってみたけど微妙。やはり練習のようにうまく打てない。手が震えている。今までよりは入ってるけど、打たないほうがマシなレベル。もっとマイルドな相手なら余裕持ってゆっくり感触を掴めたかもしれないけど、甘いボールが打てないと思うと腕ががたがたになる。しかも、トップスピンを打ってしまうとスライスとの打ち分けの感覚の切り替えがうまくできず、スライスのミスがいつもより多い。

レシーブも相変わらず。相手がネットに出てくるので、ぎりぎり後まで下がるという方法も取れない。トップスピンで打つのは難しいから、頑張って前に寄ってスライスで返してボールを沈めたい。しかし、どうしても浮いてしまって余裕でボレーされる。左右に狙う余裕もないので真ん中にしか打てず、たまにトップスピンで打てても余裕でボレーされる。

G0-6。自分のサーブでなんとかジュースに1回持ち込んだ。だけ。G0-7。ラブゲームは少ないなーと思ってたら、最後のゲームはラブゲームで簡単に取られてG0-8で負けた。

おそらく、今大会で最短試合時間になる自信がある。ジュース1回しか行ってない。最後まで集中力切らさず、どうにか1ポイント取ることに努めたが程遠かった。ラリーができなかったことが悔やまれる。無理に打ったわけじゃないのに、スライスにタイミングが合わずホームランになったりした。以前は持ち上げられずネットばかりだったけど、今日はアウトばっかりだった。

左右に走らされてばっかりだったけど、1球もまともなパッシングが打てなかった。フォアもバックもトップスピンで打とうとすると、思ったよりボール1個遠くフレームばっかり。走り抜けて打ったほうがましだった。

サーブは入った。サーブポイントはほとんど無いけど、レシーブ1本で決められることは無かった。その後の展開でポイントが取れてたなら、もっと攻められただろうけど。

ボレーは1回もしてない。チャンス無かった。でも、1回もネットに行けなかったのを考えると、サーブ&ボレーやっておけば良かった。

まあ、楽しかったです。シングルスがやっぱり楽しいです。負けてばっかりだけど、やりがいがある。今後も性懲りもなく試合には出るつもり。駅メモもめげない気持ちの称号をゲットしたしな。
image

しかし、もう何かが劇的に変わることがないことは理解している。体つきが硬式テニスのものではないし、それを今から上げることは無理。ボールも扱いきれない。今日だって相手は別に攻めようとは考えず、普通に打ってきただけだと思うけど、そんなボールを俺は打ち返せない。俺は1球打つたびに「入るかな?どうかな?」という気持ちで打ってて、「ヤッター入ったー!!」、「ああ、やっぱりミスった」の繰り返し。硬式を長くやってきた人とはボールの感覚が根底から違う。

俺の修正能力では、試合の中だけで相手のボールに慣れて対応することができない。今日みたいに人に勝とうと思うなら、普段の練習からそういう人相手に本気で練習しないと無理だろう。でも、それができないこともわかっている。だからといって軟式をまたやろうとも思わない。

今年も負け続けた。D級で1勝できただけ。結局、絶対に攻めないと心に誓ったこの試合だけだったか。来年は、あまり考えすぎず、ミスしないように、のんびりやっていこう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どうせ負けるけど練習

2017/12/28 22:06

今日から休み。明日シングルスの試合。今年最後の試合に向けて調整していこうと思ってたけど、先週末は練習できず壁打ちもせず、練習量が絶対的に足りないいつもの状況。午前中に壁打ちするつもりだったけど、昼に上の子が部活から返ってくるので、午前中は掃除して、午後から上下の子を連れてコート借りて2時間遊んだ。

当然、子供らでは練習相手にならないが、壁打ちと違ってあちこち走らされるため、気がついたら2時間休まず打っててとても疲れた。

ストリングを4Gソフトに変えて一番変化を感じるのがボレー。一回ラケットの上に止まって打ち出す感覚がある。RPMブラストの時はガツッとう感触で、当てるだけでは弾いたりコントロールを付けるのが難しかった。やはりボレーヘボには柔らかいほうが合う。

バックのトップスピン打てた。肘を伸ばしきって腕を一本の棒のように使うと打てないことはないけど、僅かなズレでミスが増える。肘に余裕を持たせるけど使わない感じ。でも、多分試合では打てない。

浅いボールをトップスピンで打つ練習を忘れていた。一応、こうしようということはイメージできているんだけど。このボールが打てれば、チャンスボールがピンチボールということにはならないと思うんだけど。

今日は、子供にはほとんど教えず遊んだだけ。いつもはあれこれコーチングしてしまうのだけど、特に下の子はすぐにふてくされる。なので、とにかく体動かして好きなようにやらせた。最後までふてくされず続いた。上の子も最後まで俺につきあって打ち合った。

小さい頃からいろいろ言い過ぎたと思う。最初はそうやって楽しむことを覚えて興味を持ってから教えるべきだった。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大敗

2017/12/24 19:49

今朝、今年最後の釣り。朝行っちゃうと疲れて日中がだるいんだけど、新しく買ったウェーダーをまだ1回しか使ってない。12月入ってまだ一回も行ってないしで、午前3時半起床。ちょっといつもと違う場所でやってみよう。鳴門シーバスのシーズンとしてはピークは過ぎてる気がするけど、夜明けの写真とか撮ればいいじゃないか。無理矢理でも理由をつけて体を動かして鳴門へ。

現地到着・・・・あれ?なんだろう、この大量の車は。まるで釣り大会でもあるかのような・・・

忘れてた!!

ワイルドフィッシュさんの釣り大会があることを・・・。そうだー、そうだった。今日だった。予定がわからなかったので申し込んでなかった。ただ、この時期に大会するということは、まだシーバス釣れるんだと思ってたんだった。

むー、どうしよう。紛れてやってもいいんだけど、人が多くて場所が固定されそうだし、釣り終わって集団の中をすごすご一人帰るのも寂しいし。

ということで場所移動。30分失ったが、いつもより早めに出てたので、5時過ぎから釣り開始できた。

しかし、前回と違って完璧なる凪。気温は低いが風が全く無いので寒さを感じないくらい。波も無い。釣れるのか、これ?経験上、静かな時も結構連れてるけど、ここまで静かなのは不安なくらい静か。

移動先でも数人の先行者有り。適当な場所でルアー投げる。真っ暗でよくわからないけど、ルアーが流されて戻ってくるので、潮は動いてると思われる。かなり引いてて、ところどころで沖の方で岩の頭らしき物が見える。

しばらくして、投げた瞬間「ブチッ、カラカラ」という謎の音。メインのPEラインがひらひら。どうやら、投げた勢いでリーダーから先がすっぽ抜けて、どこかに飛んでったらしい。音からして、後ろにルアーが飛んでいったと思われるが、暗くて予想もつかない。くそー、適当に買ったショックリーダーのせいだ。妙に硬くて、歯でかんだり、ラインカッターで切る時も硬いなーと思ってたけど、PEラインとの結びが甘かったのだ。ちゃんと締めて確認してたつもりだったが・・・。

移動しつつ投げる。岩の頭があるあたり。根掛かりしないように気をつけて投げる。

ぐいっ

来た!?ぐーっっと重みが乗る・・・だけ。動かない。何か引っかかった。何かじわーっと動く。漁のブイに引っ掛けたときのような気がしないでもない。結局、糸切れる。

ちょっと離れたとこで投げる。

ぐいっ

来た!?ぐーっっと重みが乗る・・・だけ。動かない。さっきと同じ。何?暗くてわからない。岩陰に何かあるのか?糸切れる。

十数分の間に3個のルアーをあっという間にロスト。これはやばいパターン。

何があるのかよくわからないバミューダトライアングルのようなエリアを大きく避けてルアーを投げる。しかし、心の隅で、今日はだめだろうという思いが転がっている。

マズメを迎え、空が明るくなり、何事も無く7時で終了。完敗です。ルアーを3個もなくす大敗です。バミューダトライアングルと思われるエリアを確認すると、何の事はない、ノリか何かわからないけど、思いっきり漁の網が張られている。岩の頭と思ったのは大きなブイなだけ。明かりが何もない所なので、俺の視力では夜のうちには何かわからなかった。愚かにもそこに2回もルアーを投げ込んでしまった。すみません、漁師さん・・・。

どこかに飛んでいったルアーも探してみたけど、ゴロタ岩がごろごろしているため、その隙間にでも入ってたら見つかるはずもなく諦めた。数千円で買ったウェーダーを使うために釣りに来て、同等の費用のルアーを失った。

魚、いなかったのかなー。
image

これにて今年の釣りは終了。月一回くらいのペースでしか行けなかった。その割には魚の反応を得られたと思う。ただ、同じ場所にしか行ってないので、いいかげん慣れきって、体力もきつくなってきたので、やる気が薄れている。何か別の刺激がないと続かないかも。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


硬式のテニスラケットは凶器

2017/12/17 21:45

久しぶりの所属サークルでの練習。今年、人工芝が新しくなって楽しい。

年末の試合まであと練習できるのは1回か2回。ドロー見たらガーデンコーチと当たっていることがわかり発狂。まあ、そもそも、誰と当たっても勝てないんだけど。今年は一応D級で1勝できた。今思えば、終わった後はやさぐれていたが、貴重な1勝であった。

しかし、シングルスってどうやったら勝てるんだろう。今さら悩む。攻めようとすると無理してミスする。ミスしないようにラリーを続けても、本当にミスしないだけで、その先がない。ネットに行ってもボレーがヘボすぎてチャンスがピンチ。良いサーブが入っても、スライスで浅く打たれるとピンチ。

ダブルスは楽だなあ。ボール打つ回数は半分。移動距離は感覚的に3分の1か4分の1。良いボール打って死に球返ってきたらペアが決めてくれるから。シングルスだったら前に詰めて自分で確実に決めないといけない。ミスしないように入れに行ったら難しいボレーやスマッシュ打たされるし。そして、ネットにかけたボールを自分で取りに行かなくてすむ。

最近の試合で昔のフォームに戻っていたのを直す。肘を使わないように。でも固めるのではなく、リラックスして自然に使えるように。ただフォアの高い打点は少し曲げないと打つことができない。
バックのドライブは結構打てた。何ヶ月ぶりだろうというくらい。なぜシングルスで打てないんだろう?

4Gソフト。ブラストから3ヶ月ぶりに張った。お小遣いが厳しい。
image

ボレーがいい。ボレーはやっぱり柔らかい方がいい。面を作れば飛んでいってくれる。RPMブラストの時は振っても飛んでくれない感じさえする時があった。ヘボには柔らかい方がいい。

サーブも行ってくれる。力抜いても、今までと同じくらい行ってくれる。張り替える前は体全体前に倒して押し込もうとしてたけど、今日は上体を起こしたままで振り抜けてボールの飛びも良かったので、コースも狙いやすかった。

ストロークはスピンをかけようとせず、ストリングの反発力を活かすように意識すると良い感じ。浅いボールは頑張ってスピンで打ってみた。やっぱりスピンで打ったほうがネットに出た後が楽。スライスばっかりだと相手も慣れる。しかし、シングルスになると足が動かず難しい。

RacquetTuneによる計測では張った直後は53.4lbだったのが、今日の練習で51.8lb。やっぱりRPMブラストやポリツアーファイアより落ちるのが速い。まあ、いいよなんでも。入るように打てばいいんですよ、入るように打てば。

ちなみに練習の冒頭。強風のため流れるボールをバックで打とうとしたら、ラケットのグリップエンドで右膝の内側を強打し悶絶。夜になっても痛い。時々ラケットを体にぶつけることがあるが、硬式ラケットのダメージは強烈。軟式の時もあったけど、骨肉に響くレベルが違う。重さか?硬さか?ラケットをなめてると痛い目見る。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


また戻す

2017/12/13 17:25

土曜日仕事のため、代わりに今日休みを取った。子供の個人懇談に行く。で、午前中に壁打ちに行った。

今年も思ったように勝てないまま終わろうとしている。今月の2試合とも期待外れ。フォームをいじったのも、戦略戦術も考え直さないと何も変わら無さそう。

動画を取りながら練習した。フォアの肘が体に近く打点も近い。無意識で打つとこうなる。

先週の試合のフォア。こんなに肘が曲がって体に近いとは思ってなかった。
image

レッスンで習ったときのフォームに戻してみる。それでも思ったより肘が曲がってるけど、これくらいでちょうどよいと思われるので、これでまた行こうと思う。あの時は意識して肘も手首も力を入れて、その形を作っていたけど、力抜いて肘を伸ばすようにしたら楽に飛ばせるような感じがする。

肘を伸ばしてテイクバックしてるつもりなのに、やっぱり曲がっている。
image

一応インパクトでは伸びてるから、まあいいか。
image

余裕があって強打してやろうとする時ほど打点より高い所から力入れて打ってしまう癖が直らない。ラケットをループ気味に回して引いてるつもりだが、高い位置で止まってしまう。そしてネットする。強打する時はラケットをどの位置に引けば良いのか確認。殆どは打点より低い位置から力入れて振り出すことがわかった。ソフトテニスの癖で打点より高い位置から振り出すのが体に染み付いてるので、違和感があるけど意識して低い位置にラケットをセットしてから打つことを繰り返した。

今まで一気に直せると思ってたけど、一つ一つ、意識して直して繰り返し練習しないと身につかないことがわかった。多分、まだまだ時間がかかる。

帰りにストリングを張り替えに出した。RPMブラストの感触が良くて、秋口から今まで試合してたが、パワー不足に悩んだ。それで試合中にピュアドライブに変えたりしてた。安心して振り回せるんだけど、行き詰まってきて状況を打開したくても持ってる力以上の物が出せない。偉そうにボールを潰してなんたら言ってたが、試合中はほとんどそのようなボールを打てる状況になく、スタミナもすぐ無くなっていくので、自分にはこのストリングは使いこなせないと思った。

それで夏場に使ってた4Gソフトにした。ナイロンみたいな感触で飛びすぎると忌み嫌ってたこのストリングに。疲れてもこのストリングなら飛ばしてくれる。サーブもこいつだったら飛ばしてくれる。ボレーも当てるだけで飛ばしてくれる。
テンションは51lbから53lbに上げた。前使ってた時に調べて、すぐテンションが落ちていくことがわかってるので、冬場であることも考慮して少しだけ上げた。
ラケットをピュアドライブに戻せば飛ぶのはわかってるけど、厚ラケ故のフレームショットがムカつくので、ラケットは戻さない。

余計な出費なのが痛い。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


丈六寺 またいつか

2017/12/10 21:41

前から奥さんが丈六寺に行きたいと言ってたので、ちょっと寄ってみた。

しかし、改修工事中。

三門。徳島県下最古の建造物だそうで。
image

本堂。こちらは江戸時代。
image

敷地内は広い。
image
image
紅葉でも有名なところらしいけど、ややシーズン終わり気味な感じ。でも、室町時代から残る建物は見ごたえある。お遍路の札所は長宗我部の兵火や他の火災で多くが焼け落ちたけど、それらの札所の建物と比べると雰囲気とか何か違うことを感じる。

観音堂。木造の聖観世音菩薩坐像は修復のため奈良のどこかに移されていて、ここには今いらっしゃらない。
image
image

立派で大きなお墓が多くあり、室町時代の守護大名細川氏や蜂須賀家の家老などの一門の方々らしい。
image
image

誰が誰に語りかけているのか考えさせられる・・・。
image

徳雲院という建物で見られる血天井。最初見た時、まじ、びびった。手形みたいなのが結構たくさん見える。長宗我部が阿波侵攻の際、武将をだまし討にしたときの血糊の手形が残っているという伝説の天井。その時は床の木材だったのを、わざわざこの建物の天井の材料にしている。なんで、本当に、「わざわざ」そんなことしたのだろうか。供養のためだろうか。中には仏様が祀られていた。武将の無念を慰めていただくよう手を合わせずにはいられない。
image
image

もう少し早く来ればよかったと思う点が多々あったが、非常に風情のある良いお寺だ。

image
image
image
image
image
image

また、いつか立ち寄ってみたい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


我が家の紅葉

2017/12/10 21:04

紅葉の季節真っ盛り、というか終わりかけの所も多いこの頃。どこかお遍路の札所にて紅葉を楽しみたいと思ってはいたけど、奥さんと予定も合わず。

我が家の紅葉。
image

夏場に勢い良く葉っぱが出てきたのに、秋になると次々と落ちていき、残った葉が紅葉した。貧相ではあるが、色はきれい。でも、すでにこれらも散り始めている。

しかし、サボテンはこの季節に蕾を付け始めている。玉翁に1個目立つ赤い蕾が見えてきた。その他にも円を描くように蕾が出てきている。今年も植え方後、順調に大きくなってくれて、今までで一番賑やかに花を付けてくれるかもしれない。
image

こちらの名の分からないサボテンも。今年3月に初めて花が咲いたが、今シーズン早くも蕾がついた。白くて目立たないのだけど、まあ一応めでたい。
image

上のサボテンと同じ鉢に入ってたサボテン。今年突然膨らんだ。こちらも期待したいところだけどまだ蕾はついてない。
image

サボテンは毎日明け方の寒さを避けるために夜に部屋の中に取り込んでいる手間がかかるけど、そうし始めてからくびれることが無くなり、大きく成長して花もつけるようになった。手間はかけるもんですな。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる