TRIAX

先週のシングルスの試合の後、楽しかったが虚しい。
ストロークの調子は概ね良くて、長年の悩みが解消されつつある。
しかし、サーブの調子が悪くて負けてしまった。サーブ悪くてもストローク良ければ大丈夫と思ってたのに、もろくも負けてしまった。
ストロークが良くなったとしても、所詮その程度のレベルかと思うと虚しい。

ピュアドライブ2015にTIRAX 1.28を張ったの壁打ちで試した。
ナイロンマルチとポリの複合ストリング。メインで使っているCX200にナチュラルを張っているけど、飛びすぎる感がしたので、その対策として良いのでは思っている。

で、実際に打ったが特に大きな感動はなかった。
事前に製品の特徴を見た時は、ナイロンマルチがベースでポリを混ぜてる、つまり、ナイロンマルチの感覚が強いのかと思ってた。
打ってみると、柔らかいショットは柔らかく、強く打つと強い衝撃という印象。前に張っていたスマートに近いかな?スマートよりは反発力があるかな?程度の感じ。
昔、ナイロンマルチを使った時は粘りある弾力が印象的だったけど、そういう感覚は全く無い。
小1時間ばかり打ってたけど、普通のストロークでは硬い印象で、ほぼポリで打っている感触。44lbと緩めに張ってるんだけど。

練習後。目立ってささくれだったりしてない。見た目だけだったらナイロンと思う。
2020-10-2201.jpg

これをCX200に張るかどうかとなると、まだ判断つかない。
ピュアドライブに張ってこれなんで、CX200に張るともうちょい柔らかい感じになるのかな?
ボールの伸びとかわからないので、週末の練習で使ってみてまたどうなるかかな。


壁練習は大体自分の思いどりにストロークが打ててるので、今までみたいにがつがつ打つことなく終わった。
サーブも小手先で打たないように気をつけて練習して良くなった。良いときはボールをぐしゃっと潰せてる感じがする。
ただ、ストリング変えたせいかもしれないが、スライス系のショットの感覚がおかしい。
前の試合でも、フォアもバックもスライスのミスが多かった。
壁相手ボレーもおかしい。

やっぱり軟式の経験が長いとスライス系は難しいと思う。
軟式はネットベタつき状態のウエスタングリップでのボレーがほとんど。
ローボレーの練習もするけど、割合としてはかなり少ないし、これもウエスタングリップ。そもそも試合ではローボレーをしないですむように動くし、相手もそんなに打ってこないし。
硬式だとコンチネンタルグリップで、シングルスでは基本的にローボレー。軟式とはやってることが真逆。
軟式やってるときもたまにコンチネンタルでボレーしてたけど、かなり限定的で感覚も違う。

ストロークは同じ感じで打てることがわかった。サーブも軟式の時からコンチネンタルグリップで腕の使い方もほとんど同じで、なんだかんだであまり大きく変えずに打てる。
ボレーだけは難しい。練習でできたと思っても、試合ではそのとおり打てない。
理屈はわかっているつもりだけど、数多く打って感覚を身につけることが大事かな。

月例シングルスの試合 なめてました

毎月恒例、所属クラブによるローカルシングルスの試合。最近調子いいし、今日は優勝だな。

クラブに着くと・・・あれ?県の試合でよく会う人がいる。前の仕事でお客さんだった人だ。なぜここに?え?試合に出る?なんでまた?

来月、コロナのせいで中止が続いてた、県のシングルスの試合が久々に開催される。それの前哨戦的に参加とのこと。そうかー、これは急激に面白い試合になりそうだな。

お連れの人もいるそうで。どうも、はじめまして。え?初めてじゃない?何年か前にガーデンに通ってたときに一緒にやってた?そうでしたっけ?女の人が多かったイメージがあるんだけど。
え?このブログを読んでる?そんな稀有な人は、いつもお世話になってるONSさんに続いて二人目だ。
ちなみに、テニスの更新回数が一番多いが、自分としては釣りと花ペットがメインなのであしからず。

今日持ってきたラケットはCX200とピュアドライブ2018。ピュアドライブ2015はTRIAXに張替えに出している。飛びすぎて困ってたCX200だが、振動止めをつけてどうなるのか見極める。

今日は9人でトーナメント。初戦だけ8ゲームプロセットでノーアド。にぎやかになりそうだ。

2回戦
強打のレディが初戦の相手。最近ずっと当たってるな。前回はG5-0から3つまくられたからな。油断ならない。
自分のサーブは無難にキープして、相手のサーブでノーアドになるけど全部取っていってG7-0。さすがにここまで来れば安心だろ。
1ゲーム取られたけど、サーブキープしてG8-1で勝利。
強烈なストロークとサーブでやられたけど単発で、ミスの方が多かったので、こちらはリスクを犯す必要なく終わった。ただ、バックのスライスが殆ど入らないのが懸念。


準決勝
これまだ強打の男性が相手。2年くらい前に1回やった気がする。振っては来るが、ミスが多いので、ま、勝てるだろ。
相手サーブから。最初から速いがダブルフォールトが多くブレーク。自分のサーブは0-30から逆転してキープ。次のゲームはノーアドで強烈にリターンを見舞ってブレーク。G3-0。な、勝てるだろ。

しかし、ここから沼にハマる。
自分のサーブでダブルフォールトを連発。ここまで何の問題もなかったサーブが、このミスをきっかけにおかしくなる。
G2-3となり、次のサービスゲームでまたもダブルフォールト連発でG3-3。
これで相手が完全に息を吹き返した。相手がセカンドでも思いっきりサーブを打ってきて、それがまた入る。コースはほぼフォアにしか来ないけど、なんせ力任せに打ってくるのが入るので返すことができない。さらに、こちらの調子のおかしくなって入れに行かざる得ないサーブを強打してこられて返せない。G4-5と王手をかけられる。

ラケットをポリを張っているピュアドライブ2018に交換する。CX200を使ってたが、振動止めをつけてたけど飛びすぎる感じがして、特にサーブの制御がきかないので変えた。
自分のサーブ。若干だが、ましになって、とりあえず入れることはできる。今日はフォアが調子いいので、なんとかラリーで持ちこたえキープ。
G5-6とまたリードされるけど自分もキープしてG6-6。今までならブレークされて終わるところ、2ゲーム持ちこたえた。

タイブレーク。いきなり0-4。やっぱりびびりサーブが足を引っ張って、ストロークもびびってしまう。相変わらずバックのスライスが入らない。2ポイント返したが2-5となる。
ここから粘って5-5と追いつき、さらに6-5と逆転。マッチポイント。しかし、取り切れない。ここから一進一退。お互いなんどもマッチポイントを握るが、取れない。俺はチャンスボールを何度もミスしてしまう。インドアコートだったが、夕暮れの日差しが入ってきてすごい見にくい。
9-9から相手の強打をフォアのスライスでしのごうとしたが暴発。9-10。相手のセカンドサーブ。強打に備えてたが、入れに来た緩いサーブにタイミングが狂ってネット。タイブレーク9-11で負け。

あー、くやしいなー。中盤の自滅から簡単に終わりはしなかったけど、サーブに足を引っ張られて全体的に調子がおかしくなってしまった。勝てる試合を落としてしまう典型的なパターン。


3位決定戦
今日、友だちになったKSMさんが相手。最初、体調が悪いから見学だけと言ってたが、そんな気張った試合じゃないからと言って参戦。しかし、初戦から8ゲームのタイブレークやってて体調を心配してたが、無事の模様。
練習も試合もプレーの記憶が無いので、どんな選手なのかわからないが、この前の試合で元お客さんのSNOさんとはG1-6で負けたのこと。まあ、体調も良くないみたいだし、勝てるだろ。
と、思ったら、始まってすぐにその認識の甘さを打ちのめされる。前の試合で強力サーブにさらされてて、タイミングが合わなかったのもあるが、サーブがコースを突いて的確に入ってきて返せない。簡単にキープされる。やべー。強いじゃん。

自分のサーブ。試合を待ってる間、調子に乗って初戦のレディとかにサーブはこうしたらいいとか言ってた。ところが前の試合で自分がズベレフ以下のヘボサーブを打ってしまい反省していた。この試合前に何が悪かったのか考えてた。多分、小手先でスピンをかけようとしてた。腕全体、体全体でサーブを打つように意識した。フォームに流れを作るために、体の横向きを維持して右足をステップしてみた。

これで一気に感覚が良くなった。さくさくサーブが入る。ストロークにミスが出て先行されたが、なんとかしのいでポイント取れてキープ。G1-1。
この後も似たような展開が続き、お互いサーブキープでG3-3まで進む。なんかシングルスの試合っぽいな。

この間、ストロークの調子が上がってきた。フォアはもともと良かったが、リズム良くなった分さらに振れるようになった。ラケットも飛びすぎると思ってたCX200で問題なく打てている。
バックのスライスも入るようになった。しかも低く伸びるスライスが。前の試合まで、体を前に回す力で飛ばそうとしてておかしくなってるのに気づいた。横向きのままで腕のスイングだけで打ったら良くなった。目線が打球から離れるのが気になるが、ボールは明らかに伸びていった。攻められても五分で返せるようになった。

相手サーブ。ようやくタイミングが合ってきてレシーブが変える。ラリーでも余裕が出てきたことで、相手のミスが出てきてブレーク成功。
自分のサーブは調子を維持して、復調した久々の全力スマッシュも決まってキープ。G5-3。

相手サーブ。30-30。サーブで相手がネットに出てきたのが見えた。展開に行き詰まりネットで勝負に来たか。フォアのリターンがダウン・ザ・ラインに決まる。マジで狙って入った。40-30。
セカンドサーブからネットに来た。しかし、ここもフォアのリターンがクロスに炸裂。相手のボレーミスを誘い、G6-3で勝った。
KSMさん悔しそうだが、俺は良いプレーを出せた。最後の2本は1歩も動かないで打てるコースだったのに助けられた。


3位か。今年はほぼ毎月出て優勝は1回。なかなか優勝できんな。

ストロークは、もうこんなもんかな。これ以上良くはならないだろう。まだへんなミスはあるのだけど、ラリーを続けて時折ウィナーを出すレベルまで来た。今年、子供や奥さんと軟式の練習をやって、やっぱり俺はこれなんだと思った。もう、硬式用のフォームとかどうでもいい。動画を見てもやっぱりへんなフォームだが、軟式打ちが俺の生きる道。

バックも軟式打ち。振り切ったトップスピンが入った。3球くらい。ほとんどフォアで打ってたし、相変わらず余裕があって打点が体に近いときしか打てないのだが、まあ、いいでしょう。パッシングで打てたのが自信になった。

バックのスライスとサーブで躓いたが、だめなところに気づいて、最後の試合で矯正できたのは良かった。次からは最初から打てるようにしなければいけない。

ボレーはヘボかった。入ればラッキー。コースを狙うなんてとんでもないという感じ。ダブルスと違って、後ろから前に移動する中で打つファーストボレーがまずだめすぎて、自殺行為レベルから抜け出せない。しかし、普段の練習あ壁相手では、試合で本気で打ってくるレベルのボレー練習はできんしな。こればっかりは独自練習ではレベルが上げられない。

筋肉体操始めて1年経って、一応パワーアップしてると思うのだが、打球にそれが反映されてる感が全く無い。やっぱりテニスは力ではないのか?単に、力入れて打つことができてないのか?

今日は相手バックを狙うことをテーマにやってた。やっぱり、いくら得意という人でも、フォアに比べればレベルが落ちることが多い。バック中心で展開して、時を見てフォアを攻める。まずはこの基本パターンをしっかり作りたい。

最近、タイガー・ウッズは相手のパットが入ることを願っているという逸話を知った。外せば自分の優勝が決まるという場面で、相手のパットが入ることを。相手のミスで勝つのではなく、最高の相手に自分の力で勝つのだという。それ大事よね。
ということで、俺も今日そういう気持ちでやってみた。
しかし、できなかった。
2試合目、きつい展開で相手のダブルフォールトが出ることを期待してた。あれだけ多けりゃ、そりゃ期待しちゃうでしょ。でも、自分のプレーが良くなかったので、勝手にポイントが転がり込んでくることをいつのまにか期待してた。思うだけのなんちゃってメンタルだった。これは真に強いメンタルがなければできることではないとわかった。

決勝戦、元お客のSNOさんの相手となるはずだった、俺が負けた相手が用事があって帰ってしまった。それで代わりにかつてニックボロテリーアカデミーにも入ったことがあるというコーチとのエキシビジョン。
G6-1。つえー。SNOさんもよく返してたが、やっぱ俺たちとは次元が違うみたい。前も見たことあるけど、サーブにしろストロークにしろ全然、全力感がないのに威力があってコースが激きつ。打球の質とか軌道もなんか違ってて、横から見てるとアウトになるかと思ったのが余裕で入ってたりする。いわゆるエッグボールみたいにスピンがかかりまくりというふうにも見えないのだけど。

サーブってどれくらの力の割合で打ってるんですか?って聞いたら7~8割だって。そうかなー。5~6割くらにしか見えないんだけど。力もそうだけど気持ちも7~8割だって。全てを出し切ろうとするとおかしくなるって。そうかー。たしかに8割位でとかはよく思うけど、気持ちも8割は無かったな。10割だよ。いつもサーブだけでポイントできないか考えてる。それが自滅の入り口なのかもな。

KSMさんはストロークのときに、足はばたばたしてないし、全然打点のズレがないって言ってた。たしかに、言われてみれば。左右に振られても必死感が無い。
コーチはただ自分の打点に入って、ボールがそこに来るのを待って、来たら振るだけ、みたいな感じの事を言ってた。わかったような、わからんような。ただ、確かに俺なんかは打点が低いときはこんな打ち方、高いときはこうして、みたいに、いろんなフォームで打つことを考えてる気がする。コーチは基本的にベースラインから下がらない。深いボールはライジングで打つ。浅いボールは当然前に動く。しかし、いつでも同じフォームで打ってるように見える。だからといって、凡人が真似してできることではないことだけは理解できる・・。

最後に、良いボール打ったら良いボール打ち返されるだって。相手に良いボール打たれたら、その前に良いボール打ってる証拠だって。それはわかる気がする。軟式やってる時、そう感じることがあった。相手が強いほど自分も強くなるような。硬式でその境地に行けることは、まあ、ないだろうなあ・・・。


調子悪いときにポリに逃げたが、自分がちゃんと打ってればナチュラルストリングでも大丈夫ってわかった。来週、シングルスの練習に誘われて、そこでナイロンマルチとポリの混合ストリングTREIAXを試してみるが、まずは自分だな。

今日の景品。これまたド派手な色だな。服装規定適合製品て書いてるので、試合用と思われるが、おじさんには恥ずかしい。
2020-10-1803.jpg

今日はおじさんには優しい天候でやりやすかった。思わぬゲストがいて、いろいろ話ができてよかった。来月から県の試合始まるけど、良い練習になった。また筋肉体操頑張らないと。

挽回

花は咲くものの実がならないと思ってたミニトマトだが、なんとか実が付き始めた。
2020-10-1801.jpg

ネットで調べたら最初に咲いた花に実がつかないと、その後もつかなくなる傾向があるらしい。
花が咲いたら放っておかず、花を指で軽く弾いたり、綿棒で子房を触ったりして受粉させるのが良いらしい。
ということで、だいぶ花が落ちてしまってたものの、適当に指で花触って受粉と思われる作業をしてみたところ、ぽこぽこと実がなりだした。
まだまだ花は残ってるし、これからも咲きそうなので、冬になる前にもうひと頑張りしてほしい。

今年は花が咲かなかったハイビスカスだが、今年も咲かなかったのがホテイ草。
小さい容器に入れてメダカを飼ってたときはよく咲いてたんだけど、ここ3年位は咲いてない。
なんか、早くも枯れてきた。それ以前に株は1個しか増えてない。普通なら容器から溢れんばかりに増えるのに。
そういえば、今年はアマゾンフロッグピットも増えない。去年はトロ船を覆い尽くす以上に増えたのに。
今年、暖かくなり始めた頃に新しいトロ船に水をセットし直したのだが、栄養が不足した?
その割に苔とか藻はしっかり増えてるのだが。
2020-10-1802.jpg

秘密兵器

ちょっと、子供のソフトテニスの練習のため、秘密兵器を購入した。

ウィンボール。単なる重りではある。ラケットにビニール袋を被せて素振りとかもやってるらしいが、うちの子には今の所効果がないので、これを買ってみた。ヘッドだけが重くなるが、力を抜いてヘッドを効かせるスイングを覚えるのには効果的。
2020-10-1101.jpg

サーブアップ。正しいフォームで素振りをすれば、最初から最後まで折れることがないというアイテム。硬式やってる男子ならほとんどの人はできるだろう。
2020-10-1102.jpg

うちの子にやらせると、素振り上は非常に改善されたように見える。本人も手応えあるようだ。
で、昨日、実際にコートで練習してみたところ・・・。

ま、こんなもんかな。
スイング以前にボールの打点に入れないので。
サーブに関しては、トスを上げるのに四苦八苦してて、ラケット持ってる手はどこか宇宙の彼方に行ってるみたい。
まあ、とにかくボールをラケットで扱うという感覚が無い。
試合で、相手やペアがボールを渡そうと、軽く打ってきたりするでしょ。それを手でもラケットでもなんでもいいけど、キャッチするでしょ。そんなの何も考えなくてもできるでしょ。テニスやってる人は。それができないよの、うちの子は。ぽろぽろこぼして、後ろに反らしたりする。

ま、教えたとおりできれば、みんなすぐ上達してすぐプロ選手よね。少なくとも自分の子はすぐ上手くなると思ってた。でも、自分が知ってることを教えれすぐ上手くなるというのは、とんでもない勘違いだとやっとわかった。うまくならないのは教え方が悪いのかと思ってたけど、それだけじゃないのもわかった。もう、そっとしておこう。

ますます劣化

真面目にテニスの練習に行ったのに、練習ができない日だということを現地に行って気がついた。もう寿命も半分過ぎてるのに、無駄な時間とガソリンを消費してしまった。

しょうがないので夕暮れにいつもの6kmランニング。

昼間は暑かったけど、涼しい時間帯で快調に走り出す。しかし、すぐに苦しくなり、これは最後まで持たないと思ってペースダウン。しかし、進むごとに確実にペースが維持できなくなり、最後は息も絶え絶え。6km走り切るので精一杯。平均ペースは7分/kmちょっとだが、後半は7分半~8分。今日のこの調子ではフルマラソンは絶対に完走できなかった。

なぜだろう?走るたびに遅くなっていく・・・。

また読み誤る

土曜日の夜、釣りに行った。
午前まで台風の雨が残っていたが、午後からはやんだ。
これ、釣りに丁度いいんじゃない
小潮で潮は動かないが、川は大幅に増水しているだろう。日曜日の朝は干潮なので土曜日の夜に行くことにした。

19時頃。
小潮でほとんど潮の上下のない時間帯。本来は潮位は高くないが、すごい増水してて大潮の満潮並み。テトラの上に上がる場所を探すのが大変。
すごい流れと濁りだ。でも、濁りはむちゃくちゃドロ濁りというわけでもない。
それより、うねりがあって沖からたまに波が打ち寄せて、足元に波がかかる。やばい。怖い。帰ろうかな。今から帰って早く寝て、日曜の早朝に出直そうか?でも、日曜の朝はテニスの練習に行きたいしなー。

足場を探すのに苦労して、帰るかどうか悩みながらルアーを投げる。それもこれも、この雨でシーバスの大物が釣れることを予想してのこと。

しばらく続けてるとうねりがなくなり、潮位も下がってきた。釣るのに問題なくなった。よし、これなら大丈夫。気合を入れ直してルアーを投げる。

大物が来ることを期待して、いつもは使わない大きめのルアーを流していく。

そして、2時間やって、終了・・・。今回も、何も起きませんでした。

今回も雨が降ったあとで釣れると思って、釣れなかった。さすがに今日は釣れると思ったが、大雨の直後すぐはだめだったか。一晩開けたほうが良かったかなー。濁りが程よく薄まって、潮位も下がって・・・。

そして、日曜日の朝、テニスの練習に行ったが、そもそもテニスの練習ができない日だったことを行った先で思い出すという・・・。

いつものように長文だが、いつものように大したことは書いてない

昨日、中学のソフトテニスの大会があって観戦に行った。
うちの息子は相変わらずくそへぼで1ポイント取っただけで負けた。
サーブが入らないから、最初から手首を折ってラケット下に足らせた状態で構えろ、とか先生言われたらしい。さっさと教えたとおりに打って入れないから、そんなへんてこな打ち方を教えられんだよ。
あとから聞いた話で、その後の敗者審判でもトラブってて、中学ソフトテニス初心者が通る道を確実に歩んでいる。

で、今日気がついた。
中学生はまだまだ子供ではあるものの、もう自分も考えて決めて動く生き物。もう一人前のような目で見てた。で、俺も経験者なのでいろいろ見えすぎてて、クソヘボぶりに不満がつのってしょうがなかった。
しかし、今まで大した球技もやってない。空手はやってたが、なんちゃってで終わったし。
そしてソフトテニスに関しては超初心者。
そう、こいつはまだ、超初心者なのだ。
空手を始めた幼児や小学生が初めて試合出て、レゴのような動きしかできず、いくら技を出しても1ポイントも取れないまま時間切れとなるのと変わらないのだ。
「やった、ラケットにボールが当たったよ!!」
「サーブが入った!!うまいうまい!!」
「おしいおしい、次はワンバウンドしてから打とう!!」
こういう掛け声をかけないといけないレベルなのだ。
我が子と思って、最初からあまりに多くを望みすぎた。


で、今日は自分の硬式テニスの練習。
今日はこんな感じ。
フォア○
バック△
ボレー○
スマッシュ○
サーブ○

自分としては及第点。ダブルス数試合したが1回負けたかな?くらい。サーブはすべてキープ。本当は◎と行きたいところだけど、そこまで完璧ではなかった。でも最後まで調子が崩れることはなかった。

硬式をマスターするために軟式を忘れようとさえしてたのに、子供が部活でソフトテニスに入ったことをきっかけに軟式打ちを思い出すことで、ボールを捉える本質的な感覚は変わらないことがわかってきた。ストロークの硬式打ちがどんどん軟式化していく。ラケットの引き方を思い出してスマッシュもノーミス。なんか自信持ってラケットが触れた。

サーブはフラットでも回転をかけることを心がけた。それじゃあフラットじゃないだろと自分でも思うけど、スライスで回転をかけるのとも違う。強いスイングの中で強いスピンをかける動作を組み込んで安定して入るようになった。しかし、急に続けて入らない時もある。勢いつけようとフラットに叩きすぎる時がある。
セカンドではいっぱいスピンをかけるフラットサーブのつもりで打った。なるべく縦回転とかどうでもいいです。

バックだけが微妙。というかミス多し。ダブルスなんで、あまり打つ機会が無い。ミスしながらも徐々にフォアと同じ感覚で捉えられるところい近づいてる感はあって、思ったように入るボールも増えている。ただ、またグリップをどうしようかと考えているところもあって、壁打ちだと薄い方が良いボールが打てることが多い気がしてくる。でも、試合で打つと暴発する時もある。ま、シングルスでは打たないのでいいです。


先々週の練習でCX200が飛びすぎると思って気になってた。衝撃が少ないので振動止めをつけずに打ってたのだが、もしかして振動止めが関係あるのか思ってネットで調べてみたら、振動止めつけると飛びが抑えられるという情報を見つけた。本当か?そんなわけないだろうと思うのだが。
で、また太い輪ゴムを縛り付けて打ってみた。まあ、確かに前回より飛ばない感じがする。が、強い相手が出てきて本気で打ちだすと、あれ?という感じで飛び出した。
それで、キモニーのクエークバスターをつけたら、さらに飛びが抑えられる気がした。実際にどうなってるのかわからないけど、ラケットを振ることに不安は減った。

実際のところはどうなのだろうか?シングルスで本気で打ってみないとわからない。
ただ、効果はありそうなので、もう少しいろいろ試したくて帰りに振動止めを見に行った。
2020-10-0404.jpg

バボラのカスタムダンプというのが気になって買ってみた。穴開きのと、穴の中に小さい金属球が入ったカプセルが埋まってる、2種類の振動止めが入ってて、後者のほうが振動止めの効果が強いらしい。来月久しぶりの試合だけど、うまく行けばわざわざストリングを張り替えずに済む。


そう、ついに大会が再開する予定。B級の試合からだけど、喜ばしい。もちろん、コロナの状況次第だけど。
参加者多いんじゃないのかな。去年はベスト8まで行けたけど、今年も予選から激戦だな。
と思ってたのだが、練習してたら「ぎりぎり申し込めるね」て言われた。
ぎりぎりってどういう意味ですか?
「ランキング40位以内だと申し込めないでしょ。」

え?

げ!!
ランキングが妙に上っている!?
どうして?

去年のこの試合の後、また調子が下降して負け続けたのに、なぜ知らぬ間にランキングが上がってるのだ?
確か、過去最高で70位くらい。それが何もしてないのになんでB級ぎりぎりレベルにランキングが上ってるのだ?
上積みがないのに上がるということは、他の人がポイントを失ってるのか?でも、コロナで試合無かったしな。失ってるなら俺も同じように失ってるはずだが。
わからんわー。何か計算間違えてるんじゃないのか?
困るな。実力上がってないのに、ランキング上がって出られる試合が減ってしまうのは・・・。
まあいいか。今回負ければポイント無くなるからランキング下がるし。
いやだなー。シードで0負けとか・・・。

タチウオの洗礼

久々に自分の父親と釣り。いまシーズンのタチウオの夜釣り。ルアーでは毎年この時期に釣ってたけど、餌では初めて。

場所はこんな感じ。んー。いかにも釣れそう。
すでにたくさんの人が竿を出していて、隙間を見つけるのが大変。
2020-10-0401.jpg

しかし、波止には身長より高い壁。登ると幅は50cmくらい。1歩踏み外せば海の中。怖い。周りの人、そして70にもなってる父親も結構壁の上に立っている。普段テニスやランニングで鍛えてるが、落ちたときの恐怖感に勝てない。クーラーボックスを持ってきて、その上に立って壁越しに竿を出す。そして、壁の上にも立ってないのに、俺一人フローティングベストを着ている。


仕掛けはウキ釣り。電気ウキにケミホタルつけて、3本針に冷凍キビナゴをつける。
んー、いかにもタチウオ釣りって感じ。初めてだけど。
2020-10-0403.jpg

ぷかぷか浮かぶ電気ウキに心躍らせる。
2020-10-0402.jpg


しかーし、反応は鈍い。
父親は前回の釣行で7匹釣ったらしいが、明らかに反応は薄い。

しかし、お隣の人がポツッと釣り上げた。
そして、父親も釣り上げた。
お、時合が来たか?

こねー、俺の仕掛けにはこねー。
仕掛けを上げてみればまっさらぴんの状態で餌が上がってくる。いないのか?
かと思えば、きれいさっぱり餌がなくなってたりする。投げたとき飛んでったのか?


そういえば、去年のこの時期、社員旅行でタチウオの船釣り行ったっけ。
人生初の船釣り&テンヤでテンション高めだったが、周りの人は釣ってるのに、俺は釣るどころかアタリさえもないという結果。
またか。またも俺にタチウオの洗礼が?

ま、こういう待ちは苦にならない。むしろ好き。病院とかでの待ちも苦にならない。
それより、コロナにかかったトランプ大統領の容態が急変しないのかが気になってしょうがない。

ん?
お?
来たか?
電気ウキの光がぼうっとにじむ。海の中に引き込まれてる。
早合わせは禁物。完全に食い込むのを待つ。
とうことを事前に聞いてるし、ネットでも調べてた。
しかし、こういうのは知識だけではどうにもらなない。

さあ、来るか?食い込むか?
余分な糸ふけを取る。
タチウオの反応を見たくて、道糸に指をかける。
びっ、と脈打った。いる!!
と、思った瞬間、重みがなくなりウキが浮いてきた・・・

やってしまったー。
「テンションがかかった瞬間餌離すけんな。」
と父親。
そうなのー。余計なことをやってしまったー・・・。
難しいなあ。ルアーだったらガツッとアタリがあると勝手にかかってるのに。

結果的に4時間やって父親が3匹。アタリはもっとあったが、やはり掛けるのが難しく打率にすると5割以下。
俺は、アタリ1回。以上。
お隣の人は2匹。

今回もタチウオの洗礼を浴びてしまったな。ルアーのほうが釣れたな、俺の場合、多分きっと。
全体的にあまり良くなかったようで、来た時たくさんの釣り人がいたが、うちらが帰るときにはかなり減っていた。
まあ、いいです。釣れないことは。
結局、父親が釣ったタチウオ全部もらったし。
それより立ちっぱなしで足腰がきつい。うちの父親は達者だなあ。

満月壁打ち

昨日は中秋の名月だけど、満月度合いは今日が最高って誰か言ってた。今週末も練習できなそうなので、壁打ちでも行っとくかー。

概ね好調。
ストロークはぎりぎり力を抜いて振り切れる感覚がわかってきた。フォアもバックも。打点の位置とか手首の形とか関係ない。ただ、極限まで脱力して、強くボールにコンタクトするだけ。わかる人にはわかるこの感覚。口では説明できない。

サーブもボレーもスマッシュも好調。

まあ、壁だからなー。

中秋の名月ランニング

中秋の名月だったそうで、きれいな月を見ながら6kmランニング。
週1くらいの頻度のランニングで全く自分を追い込んでないが、平日は筋肉体操、週末はテニス。ランニングをすることだけで追い込んでる状態。
一応、3月のとくしまマラソンがまだ中止と決まってないし、出るかどうかわからないので最低限の練習はしておかないと。

しかし、走るごとに遅くなっていて、今回は7分/kmのペースを超えてしまった。
なんということだ。むしろ練習しない方が速いのではないかという気さえしてきた。
別に体調的には何の問題もなかったんだけど。夜は涼しいし。ただただ、足が前に出ない感じ。
最近、瞬時体重が学生の時以来の59kgに乗ってきたのとか関係あるのかな?
目標だった5時間切りを諦めたのもあるかな。自分に手を抜いてるというか。

ま、まだ本番は先だし、確率的には走らない方の可能性が高いので、まだ無理はしない。

ズベレフのセカンドサーブ

やばすぎるでしょ、あれ。
全米オープンの決勝のタイブレークの動画を見たところ、やばいでしょ、あれ。明らかにプロのレベルじゃない。
ネットで最近、ズベレフのダブルフォールトが多いという記事を見てたが、あんなにひどいことになってるとは思わなかった。
だって、世界ランキングトップ10に入ってて、あんなに背が高いのに、あんなサーブある?マッチポイントで打ったのなんか、もうヒヤヒヤを通り越してた。

精神的なものかもしれないが、明らかに打点が前過ぎて、入れに行って逆にスピンがかかってない。技術的におかしいのだから、早くコーチが直してやればいいのに。ま、俺よりましだけど。

逆に、ああいうサーブを打ってはいけないという反面教師的な感じで勉強になるな。

残念ながら

ハイビスカス。今年は花咲かず。
2020-09-2701.jpg

何がまずかったのかな?
去年は一度鉢から出して、土入れ替えて植え直したんだけど、今年はしなかった。それのせいかな?

ミニトマト。
一気に花が咲いて、これはたくさん収穫できると思ったのだが、一向に実がならない。
2020-09-2702.jpg

花が咲いた後、何もならずに根本から落ちる。
なんでかな?春先に実がなったのと何が違うのだろうか?

姫スイレンも花咲かないし。
残念。

手を抜いてはいけない

今年の春に新しくセッティングしたトロ船。

もう苔、藻がいっぱい。
2020-09-2201.jpg

アオミドロはまだあまりなく、繊維状の緑色の苔?藻?が底砂上にたくさん。

メダカ以外に、石巻貝3匹、ミナミヌマエビが1匹いるのだが、全く関係のない状態。
そこで、久々に新しく生き物を追加。

ヤマトヌマエビ。ヤマトヌマエビにしては小さいが5匹。ミナミヌマエビより体が大きくてよく食べる・・・はず。
2020-09-2202.jpg

ヒメタニシ。苔食べるのに加え、水質浄化能力も期待。
2020-09-2203.jpg

なのだが・・・、ヒメタニシ、だめっぽい。水合わせに失敗した。というより、あまり水合わせしなかったから・・・。
店で買ってから、実家で車の窓を洗ってから帰ってきて時間がちょっと経ってた。家に帰った時点で1匹死んでた。
オランダ獅子頭の水槽に入れた1匹は今も生きてる。
しかし、メダカのトロ船に3匹入れたのは全滅っぽい。ほとんど動いてない。貝のふたのところはちょっと動いてはいるのだが・・・。
エビは大丈夫なんだけど。
手を抜いてはいけない・・・。

本当に飛びすぎると確信する

午前中、子供の部活で部内試合があって、親も見学していいということだったので奥さんと行った。相変わらず打てねーな、うちの子は。まあ、他の1年も半分以上は打てない。で、俺は勝手に自分の子供以外の子にも口出しをして帰ってきた。

午後は自分のテニスの練習。2時間だけだが、シングルスの練習に誘われて二人だけで練習。この4連休のうち、昨日は仕事で休みは3日あるのだが、自分の練習はこの2時間だけという貴重な時間。

軽くアップして、6ゲーム1セットマッチ、ノーアドで。

序盤、復活したフォアハンドで攻めたててブレーク成功。ところが、自分のサーブで連続してノーアドを落とし、G1-3。再びブレークしてG2-3とするも、やはり自分のサーブが取れず。後半になるほどミスが増える。好調だったフォアはラインを超え、バックハンドで無理してトップスピンを打とうとしてミス。ずるずると行ってしまいG2-6で負け。

あちゃー。序盤の好調さからここまで差がつくとは。
飛びすぎるんだよなー、ボールが。体が動けば動くほど飛ぶ。CX200+トニックプラスが。

2試合目。ラケットをピュアドライブ+アイスコード120に交換。
ラケットの違いに慣れずミスが出るが、すぐに慣れる。なんせ、振り回してもアウトしない。
で、さっきは練習も兼ねてバックのトップスピンを打ってたのをやめ、スライスでしのいでミスを減らす。
G6-2で勝ち。お互い、サーブに優位性が無く、流れが悪くなるとずるずると行ってしまう感じ。

今日の調子。
フォア トップスピン、スライスともに○
バック トップスピン×、スライス○
サーブ △
ボレー ×

フォアは軟式打ちで固まった。逆クロスが一番打てるのは変わらないが、他のコースも振り切って打てる。ぜひ、見ていただきたかった。スライスも鈴木貴男式で好調。無理にトップスピン打つ必要がない。

バックはトップスピンどうやって打ってたっけ?一時期打ててたのにな。全然だめ。スライスはラケット変えても良かった。CX200の方が飛びすぎて気を使う。相手にもすごい伸びてくると言われた。バックのスライスも貴男式グリップ。
ただ、バックの高いところを狙われ、それに対するスライスのコントロールが甘い。

サーブはやっぱりしっくりくるフォームが見つからない。いろいろ試したけど、これというものが見つからない。ファオの調子が良かったので、無理せず芯を外すつもりで確率上げて打ったが、欲を言えばもっとサービスポイントを増やしたい。

ボレーは死亡。2回成功して、5回ミスった感じかな。完璧なオープンコート+ふわふわボールをネットに詰めた状態でミス。サーブ&ボレーやってみたけど、ボレーが暴発。形は完璧だったのに、前に突っ込む勢いが加わってボールが制御できない。

ファオが良かったので気分良かった。ただ、2,3球打って終わるならいいのだけど、それ以上ラリーが続くと疲れる。疲れる上にポイントが取れないと余計に疲れる。止まって打てなくなる。2試合目には足攣りかけてたし。ネットプレーがもっとうまくならないと。

先週の試合で感じてたが、やっぱりトニックプラスだめだなー。飛びすぎる。やっとまともに打てるようになったので、本当の意味で飛びすぎるということを感じる。今張り替えるのもったいないから、県の試合が始まったら張り替えよ。


帰り、奥さんから連絡あって、子供と二人で軟式の練習してるとのことで、そこに合流。なんだかんだ言って練習するんだな。まじで1日中、硬軟織り交ぜて練習してたな。腰が痛いよ。

引退までの準備

昼過ぎまで子供の練習試合に付き合い、家に帰ってからはごろごろ。ご飯食べて風呂も入ってさらにごろごろしようと思ってたところで、そう言えば今日はランニングするつもりだったことを思い出した。もう風呂入っちゃったしなー。でも次の日は釣り行きたいし、その次の日も自分のテニスもあるし。やっぱりいこ。

朝晩はかなり涼しくなって走りやすい。ただし、今日はごはんを食べて腹が重く、また午前中の付添で自分も遊んでたのもあって足が疲れてて、ペースが上がらず7分/kmを切るのがやっとくらい。おそー。
ただし、距離だけは6kmとサボる前の状態まで戻した。
これからの練習次第ではあるけど、目標であったフルマラソンで5時間切るのは、もう無理ね。今の状態からレベルを上げるには、相当の追い込みをかけないと無理。少なくとも今のペースでいくら練習を繰り返しても無理。
なので、6時間切りを現実的な目標とする。遅いながらも最後まで足を動かして走る。これが現実的な目標。

とくしまマラソンは今の所開催の方向とのこと。とは言え、これもまた現実的に厳しいと思う。しかし、もしかしてできるんじゃないかという気もする。
ただ、定員は5千人。前回エントリーした人だけが対象で抽選になるらしい。抽選かー。微妙。当選しても俺みたいなヘボランナーが走るのはなんか気がひける。
オンラインで1万人という初の試みもあるみたい。海部川風流マラソンも。でも、自分ひとりでフルマラソンなんてきつい。トイレも水分も食料も全部自分でなんとかしないといけない。きつすぎる。

まあ、でも、早くフルマラソン走って引退したいしなー。

遥か道は遠く

子供のソフトテニスの練習試合に片道1時間かかるところに送迎。もう、こんな雑魚プレーヤーのためにこんな遠方地で練習試合とかやめてほしい。それより練習させて、早くまともに打てるようにしてほしい。
遠いので、そのまま滞在して観戦。あと、暇なので自分のラケットも持っていって、奥さんとコートの外でポンポンとかボレー練習して暇つぶし。

うちの子供は数試合して、全部0負け。相手は強い学校だが、試合相手は初心者1年生で条件は一緒。にも関わらず全試合通じて1ゲームも取れないとは。まあ、うちの子もへぼいが、ペアの子ももっとヘボくてサーブで空振りしてるしな。ふたりでダブルフォールト4つやって終わりとか、レシーブ4回やって終わりとか、まじありえないんですけど。メンタルが弱い云々抜かしてるけど、それ以前に丸一日基本練習やっとけって感じ。

うちの子はボールがどこに飛んでくるのかわかってなくて、打点で構えて待ってられない。そりゃ、どんなにスイングが身についたとしても、打てないわな。サーブもへんてこだし。なんだかんだ言って、もう普通に練習しだして3,4ヶ月だろ?こいつが今後、普通に打てる姿が想像できない。

あと、ルールも最初わかってなくて、レシーブを全部うちの子がやってた。あとで呼び出して話ししても、なんかわかってない感じ。あほか、お前。おかあさんといっしょに練習行って試合もしただろ。なにぼさっとしてんねん。まあ、審判も相手も何も言わずに進むという適当さでもあったのだが。

ぼーっと見てたとき、一瞬「?」瞬間があった。普段、両利きで、鉛筆や箸を持つのは左手、ドッジボールを投げるのは右手というむかつくパターンだったのだが、部活入った後ラケットは左手でも持って打ってる。なので、スポーツ系の動作も左手でやってるのかと思ってたが、転がってきたボールを掴んで、何気なく投げたのは右手だった。
んー、こいつ、本当は右利きなんじゃないのか・・・。

一歩進んだが

毎月恒例シングルスの試合。今日は5人と少なく総当り。曇り空だけど蒸し暑い。とはいえ、8月の暑さに比べれば比較にならない。

フォア、バックはまあまあいけそうな感じ。サーブがちょっと振り切れない。そんな状態で試合開始。

1試合目
いつものハイパワー女子が相手。
パワーはあるがミスが多い。序盤ということでまだ調子が上がってないようで、ミスが多く、ぽんぽん進んでG5-0。
しかし、ここから相手のサーブ、ショットがずばずば決まってきて、ライン際にウィナーを何本も決められ、G5-3と追い上げられる。
こっちから普通にトップスピンで打つほうがタイミングあってるみたい。適当に緩いボール打っておけばミスしてくれそうな気がする。
しかし、こちらのサーブゲームで相手がリターンミスを連発してくれてG6-3で勝ち。

2試合目
初めて対戦する初老の人が相手。
まあ、勝てるだろうという軽い気持ちでやってたら、最初のゲームでミスを連発して15-40。
相手のボールが緩くて、いつもの当てるだけの振り切れない病。
胸がざわつく。
しかし、すぐに矯正できた。緩いボールに対して振り切って入るようになって挽回。逆転でG1-0。
この後は思い出したフォアで押し切ってG6-0で勝ち。

3試合目
なじみの年配の人が相手。
直近の試合で初めて勝った。
サービスキープが続いてG3-3。
サービスゲームで先行されるパターンが続いたが、サーブが安定して入って相手のリターンでミスしてくれたのが助かった。
あと、今までチャンスボールでいつも無理してトップスピンでミスをしていたが、今日はスライスでポイントが取れた。ちょっと外から内に打つ感じで回転を抑えるスライス。鈴木貴男が解説してたのを見てやってみたらうまくいった。
G4-3からブレークに成功し、そのままG6-3で勝った。相手のミスが少なくて簡単に点取れなかったけど、それ以上にこちらのミスが少なかった。

4試合目
サウスポーの若者が相手。最近は分が悪い。
サーブから。いきなり0-40。しかし、ここから挽回してG1-0。ブレーク成功してG2-0。で、またしても0-40からキープに成功してG3-0。ストロークが安定してるので挽回できた。
ところがここからポイントは競るのだがゲームが取れない。
今までの試合より一番力が入ってて、トップスピンもスライスも一番本気で打ってるのだが、徐々にミスが増えていく。じわじわと追いつかれ、いつの間にがG3-5と逆転される。
ようやく1ゲーム取ってG4-5となるが、最後はリターンでミスを連発。G4-6で負け。
相手の左利きサーブが弾まず強打しにくくて、バック側に来ると余計に打ちにくい。スライスでしか返せず、最後は攻めようとして案の定ミスをしてしまった。わかってるけど、どうにかできる術がない。


4試合、しかも曇り空でやりやすかった割に疲れた。最後の試合、後半は膝の上の筋肉がつってた。なんでこんな所がつるのか?水曜日のランニングの疲れがまだ残ってるのか?

ファオは調子良かった。やっと、軟式レベルの振りに近づいてきた。ミスはいつもより少なく、ウィナーも結構あった。フォアスライスでミスが減ってポイントに繋がったので、自滅するパターンにはならなかった。
しかし、動画見るとやっぱりテイクバックがおかしい。下から後ろに引き、ぴょこっと持ち上げてフォワードスイング。こんなテイクバック、プロもアマも含めて見たことない。直すべきか?打ててるなら放っておいていいのか?
あと、後ろ体重のまま打つことが多い。無意識に硬式ボールの勢いに押されてる。もうちょい前に体重かけないと。

バックもトップスピンは軟式打ちで良い感じだった。ただ、スライスに逃げてしまって、あまり打たなかった。スライスは短くて後の展開がちょっときつかった。

サーブは不満足。
ダブルフォールトは1回。スピンサーブの感触が良かった。でも、振り切れない。ファーストでフラットやスライスを打つと入らず、スピンサーブでしのいだ。それもセカンドになると入れにいってしまう。ファーストで打つようなスピンサーブをセカンドで打てないといけない。ファーストは振り切ってフラットやスライスを打ちたい。
2週間前の感触は良かったのだが再現できない。なんかこつみたいなちょっとしたことで変わる気がするのだけど。

ネットプレーはいつもよりまし。アプローチがいつもより良かったので余裕を持ってボレーできた。逆に相手に余裕があって打たれたときはミスした。

気になるのはラケット。
CX200+トニックプラス。最後の試合、トップスピンもスライスも思ったより飛んでしまい、最後の方にピュアドライブ2018+アイスコード120に変えた。その方が振り切っても入るようになった。
セッティングがよくわかんないのよね。
普段練習では問題ないんだけど、試合でマジスイングすると抑えが効かなくなる。
飛び過ぎなのか?それとも、このセッティングで振り切って入るようにしないといけないのか?硬式界のフィーリングがわからない。

飛びを抑えるとしたら、どうするか。
ツアーモデルは重くて特にサーブがきつい。それとも、ツアーモデルの重さが硬式界の普通なのか?
あとはCX200にポリ張ろうか?またはポリとナチュラルのハイブリッド。
まだ大会の見通しも無いし当面このまま使い続けるけど、また悩む。

勝手に更新して起動しないとか

家のWindows10パソコンが急に起動しなくなった。

電源入れると、飾り気のない青い画面になって、起動に失敗したとかいって止まる。
そこからいろいろ選択肢があって、Windowsを初期化する、更新プログラムをアンインストールする、などができた。
初期化はありえないので、アンインストールをやろうとしたが、アンインストールに失敗しましたとかぬかしやがる。
最後にPCの復元で直近のチェックポイントへの復元を試すと、Windowsが起動した。
めでたし、めでたし。

ではなかった。

Chrome、Edgeが起動しない。
さらにGoogle日本語入力が起動しない。
さらに標準のIMEも起動しない。

Chrome、Edgeは再インストールで復活した。
Google日本語入力も再インストールで直った。そしたら標準IMEも勝手に戻った。

めでたしめでたし。

ではない。

セキュリティソフトのESETが最新アップデートに失敗したとかぬかしやがる。
それにスタートアップで起動するソフトの数々がなんかまともに動いてない。

そして、音が出なくなった。
タスクトレイにスピーカのアイコンが出てるのだが、それに×がついてる。
タスクマネージャーで見ると以上はない。
オーディオデバイスのドライバの更新を試みるが、最新バージョンが入ってると言って何も変わらない。

同じ現象を調べてみるとWindows Audioサービスが動いてないからだという。
たしかに、サービスを見てみると開始になってない。
解決方法はサービスを開始するだけ。
しかし、開始させると
「ローカルコンピューターのWindows Audioサービスが開始できません。エラー0x80070005: アクセスが拒否されました。」
で終わり。

ごちゃごちゃやっても変わらず、さらにネットで調べる。
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/all/windows/87c8417a-44fb-4156-be6f-a6ad063697c6?auth=1

https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_faq_documents.asp?FaqID=24014

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

とたどり、Windows10の修復を試みるまでに至る。
修復には1時間以上かかったが、ようやくまともに起動するようになり、音も出た。

無駄に貴重な時間を消費したが、なんとかもとに戻れた。
多分、勝手にWindows Updateが動いて、おかしくなった。
前から言われてて、幸い今までうちに害はなかったが、普通のPCユーザがこんなことに遭遇したとき、どうやって回復させてるのだろうか?

勘を取り戻す

久々に2週間に1回ペースでの釣り。
いつもは日曜日に疲れるのが嫌なので、土曜日の午後に練習してる。土曜日行けないときは日曜日。
今週は日曜日のテニスの試合に行くので、土曜日はテニスしない。
なので、今週は土曜日の身が開いてる状態だったので、急に思い立って行くことにした。
先週同様、午前4時起床。5時位から釣り開始。
前回は釣り用の靴を忘れて難儀したが、今回はそれを覚えてるので忘れない。
やっぱり継続は力なり。

でも、家出るときに帽子忘れてて取りに戻ったり、車から釣り場に歩き始めてクーラーバッグ忘れてたりといちいち細かいことが抜けている。

まだ暗い。最初はミノー投げとくかと思った時点で思い出した。
明るくなってから釣り始める予定で、荷物を少しでも減らしたくて主力ミノー持ってこなかった。
思いの外早く現場についてしまった。
あちゃー。

そういえば、いらないルアーを下取りで買ってもらおうとして、車にほったらかしにしてたルアーケースがあったような。
あった、あった。もう使うことのないルアー達が。
もう空が明るくなり始めてるので、最初にちょっと投げるだけだから、1個あればいいや。これでいこ。

ぐぐん

は、なんかきた!?

軽いな。
と、見せかけて、寄ってきたら抵抗が強くなった。
なんだ?シーバスか?
ギラッと銀色の魚体が見えた。シーバスに違いない。
しかし、もうそこまで来てるのに、下へ下へと突っ込みが激しくてタモに寄せられない。
体全体でいなして持ちこたえる。

ぶっ
2020-09-1201.jpg

チヌじゃないか。
しかもナイスサイズ。
なんか違和感があったんよな。あんまり水面で暴れないし。あの下への突っ込みは確かに鯛系の特徴だ。

いやー、どきどきした。
冬はソイに癒やされて、春以降はまじでなんにも釣れなかったからな。
キビレは何年か前に狙って釣れたけど、チヌとなると第十堰でキビレ爆釣したとき以来。あれも何年前だっけ?あんな上流までチヌが来るなんてとびっくりしたもんだった。

早々に結果が出て余裕が出たな。
さ、シーバス狙うぞ。
どんどん来ていいよ!!

来なーい。
全く来ない。

前日からの雨のせいかやや濁ってて、それなりに流れもあって、悪くない感じなんだけど。
水面にベイトらしき影が見えたりしてるし。
ただ、穏やかーな感じで、水面叩いたりする様子は無い。

時折雨が降って虹が見えた。でもそんなひどい雨にはならず、むしろ過ごしやすい。
2020-09-1202.jpg

で、狙いを変更。
2020-09-1203.jpg

投釣り仕掛けに人工イソメ餌つけてキスを狙う。
だってさー、シーバス全然釣れないからさー。
あまりにも釣れないんで、なにか釣れるものっつったらこれしかないでしょ。
しかし、この人工餌700円もするんだよな。
そんでもって、むちゃくちゃくさい。
変な液に浸かってて、取り出して袋のジップ締めるときもべたべたする。

ま、いいよ、釣れてくれれば。
さ、こーい。

来なーい。
全く来ない。

まじでアタリ一つない。
完璧になめてたわ。

結局、唯一の生体反応は最初のチヌのみで7時半に終了。
家帰ったら寝た。午前いっぱい寝た。もう、マジ体きつい。
前日のキス仕掛けやルアーの補充で買い物してたときも、パッケージの説明書きの文字が老眼で読めないし。ああ、もう、確実に朽ちていく。

橋、伸びてるねー。生きてる間に渡れるかな?
2020-09-1204.jpg

チヌは家で測ったら47cmあった。
2020-09-1206.jpg

今日のエース。
タイドミノーSSR。と背中に書いてある。
10cmくらい。何者でしょうか?
ローリングアクションぶりぶりしてた。
2020-09-1205.jpg

勘が戻りつつある。と思いたい。
忘れないうちに次に行く予定は今のところ無い。

アイドリングストップが機能しない

しばらく前、テニスの練習の帰り、信号待ちで止まってもアイドリングストップしないことに気づいた。

ブレーキを普通に踏んで止まるとアイドリングストップする。軽く踏んでると止まってもエンジンは止まらない。あ、もうすぐ信号変わって走り出すな、というときはエンジン止まらないように軽く踏んでる。

その日は普通に踏んでもエンジン止まらない。ぐっと踏み込んでも止まらない。一度エンジンを切って、再度エンジンかけた後でも止まらない。アイドリングストップ機能は有効のまま。一度無効にして再度有効にしても変わらない。

すぐに思いつくのはバッテリー。
真夏の暑い日だったので、バッテリーが弱ったのかと思った。
しかし、バッテリーはフィールダーを購入した直後に4万円もかかって新品に交換したばかり。いくらなんでもヘタリが早すぎる。

じゃあ、何?
電気系統?
ブレーキ分でも感知してないとか?
いきなり修理かなー。ま、その前にネットで調べてみるか。

そしたら、ガソリンエンジンの車のアイドリングストップなんてそんなもん、みたい。
やっぱり何度もエンジンストップ・スタートを繰り返してるとバッテリーがへばる。
しかし、イエローハットで交換前バッテリーのチェックで、相当限界近いみたいに言われてたが、アイドリングストップは機能していた。
バッテリーがへばってたらだめという単純な話とは思えない。

もっと踏み込んで探したら、こんな資料が見つかった。
https://www.kouronpub-onlineshop.com/html/template/default/pdf/idlingwiring2019.pdf

何やらいろいろ条件があるみたい。
充電量が低下した場合は当然だが、それも複雑な条件が絡んでるみたい。
後は気温が低いときとか、エンジンコントロールコンピュータ学習が完了していない場合とか。

エンジン停止前に運転席シートベルトをはずした場合なんてのもある。
これは前から気づいてたけど、ある意味、不具合ぽいしょうがない現象かと思ってた。
しかし、こうやって明記されていることを考えると、おそらく、アイドリングストップしていることを忘れて車を降り、不意に動きだして事故になることを防ぐためではないかと思われる。

で、今回アイドリングストップが機能しなくなった原因と思われるのは
 リフレッシュ充電中(約 20 時間走行する毎に30分から1時間程度実施)
 アイドリングストップ率が所定割合以上に達した場合。
ではないかと思う。

前者の条件だともっと頻繁に発生しそうな気がする。
後者もいかにもそれらしいが、通勤時ののろのろ運転では発生したことがないのが不思議。

今回は、アイドリングストップが機能しなくなって、次の日もそのまま機能せず、その次の日に勝手に機能し始めた。その後2週間は経つが再現していない。まあ、次からは慌てることもあるまい。

しかし、アイドリングストップのバッテリーは負荷に耐えられるよう高性能だから費用が高くなる上に、寿命が短いらしい。通常3年くらいのところが1年半とか。
費用が倍になのに寿命が半分。
これはきつい。燃費では概ね5~10%良くなるらしいが、そんなのでは費用的に元が取れない。
エコカー減税で重量税なんかは安くなってるらしいが、それでも足りない。

アイドリングストップを機能させなくする改造もあるらしいが、そこまでするのもなあ。
まあ、環境のためなんだろうけど、高性能なバッテリーの製造・廃棄の環境への影響はどんなもんなんだろう。