一応、練習してます

まあ、一応フルマラソンに備えて練習はしているが、1回5~7km、週2回位がせいぜいというところ。筋トレやテニスの練習もしてるので、常に筋肉痛のような状態で、これでいいのか?という疑問がある。ランニングの練習ばっかりやってれば、それに慣れて負荷を上げて続けて練習できるのだが、違う運動を交互にやってる状態で、疲れ方がいつも違う。

今のところ、一生懸命走って、6分/kmのペースで数km走れる。ちょっと手を抜いて楽したら6分半位。このペースを維持できればフルマラソン5時間が切れると思う。問題は最後まで足がもつか。やっぱり、1回の練習で10kmくらいは走っとかないとなー、と思うんだけど、夜中に1時間も走るのがなー。辛いし、翌日も辛いし、そもそも走ること自体面白くないし。手抜いて走ろうと思っても、走り出すとタイムアタックしたくてスピード上がっちゃうし・・・。

スピードはあるが、持久力はない。最大の課題は持久力というところで、もっと柔らかいランニングシューズをと思ってたのだが、高いのでちょっと小道具を試してみた。

2020-01-21.jpg


https://www.sorbo-japan.com/products/detail.php?id=67

かかとにクッションが入ってるサポーター。両足で2千円以上かかったよ。それでも新しいシューズ買うよりは安い。早速試してみたところ、抜群にスピードが上がったり、足が楽になったりとかは・・・・ない。もう少し検証が必要と思われる。もっと長い距離走らないとはっきりした実感が得られない気がする。

来週あたり15km走って、2月にテニスの試合が終わった後に25km~30km走って、3月の頭にハーフマラソンという感じで長距離の練習を重ねるつもり。その間はちょこちょこと5km位の練習で間をつなぐかな。あー、もう、やっぱりフルマラソンて大変だな。最近お話した人なんか、ランニング初めてフルマラソン挑戦するまでに2年以上準備したとか言ってたもんな。もう、何が楽しいのかわかんなくなってきたよ。

セカンドサーブがテニスの実力

はい、1週間ぶりのテニスの練習。今日は年配の人ばかりが相手だったので、力任せサーブは封印。ファーストもほとんどスピンサーブで行った。

しかし、スピンサーブと言えない威力のスピンサーブ。相変わらずダブりが多くて困る。ファーストで打つときはまだ良い。威力は無いが、少なくとも確率は良い。しかし、セカンドになると後がないというプレッシャーがかかり、同じサーブを打ってるのに明らかにファーストより確率が悪くなる。

今日はエッジから薄い当たりで打点に入るようにした。当たりが薄くなりすぎるといけないので、体を前に回して前に押せるようにした。でも、いまいち。周りから見ると、まあ普通に入ってるよね、という感じで見えると思うが、自分からすると全然確信がない。打ってみないとどんな弾道で飛ぶのかわからない。薄く当たりすぎてかすったり、厚く当たりすぎて吹っ飛んだり。どういう感じで当てて、どういう弾道で飛ばせばいいのかイメージがない。そもそもスピンサーブって強く振れば振るほどスピンが良くかかって確率良くなるという面があると思うが、俺のサーブにはそういう感じが全く無い。ちょっとスピード落として自然落下の力を借りる必要がある。ネットでいろんな解説、動画を見ても、どれもピンとこない。何が正解なのかわからない。少なくとも自分のサーブがだめなことだけわかる。

そりゃプロ選手みたいに跳ねるスピンサーブは難しいにしても、明らかにスピンサーブという弾道には程遠い。本気で打ってるけど、バウンドしたボールは完全にお辞儀して、相手の腰くらいの打点に落ちてしまってる。当たりが薄すぎる。かと言って、前に伸びるように打つとスピンかかんないし。

回転が多くかかってるけど、前にも横にも伸びないスライスサーブな感じかな。まあ、それでもいいんだけど。下手に弾んで高い打点から叩かれるよりは、低い打点で打たれた方がまし。でも、確率が悪い。極端な話、全然変化しなくても、振り切って確実に入るというイメージを持って打てるサーブが欲しい。

サーブが思ったように行かないので、むかついてきてフォアもおかしくなるし、最後はむかついただけで終わったわ。また自分に腹立つのは、だめなのがわかりきってるのに、その日の練習はそのまま行っちゃって、後からあれを試せば良かったとか思ってしまうこと。次試せるのは早くても来週だよ。

バックは打てたな。打っててあまり不安が無かった。ボールの左下に当てるイメージ持ってから少し良くなった。フォアは低い打点も力任せに打ってミスが多かった。

フォアボレーが一番良かった。先週はミス多発だったけど。鈴木貴男の動画見てたら、ボレーはラケットの真ん中より少し先端寄りで当てるようにという説明をしてて、それを試したら良くなった。スピードのある伸びるボレーが打ててミスも少なかった。よくわらかないが、今までヘッドが動きすぎてスピンかかりすぎてたのが、先端寄りで当てる意識を持ってると、ヘッドが前に出る動きが減った。なんかあまりスピンがかからなくなって、イメージした弾道で飛んでくれた。逆にスピンをかけようとして、先端寄りで当たるとうまくいかない。バックは特に。スライス打つときは手元に近い方に当てるイメージの方ががよくスピンがかけられる。

もしかして、サーブやストロークも単純に真ん中に当てるより、どこかにちょっとずらした方がいいのかな?もう頭が疲れるわ。若い時、毎日練習してれば、そんなの意識しなくても勝手に身につくのだろうけど、年取ってから新しいこと始めると、いちいち頭で理屈こね回して練習しないと身につかないもんだわ。

サービスキープできないのは?

今まで、ストロークは基本的にラケットは地面と水平にインパクトして、まっすぐ縦回転をかけるつもりで打ってた。高い打点はやや横回転になると思うけど。しかし、低い打点でのトップスピンが打てず、それを無理に打とうとして崩れることがよくあった。

でも、ラケットのヘッドをちょっと落として、やや斜め回転をかけるイメージだと、今までより楽に打てるようになった。なんでもっと早く気づかなかったんだろう。バックも良くなったよ。これでシングルスのラリーでの悩みが改善できるだろう。バックの両手打ちは・・・練習でも人相手に出せるレベルではない・・・。

ボレー、終わってたな。先週は好調だったのに。瀕死状態だったわ。ラケット振りすぎだと思って、足を使うように意識してもだめだったわ。一晩寝ないと直らない。

人が少なくて、空いたコートでシングルスの試合ができた。なんか、全然サーブがキープできない。リターンでブレークに成功してゲーム取れるのに、自分のサーブがキープできない。

サーブを打った直後、体勢がやや前のめりでポジションも前の状態。そこに相手のリターンが来ると慌ててしまう。普通のリターンでも体勢が崩れている分、次の返球に苦労する。それが原因かと思って、サーブをやや控えめに打って、余裕を持って構えるようにしたら若干改善して、もうちょいでキープというとこまで行ったけど、やっぱりブレークされた。

良いサーブより良いリターンを打つほうが簡単。だが、自分がリターン側の時、何が嫌なのかを考えたら、それはスピードよりコース。速いサーブでも動かない打てる範囲なら、強いリターンを返せる。でも、遅いサーブでも左右ギリギリに入った時はフルスイングできない。ワイドならコートから追い出された状態になってるし。
やっぱりコースかな。まずコース。そこにスピードが加われば理想的。甘いリターンを引き出して3球目攻撃に入れるようにするのが課題かな。

しかし、今日もいっぱいダブルフォールトしたー。スピンサーブを打つために体を開かないように努めていたが、ボールをこすり過ぎてた気がする。厚く当ててボールを掴んでスピンをかける感じにして、フィニッシュでは体が前にむくようにしたら、ましになった。今まで高い弾道で打つことを意識しすぎてたわ。カスってしまって弾道が安定しないので打つのが不安だったわ。

ま、良くなったと思っても、次、同じように打ってまたおかしくなるんだけどね。

あと2ヶ月

よく考えたら、とくしまマラソンまで2ヶ月ちょいしかないことに気づいた。え、もう?って感じ。

大晦日に20km走った後、練習したのは4kmと6kmを1回ずつ。5kmくらいなら頑張れば6:00/kmくらいのペース。おそらく10kmなら6:30のペースで走れると思う。という状況。5時間切りが確実とは言えない。

今後の練習予定は、週に1~2回で1回5~10km走りたい。2月のテニスの試合の後に30kmを一回走ってみたい。その後、3月の頭にハーフマラソンを最後の長距離練習とする。

5時間切りのためには月間100km位練習しろという話が多いようだが、無理。みんな、そんなに走ってないでしょ?みんな、そんなに暇じゃないでしょ?だって、週末だけの練習なら1回20kmでも足りないのよ?10km×週2回も結構大変よ?俺は週末テニスの練習したいし、平日だって筋肉体操やってるから、それだけ走るのはちょっと影響大きい。むしろ、それだけ練習時間確保できる人なら、もっと走ってサブ4とかやっちゃう人達でしょ。ただ、突発的に20kmや30km走ると怪我しちゃいがちなので、日頃もそれなりの負荷の練習しとかないといけないしで、練習量のバランスに悩む。

それと筋肉体操も3ヶ月以上はやってるが、ま、はっきり言って、そんなに変わりません。やり始めは変化を感じたけど、それ以上のレベルには行ってない。まあ、家での自重トレーニングだけではそんなもんかな。

一応、日頃からタンパク質を多めに取るように心がけているけど、本格的にやるとなんせお金がかかる。トレーニングやってる人は体重1kgあたり2gタンパク質を摂取しろというのが定説のようだが無理。普通の食事だけでは無理なので、プロテインが必要だがそれが高い。どんなに安くても1kgパックで4千円くらいはする。それを真面目に摂取すれば1ヶ月でなくなるけど、ケチってちょっと少なめに取ってる。足りないのを補うために乳製品とかを朝や昼間に取るようにしてるけど焼け石に水。そんなのでも、ちょこちょこ買う必要があって出費がかさむ。

安いのを探して外国製のプロテイン飲んでるけど、なんか変なものが入ってるような気がして、同じメーカーのを繰り返し買わないようにしている。リスク分散ね。まあ、最近は、無理に取らなくていいかなと思い始めてる。少々増やしても減らしても大して変わらないから。トレーニングの強度も上げないと意味ないだろうし。

練習しない人間が頼るのは道具。今、アシックスのGT-1000というランニングシューズを使ってる。去年のマラソン前にテニスシューズで走るのは無理と悟って、慌てて買ったシューズ。ビギナー向けらしいが、俺的にはなんかソールがまだ硬い気がする。ちょっと調べたらKAYANOというシューズの方がまだ柔らかいという噂。気になって店頭に見に行った。

手にとって見たけど、違いがよくわからない。履いてみたけど、やっぱりよくわからない。よくわからないから買わなかった。多分、実際に履いて走ってみないとわからない。もうちょっと調べてお小遣いあったら来月買ってみよう。今後、どれくらい使うかどうかわからないので。

年変わって出直し

大晦日に20km走ったダメージがまだ抜けてない。昨日、あまり自分の足を甘やかしてはいかんと思って、近くの神社まで往復4km走ったが、全然足動かなくて、痛くてまた筋肉痛になった。

痛い足を引きずり、先月末の不甲斐ない内容で負けた後の最初の練習。知らない人がいた。まだ20半ばと若く、実力もなかなかのもの。どこかのスクールで強化選手にもなってたらしい。アップで声かけて相手してもらったけど、ものが違うね。試合やってても面白かった。こういう人と練習してるとシングルスも勝てるようになるかもね。しかし、二周りは上の俺に余裕でタメ口で、最初このやろうと思ってたが、なめてるというより、本当に口のきき方を知らんだけらしい。まあ、しょうがないね。ミニラリーもまともにできんようなやつにはタメ口でもな。

年変わって、ちょっとやってみたいことがあった。

・フォアのグリップをイースタンくらいに薄くしてみる
以前、時々やってたが、またやってみた。特に低い打点を改善するために。でも即諦めた。打てるんだけど、超絶、心が不安。バックに来たらグリップチェンジが間に合わないとか、他のプレーに悪影響があってやめた。

・バック両手打ち
以前、少し練習してたが、またやってみた。シングルスでのバックの脆弱さをどうにかしたくて。壁打ちレベルで少しわかった。前は左肘や手首が痛くて続けられなかったが、肘を少し曲げると大丈夫。フルスイングで飛ばせる。しかし、コートではまだ打ってない。相手コートに届く気がしない。届くはずなんだけど、人が打ってきたボールに対して打点に入ってスイングできるイメージがない。でも、一回どこかで試してみたい。


今日はサーブがまあまあ。若者相手にサービスエース4本取ったわ。かと思ったらダブルフォールトとかするけど。3本もエース取ったゲームを落とすってどういうことだろうな。
やっぱりどフラットサーブ入らんわ。入るけど、わずかなブレで入らない。表現は難しいけど、ちょっぴりスピンを掛けるだけで入る確率が全然違う。
セカンドはやっぱり確率悪い。縦回転かけようとして、肘から先を上に振ろうとしてかすったり、巻き込んでネットが多い。腕全体で横に振るので十分スピンサーブになるのだが、自分の弾道が不安定でよくわかっておらず、スピンのかけ具合とネットのどれくらい上を通せばいいのか、良いイメージが持ててない。

ダブルスなんでサーブ&ボレーやってたけど、ボレーが良かったわ。前の試合でも意外に入ってたし、続けてるとなんか感じが掴めてきた気がする。ミスをするときは、相手ボールが緩くて自分で勢いを出そうとして振る時。ラケット振らずに足で勢いをつけるときは大丈夫。


でも、一番改善したいのはフォアなんだけど、やっぱりだめ。サーブ入って、相手のリターンに押されて当たりそこねやミスが多い。前の試合でサーブキープできないパターンそのまま。スライスで低い打点で打たされるときも相変わらず。グリップ変更もうまくいかないし。ボールの真後ろに当てて、真下から真上にスピンをかけようとしてるのがまずい気がする。次の練習でボールの外側を打つ感じでやってみる。それで良くなりそうな気がする。

明日から仕事かー。日曜日に見るテレビ番組は全て嫌い。休みが終わるイメージしか出てこないから。

ここに宣言する

今年の目標じゃないけど、年が変わったこのタイミングで宣言するわ。

とくしまマラソンで5時間切る。

あれだけ、もう絶対走らないと思ってたが、気が変わった。

確かに、走った後はこれで終わりと思ってた。しかし、走ったダメージが回復していき、テニスのためにランニングを続けているうちに、徐々に気が変わった。

一応、完走したとはいえ、ネットタイム6:20位と制限ぎりぎり。20km以降は足が止まり、とても「走った」とは言えず。胸を張って「完走した」とは言えなかった。

なので、もう一度、まともに走って完走を目指すことにした。
目標タイムは5時間を切ること。ネットタイムね。最後尾スタートなので、グロスでは厳しい。
普段からランニングを楽しんでる人からすると5時間とか大したタイムではないだろうが、マラソンが主戦場ではない俺にとって、まあ、5時間切れたらいいでしょ、という感じ。市民ランナーが足を最後まで動かして走れる最低限のタイムと思う。特にとくしまマラソンのようなどフラットのコースで5時間切れないようではな。

去年から1時間以上短縮という目標。決して目標として高くはないと思うが、ハーフで2時間20分くらいだし、序盤の人の多さによる渋滞、トイレに行くタイムロスを考えると、現時点では微妙に感じてる。

目標達成まで、もう一段底上げが必要。怪我なく確実に進んでいきたい。

四国霊場八十八箇所 第八十五番札所 八栗寺

屋島水族館の後、85番札所八栗寺へ。険しい山上にあって、車でも行けるらしいのだが、正月とかはケーブルカーのほうが無難、という前情報。まあ、そのとおりにしておきますか、とケーブルカー乗り場に行くと、えらい人と車の多いこと。なに?なんでこんなに人がいるの?状況がよくわからないまま、並んでケーブルカーに乗る。みんな八栗寺に行くの?お経読むの?

どうやら、みんな本当に八栗寺が目的らしい。初詣で。屋島寺も初詣の人多かったけど、その比ではない。本堂の前に行列ができてるよ。山門だけでなく鳥居、歓喜天のお堂もあって、神様と仏様がごちゃまぜ。と思ったら、歓喜天のご本尊は弘法大師作だそうで、お大師様のマルチな才能には頭が上がらない。

本堂。背後に五剣山がそびえる。
2020-01-038.jpg

大師堂
2020-01-039.jpg


ご本尊は聖観世音菩薩。
おん あろりきゃ そわか
2020-01-0310.jpg


なんかー、見どころいっぱいあるんだけど、人が多すぎて全然ゆっくり見ることができなかった。今までも奥さんの実家から戻るとき、三が日にいろんなお寺行ったけど、こんなに人が集まるところなかったわ。まいった。
2020-01-0311.jpg
2020-01-0312.jpg


本当はもう1つ回りたかったけど、時間的に厳しくなり、今回はここまで。家を出るのが遅かったのと、わかりきってたのに奥さんが有名なうどん屋に行きたいと言うので行ってみたら、やっぱり人が多すぎて引き返したり、八栗寺で予想外の人の多さ。タイムロスが大きかった。まあ、珍しく子供が楽しかったと言ってたので、それもまたよし。

四国霊場八十八箇所 第八十四番札所 屋島寺

今年最初の日記はお遍路と。

久々のお遍路。84番札所屋島寺へ。過去に、水族館に行くついでに通りかかってお参りしたことはあるけど、お遍路として訪れたのは初めて。いつの間にか麓の料金所が無くなってて、かわりに駐車場が有料になっていた。

山門
2020-01-031.jpg

本堂
2020-01-032.jpg

大師堂
2020-01-033.jpg

宝物館。大人500円かかるが、なんと、平安時代の御本尊の十一面千手観音坐像を堂々とありがたく拝観できる。他にも、釈迦如来坐像などの様々な仏像、源平合戦の屏風図や絵巻物など、あらゆる本物が拝観できる。残念ながら写真撮影は禁止だが、仏像ファンは全体に見逃せない。
2020-01-034.jpg

宝物館から眺めることができる名切、雪の庭。凝灰岩のおかげでいつも雪が降ったように見える、との説明。
2020-01-035.jpg

正月の初詣の人達が多くいて、少々落ち着かなかったが無事納経。
ご本尊は十一面千手観音菩薩。
おん ばさら たらま きりく
2020-01-037.jpg

で、その後、屋島水族館へ。老朽化が進みながら資金難で閉鎖が一時期報じられていたが、どうも持ち直したらしい。まあ、そんなに行くこともないのだけど、自分が子供の時行ったこともあるし、自分の子供がヤドカリに手を挟まれて泣き叫び、周りに大観衆を集めた中ヤドカリをはがした思い出などがあり、無くなるのは寂しかったので良かった。世の中、何でも効率、損益だけではないのですよ。

屋島といえばピラルク。やっぱりかっこいいぜ。
2020-01-036.jpg

今年の締めくくり

紅白見ながらこの日記書いてるわ。これが今年の最後の作業。

大晦日。20km走敢行。疲れたー。
先月のハーフマラソン以後、長い距離を走ってなかったので、この長い連休の間に1回長距離走らないといけないと思ってて、この日を選んで走った。本当は30km位行っときたかったんだけど、3月までまだ間があるし、一昨日テニスの試合、前日に筋トレして足が少々疲れてたので、とりあえず20kmを最低目標として、あとは適当に調整しようという適当な感じでスタート。

しかし、走り出してすぐに予想以上に足が疲れてることがわかって、ペースが上がらない。朝起きたときに結構な感じで筋肉痛だった。まあ、走り出せば動くだろうと思っててて、実際軽くなったんだけど、3km位でもうペースが上がらなくなった。

それでも7分を切るペースを維持して、いい感じで進んでたんだけど、10km位でかなり疲労を感じて、しかもお腹も痛くなるしで、一度コンビニでトイレと買物。

トイレ貸してもらって正解だったわー。10kmが限界かと思ったが、すぐにペースを取り戻して継続。栄養補給も忘れずに。

しかし、15km過ぎで再び疲労感に襲われる。足が動かないことから体温も上がらず、寒い風で余計に進まなくなる。急にトイレが我慢できなくなり、偶然見つけた公衆トイレに飛び込む。

助かったわー。再びペースを取り戻し・・・と言いたいところだが、かなりきつい。

20kmでほぼ足の限界が来た。そこまでは頑張って走ったが、もう無理するところではないと諦めて、そこから流して22.5kmで終了。

途中、止まったのも含めてギリギリ7分/kmのペースを維持した。
2019-12-316.png

心拍数、あまり上がらず。
2019-12-317.png

普段の5、6kmの練習では6分ちょい/km位のペース。思ったより速いペースで走れた。後半は大分落ちた。
2019-12-318.png
2019-12-319.png

フルマラソン、5時間切り狙えるかもしれんな。

終わった段階で足の筋力は完全に枯渇。前回のとくしまマラソンでは、この状態で残り半分走った(実際にはほとんど歩いた)のが地獄で心が折れた。今日は走る前から足がかなりきつかったので、フルマラソン残り半分のシミュレーションみたいな感じかな。
と思いたいが、元気な状態でスタートして、どれくらい足が残ってるのかは不明。もしかしたら、やっぱりかなりきつい状態かもしれない。次は、一度元気な状態でスタートして、やはり30km走にも挑戦してみたい。

今日改めて学んだのは、20kmを補給、トイレ無しで走りきれない。これは本番でのタイムロスもかなり考えておかないといけない。

そして、寒い。足が動かなくなると心拍数が上がらないので体温も上がらない。朝、結構暖かかったので、薄着で走ってたのだが、途中から寒くなって風も強くなった。体感的にもかなり寒くなって、ちょっとやばかった。本番のときは少々暖か気味の服装のほうが間違いがないと思われる。

ランニングは俺の主戦場ではないので、そんなごりごりに練習してるわけでないけど、前回のとくしまマラソンより自力はついてきたと思う。5時間切りまでもう一押し。

冬越すのか?

いつ枯れるのかと思いながら、まだのびつづけるミニトマト。

2019-12-311.png

元々、子供が学校の教材として持って返ってきた、鉢と呼べないビニール製の器に土を入れてたのだが、1年以上経過し、勝手に破れてきた。破れないように扱ってたのに、奥さんががさがさいじりやがって、ぼろぼろになった。もう、土がこぼれてきそう。

去年の今頃枯れたので、もう時間の問題な気もするのだが、未だに花が咲いて実が大きくなっており、捨てるに捨てられない。しょうがないので、親に余ってる鉢をもらってきて植え替えた。

2019-12-312.jpg

さ、いくらでも大きくなってください。みたいな。毎晩、家の中に取り込むのが面倒。

2019-12-313.jpg

株分けしたこいつも新しい目が伸びてきた。こいつは外に放置して生き延びられるか実験する。
2019-12-314.jpg

ハイビスカスの土の表面の苔がいい感じで育ってきたぞ。なんかよくわからないのが伸びてきたし。なんか妖精みたいなのが出てこないかな。
2019-12-315.jpg

今年をしめくくったのは

今年最後の釣り。今年は5回くらいしか行ってない気がして、日記を数えたら8回目だった。思ったより多かった。まともに釣れたという記憶が1回しかないのだが。
年末年始、今回も休み長いので1回位行かないとまずいでしょ。正月のめでたいお魚ゲットしますかー。

霧がすごくて、雨が降ってるわけでもないのに地面が湿ってる。車で走っててもちょっと怖いくらい。ただし、寒くない。手袋も真冬用じゃなくても大丈夫だった。

吉野川にて、21時半頃から釣り開始。朝に雨が降ってたせいか、少し濁っている感じ。でも、流れの強さは大したことない。霧は30分くらいしたら晴れてきた。

釣れんなー。2時間近く経ったが音沙汰なし。

最初は大きめのルアーを使ってたが、徐々に小さくし、小型のシンキングペンシルをメインに切り替える。

ん、来た?
と思ってあわせてみたが何も無し。障害物か?

よし来た!!
がっとあわせる。
しかーし、ばれた。と言うよりすっぽぬけ。のらない。

うぉ、きた!!
がっとあわせる。
ぐぐっと来て、ロッドを下げて、・・・消えた・・・。

もー、なーんで、のらないのかなー。
もう、疲れたわー。

きたー!!
今度は乗ったー!!

2019-12-30.jpg

ちっせー。小さいよ。40cmあるかないかくらい。
これでは正月祝にならん。
おかえり。

もうだめだな。多分、今日あたりがあったのは、全部こういうサイズだろう。小さくてフッキングがうまくできてない。さっきのもテールフック1本が顎の外にかかってるだけだったし。

だめ押しでもう一粘り。

きたー。

2019-12-302.jpg

来たよ、ソイ・プードルが。20cmくらいのまあまあのサイズ。お前、体の半分くらいのルアーにアタックしてきてるぞ。お前のほうがよっぽどガッツリフッキングしてるよ。これが今年の締めくくりの魚となった。今日は10cmのレイジーが当たりまくったな。ありがとうな。さようなら。

今年はお持ち帰りサイズは1匹だけだったなあ。まあ、釣りにそもそも行ってないからなあ。年末恒例の鳴門釣行もさぼったし。道具いろいろ入れたフローティングベスト担いで、テトラの上移動すんの、もうきついのよね。足腰が。でも、今日はちょっと違ったわ。筋肉体操で鍛えてるからかな。ちょっと力強さを感じたわ。自分なりに。来年も続けないとね。

インドアのシングルス 

年末のインドアのシングルス。今年も参加することができました。珍しく、昨日は試合前の練習。すごく調子良かった。速いサーブは入るし、フォアも思ったとおり打てる。ボレーは終わってるけど、サーブとフォアで圧倒できると思った。

で、今日。ドローでは4回り目とかなり後。まずは壁打ち。1kmくらいランニングして体を運動するモードに持っていく。そして、壁打ち・・・。あれ?ボール無いよ?

忘れた!!

ちょっとちょっと、何やってんの。壁打ちに来てボール忘れるか?今から家に帰ってボール持って戻ると、時間的にギャンブル。まだスポーツ店とか空いてないしなー。コートでは何やら試合っぽいテニスの人たちの集まり。彼らは当然ボールを持っている。しかし、知らない人にいきなりボール貸してくれって言う勇気とか厚かましさとか無神経さとか懐に飛び込む器を持ち合わせてない。

もー、どうするよ。まったく、ボール1個くらい入れておけよな、お前。ぶつぶつ言いながらそこらへん歩き出す。それは、そこらへんにボールが落ちてないか探すため。まー、ねーよなー。目立つところには。排水の溝とか探してみる。そして、植え込みの木の茂みの中を覗いていく。なんで、こんな乞食みたいなことをやってるんだ、俺は・・・。

あ、あった。が、石化したソフトテニスのボール。消えろ。
あ、あった。今度は硬式のボール。しかし、恐ろしいほど空気が抜けきって、カピカピになっている。
お、まだあった。届かない。植木の中に上半身ダイビング状態で取る。今度は・・・やっぱり空気が抜けている。もともと柔らかいSt.Jamesがまた抜けている。だがしかし、もはや選択の余地はない。

ま、ちょっと感覚が掴めたらいいから。必死こいて打つと逆に調子悪くなるから。しかし、重い。空気の抜けたボールというのはこんなに重いのか。新品と重量は変わらないはずなのに。まあ、ええわ。

しばらくやってると誰か近づいてきた。あ、今年、ちょこっと一緒に練習した人。奇遇ですね。試合ですか?え、出ないの?にも関わらず、こんな朝から壁打ちとは盛んですなー。
ボール、持ってますよね?
と聞こうとしたが、やめた。この、クソ重く弾まないボールを打つことに、いつの間にか楽しさを感じてる自分がいた。これが打てれば本番の試合でも打てるだろ。多分。

そこそこで切り上げて出発、しようとしたら別の人から話しかけられた。またお知り合い。どうもどうも。え、そこの試合に出ててシングルスは出ない?もったいないなー。また来年もよろしくおねがいします。


で、試合会場へ。あと、1試合空きくらいとちょうど良いタイミング。ちょっと空きがあったのでまた軽くランニング。お、お知り合いが勝って戻ってきた。さすがですなー。この試合、帰省する人とか普段見ない人が試合に出てて、知らない人が多い。今日の相手も名前見てもわからない。さーて、どうなりますかね。


予選2回戦
同じくらいの年代の人が相手。若い人が上がってくるのかと思ってた。試合前の練習で、相手の方がミス多かったので、また悪い癖で勝手に勝てるイメージを持った。トスに勝ってレシーブ選択。
スライスサーブにガツンとレシーブを当てまくっていきなりブレーク成功。
好調サーブ。どフラットが入る。しかし、ストロークがミス。やはりカーペットサーフェスに慣れてない。あっさりブレークされ、サーブキープされG1-2。
次のサービスゲームも0-40。しかし、ここから怒涛のフラットサーブでのサーブポイント5連発。エースじゃないけど相手が返球できず、サーブだけでポイント。G2-2。

ここからブレーク合戦。相手のサーブはセカンドもスライス。コースはフォア側ばっかり。ばかばかリターンで叩く。でも、俺もサーブが入ればいいが、相手が返してくると苦戦。思ったようにフォアが打てず、ミスをするか合わせるだけの返球になりがち。で、相手のフォアが強力で、バック側に打たれるとスライスでも返せないパターンが多数。
ちょっとでも崩そうと博打気味にネットに出ていって、偶然ながらネットポイントを何本か決める。

ブレークに成功すればブレークを返され、キープすれば相手にもキープされる。付かず離れずでゲームが進んでいく。が、基本的にはキープできず、ブレークでゲームを重ねいてく。

G5-4でサーブ。これ取ってブレークできたら一気に王手。な感じだが、またブレークされる。序盤入ってたサーブがあまり入らなくなっていた。セカンドもミスってダブルこと数本。で、相手にサーブキープされG5-6。

しかし、久しぶりのサービスキープ成功とブレークでG7-6。大分、ストロークがましにはなってる。

で、ここをキープすれば勝てる第14ゲーム。最初のポイントは取ったものの、やっぱりサーブが入らない。30-40からブレークされる。で、気キープされる。G7-8。

第16ゲーム。タイブレークに持ち込みたいが、正直言って、そうできる気はしない。サーブは後半、正確に、ネットの白帯にバッチンバッチン当たってたが、このゲームもそう。わかってるけど、どうしても白帯に当たる。
30-40で相手のマッチポイント。
最近、相手マッチポイントでのダブルフォールト率が極めて高い。で、今も渾身のセンター狙ったフラットは白帯で、セカンドサーブ。さあ、どなる!?
入ったー!!セカンド入ったー!!
3球目に逆クロスフォア。
甘いボールが返ってきて、超開いてるオープンコート。ダウンザラインを狙ったフォアはいつもどおりガシャってサイドアウト。はるか遠くの相手の視界から消えそうなところではっきりと分かるサイドアウトでG7-9の負けと。


あーあ、また負けた。マッチポイントは取れてなかったけど、先に7ゲーム取ったのに。
まあ、このひどい状態でよく7ゲーム取ったとも言えるかな。
フォアが誤算だったなー。前日調子良くて、壁打ちでも問題なかったので、フォアで圧倒してやろうと思ってたが、それがまずかったな。力みすぎた。逆クロスで手首を90度くらい背屈して打つのは良くて、後半はそれでポイントできたのもあった。が、低い打点、引っ張るフォアがカスリ、ガシャリの連続。手首90度のまま打ってたな、今にして思えば。相手のフォアでやられてたのもあって、全部のボールを無理に打ちに行ってしまった。リターンは相手のサーブの勢いがあったからラケットに食いついてくれたから、その手首でも打ててた。

バックを攻められてたが、前半スライスで苦しんだ。止まって打つときと同じように、走らされたときもちょっと体の開きも使ったスライスを打とうとして、ことごとくミスった。返っても浅いのでフォアで叩かれた。体は一切使わず返すべきだった。
トップスピンは数球打っただけ。ミスはなかった。もっと使った方が良かったかな?
カーペットだったのでスライスの方が良いと思ってたけど、あまり良いスライスが打ててなかった。最近買ったピュアドライブ2018にナチュラルのVSタッチ張ってるが、弾き感が強くて、あまり面に乗っかる感じがしない。面の上で転がる感じのスライスが打てない。スマート125張ってるピュアドライブ2015の方が思いっきりスライス打てる。

ボレーは終わってる。前半はたまたまでうまく行ってたが、後半はひどかった。ハーフボレーがロブみたいになって、怖くてベースラインに走って逃げるというはしゃぎぶりだった。
唯一あったスマッシュチャンスは白帯。証明の具合で見にくいのもあったけど、痛いイージーミスだった。それをきっかけにサーブをブレークされて、心の折れるミスだった。

サーブは、入ったら我ながらすごかった。5連続サーブポイントを始め、後半も入ればサーブポイント多数。しかし、確率はどんどん悪くなっていった。もう、ほとんど入る気がしなかった。どのコースでも白帯を正確に叩き続けた。疲れとかは感じなかったが、何か微妙に狂ってるから入らないのだろうけど。動画撮るカメラ忘れて、何がだめなのかチェックできないのがもったいないな。

ストローク、特にフォアが思ったように打てず、互角のラリーができなかったので、サーブで取りに行くしかなかった。それで、フォームを崩してでも無理に打ちに行ってしまった。打つことに迷いはなかった。もうそれしかなかったし、それが俺の生きる道だから。ただ、未熟だった。
セカンドは弱くてダブルフォールトは4,5本あったかな。試合前に、待合スペースに置かれてたテニス雑誌表紙の「セカンドサーブがテニスの実力」の文字がずっと心に刻まれてたよ。

フォアが入れば、それを活かすためにスライスやスピンを混ぜて組み立てようとはしただろう。もっと楽に打って確率も良くなって、3球目攻撃で優位に進める展開もあっただろう。
フォアが入らずサーブがだめになり、サーブがだめだからフォアで余計に力む。悪くなるパターンはあるけど、良くなるパターンはない。夏頃好調で、その後調子崩して、今回こそはと思ったけど、また突き抜けることはできんかった。

スコア的には競ったけど、楽しくなかったよ。取りに行くと言うより、ミスと常に同居しているテニスだったからストレスばっかりだったわ。
まあ、でも、このまま続けるよ。かっこ悪いサーブのフォームに変えてサーブ速くなったよ。入らなくなったけど、入ってたのも事実だしな。昔も後半入らなくなって、フォームを変えたような記憶があるけど、やっぱり続けるよ。スピンとかしゃらくせーよ。男ならフラットだろ、やっぱり。
フォアもまたフォーム見直すよ。やっぱり低い打点かな。ここを無理して全然だめだったし、今までもそうだった。かと言ってスライスばっかりで返すのもだめなので、トップスピンで打てるようにならないとな。低い打点はもう手首折るなよ。

大して変わりはしない

久々にサークルでテニスの練習。2ヶ月くらい行ってなかった気がする。と言っても、夕方の2時間位だけど。試合やらマラソンやら子供のイベントやら仕事やらでようやくだよ。今日も怪しかったけど、どうにか来れた。

1週間前に買ったピュアドライブ2018投入。ストリングはナチュラルのVSタッチを48lbで。打った全体的な感じ、硬いね。昔2015にナイロン張ってたときは打ち心地軽くて楽だった。やっぱりナイロンのほうがナチュラルより軽いのかな。VSタッチが硬いのかな。良いのを使いたくて2回目の購入だが、トニックプラス使ってたときと明確な違いがわからない。トニックプラスを最後に使ったのがもう1年以上前なので、よく思い出せないのだが。耐久性で不安があったけどVSチームの方が良いな。耐久性が不安とは言え、半年持てば問題ない。次からはVSチームにしよ。

で、改めて、一通り練習から試合まで使ったが、まあ、こんなもんかな、という印象。なんか、明らかに良くなったとか変わったと感じることはない。少なくともスマートを張っている2015よりは打った感じ軽い。まあ、サーブもストロークもよく飛んでくれるし、スピンもイメージ通りかかる。でも、何か極端にアシストしてくれてるまでは思わない。ボレーは少々硬い印象が強くなるかな。良くも悪くもない。ストリング張ったばかりなので、もう少しテンションが落ちてきたら印象が変わるかもしれない。

サーブはフォーム変えた。右足を左足の横にステップする形に戻した。見た目が好きではなく、体が開きやすいのでスピンサーブが打ちにくいので、その対策としてステップしないフォームでやってた。しかし、最近サーブの不安定さが著しく目立ってきて、久しぶりに戻した。この形が自分にとって右足の蹴りが使えて一番力が出せる。
で、ここ最近では一番調子良く、振り切ったサーブがよく入った。ただ、その割にキープできない。シングルスになったらもっと取れないことになるのでは・・・。ダボも3本。最初はスピンサーブも調子よく行ってたんだけど、1回ダブってしまうと、その後気になって続けてダブってしまう。

フォアはまあまあ。最近の試合でもだけど、ちょっとフレームが多かった。厚ラケのせいではない。小手先でこすってスピンかけようとするときだろう。このときは打ち方がおかしいときと肝に銘じておこう。シングルスで入るかどうかはわかない。バックハンドはほとんど打ってないのでわからない。ボレーはいつもどおりミスった。

しかし、疲れたわー。やっぱりコートで人相手に練習しないとだめね。年末の試合の前に練習できて良かったわ。一通りミスしてだめなパターンを思い出すことができたわ。技術が体に染み付いてないので、一回ミスして思い出さないと、試合でぼろぼろになるからな。疲れるけど、試合前にもう一回できてら理想。

実験

さ、今日も誰も読まない日記を書こう。

トロ船で飼ってるメダカ。どうも、今年メダカがよく死んでる気がする。数えてるわけではないが、2年前に子供が稚魚で持って帰ってきたみゆきメダカがいつの間にかいなくなり、3年くらい前に買ったヒメダカも全滅した。今日もよく観察してると底の方でくるくる回ってるメダカがいた。んー、だいぶ水質が悪くなったかな。小さい容器のときは時々水を交換して底砂も洗ったりしてたんだけど、大きなトロ船に変えたあとはそういうことができなくなって、水を足してるだけ。底の方をちょっとかき回すと、沈殿物がすごい舞い上がる。目の細かい網ですくって掃除を試みたが、そういうレベルではきれいにならなかった。
2019-12-211.png

どうしようかなー。こんなでかいの掃除なんてできないしな。そうか、もう一つトロ船を用意して、新しい環境に移す。それが労力的には一番楽。いやー、しかし、そこまでするかー・・・。まあ、やるとしたら来年の春かなー。


メダカの稚魚を育てる容器。ウォーターバコパが成長しまくってもさもさ。あまりにうっとうしいので間引きまくった。本当なら今の時期は稚魚を全部トロ船に移して、この容器は洗って来年の春を待つのだけど、今年は稚魚がまだ小さいのが多数のため、引き続き飼育中。おかしいよな。卵移したのは夏。未だに稚魚が稚魚のままってどういうこと?まさか、ここで育てた稚魚をトロ船に移す前にここで卵を産んでたのか?
2019-12-212.jpg

ウォーターミント。これを一時期トロ船に入れてたと思うとゾッとするわー。もう根っこが増えて増えてこの容器びっしり。しかし、今年は大した成長せず花も咲かなかった。もうだめかな。もうどうこうしようという気がしない。捨てようと思ったけど、適当に放り込んどいたウィローモスもびっしり。これ捨てるのもったいないよなー。
2019-12-213.jpg


我が家の自慢の一品。今シーズンも花をつけた。
2019-12-214.jpg

未だに名前のわからないサボテンも花をつけた。しかも、過去最高の勢いで。しかし、相変わらず目立たない花だ。
2019-12-215.jpg

ハゼノキ、剪定。葉が全部散ったので、何も考えずとりあえず半分切った。果たして、新しい葉が出るだろうか?
2019-12-216.jpg


こちらも剪定したハイビスカス。今年はあんあり花咲かなかった。去年より早めに、そして短めに剪定した。基本的には家の中の窓際に置いている。おかげで土があまり乾かなくなり、表面を見事な苔が覆ってきた。こちらも来年、花を咲かすのか自信がない。
2019-12-217.jpg

ミニトマトがここにきて絶好調。まだ実は小さいが、背丈が伸び、新しい葉、花がどんどん出てきている。寒さには弱い故、夜だけ家の中に入れてるのだが、それでもこんなに伸びるとは。去年の冬は家に入れっぱなしにしてたら、一気に枯れてしまった。この地では以外に冬越せるのか?
2019-12-218.jpg

ということで、実験してみることにした。ちょっと勢いのある枝をもいで、空いてた別の鉢に植えた。土に突き刺しただけだけど。根が張るまではしばらくしおれてしまうだろうけど、また復活するはず。今のメインの方もそうやって大きくなったし。ただ、寒い中復活できるかどうか。もし、復活したら外に出しっぱなしにしてみる。毎日、夜と朝、サボテン6鉢、ミニトマトの出し入れが面倒でかなわん。
2019-12-219.jpg

久しぶりにこのテーマで書いたな。なんか手間のかかる状態になってしまった。断捨離したいところだが・・。

自分にクリスマスプレゼント PureDrive2018

一足早く、ボーナスが出ることを見込んで、自分にクリスマスプレゼント。

2019-12-16.jpg

ピュアドライブ2018。ノーマルの300g、100inch²。久しぶりだな、現行モデルを買うのは。常に1つ前のモデルの安物を買ってた。とは言え、ピュアドライブも次のモデルがそろそろという噂ではあるが。

ピュアドライブ2015を買ったあと、ピュアコントロール、Revo CX2.0L、ピュアストライク(全て旧モデル)と買ってきたけど、ようやく、自分の技術に問題があってラケットに問題はないと確信でき、結局最近は2015をメインで使ってる始末。ただ、雨の日用としてポリを張ってて、俺には少々硬く、ナチュラルを張ったピュアドライブが欲しいと思い続けて、今このタイミングで購入。

楽天でポイント使って、2万以下で買った。
https://item.rakuten.co.jp/amuse37/010019998/?s-id=ph_pc_itemname

安いところ探せばいくらでもあるけど、ここはストリングにいつも使ってるVSタッチが選べ、さらに張り代も無料だったのが大きい。ナチュラルをネットで安く買っても、持ち込みで張り代が高くなって結局合計7千円とか8千円かかっちゃうので、張り代だけ安く変えた。現行新品がこの値段で買えれば御の字でしょう。
木曜日に注文したら土曜日に家に届いた。関西圏からとは言え、恐ろしいスピードだ。

2015にMONO CXというナイロンを張ってた時、打ち心地が軽くて快適で、サーブの調子も良かった。その時の再現をとても期待している。最近またちょっとおかしくなってるが、掴みつつあるフォアの威力をいかんなく発揮したい。

早速、年末の試合に向けて練習したいところだが、土曜日は仕事、日曜は子供の空手の試合の観戦と忙しく、家の中で素振りするだけ。次の週末雨なら練習無しで試合かもな。

まだ使ってもないが、今のところ、唯一気に入らないのはデザイン。今まで買ったラケットの中で、ダントツでこのラケットのデザインが好きではない。デザインと言うより色かな。この、幼児向けの何かのおもちゃに使ってそうな変な青色が・・・。

シングルスの試合 ネット魔神

野球観光で賑わう県南の市のシングルスの大会。いつもお世話になります。

やや寝坊したが、早めに現地について、まずはランニング。最近ランニングしてて気がついたのは、走り始めから1km位までに心拍数が急に上がり、その後同じペースでも心拍数が落ち着くこと。理屈はよくわからないけど、運動を支配じめてから体がその状況に慣れるまでに時間がかかると思われる。今まで試合直後、長いラリーで息が切れて苦しいことが多いのはおそらくそれと同じことだと思う。なので、1km位ランニングして心拍数をわざと上げてみた。

今回も40歳のクラスで参加。去年は5人総当り、2勝2敗で4位。今年のドローを見ると8人エントリーでトーナメントになっている。1回戦の相手は、去年のこの試合で最後に試合した外国人の人。あの苦し紛れの英語のやり取りが思い出される。また今年もあれが繰り返されるのか。お久しぶり、って英語でなんて言うんだろ?「Nice to see you」でいいのか?俺は、試合の前に何を調べているのか?

俺は4試合目。だいぶ余裕があるのでボーッとしてたら、お知り合いの人にアップどうですかと言われて、慌てて準備。相変わらずショートラリーからまともに打ち返せず、ボレーの球出しも極めて不安定。すみません。

1回戦
開会式のときは無風だった。でも自分の試合が始まる頃には結構吹き出してた。相手の人、やはり覚えていたようで「1年ぶり、元気?」みたいなことを言われた。「Nice to see you. 元気元気。」元気の英語がわからない。「ゆっくりね、ゆっくり」。オッケーオッケー。
トス。
「Spin Racquet?」
そうそう。スピンラケット。回して。負けた。どっち?
・・・・。何を考えてるのか、なかなか選ばない。なんだ?どうした?え、サイド?え、違う?レシーブ?俺サーブ?いいのかな?

去年のままであれば、まず負けないと思うけど、今日は1試合目で体力あるからわからない。相手が誰であろうと緊張する。ここ最近の試合調子悪いし。
サーブ、入って・・・どかーん。とミスしてくれた。その後も似たような感じ。1ゲーム先取。よしよし。ゆっくりじゃねーよ。さっさと終わらせるよ。

相手はサーブが入らず、こちらのサーブが入ればほぼミスしてくれる。途中から相手もサーブ入るようになって、若干リードされたけど、こちらも楽な気持ちでやっててストロークもいい感じで入ってセーフティーに試合は進み、G6-0で勝ち。
Thank You.またねー。


準決勝
動いてると温かいんだけど、じっと待ってると寒い。1試合目よりやや軽装にして待つ。次の人はと、あー、一回サークルで練習してるときにちょっと見かけた人だな。結構強いよな、確か。ここを乗り越えて入賞目指そう。

先の試合でストロークの不安がなくなってたので自信を持って試合開始。しかし、序盤、相手のキレキレスライスがネットすれすれで浅く入ってきて、フォアでもスライスで返そうとしたのが続けてミスしてしまう。G1-2。
それでも、浅い甘いボールを得意の、というかそこにしか打てないのだが、アドサイドのコーナーへのフォアのウィナーが決まったりして挽回。

でも追いついてもリードできない。フォアが不調。節々でネットにパサパサかかる。あの暗黒ミス。さらに、バックのトップスピンもことごとくネットにパサパサかかる。

キレキレ浅浅スライスに対して、こちらも必死で対応。甘ければトップスピン、きつければスライスでコーナーに返してネットへ。しかし、オープンコートができてるのにことごとくボレーミス。あいたー。

G4-5で俺サーブ。サーブもねー、いまいち。なんせセカンドがやばいので、ファーストをガツンと打ちたいのに、微妙に入れに行ったりして、それがまだリズムがおかしくなりがちで。30-40。で、セカンド。ぼーん、とすっぽ抜けてオーバー。ダブルフォールト。G4-6で負け。
「すごいですね。ファーストがえらい入ってきて。」
て、言われた。ダブルフォールトで終わった俺には皮肉にしか聞こえんのですが・・・。

試合終わった後、いらいらがしばらく収まらず、自分の頭を殴ってた。マッチポイントやゲームポイント取られてるときのダブルフォールト率がすごく高い気がする。で、フォアもバックもボレーも・・・。あれだけミスして4ゲーム取ったのがむしろ驚きだ。フォアのウィナーは数本あった。でも、それ以上にパサパサミスが多かった・・。


3位決定戦
勝って久々の入賞を果たしたい気持ちもあるが、試合内容が悪すぎて、せこせこ入れに行って仮に勝ったとしても意味無し。ちゃんと打って、勝って入賞しないと意味がない。
相手は、何年か前に所属クラブのシングルス試合で対戦したことあり。あのときは序盤勝ってたけど、だんだん追いつかれ体力もなくなり負けた。その後、いろいろお世話になっております。

レシーブから。先の試合の反省を忘れず、しっかりフォアを打ってブレーク成功。

ところが!!

ところがですよ。またフォアがパサパサミスってる。相手のフォアがまたいい感じで低く伸びてきて、それにはぎりぎり対応。しかし、普通のボールが来て、さあ、ここだ!!というフォアがパサる。サーブも入らねーし。G1-2。

だが、しかし

ラケット面の上半分で打つ感覚を思い出して、またフォアが入るようになる。もう、俺が決めるかミスるかみたいな感じになってきた。G3-2。

で、またミスって逆転されてG3-4。で、徐々にサーブが復活してきて、キープしてG4-4。みたいな。
どうにもストロークが安定せず、ラケットをピュアストライクからピュアドライブに交換。これでまたフォア復活。ブレーク成功。G5-4。

これサーブキープしたら勝ち。1ポイント目。う、サーブがありえないフォールト。ピュアドライブに変えておかしくなった?セカンドは入って、次のフォア。ぼかーん、とアウト・・・。は?もう、わかんねーよ、お前。自分で自分のことがわかんねーよ。そのミスの振れ幅がなんなのかわかんねーよ。さっきまでネットばっかりで、ラケット変えて入って良しと思ってたら、大アウト。もう、何を軸にして調整したらいいのかわかんねーよ。

ラブゲームでブレークされた。G5-5。タイブレークはなく、次の1ゲームで決まり。相手のサーブが良くて、ずっとバックを狙われてるのはわかってる。15-40。セカンドだが、大きく伸びてはずんだサーブに対してフレームショットになりゲームセット。


あー、もう疲れたわ。2試合(最初の1試合はほとんど何もやってない)しかやってないのに、ミスのせいで余分なプレーが増え、ストレスもあって余計に疲れたわ。帰りの車で居眠りしてぶつかりそうになるし、家帰ったらなんか肘痛いし。

1試合の中でフォアが急に入ったり入らなくなったりして、フォアを入れることで頭いっぱいで、それ以上のことが考えられん。1試合目は調子良かった。わかってるんだけど、力抜けてるときは良い感じで打点の下にラケットが入ってから打ちに行けている。しかし、力入ってきて、さあ、打ってやるというときが問題。テイクバックで肩くらいにかついだ位置から打ちに行っている。ボールの上っ面を叩いてネットする。途中で思い出して、一度ヘッドを落とすけど、やっぱり力入って落としきれない。また、フォアサイドに走らされて打つときは、それが顕著に現れてしまう。わかってんだけど、30年近くやった軟式のせいで、やはり肩口から打ちに行くのが一番力が入りやすく、矯正がしきれない。

バックもミスった。最初、トップスピンで打つのにこだわったが、全然当たりが薄くてネットに届くのがやっとみたいな感じでミスばっかり。全然押せずスピンかからず。で、2試合目は無理せずスライス使ってたが、パッシングとか打つ場面でトップスピン使うのを忘れてた。逆だろ。最初スライスで入って、感覚掴んでからトップスピンだろ。でも、打てそうな感覚はあるので、しばらく無理してでもトップスピン打たないと。ここがこの後一線を超えるかどうかに関わってる気がする。

サーブは相変わらず。2試合目の途中からましになった。時既に遅しではあったけど。でも、次の試合ではどうせまたリセットされるだろう。もう、とにかくセカンドがわからん。プレッシャーが掛かると全然入らん。セカンドが入らないから、ファーストで振り切れない。セカンドに怯えながらファーストを打ってる。かと言って、ファーストでスピン多めのサーブ使っても、ストロークが足引っ張るし。
セカンドが入らないからファーストビビる。ストロークに自信が無いからファースト入れるだけにはなりたくない。お互い足を引っ張り合って、プレーのレベルが上がらない。

2019-12-08.png

今日はナチュラル張ってるピュアストライクを主に使い、途中からピュアドライブという使い方。でも、2試合目も3試合目もうまくいかなかった。むしろおかしくなった。特にサーブが。ピュアコントロールからピュアドライブではそんなに感じなかったのだけど。ピュアコントロールもナチュラル張ってるけど、ラケットが柔らかいのでボールを持ってる感じがする。ピュアドライブはポリ張ってて、これも結構ボールを持ってる感じがする。ピュアストライクはそれらに比べて弾く感じが強い。それの違いだろうか?技術が未熟な故、わずかな変化についていけない。

明日から不毛な日々がまた始まるというのに、テンション下げきって余計に苦悶な状態から始めないといけなくなったよ。まあ、実力通りの結果なので、文句の言いようが無いのだけど。そもそも、前回の試合から一度もコートでは練習せず、2回壁打ちしただけなので、良い状態に戻すのに時間がかかって当たり前。勝負の神様は、それに見合った人に微笑む・・。

練習できない

壁打ち。今年最後。来月からはナイターがなくなり、駐車場にも入れなくなる。以前はそれでもやってたけど、あまりにも人の少なさと寒さに怖くて行かなくなった。今年も多分、ナイターが復活するまで夜の壁打ちは控えると思う。

相変わらず、壁では絶好調。前回のシングルスでは全体的に調子悪かったが、個別に練習。

フォアはラケット引きすぎて大ぶりになってたのを修正。打点からラケットの面1つ分低いところから打ちに行くような感じ。
バックはイースタングリップで打つ練習。
サーブは、まあ、いろいろ練習。
今日やったことが試合でできたら無敵。
しかし、次の次の日曜日のシングルスの試合まで練習ができない。次の週末は子供置き去りで奥さんがいないため、ちょっと一人で出かけづらい。

日曜日に走ったハーフマラソンの筋肉痛はほぼ無くなった。なんだかんだ言って、地味に力はついているようだ。またハーフマラソン申し込んでしまった。3月頭の阿波シティマラソン。3ヶ月空く。余裕はあるけど、そんなにマラソンの練習ばっかりはできない。でも、次の目標は2時間切り。

筋肉体操やってるけど、あまり変化ない。じわじわ力ついてる気はするけど。負荷としては、足りないことはないと思う。しかし、体重も増えない。不思議だ。筋肉は以前より付いてるはずなのに、体重は変わらない。何が減ってるのか?体脂肪低いから、筋肉分解してエネルギーにしてしまってるのか?もっと食べたほうがいいのかな?

吉野川リバーサイドハーフマラソン 一番重要なものを見逃す

テニスのための体力増強の一環として参加。やっぱり、こういうイベントに時々出てないと、自分で練習してても手を抜きがち。月に数kmしか走らないし。今回は1回で最大15km、合計40km程、このハーフマラソンのために走った。今年3月のとくしまマラソン以来、2度目のマラソン大会。ま、ハーフなんで、どうにかなるでしょ。

余裕を持って現地到着。しかし、既に多くの車が停まっていた。
P_20191124_083529_vHDR_Auto.jpg

受付して開会式まで暫し待つ。と言っても、まだ1時間以上ある。暇。ラニンググッズのブースとか見てもすぐ終わる。ピンで参加してると話し相手もなく、暇でしょうがない。

9:50分開会式。その前に走る格好になって荷物を預ける。天気予報では午後から雨。一応、雨に備えて撥水パーカー買ったり、防水スプレーを服に吹きまくったりしてる。まだ肌寒いけど、走ったら暑くなりそうな気がして、薄手の格好になった。

開会式。ゲストランナーの川内夫妻登場。こんなところまでお越しいただきありがとうございます。寒くないのかな?
P_20191124_095359_vHDR_Auto.jpg

川内夫妻の挨拶が終わって10時くらい。ここで、お二人はウォーミングアップのため、ここで席を外しますと司会から説明。え?30分前にウォーミングアップで?ざわざわ。そんな入念に?ざわざわ。何やるんだろう?ざわざわ。

それから10分くらいで開会式は終わり、10時半のスタート待つ。しかし、寒いなー。上着脱いだらすげー寒い。開会式までに荷物預けないといけないのかと思ったら、全然余裕で預けられるじゃん。ミスった。開会式で準備体操とかで阿波おどり体操やってたけど、あまりにも動きが小さくて寒いのは変わらず、誰向けの体操なんだと突っ込みたい。

我慢して、ようやくスタート位置へ。周りの人テンション高いなー。いよいよスタート。俺は後方から。とくしまマラソンみたいにスタートライン通過まで15分もかかったりせず。ま、せいぜい1分くらいかな。
P_20191124_102018_vHDR_Auto.jpg

コースが狭い。いつものペースでたらたらと走る。快調。序盤はとにかく抑える。周りに人が走ってると追い抜きたくなるけど、とにかく抑える。走り始めは心拍数が高めになる。それに向かい風になっている。心拍数が落ち着き、折り返して追い風になってからペースを上げるつもり。

が、我慢できない。トイレが。スタート前に体が冷えて、走り始めた途端我慢できない。5km位の最初の給水所で速攻トイレに入る。

リバーサイドハーフマラソンと銘打たれているだけあって、川沿いの景色が楽しめる。P_20191124_105556_vHDR_Auto.jpg

でも、それは序盤だけだった。コースとなっている堤防から川までが遠く、広大な河川敷に広がる畑を眺めるのがほとんどだった。

とくしまマラソンは北岸から南岸へとコースが周回するため、ランナーがすれ違うことがほとんどない。しかし、今回は殆どすれ違うコース。折返しに近づくと、先頭集団のランナーが見えてきた。

はや!!

うわ、すげー。全力疾走だよ。あれで最後まで走るのか?どんな体になってんだろ。

あれ?そう言えば、先頭を走ってるであろう川内選手は?おかしいな。いくら待っても現れない。あ!?もしかして、俺がトイレに入ってる間に行ってしまったのか?かなり前だったけど。うーん、信じられんけど、それしかない。何ということだ。日本を代表するランナーの走りを見逃すとは・・・。

1個めの折り返し。変な人がいた。
2019-11-24 173043.png

折り返して、ペースを上げていく。ここまで7kmくらい。厳しいとは思ってるけど、2時間切りを狙いたい。7分/kmを超えるペースだったのに加え、トイレでも時間を使ってるので、早めに挽回しないと間に合わない。

快調快調。前にいる人をどんどん追い抜いていく。最初寒かったけど、やや暑いくらいになってる。だがしかし、時計を見てると、あまり時間的に挽回できてない。9.9km地点の最初の関門。1:20に設定されているところを1:10超えて通過。おそくね?結構ペースを上げてるつもりだけど挽回できてない。うーん、やっぱり5kmも走った後にペース上げようとしても、足が疲れて思ったほど動いてないのかな。

その後も、前の人をかわして快調に走ってるが、タイム的にあまりよろしくない。スタート地点に戻ってきた。あ、川口選手が前から走ってくる。ハイタッチ。でも、なんであっちに向いて走ってるんだろう?え?もしかして、もうゴールしてんの?驚愕・・・。ていうか、もう結構ゴールしてる人が見えるな。はえー。俺の倍以上のスピードで走ってる。

スタート地点を通り過ぎ、2つ目の折り返し地点を目指す。残りは・・・8kmもある!!結構足が重く痛くなってきた。太ももの裏が張ってきた感じがする。しかし、足を緩めるわけにはいかない。一所懸命手を振って足を動かす。応援の人達に挨拶すると速くなる気がする。カッコつけたいからかな。

しかし、どこまで行ったら折り返し地点?確か西条大橋って言ってたよな。でも、全然橋なんか見えんぞ。ん?もしかしてあれ?
P_20191124_120356_vHDR_Auto.jpg

いや、そんなはずはない。あんな遠くまで走るはずがない。しかし、しばらく走って、どうやらあれがそれであるということを認めざる得なくなった。とくしまマラソンの時を思い出すなー。関門の六条大橋が、目が霞むくらい先に見えて、残り時間と動かない足に悩まされたあの時を。時計を見ると2時間切りまであと15分。もう無理である。それでも緩めない。最後まで足を動かして走り切るのが今回の最大の目標なのだ。

折り返して残り5kmを切った。後は、いつも練習で走ってる距離をこなすだけ。でも、足はもう完全に言うことをきかない。気合で動かすのみ。ここまで追い抜きまくってきたが、ポツポツと抜かれる。若いねーちゃんとか、かなり年配のおじいさんに。ここまで力ためてたのか?前に結構メタボなおじさんが近づいてきた。こんな体型の人に今やっと追いついたのか。序盤でそんなに離されてたのか?いくらペースを抑えてたとしても、なんか納得できない。短距離だったら絶対に負けないんだけど。何が違うのだろう?筋持久力がそんなに違うのか?

しかし、前に走ってる全然足が動いてない人がいて、その人になかなか追いつけないということは、俺も同様の走りをしていることを思い知らされる。左膝が傷んでたので、給水所でコールドスプレーやってもらう。

残り3km。もうあと3kmしか走れませんよ!!全部出しきってください!!出しきらないと後悔しますよ!!と自分を励ます。

さあ、ゴールが見えてきました。応援してくれる人に挨拶をし、土手を駆け下りゴールへ!!
あ!?さっきのメタボおじさんが最後にダッシュして追い抜きやがった!!くそー、来てるのわかってたら抜かせなかったのに!!


無事、走り終えました。膝とか太ももが痛いけど、目立った故障はなく、最後まで走りました。
ココ壱カレーもらう。うまい。
P_20191124_130657_vHDR_Auto.jpg

そば米汁もらう。うまい。
P_20191124_131849_vHDR_Auto.jpg

とくしまマラソンのときはぎりぎりでゴールして、心身ともに消耗しきって、何もできなかったな。今日は、後から走ってくる人を眺めながら、余裕で御飯食べられた。最後まで雨が降らず助かった。

長蛇の列のサインや写真撮影に応える川口選手。お疲れさまです。
P_20191124_132534_vHDR_Auto.jpg


川口選手は1時間5分くらいでゴールしたらしい。同じ人間じゃないよね。

で、俺のタイムは2時間15分オーバー。2時間切りには程遠かった。まあ、冷静に考えれば、3週間前の練習で15kmを1時間50分かかってるんだから無理だったんだけど。5:30/kmのペースを頑張って維持すればもしかしてと思ってたけど、考えが甘すぎた。トイレ行った5km付近で8分近く使ってる。トイレでそんなに止まったかな?それがなければ2時間10分切ったのかな?途中で写真撮るのに止まったのも何回かあったけど。

P_20191124_161506_vHDR_Auto.jpg

この日のためにランニングウォッチ買ってて、結果をスマホで見る。ゴールした後、しばらく止めるのを忘れていた・・・。
Screenshot_20191124-165529.jpg

Screenshot_20191124-165539.jpg

Screenshot_20191124-165623.jpg

Screenshot_20191124-165628.jpg

Screenshot_20191124-165639.jpg

Screenshot_20191124-165552.jpg


ペースは思ったほど、序盤は遅くなく、後半は上がってない。ほぼ同じペース。ただ、2時間切りに必要な6km/hより速いペースがほとんどない。これじゃ無理ね。思えば、高校や大学の部活で走った長距離走はせいぜい5kmくらい。ペースを維持できるのもそれくらいだと思うと納得できる。おっさんになって急に練習したって、そんなに速くなるわけがない。

心拍数がほとんどレッドゾーンだが、大丈夫か?150くらいなら全然苦しくない。170になるとちょっときつい運動してるなと感じる。今回も息苦しいとかじゃなく、足が動かなくなった方がきつかった。


タイムは残念だけど、最後まで走れたのは良かった。制限時間は余裕あったし、足もまだ動いている状態だった。とくしまマラソンのときは20kmで2時間30分超えてたし。ただ、フルマラソンだと、この状態でやっと半分。タイム的には5時間切りが狙えるけど、残り半分をこの足で走るとなると気が遠くなる。多分30kmでは歩く状態になりそう。ペースを落とせば、もうちょい足を残して走れるかな?フルを最後まで走り切る力にはまだまだ遠い。まあ、怪我せず、いい運動になった。


このイベント運営を支援してくれた方々、沿道で応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。最後まで楽しく参加することができました。ますます盛んなイベントになりますように。

ハーフマラソン前夜

明日は吉野川ハーフマラソン。

P_20191123_200006_vHDR_Auto.jpg

テンション上がってきた。今回は自分なりに練習してきて、まあそこそこ走れるであろうという自信はある。計画としては、最初の2~3kmは7分/km位のジョギングペースで心拍数が落ち着くのを待つ。そこから6分/kmくらいにペースを上げて余裕を持って10km、1時間20分の関門を通過する。その後はペースは落ちるだろうけど、2時間位でゴールを目指す。おそらく前半抑えて足を残そうとしても残らないので、前半で稼ぐつもり。しかし、最大の目的は長距離走ってスタミナつけること。

他、アイテムとして、

ワークマンプラスで撥水パーカ購入。1900円くらい。天気予報が雨っぽい。でも気温は高め。全国で売れまくっているという4900円レインウェアも考えたけど、着て走るには暑そうなので、薄手のにした。
P_20191123_201420_vHDR_Auto.jpg

七分丈のコンプレッションタイツ。これもワークマンプラス。前からタイツの見た目あんまり好きではないのと、効果があるのかあまり確信が持てず。ただ、七分丈なら膝のサポーターも兼ねてくれそうで、1300円位と安かったのもあって買った。スポーツ店で普通に売ってるのだったら1万円超えとかばっかりだし。1回履いて走ってみたが、特に気にはならなかった。
P_20191123_201447_vHDR_Auto.jpg

5本指靴下。これ、結構いい。素足感があって、地面が掴めてる感じがする。テニスソックスでも探してみたい。
P_20191123_201517_vHDR_Auto.jpg

ゼッケンとめる磁石。撥水パーカに安全ピンで穴開けたくないので、スポーツ店で探してたけどない。ワッシャータイプでとめるのはあるけど、あれも服の生地がおかしくなりそうで嫌。でも、ふらっと立ち寄ったダイソーで発見。これでいいやん。安いし。かなり強力なので、よほどの風でなければ飛ばないだろう。ただ、時計とかに近づけると壊れそうで怖い。
P_20191123_200049_vHDR_Auto.jpg

さ、今回は目立った故障もしてないし、準備万端。楽しみ。

シングルス選手権 暗黒時代に戻る

県のシングルス選手権。去年はB級だったけど、今回は45歳クラス。先月のB級の試合でセンター中心のラリーでそれなりの結果が出たけど、後手に回る展開が多かった。新しく自分から展開したい。そこで、ミスの少ない45歳クラスでもんでもらうことにした。

5時半に目覚ましをセットしたが、起きたのが6時45分。ばか。慌てて準備して飛び出し、いつもの壁打ち。焦ったが、30分くらい十分に練習できた。現地には9時ぐらいに到着。2試合目以降なので楽。受付で参加費を既に払ってると言われて、いや、俺は払ってないと言って無理やり払おうとしてお手数おかけしました。

あ、いつものサークルでときどき一緒に練習する人がいる。こんにちは。何試合目ですか?え?俺と試合する?そうなの?
知らなかった・・・。名前を。

練習のときはダブルスしかしないけど、基本的に勝てないんだよな。サーブでもリターンでもぐいぐいネットに来て、なかなか押し返せない。え?去年準優勝?まずいな。今年、トーナメントになっちゃってるし、あんまりラリーしてくれそうな感じでもないし、やりたいことできなさそうだな。


1回戦
試合前練習で球出しがヘボすぎて、相手にボレーを1球もさせないという荒業を出してしまった。トスに勝ってレシーブ選択。
ガンガン来るのかと思ったが、以外にサーブもラリーもいつもよりはゆっくり。思ったほどではない。そこそこラリーを繰り返す。
しかし、トリッキーな配球、ドロップショットに翻弄されて対応できずにミスが重なる。
そして、バックに何度も打たれる。やっとトップスピンが打てそうな俺。ここぞとばかりにトップスピンで・・・ミスをする。入ったり入らなかったり。これでリズムがどんどん悪くなる。G1-4。

それでも徐々に入る確率が上がってきた。しかし、今度はフォアがおかしい。当たりそこないでチャンスボールが来たのを、いつもの暴発ミス。浅いボールを持ち上がらずネット。そして、ベースイラインからの普通のストロークもミス。
G2-5。自分のサーブゲーム。ゲームポイントもあった。チャンスボールもあった。でも取れなかった。G2-6。これで2ブレーク差。プレーの質は下がり続け、ゲーム差も開き、ここで実質勝負は終わった。


ファーストサーブが一向に入らず、緩いセカンドでは相手の餌食。サーブで全然強気になれない。ちょっとでも浅くなるとアプローチされ、ファもバックもほとんど対応失敗。結局、1ゲームブレークして取っただけでG3-8で負け。


ひどい内容だった。もう、途中でフォアがどうやったら入るのかわからなくなってしまった。ああ、またあの時代に・・・。


コンソレ
45歳ではコンソレの相手がいなかったが、一人若者がリーグの棄権により1試合しかしておらず、まだやりたりないとかで、相手してもらうことになった。なんか、45歳コンソレには粗品があるとのこと。頑張って取らないとね。

しかし、嫌な予感がしてた。1試合目に暴発状態になった。過去の経験上、この状態にになると一晩は経たないとリセットできない。なんていうか、手首あたりの感覚がおかしくなってて、もうどうにもならない。

試合が始まると、すぐにそれを確信した。全然入る気がしない。ありえないフォアのミスを繰り返し即ブレークされる。
しかし、次のゲーム、40-40からノーアドでポイントしてブレーク。G1-1。

と、思ったら、相手がまだアドサイドでサーブを構えてる。ん?試合始まる前に、8ゲームノーアドか6ゲームセミアドバンテージのどちらかでやるかを話し合って、8ゲームノーアドにしたよな?
「ノーアドって、普通にジュースですよね?」
ん?え?おれ、なんか間違えてるか?アドバンテージなしで終わるからノーアドですよね?セミアドバンテージは1回だけジュースやって、決まらなければ次の1本で終わり。
「そんなのやったことないです。」
え?まじで?おれなんかノーアドのほうが圧倒的に多いけど。今までテニスやってきて、ノーアド1回もない?ほんと?
「え、じゃあ普通にジュースやるのは何て言うんですか?」
え?名前はない。
え?大丈夫かな?俺なんか間違えてるか?

とりあえず、俺の主張で納得してもらって、ノーアドで続けることになった。しかし、俺も受付で言われてたが、俺も何か勘違いしてるんじゃないのかと、プレーが始まってもしばらくもやもやしたままだった。


俺もおかしいが、相手も凡ミス多めなので、付かず離れず状態。たが、先にブレークされ、常にリードはされている。ちょっとフォアハンドを緩めて入れるようにして、G3-3に追いついた。でも、その流れが続かず、すぐブレークされる。
G3-5からサーブキープでG4-5でキープ。したのに、G4-6じゃないかと俺が主張し、逆に相手がたしなめてくれるという失態を犯す。次ブレークしてG5-5。しかし、またもサーブキープできずG5-6。

若者だからもっとがんがん打ってるくのかと思ったが、以外にスライスが多い。高い弾道のボールを打ったら、フォアでもライジングでスライスを打ち返してきてうっとうしい。そして、こちらのボールが浅くなるとすぐネットに来る。しかもアプローチが厳しい。俺がいつも悩み苦しむ浅い低いスライスでも、両手バックできれいに打ち分けてくる。すると、俺はフォアもバックもおかしいで、ミスをする。後ろから深く返すのはまだできるが、パッシングを狙えるような状態ではなく、相手の餌食、もしくはこちらのミス。

G5-7。俺サーブ。30-40。この試合は、1試合目に入らなかったファーストを反省して、スピン多めで打ってたが、マッチポイントを取られたここで強振。センターに決まって相手ミス。ノーアド。ジュースサイドから。
再び強振。しかし、白帯パチーン。心折れた。中盤から何度か強振したものの、ことごとく白帯パチーン。いらいらしてたところ、ようやくさっき1本決まったが、またも白帯パチーン。
そして、セカンド。余裕のダブルフォールト。G5-8で負け。


何もなせぬまま1日終わった。また暗黒時代に戻ってしまった。好調な期間、短かったな。一夏の経験で終わった。

家で動画を見たが、自分が試合中感じてた程はひどくは見えない。一応ラリーしてるように見える。でも、試合中、一度もスッキリした感じはなかった。ずっとミスをするのかどうかの間だった。

バックのトップスピンはひどい。それでも頑張って打って徐々に入り始めた。しかし、これが間違いだった。入ってもあまりスピンがかかっておらず、フォアほど相手を押せない。練習ではイースタンで打ってて調子良かったのに、試合中はセミウエスタンで打ってたことに気づいた。そこからして、やりたいことができてない。
そして、この半端でミスの多いトップスピンと、比較的ましに打てるスライスのどちらを使うのかを迷ってた。それで間に合わず、感覚も合わずミスをしたポイントが何本もあった。これなら全部スライスで打ったほうが良かった。

バックで思ったプレーができないことで、フォアもおかしくなってしまった。手首を90度曲げるとスピンかけやすいように感じるが、こすってネット超えないミス。手首伸ばすと手首が不安定になってミス。今日は、その間が無かった。

相手に先手を取られ、自分の先の見えないプレーのため、足も止まりがち。


そして、サーブ。今日もだめ。とにかくファーストが入らない。1試合目の人にもファースト入らないから楽だったと言われた。壁打ちだと、狙ったとこに打てるのが、試合だと打てない。どんな打ち方だろうが、狙ったところに行ってるのだから試合で入るだろうと思ってたのに、試合だと入らない。
セカンドは相変わらず弱い。ダブりそうなので、強振できない。そして、入れに行っても入らない。
動画を見てると、クローズドスタンスからのスイングがおかしい。このスタンスにこだわってるが、どこにトスを上げてどういう腕の使い方をすればいいのか理解できてない。


先週お世話になった国府母上にも無様な試合を見せてしまった。まあ、別の人の試合の視界の片隅程度に入ってた程度だろうけど。
夏前に戻ったな。比較的長く好調が続いたが、あっさり戻った。今思えば、サークルでなめきってシングルやって負けたあたりからおかしかったな。気合入れれば打てると思ってたが、打てなかった。夏前に戻った。

来週はハーフマラソンで、その次は市の試合。まー、だめだろな。フォアがな。やっぱりフォアが打てないと、試合にならない。なんかおかしかったなー。ガシャリまくり。でもきれいに当たった方がミスしてて、ミスヒットしたほうが入る感じだった。何が違うんだろ。
そう言えば、水曜日に壁打ちしたとき、ラケットから重り外したんだった。普通に打てるようになってきたし、ラケット本来のバランスに戻したほうがいいんじゃない?と思って。軽くなって振りやすくなったけど、ヘッドが暴れすぎたのかな。また貼っとこ。とりあえず、今日はそういうことにしておこう。