スクワットはランニングに関係ない

ランスマ見たら、サブ3の女性タレントが出てて、練習やランニングフォームの様子が流れてた。解説で、地面からの反発をうまく利用して走れてるっていうんだけど、どういう意味?あんなにぴょんぴょん跳ねて、反発力っていうか、衝撃が大きくて足痛めそうなんだけど。まあ、これぐらいの脚力があるからサブ3なんだろうな。

真面目に今週のランニング。ちなみに、世の中的には7分/kmていうペースはランニングではなく、ジョギングという方が正しいらしい。

月曜日にいつもと違うスクワットやったら、筋肉痛になって今日時点でもまだかなり痛い。走るのやめようとも思ったのだが、スクワットとランニングで使う筋肉は違う気がして、とりあえず走ってみた。今日は温かいので、半袖短パン。

前回は走ってる途中で急にふらふらしたのだが、今日は快調に足が進む。7分/kmのペースでな。
2km、3kmと変わらない。

筋肉痛の方はやっぱりあまり関係ない。お尻が痛いけど、走るための動きではなく、着地の振動で震えて痛い感じ。他、筋肉痛になってるところは特に痛くない。

最後までほぼペース変わらず、平均7:10/kmで6km走り終わった。筋肉痛でも関係ない。筋肉痛でなければもう少し早く走れたかもしれないけど、大して変わらない気もする。

筋トレのスクワットはランニングにはあまり関係ないらしい。

とくしまマラソンの開催の決定はまた先延ばしになった。もう無理でしょう。これだけ全国で感染者数過去最多記録を更新してるようでは、開催するという決定のための材料が無い。それどころかテニスの試合もどうなるか心配になってきた。

サーブはやっぱりサンプラス

前日、中学校で練習試合があったので、我が子を見に行った。
Bチームの中では頭半分出たかな。教えてきたことがちょっと型になりつつある印象。他の生徒は相変わらず羽子板サーブ、デタラメストローク、へボレーで、それがまた入らない。まあ、うちの子もちょっとましかなレベル。相変わらず、ボールの打点がわかってなくて、ボール待ってて落ちてきたボールに届かないことが気づいて慌てて追いかけるような感じ。もうね、こんなレベルで練習試合なんていらんのよ。相手も激ヘボだし、こんな試合やってるなら同じ時間だけずっと乱打やってろ。遊びにもなってないわ。また今度試合があるとか言ってるけど、試合出るんだった審判の仕方いい加減覚えろ。カウントはむちゃくちゃ間違うし、正審と副審の見てるライン間違えてるし、見てる先生もなんにも言わないし。

今日は奥さんについていって、まず軟式の練習。とは言っても奥さん相手に10分くらい乱打しただけ。俺が体温まる前に、奥さん体が沸騰。

その後、硬式のシングルス練習。先週の試合で1回戦負けたもの同士で、お相手の方から誘われた。先週よっぽど悔しかったのか、試合後すぐに誘われたもんね。俺なんかで相手になるかというところではあるけど。

直前に軟式やっても硬式との棲み分けは完璧にできている。全く違和感なく打てる。むしろ調子が良くなる。これほど打ち分けできる人間はそうはいまいて。

まずは1セットマッチ。
ストロークで崩してネットに行くものの、ことごとくボレーをミスってブレーク。そのままブレーク繰り返してG2-2。その後はキープ続いてG4-4。そこでブレークされて、次40-0のブレークチャンスだったのに立て続けにミスをしてしまい、キープされてG4-6で負け。

次も1セットマッチ。今度は出だしのつまづき無くキープできて、目立ったミス無くゲーム進む。相手もなんらかのテーマを持ってやってたと思うが、ミスが多い。これからは強打で押していきたいみたいなことを言われてたけど、ミスが多い。G6-0で勝ち。

最後はノーアドで4ゲーム先取ということで始めたが時間切れでG2-2で終わり。まあ、互角でしたね。


今日の俺のテーマは。
1.フォアはフォロースルーまできっちり振る。
2.サーブはサンプラス。
3.チャンスボールのフォアの踏み込みは右足で。

1.は硬式ってボールがすごい飛んでくれるので、インパクトだけ気にしてフォロースルーが曖昧になりがち。ボールが離れたあとは関係ないけど、やはりフォロースルーまできっちり振り切れてないときはミスすることが多い。それがないと、しまったボールにならない。軟式の練習をやりだして思い出した。
これを心がけることで、いつもよりかなり良いラリーができた。

2.は一番町市の良かった時を思い出すと、2年前の年末のインドアの試合だった。ガーデンコーチ相手に何本もサービスポイント取った。あのときのイメージがサンプラスだった。その後、入らなくなって迷走し続けてるけど、もう一度あの時に戻るべく。何回もサンプラスのサーブ見てイメージを作った。
よく入ったね。いつもよりよく入った。そして、コースの打ち分けも良かった。いつも左側を狙うのに苦労するが、今日はそのコースを狙うのが苦にはならなかった。
具体的には打点が右肩、または頭の上。最近は前により過ぎていたと思う。
もう一個はプロネーション。回内。これを極端にせず、むしろあまりしない感じ。今まで極端にやってヘッドを走らせようとしてたけど、打つ方向に面を向けて当てて、そのまま振り抜くくらい。これで安定する。
ただ、スピンサーブが苦労する。スピンのかけ方がわからなくなる時があり、スピンサーブと言えないレベルの飛び。

3.は今までチャンスボールでミスをしまくっていたことによる対策。
ボールが浅くなってチャンスの時、左足で踏み込み、左足でジャンプしてフォアで強打してた。しかし、後ろから前に押すような打ち方になり、ネットしたり、すっぽぬけて大アウトすることが多かった。特に順クロス側はほぼミス。
で、今日は後ろ側になる右足で踏み込んで、右足で蹴って打ってみた。下半身は開いてるけど、上半身は閉じてる形で構えて打つ。そしたら、ちゃんとしたスイングで打てた。しかも左右打ち分けができた。ベースライン後ろでのラリーでも打ち分けられた。
今まで打つコースを隠したくて、肩を入れる形をつくる時、下半身も閉じてた。その形からジュースサイドに打つのが苦労してたけど、今日は楽だった。ただ、順クロスに打つときは、コースが甘くなりがちでセンター寄りになってしまう。まあ、それでも今までのことを考えれば、かなりの進歩だと思う。

バックハンドはちょっとミス多かった。タイミングが遅れがち。手首を固めると、ボール画面からこぼれてネットする。
あと、城山のコートだったんだけど、ここは砂入り人工芝だけどかなりクレーの感覚に近くて、ボールが止まる。特にスライス。でも茶色の砂なのでラインが見やすい。いつもの普通のオムニコートはどこにラインがあるのかわからないで打ってるもんな。

ネットプレーにかなり難あり状態だけど、かなり調子の良い部類だった。これだったら次の試合期待できるかな。全然無理しないで打って、ウィナーになったりするもんね。今日一緒に練習した人は、強い相手には強いボールが必要だっと言ってたけど、俺の軟式での経験からすると、強い人とは、

1.まずミスしない。いつも振り切ってるのにミスしない。ロブ打つ時も振り切ってる。
2.そして球が深い。前に体重をかけて打ち返せない。
3.次に左右のコースの打ち分けが正確。単に右、左ではない。同じクロスでも、そこに何本も意思を持って打ってくるコースがある。
4.それなのに球が速い。普通に打ってくる球が速い。

要は全部できるから強いんだけど、順番をつけると↑と思ってる。
強い人は普通に速いボールを打つ。打とうと思ってるとしても、無理をしてスピードは出してない。だからミスしない。
二線級プレーヤーは球の速さに目を奪われて強振しがちだけど、自分の持ってる以上のスピードを出そうとしてミスする入っても、ただ速くて、浅くて動かないで手の届く範囲のボールになりがち。怖くない。ボール見ながら相手見て、前に踏み込んで打てるので、相手の前衛がポーチ来ても動くの見てからコースを変えることができる。

強打とミスは表裏一体というのも間違いと思う。強打でもミスしてはいけない。まして俺みたいなB級プレーヤーの強打など入ってもウィナーになりはしない。
それよりスピードは遅くても常に深く、左右に走らされる方が怖い。
そらに振り切って(100%の力で打つのではなく、その人の100%のスイングスピード)飛んでくるボールは遅くても「活きてる」ので、押されてさらに苦労する。

前からそう思ってるつもりなんだけど、硬式に関しては程遠いプレーを続けてきた。
今日は、振り切ったストロークでミスはだいぶ減った。深さも出せた。左右はまだまだだけど、いつもよりましだった。スピードは出そうと思ってないけど、振り切れてた分、いつもよりはスピードがあってスピンも効いてたと思う。
先週はCX200が飛びすぎて困るって言ってたけど、今日は問題なかった。

ただねー、これが続かないんですよねー。

走ってる最中にお腹がすく

今週の水曜日に続き、今日もランニング。

最初の1kmは7分、次の1kmは6:30と快調。前回復調傾向だったので、今日もこのまま上げていこう。

と、思ったのだが、そこからしばらくして、急に頭がくらくらしてきた。そのまま走ってると収まったのだが、今度は体に力が入らなくなってきた。

お腹が空いた。

何事かと思ったが、それしかない。血糖値が下がりすぎた。昼間にイオンで歩き回ってエネルギーを消費したのか?なんと脆弱な。平日は会社帰ってすぐ走るのに。歩くだけでそんなに消費するのか?

明日シングルスの練習する予定なので、最初から5kmくらいしか走る気なかったのだが、それすらも諦めて4.7kmくらいで終了。最後は8分/kmくらいのペースでぎりぎり足動かしただけだった。
なんか、ふがいないので、栄養補給したあと筋肉体操した。

ところで、とくしまマラソンはどうなるんだ?
気になって公式サイト見たら、開催の判断を少し延期して11/19に決めるとあった。
そうかー、ここ数日一気にコロナ感染者が増えて、過去最高を記録し続けてるからな。こりゃ無理だな。判断を遅らせたということは、今のペースが続けば中止でしょう。第3波前の状態まで落ちればやるかもしれないけど、まあ、無理でしょ。

まさか、2大会連続で中止とはなー。

冬が始まる

朝の気温が10度を下回る日が増えてきて、サボテン、ミニトマト、ハイビスカスは夜に部屋の中に取り込んでいる。また面倒な季節がやってきた。サボテンの鉢が増えてるのでめんどくさい。

ミニトマトの実が大きくなってきた。収穫したら冬越しかな。でも、別に冬越ししなくてもいいよな。春になったらまた苗買ってくればいいんだし。
IMG_20201114_110913.jpg

ハイビスカスは花咲かなかったので早めに剪定。来年は植え替えして花咲くようにしよう。
IMG_20201114_110928.jpg

ハゼノキは紅葉。去年の冬に剪定したけど、何の問題もなかったな。
IMG_20201030_071357.jpg

名前のわからないサボテン。今年も大きくなったのだが、なんかへんな形になってしまった。
IMG_20201114_110943.jpg

稚魚用のメダカ容器。夏頃に卵を移して、それなりに日が経っているが、それにしては妙に小さいメダカが多い。なんで、こんなに成長が遅いのだろうか?
もしかして、そこそこ成長したメダカが産卵してるのではないか?
もう、めんどうなので、全部成魚用のトロ船に移した。稚魚用の餌も一緒にやればいいもんね。それにしても奇形のメダカが増えてきた。同族間で増えすぎたかな。そろそろ違う血を入れるときかな。
IMG_20201114_111118.jpg

やや戻す

本来なら今頃は吉野川リバーサイドハーフマラソンに備えて練習してるころだけど、今年は無い。
今日は2週間ぶりの6kmランニング。走るたびに遅く、苦しくなるので辛い。

今日は意識して歩幅を小さくした。そして、なるべく地面を蹴らないように、着地は体の真下にすることを意識した。車の運転でいつも、なるべくアクセル踏まない、ブレーキ踏まないようにしてるのに近い感覚。

そうしたら足にかかる負担が減ったようで、遅いけど5kmまで7分/kmのペースを維持。最後の1kmは体力に余裕があったのでペースアップして約6分/kmで走れた。トータルで7分/kmのペースを切ることができた。

いやー、久しぶりだ。こんなペースで走れたの。最近は走るたびにぐだぐだになってたので、少し安心した。寒くなって体温が上がりにくくて走りやすかったのかな。急に体力が戻るとは思えないもんな。多分、そうだろう。ちょっと自信が戻った。

そろそろ、とくしまマラソンの申し込みだと思うのだけど、またコロナの勢いが増してるのでどうなるのか心配。もし開催されるなら申し込もうとは思う。そして、フルマラソンは引退する。

ただし、実際に走れる枠は5千人まで。それに漏れればオンラインマラソンになる。オンラインになったら走らない。海部のマラソンも次回はオンラインになってる、全国でオンラインマラソンが多発している模様。
しょうがないけど、コースの決まってない自分だけのマラソンに意味あるのだろうか?海部はちょっと高い参加料を払うと特産品がもらえるようで、一応その地域の特色を出している形にはなってる。でも、当然タイムに関しては正式なものとして記録されるものではない。

まあ、俺みたいに一人で走るヘボランナーは、なるべく家の近くを走って、アクシデントがあってもすぐ家に戻れるように走るだろう。つまらん。つまらんすぎる。

とりあえず、何があっても走れるよう練習をしておくのみ。少なくとも1週間に1回は走らないとな。

なお道は遠く

コロナウィルスで止まっていた今年度の県のテニスの試合。ようやくシングルスが開催となりました。先週予選で、俺はダイレクトインだった
ので今日の本戦から。らくちん。

5時半起床。6時半家を出て、7時から7時半まで壁打ち。そして試合会場に8時20分頃到着。完璧だ。
今日は試合に出てる中で4人も知り合いがいる。案の定、その一人とコートで練習。完璧だ。もう疲れた。

1回戦
明らかに年上でガタイの良い人が相手。強そー。トスに勝ってサーブから。
サーブはそこそこに入って互角のラリー。しかし、サイドラインを切るようなストロークで走り回されて超きつい。取られてG0-1。
第2ゲームもチャンスはあったけど取られてG0-2。
第3ゲームはキープできてG1-2。
まあ、がんばれたのはここまでかな。
もう、とにかく打ってくるコースがきつくて、そして、フォアのスライスがミスりまくりでどうにもこうにも。
サイドラインまで走らされて追いついてるんだけど、いつもよく使うフォアのスライスの返球を度々ミス。
相手のボールが浅くなってバウンドは低いんだけどチャンス。最近覚えたサイドスピン気味のフォアのスライスがこれまたミスりまくり。
サーブも途中からおかしくなってしまった。フラットに当てすぎてたので、スライス気味に打ち出して入るようになった。
それで、やっと掴んだゲームポイントでもスライスミスって逆転されて取られること度々。
G1-8で負け。
今日はコロナ対策で、ジャッジペーパーはなく、結果を二人揃って受付に申告に行く形。あんまり意味ない気がする。
一緒に歩いてたら相手の人が「フォアのスライス全部ミスってたのに助けられた」て言われた。
そうなんだよねー、目立ってミスったのはフォアスライスで、他はそこそこ入ってたのにねー。


コンソレ1試合目
いつも一緒に練習している、厚い握りのバックスライスが強力な人。今まで何度もやってるけど、まあしょうがない。
またブレークされてG0-1。全然サーブがキープできない。
さっきの試合、サーブで無理しすぎて確率悪かったので、この試合は軽く打っていく。
ただ、劣勢は続く。
さっきの試合からスマート125を張ってるCX200を使ってたのだが、どうにもボールが飛びすぎる感じがして我慢の限界。アイスコード120張ってるピュアドライブ2018に交換。
ここから追い上げに成功。そこから付かず離れずの転換でG6-6となりタイブレーク。
タイブレークも付かず離れず。でも、別にいいんだー。コンソレだし、相手も関係なくて、自分のできることをやるだけ。
6-5で俺のマッチポイントでサーブ。
ちょっとセンターに打ってみようか。
追い風なのでスピンサーブをセンターに打つ。そしたら風のせいでボールが横にすごい弾んで、相手の体に食い込む形になってレシーブミスってくれた。G7-6で勝ち。

コンソレ2試合目
初対戦の人。おそらく同じ年代。
午前中は穏やかな天気だったけど、昼くらいからすごい風が吹いてきた。風が吹かない日はないのか、この会場は?
この試合は最初からピュアドライブ2018を使う。
序盤調子良くてG4-2とリード。
しかし、相手のがサーブ&ボレーに来るようになると、レシーブのミスが増える。それで自分のサーブもなんか取れなくなってきて、G5-6。
自分のサーブだけど追い風。多分取れないだろうなと思ってた。
2本、超イージーボールだったが、追い風でボールが来ないがゆえにスマッシュとボレーをネットして0-30。ほらな。
そこから一度追いついてゲームポイント握ったのに凡ミス。
で、相手のマッチポイント。浅いボールが来て、新必殺技フォアのサイドスピンスライスががネット中断につきささってゲームセット。G5-7で負け。今日を象徴する最後のミスだった。


今日の技術的な自己採点は
フォア トップスピン○、スライス×
バック トップスピン三角、スライス○
ボレー ×
スマッシュ ×
サーブ ×

・・・こうやって見ると、これでよく1勝したなという感じだけど、試合ではフォアのトップスピンとバックスライスをほとんど使ってたので、試合が壊れずにすんだ。1試合目もフォアスライス以外はそこそこやりあってて、いつものファオ強打で自滅したわけではない。フォアのトップスピンは最近の練習成果が出せるようになってきたかな。ただ、やってやるぜっていう時にやっぱりミスってる。

フォアスライスはラケット変えてましになったけど、なんか思ったのと違う。最初はスピードつけようとしてミスしてたので、とりあえず入るように気をつけたら入るようになって、入れば相手が打ちにくそうにしてて、別にスピードつけなくてもいいんだと思った。

バックのトップスピンは打てるんだけど、相手のボールが早いとタイミングが遅れてしまう。軟式バックで打ってるのだけど、テイクバックが大きすぎるのか、軟式とはバウンド後の跳ね方が違うのかでタイミングが合わないことが多い。ただ、振り切って入ったらフォア並みに良いボールが行く。

今日はよくネットに行った。風が強いのもあったし、鈴木貴男式にしてからボレーの調子がちょっと良かったので。いつもは95%くらいミスってるのが、今日は半分以上は入ったかな。ボレーで決まるポイントがいつもよりだいぶ多かった。でも、おい、これミスするのか?というミスが数本あって、自分が許せない。

サーブがねー、だめだね、ほんと。1試合目はフラットサーブが不安定で途中でスライスに変えて入るようになった。2試合目も3試合目もよく入った。しかし、入っただけ。威力なし。なんかさー、1年以上筋肉体操してんのに、全然威力アップ感が無いのよね。で、動画で自分のサーブ見ても、なんか変なフォームだし。もう、むかつくわ。
スピンサーブも今日はよく入って、ダブルフォールトはいつもより少なかったけど、回転がかかり過ぎなのかなんなのか、追い風でも全然伸びがなくて、相手が打つときは完全にお辞儀してる。それはそれで相手が打ちにくそうだけど、なんかフォーム的におかしいと思う。
今日は、フラットスピンはステップして前足に体重かけ、スピンサーブのときは後ろ足に体重多めにかけるようにしてた。それで打ち分けがしやうくなて、安定はしてたんだけど、いかんせん威力なさすぎ。恥ずかしい。フォームも変。打つたびにフォームがちがうというか、フォロースルーがばらばらというか。

ラケットもなー。なんでCX200飛びすぎるんだろ。ナチュラルからポリに変えて、先週の練習ではちょうど良いと思ったんだけど、今日はまたスライス系のショットがコントロールしにくかった。テンション下げ過ぎなのかな?ポリだからあんまり関係ないと思うんだけど。まあ、打ち方だろうな、やっぱり。


なかなかうまくいかないもんだね。
やっとフォアが入るようになってきて、それで解決するかと思ったけど、そう簡単ではないか。
ファオも軟式ほど使いこなせるレベルでもないしな。
練習するしかないんだろなー。

煉獄さんみたいに心燃やしたいよね。でも、それが仕事ではないことは確実。じゃあ、何で燃やす?テニスか?釣りか?別にそれで今から日本一、世界一になれるわけでもないしな。こうやって、ゆるゆると人生が終わっていくんだろうな。

心を磨くがごとく

タッチガンスプレーで再補修を試み、サイドミラーでは平滑にすることを失敗。ドアでは直したいところと違うところも塗装した上に、ボカシ剤を液垂れさせてしまうという失敗をしてしまった。

それがこの状態。ドアの取手の周辺、特に上の方のテカリ具合が違うのがわかる。マットな感じで、これも好きなんだけど、周りと違うから困る。
IMG_20201107_141359.jpg

これをコンパウンドで磨いた。大して変わんないな。触った感じはつるつるになったものの、周りほどつるつるにはなってない。見た目も違う。しかし、磨きすぎてまた剥がしてしまったら目も当てられないので、もうこれで諦める。
IMG_20201107_144118.jpg

サイドミラー。最初にタッチアップペンで塗装したところが盛り上がってる。塗装面が下向きのため、あまり目立たないのが救いか。
IMG_20201107_144432.jpg

で、今日は洗車。なんだかんだで3ヶ月近く空いた。
雨が降りそうだけど、関係ない。どうせいつかは降るのだから。

今回は鉄粉除去を試みる。前の洗車の吹上の時、クロスがなんか引っかかるなと思ってて、ちょっとやってみたかった。とは言え、磨きキズはつけたくないのでソフトにやる。

まずはこれ。鉄粉除去剤。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00K15A6BM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
IMG_20201107_144902.jpg

ボンネットと天井だけ。
鉄粉があると紫色に変わるらしい。それっぽい所はあるが、本当にそれだろうか?車が青いのでよくわからない。洗い流しても、んー?手感じ。あんまり鉄粉被ってないのかな?

その後、普通に洗車。
その水が残った状態で鉄粉除去スポンジ。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XSHLTV7/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
IMG_20201107_152737.jpg

鉄粉用粘土は難易度高そうで手間もかかりそうで敬遠。お手軽に使えそうなスポンジにしてみた。
ボディの上を滑らすようになぞっていく。
そして・・・取れてないな。透明フィルムが付属してて、それを通して指先で触ると、プツプツ何やら残ってるのがわかる。スポンジでなでたところも残ってる。再度なでてみてもやっぱり残ってる。もっとこすれば取れるかもしれないが、またひどいことになりそうなのでやめた。そもそも鉄粉なのかどうかもわからない。

液だれの状態。写真ではわかりにくいけど見れば確実にわかる。もう、いいんだ、別に。
IMG_20201107_161137.jpg

洗車すると気持ちいいね。洗車にはまる人の気持ちがようやくわかったわ。すごいすっきりした。これで、また新たな一歩が踏み出せるわ。

まだ、できるに至らない

明日試合だけど、車洗いたかったからサークルには行かず、午前中ちょこっと壁打ちに行った。

極限まで力を抜いて、独学で身につけた変な癖や無駄なものを削ぎ落とす練習。力抜いてるといいんだけど、これ決めに行ってやろうという時にフォアでミスってしまうな。軟式の癖で、ラケット引いて、トップの位置から直線でボールを打ちに行っていまう。硬式はラケット引き始めてから打ち終わるまで、ラケットの動きが止まらない。そして、ちょっとループする。

わかってはいるけど、これを無意識にできるようにならないことには、できるようになったとは言えない。
鬼滅の刃の23巻に書いてた。繰り返して練習して”できる”ようになったら、どんな体勢や状況でも適所適材で出せるようになるのが”使いこなす”だって。さらに誰よりも速く強く最大限の力で練り上げるのが”極める”だって。今の俺は”できる”にも至ってない。

あと、軟式では都県レベルではそこそこ頑張ってたのだが、自分の欠点はコースの狙いが曖昧なところ。あまりシビアなところを狙うことができない。そして、技術的なことよりもっとだめなのは、性格的にいまいち強気になれないところ。相手が強いとちょっと引いてしまう。それは今も一緒。

でもな、闘志むき出しに強気に相手に勝ってやろうというのも違うと思うようになった。少なくとも自分には合わない。昔、自分より強い相手に勝てた時も別にがつがつ勝ちに行ったわけではない。ただ、相手を見て、飛んできたボールに自分の力と技を出すだけだった。多分、人によって集中できたときの気分の持ち方って違うんだと思う。

多分、明日の対戦する人は強いんだけど、相手が誰だろうと呼吸を整えて今できることをやるだけだと思う。
でも、ド派手に猪突猛進する。(すぐ影響を受ける)

DIY魂 キズ消しまたも大失敗 タッチガン

3日前、フィールダーサイドミラーのキズ消しに失敗。
https://silent-diary.at.webry.info/202010/article_15.html

速攻で挽回すべく、NEWアイテムを購入し、今日再チャレンジ。
参考にしたのはこの動画。
https://www.youtube.com/watch?v=nRf37aWRd7I&t=2s

昔、奥さんがヴィヴィオをぶつけてへこましたのだけど、パテとスプレーできれいに直した経験あり。自信あり。

まず、作業前の状態。傷の上下に白っぽいくもり。おそらくクリア層を剥がして、カラー塗装部分をこすってしまったためと思われる。前回、クリア塗料を塗ってしまったため、まずはそいつを落とすところから始める。
IMG_20201103_083821.jpg

1000番の紙ヤスリでこする。クリア塗装はすぐ取れた気がするが、前回塗ったカラー塗装がなんか取れない。こんなもんかな?これでいいかな?指で触る限り、ほとんど平らになってる気がする。もう、ここらへんで諦めよう。
IMG_20201103_084808.jpg

しかし、ここでのこすりが甘かったことが後で分かる。

で、マスキング。てきとー。ペイント部分はサイドミラー部分だけなので、ボディ全部覆う必要はないでしょ。
IMG_20201103_090154.jpg

今回のために購入したのはタッチガン。タッチアップペンをスプレーすることができるすぐれもの。それに加えて、クリアとボカシ剤も合わせて購入。3000円ちょっとくらい。よく考えたらクリア塗料のタッチアップペン持ってるので、スプレー部分のアタッチメントだけ買えばよかったのが後からわかった。
IMG_20201103_083156.jpg

で、塗装していきます。最初に新聞紙に吹き付けてスプレーがどんな具合に吹き出すのか確認。まずか軽く3往復くらいで吹き付け、1回目が終わった状態。
IMG_20201103_090637.jpg


そう言えば、運転席側の扉にキーの引っかき傷がいっぱいあるんよね。コンパウンドで消えるのもあったけど、全部は消えない。これもついでに消すか。ちょっとスプレーするだけだもんね。ちょっとシュッとね。
でも、これが間違いだった。
IMG_20201103_091024.jpg

傷の周りはシリコンオフスプレーで脱脂はしたが、スプレーでの塗装というのはピンポイントではできない。傷の周りもスプレーがかかった。ま、少々はいいか。と、何回かスプレーして気がついた。傷の周り以外の何もないところ、脱脂どころか汚れを拭き取ってもない。
あちゃー。汚れを塗装の下に閉じ込めたよ。あーあ。

で、塗装を数回、クリアを3回やったかな。

次、ボカシ剤。塗装したところはちょっとザラザラした感じになる。これをならして、塗装部分の境目も周りとならすために吹きかける。
2,3回吹きかけたが、新しく塗装したところは色の違いはわからないのだが、ザラザラ感が解消してる気がしない。足りないのかな?
ちょっと多めに吹きかけると・・・・垂れた。
かけすぎかー。カラーと比べると垂れやすい気がする。

ボカシ剤も数回かけた。もう、こんなもんかな。1回吹きかけては5分空けるという繰り返しで、2時間くらいかかった。
IMG_20201103_103919.jpg

あーあ、タッチアップペンで塗装した所が盛り上がってる。みっともねーなー。
ちょっとびびってやめてしまったが、紙ヤスリが足りなかったな。塗装した後がわからないくらい周りと同じようになるまで紙ヤスリを掛ける必要があった。

キーの傷を消した後。ぱっとみきれいだけど、塗装したところはしてないところと比べて艶はない。さらに関係のない後部席のドアまで塗装がかかっている。そして、ボカシ剤が垂れている跡が残っている。この塗装の下には汚れが閉じ込められている。
IMG_20201103_103946.jpg

あとは、コンパウンドで磨くだけ。
しかし、みっともない状態のため、全然楽しみじゃない。
しかし、もうこれ以上やり直す気は起きない。こうなることがわかっていれば、早い段階で紙ヤスリをやり直したかもしれないが、塗装を重ねるとわからなくなると思って進めてしまった。さすかにここから紙ヤスリをやり直す気は起きない。

これが左のサイドミラーだったらなー。左側のウィンカーのガラスにヒビが入ってて、そこに水が染み込んでて、太陽が当たると中が曇る。ディーラーで交換したらウインカーと塗装がいっぺんに直せたのに。

しかも、また後から気づいたのだが、もしかして、クリアはカラー塗装を乾かして磨いた後にする必要があったのではないのか?
塗装終わった後を見ても、特に違和感はないのだが・・・。

タッチガンは全く問題なく、良い製品だと思う。使い手が問題だった。ま、こんなもんかな。

CX200 + スマート

練習に行ったら、「あれ?今日試合じゃないの?」て3人位に言われた。今日は予選。俺は何の手違いかシード付きのダイレクトインなので、来週です。実力以上のランキングが着くと落ち着かない。

先週のシングルス練習でボール飛び過ぎ感が払拭できず、ストリングをナチュラルのトニックプラスからポリエステルのスマート125に張り替えた。
IMG_20201101_144003.jpg

いや、自分の打ち方が悪いのはわかっている。せっかくのナチュラルを活かしきれてない。ちょっと、来週の試合が近くなって焦っちゃったかな。

アイスコード120、TRIAX1.28と試したが、去年から一番多く使ったスマートにした。
去年はピュアドライブ2015に張ってたけど、飛びすぎること無くラケットを振ることに不安はなかった。

今日はCX200に張って初めて打ったけど、やっぱり柔らかく打つボレー、スライスが打ちやすい。アイスコードはガツッという感触がする。TRIAXとトニックプラスは自分のこめた力以上にバイーンと弾く感じ。シングルスはスライスをよく使うので、ここにストレスを感じないことは大事だ。
ストローク、サーブもイメージに近い飛び。もうちょっとスピンかかってくれたらという気がしないでもないけど、必要十分にはかかってる。CX200に張って打球感が硬くならないか心配だったけど、それもない。むしろ柔らかく感じた。単にスイングスピードが遅いだけかもしれないけど。

よくナチュラルは反発力、ホールド感に優れるというけれど、ホールド感についてはちょっと自分のイメージと違う。ボールを掴んてる感は確かにあるけど、その分、強く反発する。柔らかいショットはあまりホールド感を感じず、カンと弾く。
スマートの、柔らかいショットのときに面に乗ってて、力込めた分だけ飛ぶ感じが今のところ、自分には合ってると思う。


先週、先々週とファオの調子を崩してるので、今日はそこを注意してた。
しかし、今までみたいに形に拘らないように。ただ、極限まで力を抜いて、飛んでくるボールに無意識に呼応して技を繰り出すのみ。
力を抜くのはバックもサーブもそう。

極限まで力を抜く。
昨日、子供のソフトテニスの練習試合の送迎と見学。相変わらず激ヘボ。うちだけじゃなく、他の1年B組はまじひどい。普段、何をやらせてるのか?
見てるの飽きたので、空きスペースで奥さんの練習に付き合う。ポンポンと、基本ボレーの上げボール。んー、やっぱり軟式やると力の抜き具合を思い出す。力抜いてるけど抜くほど球走るみたいな。ラケットが抜けない程度に握る。手首は全く力入れずに待っているが、飛んでくるボールと打ちたいボールのバランスで力を入れるタイミングが決まる。力入れるけど、極限まで力を入れず抜いている。

ただ、バックはバウンド後の伸び方が軟式と違うのに慣れず、まだ間のとり方が合わない時があってミスする。
サーブはこれで決めてやろうと入れ込むと大体だめ。ボールの伸びと精度がちょうど良い力の入れ具合というのがあって、そこを上にも下にも外れると入らないし、入っても思った威力・精度が無い。自分が思ってるよりずっと少ない力でちょうど良い気がする。

奥が深いわ。軟式はもう10年位真剣にやってなかったけど、まだまだ自分の見えない領域がある気がしてきた。

DIY魂 キズ消し大失敗

先週、サイドミラーの引っかき傷をタッチアップペンで塗装。
https://silent-diary.at.webry.info/202010/article_12.html

今日、仕上げに入る。

これが作業前の状態。塗装が乾いて完全に固着。マスキングテープを塗装の周りを囲むように張る。そして1000番の紙ヤスリでこする。
2020-10-3101.jpg

マスキングテープの厚みまで塗装を削るのだが、いまいち削れてるのかどうか不安。それにマスキングテープも一緒にこするので、マスキングテープも削れていく。数回、マスキングテープを貼り直して削る作業を繰り返す。

こんなもんかなー。削り過ぎも怖いので、こんなもんでいいかな。
2020-10-3102.jpg

今度はコンパウンド粗目で磨いていく。というか削っていく。塗装がサイドミラーのもともとの面と平滑状態にする・・・のだが、これが大変。いくら磨いてもなかなか平滑状態にならない。紙ヤスリが足りなかったかなー。かれこれ30分くらい粗目で磨く。

スポンジに青い色が付いてるので、塗装を削ってるのは間違いない。
2020-10-3103.jpg

たまたま妹が来てて、知人の話を聞いたら、ヴィッツのサイドミラーの交換した人によると8千円程度だったらしい。俺はこの傷直しの道具のために3千円以上使っている。この手間を考えると、失敗するかもしれない作業の費用対効果という面では微妙。まあ、自分の手で直すというのが楽しいということもあるのだが・・・。

もう、こんなもんで諦めましょう。指先で触るとなめらかになって入るけど、塗装の膨らみは残っている。しかし、塗装面以外も一緒に削ってるのは間違いない。もう、こんなもんで諦めよう。しかし、なんか微妙に色が違うような。間違えたかな?
2020-10-3104.jpg

後は、コンパウンドの細目と極細目で磨いていく。

しかし、細目で磨いていると異変発生。
2020-10-3105.jpg

傷の真ん中あたりの塗装が元の面とかなり平滑状態になり見分けがつかないくらいになった。お、すごい。もっと磨けば完璧になる?と思ったが、その平滑状態の上下が白く曇った状態に。写真ではわかりにくいが、明らかに元の面が曇ってしまった。

あちゃー、やっちゃった。
コンパウンドで磨きすぎてクリア層がなくなっちゃったのかな?指先で触った感じではわからないけど。
この時点で諦めてクリア塗装を薄くぬる。白く曇ったところもクリア層が無くなった可能性があるので、クリア塗料を塗る。

しくじったなー。
紙ヤスリが足りなかったな。削り過ぎが怖かったが、結果的にコンパウンドで磨きすぎてしまった。
それにコンパウンドで磨く時もマスキングテープ貼っておいたほうが良かった。周りと差がつくかと思ったが、こうなることがわかってたら貼ってた。
それと、先週の作業で、紙ヤスリで傷の上をこすって細かいバリを取ったのだが、そのとき傷を広げてしまった。それで塗装も広げることになったのが後に響いた。

やっぱりタッチアップペンで塗装し直すのは難しいな。ピンポイントの小さい傷を直すにとどめるべきだった。削って磨くという工程が必要になることを考えると、極限まで塗装を広げない努力が必要だった。


で、これで諦めようかと思ったが、また動画を見て、やり直すことにした。
https://www.youtube.com/watch?v=nRf37aWRd7I

タッチガンスプレーでやり直す。ここまで来たら納得するまでやってやる。
くそー、クリア塗料塗るんじゃなかった。無駄にまた紙ヤスリで削らないといけない。でも、もうアマゾンでタッチガンも、タッチガン用のクリア塗料とボカシ剤も注文したもんね。また3千円近くかかっちゃったよ。それで失敗したら、最悪はディーラー行きかな。

やばい

まじでやばい。

2週間ぶりに6kmランニング。
ここ最近のランニングでは、たかが6km走るのにぎりぎり状態だったので、今回は徹底的にゆっくり普通に走って、最後まで普通に走りきれるように努めた。

ところが3km過ぎると、急に足が重くなり、体が重くなり、ペースもどんどん落ちていく。
1kmは7:30、2kmは6:30、その後は7:30、7:40、7:50と落ちていった。
それで走り終わった後、へろへろ。こんな遅いペースなら余裕しゃくしゃくでいないといけないのに。

今年の夏前までは6:30/kmくらい。6分切を目標に走ってたのに、今や7分を切ることもできない。
何ということだ。次のフルマラソンで5時間切りを諦め6時間切りを目標にしてたのに、完走することさえできない状態だ。
確かにサボり気味ではあるが、それでも真夏明けに走ったときでもここまで遅くなかった。

なぜ?

太ったからかな?
去年の夏は54kgくらいまで落ちて、そこから筋肉体操で戻してきた。去年からは少なくとも3kgくらい増えてる。
今も60kg超えを目指して、今59kgあるかないか。人生で一番重い状態。
確かに去年の状態で3kgの重り持って走るのはきつい。でもやせたくない。

今の体重で走れるよう練習重ねて足の筋力上げるしかないのか。
筋肉体操すればするほど、それに合わせてランニングしないと走れない気がしてきた。
これはつらい。
つらいが走らないと完走できない。
辛い・・・。

今日は二人でシングルス練習。先月一緒に練習した人と。先月は2-6、6-2で1勝1敗。先週の試合でいろいろ良くなったと思うので、今日は連勝だな。

今日は力を極限まで抜いて振り抜くスイングを思い出して、確実にモノにするのが目標。

まず1試合目。いきなりブレークされてG0-2。ここから逆転してG3-2。そのままリード広げられるかと思ったけど、ミスが出て。G4-3。ここからまたしょうもないミスを連発してG4-6負け。あれ?

2試合目も似たような展開でG4-3。追い風のサイドでトップスピンが打てず、スライスばっかり打ってたがそれを相手がミスしてブレークしてG5-3。ここで、ゲームカウント間違えてて、勝ったと思って終わってしまった。ばか。

1試合目は最初CX200+トニックプラスで行ってたのだけど、抑えが効かず、G3-2の時点で今週試しに張ったピュアドライブ2015+TRIAXで行ってみた。しかし、壁打ちのときは硬いなと思ったけど、実際使ってみると結構反発力あって、ナイロンモノみたいな感じだった。やっぱりよく飛ぶ感じ。

2試合目も最初ピュアドライブ2015+TRIAXで始めたけど、飛び過ぎな感が払拭できず、ピュアドライブ2018+アイスコード120に交換。やっぱりこれが一番安定してるな。

先週はCX200+トニックプラスで感触良かったんだけどなー。まあ、今日は打ち方が悪かったんだろうけど。ただ、スライス系はやっぱり気を使う。ちょっとしくじると吹っ飛んでいくのが怖い。
硬式のボール自体にかなり反発力あるけど、ナイロンやナチュラルだとストリングにも反発力があって、ちょっとした調子の善し悪しで抑えられなくなりがちに感じる。振動止つけても抑えられない。硬く張ればいいのかもしれないけど、カーンて飛んでいく感じが嫌。
やっぱりCX200にポリ張るかー。それだめでも、試合にはピュアドライブ2018で行けばいいし。

まあ、でもやっぱりフォームがまずかったなー。風がきつかったのもあって、だんだんフォアのトップスピンが打てなくなってしまった。
家で動画見てみたら、また悪い癖が出てた。テイクバック浅くて体が最初から開きがち。へんてこなテイクバックしているし。野球のバッティングで言うところの「ヒッチ」。一度グリップ下げてから打ちに行く動作。俺の場合、なぜか両手で持ってるラケットを一度落としてからテイクバックしている。なにそれ?無駄に時間使ってるし、テイクバック浅くなってるし、お前何やってるの?

軟式でもこんなことやってるのかな、俺?いや、多分やってない。軟式では膝くらいの高さから下に弧を描いてテイクバックしている。
それが硬式になると、ラケットを引くスタート位置は一緒だが、ループテイクバックしようとしてラケットが上に上がってる。見た目もかっこ悪いし、結果も良くない。ラケットが一番遠回りする方法で、ヘッドが落ちきらなくて上からボールを叩いている。
最初から高い位置からテイクバックする、もしくは軟式みたいに下からそのまま引く。どっちかでいいと思うのだが。
これは無意識では直せないかもしれない。

バックはほとんどスライスだったけど、たまに打つトップスピンはミスしなかったな。もうちょっと使いたいんだけど、スライスで逃げてしまう。

サーブはまあまあ良かった。よく入ったと思う。無意識に一番打ちやすいフォームで打つように心がけた。ただ、動画を見るとこれも思ったフォームと違う。フォロースルーがめちゃくちゃ体の左に流れてる。メドベージェフみたい。おかしい。入ってるならこれでいいのかな?ちょっと嫌なんだけど。

DIY魂 今度はキズ消し

ふと、こんな動画を見ちゃって
https://www.youtube.com/watch?v=nsQdCd9efQk&t=414s

俺もキズ消しにチャレンジすることにした。昔、奥さんがヴィヴィオを凹ました時、パテ埋め&再塗装を自分でやって結構うまくいった。俺ならきっとやれる。

対象はこちら。
2020-10-2503.jpg

今年フィールダー購入直後に何者かによってつけられたサイドミラーの傷。一度コンパウンドで磨いてみたものの、結構くっきり残ってて、それ以上手を出していなかった。

まずは600番の紙ヤスリで傷の上ヤスリがけ。んー、余計にひどくなったな。
2020-10-2504.jpg
シリコンオフスプレーで脱脂した後、マスキングテープを傷の上下に貼る。微妙に傷が2本あるため、マスキングテープもなるべくそれになぞって貼る。
2020-10-2505.jpg

タッチペンはこちら。ホルツのトヨタ専用8T7。T-134。店頭でカタログとネット検索で、これであろうと当たりをつけて買った。似ている色がいっぱいあったが、きっとこれに違いない。間違えてても自己責任。
傷をなぞって塗るのではなく、塗料を置くように筆を動かしていく、らしい。
一度塗った後、しばらく置いとくと乾燥して塗料が縮む。また塗料を塗って乾かして、もう1回塗った。
2020-10-2507.jpg

最終的にはこんな感じに。傷の上をしっかり塗料が盛り上がって乗っている。
2020-10-2508.jpg

1週間位ほっといて完全に乾かした後、紙ヤスリとコンパウンドの磨き工程に入る。1週間の間に雨が降ったらどうなるんだろう?

ついでに、右後ろのバンパーの傷も直すことにした。買った前からついてたのか覚えてない。こちらの傷は水で濡らすと目立たないことから、コンパウンドだけで消えるのではないかと思う。
2020-10-2509.jpg

使うのはこちら。ホルツのコンパウンドセットとスポンジ。
2020-10-2510.jpg

まず、一番細かい粒子のコンパウンドで磨いていみると、見た目で明らかに消えていく。ちょっと手間かかったけど、根気よく磨いてたら殆ど消えた。
2020-10-2511.jpg

よし、次は1週間後。楽しみだ。

素振り

木曜日にすごい雨が降って、金曜日の朝まで降ってた。釣りいけるんじゃね?

2週間前もそんな感じだった。同じように小潮で普通は行かないタイミングだけど、雨後の好条件を期待して夜に行ったら、ものすごい潮位が高く危険を感じたほどだった。で、全く釣れず。

今回は干潮となる夜明け付近に行った。

ほら、干潮なのに増水してちょうど良い感じの潮位。そして、期待した通りの雨後の流れ。こりゃ釣れるでしょ。

朝マズメのタイミングは逃したくなく、がんばって早起きして5時過ぎから釣り開始。

寒い。急に寒くなったな。そして風も強い。厚着してきたつもりだが、すげー寒い。でも、いいよ。釣れるから。

寒い!!

頼む!!早く日が出てくれ!!我慢できん!!
そして、何でもいいから早く釣れてくれ!!

明るくなり、バイブレーションやワームに変え、投げ続ける。
日が出るとちょっとあったかくなってきた。

そして、終了。何事もなく・・・。
今日も素振りだけして終わった。

水はこんな感じだった。
2020-10-2501.jpg

完全に上げ潮状態でも上流からかなりの流れで30gのジグでも、かなり流されてじゃないと底が取れなかった。
そして、この濁り。
それでも釣れない。
もう釣れない。雨後は釣れない。俺の中でそう定義された。

今日の橋の進捗状況。
2020-10-2502.jpg

何枚か撮ってたら、勝手につなげてパノラマ写真が作られた。
相変わらずすげーな、Googleフォト。
クライアント側でやってるのか?
サーバ側のような気がするんだけど、世の中の全ユーザをサーバ側で処理するとしたら、どれだけのプロセスを立ち上げないといけないのかという疑問が湧く。やっぱりクライアントかな?凡人にはわからない。でも、同じ苦しむんだったら業務システムより、こういうアプリの開発がしたかった。


そして、日中は例のごとく寝不足で動けず。たかが4時起きで1日動けない。あかんな、もう、確実に体が劣化している。土日で釣り2回、テニスと野球やってたのが懐かしいわ。

でも、夜に奥さんと鬼滅の刃の映画見に行って元気出た。生きている人間は頑張って生きていくしかないのよ。

TRIAX

先週のシングルスの試合の後、楽しかったが虚しい。
ストロークの調子は概ね良くて、長年の悩みが解消されつつある。
しかし、サーブの調子が悪くて負けてしまった。サーブ悪くてもストローク良ければ大丈夫と思ってたのに、もろくも負けてしまった。
ストロークが良くなったとしても、所詮その程度のレベルかと思うと虚しい。

ピュアドライブ2015にTIRAX 1.28を張ったの壁打ちで試した。
ナイロンマルチとポリの複合ストリング。メインで使っているCX200にナチュラルを張っているけど、飛びすぎる感がしたので、その対策として良いのでは思っている。

で、実際に打ったが特に大きな感動はなかった。
事前に製品の特徴を見た時は、ナイロンマルチがベースでポリを混ぜてる、つまり、ナイロンマルチの感覚が強いのかと思ってた。
打ってみると、柔らかいショットは柔らかく、強く打つと強い衝撃という印象。前に張っていたスマートに近いかな?スマートよりは反発力があるかな?程度の感じ。
昔、ナイロンマルチを使った時は粘りある弾力が印象的だったけど、そういう感覚は全く無い。
小1時間ばかり打ってたけど、普通のストロークでは硬い印象で、ほぼポリで打っている感触。44lbと緩めに張ってるんだけど。

練習後。目立ってささくれだったりしてない。見た目だけだったらナイロンと思う。
2020-10-2201.jpg

これをCX200に張るかどうかとなると、まだ判断つかない。
ピュアドライブに張ってこれなんで、CX200に張るともうちょい柔らかい感じになるのかな?
ボールの伸びとかわからないので、週末の練習で使ってみてまたどうなるかかな。


壁練習は大体自分の思いどりにストロークが打ててるので、今までみたいにがつがつ打つことなく終わった。
サーブも小手先で打たないように気をつけて練習して良くなった。良いときはボールをぐしゃっと潰せてる感じがする。
ただ、ストリング変えたせいかもしれないが、スライス系のショットの感覚がおかしい。
前の試合でも、フォアもバックもスライスのミスが多かった。
壁相手ボレーもおかしい。

やっぱり軟式の経験が長いとスライス系は難しいと思う。
軟式はネットベタつき状態のウエスタングリップでのボレーがほとんど。
ローボレーの練習もするけど、割合としてはかなり少ないし、これもウエスタングリップ。そもそも試合ではローボレーをしないですむように動くし、相手もそんなに打ってこないし。
硬式だとコンチネンタルグリップで、シングルスでは基本的にローボレー。軟式とはやってることが真逆。
軟式やってるときもたまにコンチネンタルでボレーしてたけど、かなり限定的で感覚も違う。

ストロークは同じ感じで打てることがわかった。サーブも軟式の時からコンチネンタルグリップで腕の使い方もほとんど同じで、なんだかんだであまり大きく変えずに打てる。
ボレーだけは難しい。練習でできたと思っても、試合ではそのとおり打てない。
理屈はわかっているつもりだけど、数多く打って感覚を身につけることが大事かな。

月例シングルスの試合 なめてました

毎月恒例、所属クラブによるローカルシングルスの試合。最近調子いいし、今日は優勝だな。

クラブに着くと・・・あれ?県の試合でよく会う人がいる。前の仕事でお客さんだった人だ。なぜここに?え?試合に出る?なんでまた?

来月、コロナのせいで中止が続いてた、県のシングルスの試合が久々に開催される。それの前哨戦的に参加とのこと。そうかー、これは急激に面白い試合になりそうだな。

お連れの人もいるそうで。どうも、はじめまして。え?初めてじゃない?何年か前にガーデンに通ってたときに一緒にやってた?そうでしたっけ?女の人が多かったイメージがあるんだけど。
え?このブログを読んでる?そんな稀有な人は、いつもお世話になってるONSさんに続いて二人目だ。
ちなみに、テニスの更新回数が一番多いが、自分としては釣りと花ペットがメインなのであしからず。

今日持ってきたラケットはCX200とピュアドライブ2018。ピュアドライブ2015はTRIAXに張替えに出している。飛びすぎて困ってたCX200だが、振動止めをつけてどうなるのか見極める。

今日は9人でトーナメント。初戦だけ8ゲームプロセットでノーアド。にぎやかになりそうだ。

2回戦
強打のレディが初戦の相手。最近ずっと当たってるな。前回はG5-0から3つまくられたからな。油断ならない。
自分のサーブは無難にキープして、相手のサーブでノーアドになるけど全部取っていってG7-0。さすがにここまで来れば安心だろ。
1ゲーム取られたけど、サーブキープしてG8-1で勝利。
強烈なストロークとサーブでやられたけど単発で、ミスの方が多かったので、こちらはリスクを犯す必要なく終わった。ただ、バックのスライスが殆ど入らないのが懸念。


準決勝
これまだ強打の男性が相手。2年くらい前に1回やった気がする。振っては来るが、ミスが多いので、ま、勝てるだろ。
相手サーブから。最初から速いがダブルフォールトが多くブレーク。自分のサーブは0-30から逆転してキープ。次のゲームはノーアドで強烈にリターンを見舞ってブレーク。G3-0。な、勝てるだろ。

しかし、ここから沼にハマる。
自分のサーブでダブルフォールトを連発。ここまで何の問題もなかったサーブが、このミスをきっかけにおかしくなる。
G2-3となり、次のサービスゲームでまたもダブルフォールト連発でG3-3。
これで相手が完全に息を吹き返した。相手がセカンドでも思いっきりサーブを打ってきて、それがまた入る。コースはほぼフォアにしか来ないけど、なんせ力任せに打ってくるのが入るので返すことができない。さらに、こちらの調子のおかしくなって入れに行かざる得ないサーブを強打してこられて返せない。G4-5と王手をかけられる。

ラケットをポリを張っているピュアドライブ2018に交換する。CX200を使ってたが、振動止めをつけてたけど飛びすぎる感じがして、特にサーブの制御がきかないので変えた。
自分のサーブ。若干だが、ましになって、とりあえず入れることはできる。今日はフォアが調子いいので、なんとかラリーで持ちこたえキープ。
G5-6とまたリードされるけど自分もキープしてG6-6。今までならブレークされて終わるところ、2ゲーム持ちこたえた。

タイブレーク。いきなり0-4。やっぱりびびりサーブが足を引っ張って、ストロークもびびってしまう。相変わらずバックのスライスが入らない。2ポイント返したが2-5となる。
ここから粘って5-5と追いつき、さらに6-5と逆転。マッチポイント。しかし、取り切れない。ここから一進一退。お互いなんどもマッチポイントを握るが、取れない。俺はチャンスボールを何度もミスしてしまう。インドアコートだったが、夕暮れの日差しが入ってきてすごい見にくい。
9-9から相手の強打をフォアのスライスでしのごうとしたが暴発。9-10。相手のセカンドサーブ。強打に備えてたが、入れに来た緩いサーブにタイミングが狂ってネット。タイブレーク9-11で負け。

あー、くやしいなー。中盤の自滅から簡単に終わりはしなかったけど、サーブに足を引っ張られて全体的に調子がおかしくなってしまった。勝てる試合を落としてしまう典型的なパターン。


3位決定戦
今日、友だちになったKSMさんが相手。最初、体調が悪いから見学だけと言ってたが、そんな気張った試合じゃないからと言って参戦。しかし、初戦から8ゲームのタイブレークやってて体調を心配してたが、無事の模様。
練習も試合もプレーの記憶が無いので、どんな選手なのかわからないが、この前の試合で元お客さんのSNOさんとはG1-6で負けたのこと。まあ、体調も良くないみたいだし、勝てるだろ。
と、思ったら、始まってすぐにその認識の甘さを打ちのめされる。前の試合で強力サーブにさらされてて、タイミングが合わなかったのもあるが、サーブがコースを突いて的確に入ってきて返せない。簡単にキープされる。やべー。強いじゃん。

自分のサーブ。試合を待ってる間、調子に乗って初戦のレディとかにサーブはこうしたらいいとか言ってた。ところが前の試合で自分がズベレフ以下のヘボサーブを打ってしまい反省していた。この試合前に何が悪かったのか考えてた。多分、小手先でスピンをかけようとしてた。腕全体、体全体でサーブを打つように意識した。フォームに流れを作るために、体の横向きを維持して右足をステップしてみた。

これで一気に感覚が良くなった。さくさくサーブが入る。ストロークにミスが出て先行されたが、なんとかしのいでポイント取れてキープ。G1-1。
この後も似たような展開が続き、お互いサーブキープでG3-3まで進む。なんかシングルスの試合っぽいな。

この間、ストロークの調子が上がってきた。フォアはもともと良かったが、リズム良くなった分さらに振れるようになった。ラケットも飛びすぎると思ってたCX200で問題なく打てている。
バックのスライスも入るようになった。しかも低く伸びるスライスが。前の試合まで、体を前に回す力で飛ばそうとしてておかしくなってるのに気づいた。横向きのままで腕のスイングだけで打ったら良くなった。目線が打球から離れるのが気になるが、ボールは明らかに伸びていった。攻められても五分で返せるようになった。

相手サーブ。ようやくタイミングが合ってきてレシーブが変える。ラリーでも余裕が出てきたことで、相手のミスが出てきてブレーク成功。
自分のサーブは調子を維持して、復調した久々の全力スマッシュも決まってキープ。G5-3。

相手サーブ。30-30。サーブで相手がネットに出てきたのが見えた。展開に行き詰まりネットで勝負に来たか。フォアのリターンがダウン・ザ・ラインに決まる。マジで狙って入った。40-30。
セカンドサーブからネットに来た。しかし、ここもフォアのリターンがクロスに炸裂。相手のボレーミスを誘い、G6-3で勝った。
KSMさん悔しそうだが、俺は良いプレーを出せた。最後の2本は1歩も動かないで打てるコースだったのに助けられた。


3位か。今年はほぼ毎月出て優勝は1回。なかなか優勝できんな。

ストロークは、もうこんなもんかな。これ以上良くはならないだろう。まだへんなミスはあるのだけど、ラリーを続けて時折ウィナーを出すレベルまで来た。今年、子供や奥さんと軟式の練習をやって、やっぱり俺はこれなんだと思った。もう、硬式用のフォームとかどうでもいい。動画を見てもやっぱりへんなフォームだが、軟式打ちが俺の生きる道。

バックも軟式打ち。振り切ったトップスピンが入った。3球くらい。ほとんどフォアで打ってたし、相変わらず余裕があって打点が体に近いときしか打てないのだが、まあ、いいでしょう。パッシングで打てたのが自信になった。

バックのスライスとサーブで躓いたが、だめなところに気づいて、最後の試合で矯正できたのは良かった。次からは最初から打てるようにしなければいけない。

ボレーはヘボかった。入ればラッキー。コースを狙うなんてとんでもないという感じ。ダブルスと違って、後ろから前に移動する中で打つファーストボレーがまずだめすぎて、自殺行為レベルから抜け出せない。しかし、普段の練習あ壁相手では、試合で本気で打ってくるレベルのボレー練習はできんしな。こればっかりは独自練習ではレベルが上げられない。

筋肉体操始めて1年経って、一応パワーアップしてると思うのだが、打球にそれが反映されてる感が全く無い。やっぱりテニスは力ではないのか?単に、力入れて打つことができてないのか?

今日は相手バックを狙うことをテーマにやってた。やっぱり、いくら得意という人でも、フォアに比べればレベルが落ちることが多い。バック中心で展開して、時を見てフォアを攻める。まずはこの基本パターンをしっかり作りたい。

最近、タイガー・ウッズは相手のパットが入ることを願っているという逸話を知った。外せば自分の優勝が決まるという場面で、相手のパットが入ることを。相手のミスで勝つのではなく、最高の相手に自分の力で勝つのだという。それ大事よね。
ということで、俺も今日そういう気持ちでやってみた。
しかし、できなかった。
2試合目、きつい展開で相手のダブルフォールトが出ることを期待してた。あれだけ多けりゃ、そりゃ期待しちゃうでしょ。でも、自分のプレーが良くなかったので、勝手にポイントが転がり込んでくることをいつのまにか期待してた。思うだけのなんちゃってメンタルだった。これは真に強いメンタルがなければできることではないとわかった。

決勝戦、元お客のSNOさんの相手となるはずだった、俺が負けた相手が用事があって帰ってしまった。それで代わりにかつてニックボロテリーアカデミーにも入ったことがあるというコーチとのエキシビジョン。
G6-1。つえー。SNOさんもよく返してたが、やっぱ俺たちとは次元が違うみたい。前も見たことあるけど、サーブにしろストロークにしろ全然、全力感がないのに威力があってコースが激きつ。打球の質とか軌道もなんか違ってて、横から見てるとアウトになるかと思ったのが余裕で入ってたりする。いわゆるエッグボールみたいにスピンがかかりまくりというふうにも見えないのだけど。

サーブってどれくらの力の割合で打ってるんですか?って聞いたら7~8割だって。そうかなー。5~6割くらにしか見えないんだけど。力もそうだけど気持ちも7~8割だって。全てを出し切ろうとするとおかしくなるって。そうかー。たしかに8割位でとかはよく思うけど、気持ちも8割は無かったな。10割だよ。いつもサーブだけでポイントできないか考えてる。それが自滅の入り口なのかもな。

KSMさんはストロークのときに、足はばたばたしてないし、全然打点のズレがないって言ってた。たしかに、言われてみれば。左右に振られても必死感が無い。
コーチはただ自分の打点に入って、ボールがそこに来るのを待って、来たら振るだけ、みたいな感じの事を言ってた。わかったような、わからんような。ただ、確かに俺なんかは打点が低いときはこんな打ち方、高いときはこうして、みたいに、いろんなフォームで打つことを考えてる気がする。コーチは基本的にベースラインから下がらない。深いボールはライジングで打つ。浅いボールは当然前に動く。しかし、いつでも同じフォームで打ってるように見える。だからといって、凡人が真似してできることではないことだけは理解できる・・。

最後に、良いボール打ったら良いボール打ち返されるだって。相手に良いボール打たれたら、その前に良いボール打ってる証拠だって。それはわかる気がする。軟式やってる時、そう感じることがあった。相手が強いほど自分も強くなるような。硬式でその境地に行けることは、まあ、ないだろうなあ・・・。


調子悪いときにポリに逃げたが、自分がちゃんと打ってればナチュラルストリングでも大丈夫ってわかった。来週、シングルスの練習に誘われて、そこでナイロンマルチとポリの混合ストリングTREIAXを試してみるが、まずは自分だな。

今日の景品。これまたド派手な色だな。服装規定適合製品て書いてるので、試合用と思われるが、おじさんには恥ずかしい。
2020-10-1803.jpg

今日はおじさんには優しい天候でやりやすかった。思わぬゲストがいて、いろいろ話ができてよかった。来月から県の試合始まるけど、良い練習になった。また筋肉体操頑張らないと。

挽回

花は咲くものの実がならないと思ってたミニトマトだが、なんとか実が付き始めた。
2020-10-1801.jpg

ネットで調べたら最初に咲いた花に実がつかないと、その後もつかなくなる傾向があるらしい。
花が咲いたら放っておかず、花を指で軽く弾いたり、綿棒で子房を触ったりして受粉させるのが良いらしい。
ということで、だいぶ花が落ちてしまってたものの、適当に指で花触って受粉と思われる作業をしてみたところ、ぽこぽこと実がなりだした。
まだまだ花は残ってるし、これからも咲きそうなので、冬になる前にもうひと頑張りしてほしい。

今年は花が咲かなかったハイビスカスだが、今年も咲かなかったのがホテイ草。
小さい容器に入れてメダカを飼ってたときはよく咲いてたんだけど、ここ3年位は咲いてない。
なんか、早くも枯れてきた。それ以前に株は1個しか増えてない。普通なら容器から溢れんばかりに増えるのに。
そういえば、今年はアマゾンフロッグピットも増えない。去年はトロ船を覆い尽くす以上に増えたのに。
今年、暖かくなり始めた頃に新しいトロ船に水をセットし直したのだが、栄養が不足した?
その割に苔とか藻はしっかり増えてるのだが。
2020-10-1802.jpg

秘密兵器

ちょっと、子供のソフトテニスの練習のため、秘密兵器を購入した。

ウィンボール。単なる重りではある。ラケットにビニール袋を被せて素振りとかもやってるらしいが、うちの子には今の所効果がないので、これを買ってみた。ヘッドだけが重くなるが、力を抜いてヘッドを効かせるスイングを覚えるのには効果的。
2020-10-1101.jpg

サーブアップ。正しいフォームで素振りをすれば、最初から最後まで折れることがないというアイテム。硬式やってる男子ならほとんどの人はできるだろう。
2020-10-1102.jpg

うちの子にやらせると、素振り上は非常に改善されたように見える。本人も手応えあるようだ。
で、昨日、実際にコートで練習してみたところ・・・。

ま、こんなもんかな。
スイング以前にボールの打点に入れないので。
サーブに関しては、トスを上げるのに四苦八苦してて、ラケット持ってる手はどこか宇宙の彼方に行ってるみたい。
まあ、とにかくボールをラケットで扱うという感覚が無い。
試合で、相手やペアがボールを渡そうと、軽く打ってきたりするでしょ。それを手でもラケットでもなんでもいいけど、キャッチするでしょ。そんなの何も考えなくてもできるでしょ。テニスやってる人は。それができないよの、うちの子は。ぽろぽろこぼして、後ろに反らしたりする。

ま、教えたとおりできれば、みんなすぐ上達してすぐプロ選手よね。少なくとも自分の子はすぐ上手くなると思ってた。でも、自分が知ってることを教えれすぐ上手くなるというのは、とんでもない勘違いだとやっとわかった。うまくならないのは教え方が悪いのかと思ってたけど、それだけじゃないのもわかった。もう、そっとしておこう。

ますます劣化

真面目にテニスの練習に行ったのに、練習ができない日だということを現地に行って気がついた。もう寿命も半分過ぎてるのに、無駄な時間とガソリンを消費してしまった。

しょうがないので夕暮れにいつもの6kmランニング。

昼間は暑かったけど、涼しい時間帯で快調に走り出す。しかし、すぐに苦しくなり、これは最後まで持たないと思ってペースダウン。しかし、進むごとに確実にペースが維持できなくなり、最後は息も絶え絶え。6km走り切るので精一杯。平均ペースは7分/kmちょっとだが、後半は7分半~8分。今日のこの調子ではフルマラソンは絶対に完走できなかった。

なぜだろう?走るたびに遅くなっていく・・・。