また傷

午前中にランニングした後、天気良くて暇だったので洗車した。

前に洗車したのは年末。1ヶ月ちょい空いた。

洗車前に水かけた状態。親水タイプのゼロウォーター使ってたけど、やっぱり親水じゃない。スマートミストより水滴が大きくなり、余計に乾きにくくなって水が引かず、ホコリが溜まりやすくなった気がする。
IMG_20210206_152531.jpg

ゼロウォーターはまだまだ残ってるので使うけど。今回は多め使った。

はい、きれいになりました。
しかし、ものの見事な洗車キズ、なのかな。光に当てると放射状に傷が見える。
IMG_20210206_161209.jpg

俺じゃないと思うんだよなー。だって、こんなにいろんな角度にこすったりしてないもん。
いやー、やっぱり俺かな。1回洗車機使ったけど、1回でこうなるかな?

洗車後、また新たな傷が増えてるのに気づいた。しかも近いところに2箇所。
IMG_20210206_170905.jpgIMG_20210206_170914.jpg

また会社の駐車場だな。まったく。
またやるか、キズ補修?やるたびにみっともなくなるのだが・・・。

転覆くんは今日も転覆

オランダ獅子頭の転覆くん。相変わらず転覆している。

近づくと元気に泳ぎだすので、これがぎりぎりの撮影。疲れて休むときは白い腹を上にして、ちーんとなっている。
IMG_20210201_220258.jpg

覆りま転」なるものを使ってみたり、餌減らしてみたりしたものの、特に変化なし。
朝はましだが、夕方に餌をやると転覆しやすいようだ。

ただ、転覆しても元気はある。もうこのままでいいかなって思う。他に転覆するやつは増えてないし、暖かくなったらましになるかもしれないし。

他のオランダ獅子頭。みんな元気だ。成長の度合いは止まった。最大で30cm位になるとかで、どんどん大きくなるのではないかと思ったが、こんなもんで落ち着いている。これで止まるのかな?頭の形はなんとなくぼっこりしてきた感はあるけど。まあ、大きくなったら水槽に困るので、これで止まってくれてもいいけどね。

IMG_20210201_220313.jpg

目標のないランニング

虚しくランニング。
とくしまマラソンは中止。今、この状況で県外のマラソンに申し込むわけもなく、目標もない状態だが、オンラインは申し込むかもしれない。いや、多分申し込む。一応、それに備えて、足が動く状態にはしておこうと思ってる。

で、今日は15kmのLSD。
先週24kmだったが死にかけた。LSDのつもりで遅く走ってたつもりが、体調もいまいちだったのもあって、結果的には無理なペースだった。
今日は徹底的に遅く走る。速く歩くのと変わらないペースで形だけ走る。

大体、1kmを8分前後で進む。
はー、これくらいならどこまでも行けそうだな。たまにむちゃくちゃ遅いランニングしてる人を見かけて、なんであんなに遅いんだろうと思ってたが、こういう練習をやってたのか。

まだ寒い日が続くけど、今日はぽかぽかだ。晴れて風がなく、陽に当たるとなごむ。全く息の上がらないペースで進んでるので、余裕で写真撮ったり、寄り道したり。今までタイム気にすることが多かったが、もう目標もなくなった今、ただ単に足を動かすことだけが目的。

梅か?でも先週のより随分色が赤い。
IMG_20210206_111359.jpg

菜の花ってもう咲くんだっけ?しかもミツバチがブンブン飛んでて蜜を集めている。
IMG_20210206_112151.jpg

余裕で走ってたのだが、10km過ぎたあたりから8分半/kmくらいに落ちた。同じ感じで足を動かしているのにペースが落ちている。最後の2kmくらいは足の疲労が明らかに感じるようになった。

15kmちょっとを2時間ちょっと、平均8分半/kmというペースで終わった。今回は心拍数も上がりすぎることなかった。最後、遅くなりすぎて焦った分、心拍数が上がってしまった。
Screenshot_20210206-212852.png

疲れた。余力は残ってたけど、明らかに足に疲労が来てた。だめだな。月間100km走ったが、いまいち長距離体質になれない。
しかし、フルマラソンだと今日の3倍弱だから、同じペースなら6時間少し。とくしまマラソンなら十分完走できる。今までいかに速くゴールできるか考えてたが、結局今日くらいのペースの方が最終的に速いのではないか?俺レベルだと多分そうだ。42kmをいかに最後まで足を止めずに進んでいけるのかが課題というレベル。速い人はそんなのは当たり前で、どれだけ速く走れるかにフォーカスしてて、LSDとかやってない人も多いだろう。

ま、当分大会もないし、無理に距離伸ばす必要もない。それにいつからかわからないが、左足の親指がずっと痛い。少なくとも1ヶ月以上痛い。ランニングやテニスしてても気にならないけど、爪の周りが腫れていて、手で押したりすると痛い。何が原因かわからなくて、なにかにぶつけたのか、バイキンが入ったのか、ランニングでの負荷なのかわからない。ランニングしてテニスしてと、最近の週末は詰め込んでたので、ちょっと落とそう。

とくしまマラソンに備えて買ってたグッズがあって、今日はそれを初めて使った。

一つはペットボトルが入るウエストポーチ。
PITAT
https://item.rakuten.co.jp/epoch-run/a19-50/?s-id=ph_pc_itemname

店頭で探してたのだけど良いのが見つからず、ネットで見つけた安いのを買った。
IMG_20210206_110827.jpg

本番を考えるともっとたくさん物が入るのがいいのだけど、ネットで探してもちょうど良いと思えるサイズが無い。安いからまあいいかという感じ。やっぱりボトルが入るのは楽。ボトルを入れる部分と物を入れるポーチが別々になってて前と後ろで体を挟むようにつけられて安定してた。ただ、僕は腰細いので、普通の人なら片側に若干寄る形になる気がする。

もう1個はワイヤレスイヤホン。
Ucomx Bluetooth
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07SPKXM3S/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

僕、右の耳の穴が大きくて、普通のイヤホンだとポロッと落ちる。耳栓型だと落ちないけど、外を走るのに耳を塞ぐのは不安。
それで最初、骨伝導型を探したのだけど、値段が高いし、安いのだといまいち音漏れや聞こえ方が微妙な評価のものが多い。
しかし、これは3千円くらいと手頃。見た目は骨伝導ぽいが骨伝導ではない。しかし、それが音質が安定しているようで買ってみた。

実際、音の聞こえ方は悪くない。音質はそれなりだが、そもそもこのタイプのイヤホンでこの値段なら十分というレベル。2時間走った間、2回瞬断があったが、バッテリーは問題なくもった。ペアリング終われば、イヤホンの電源入れたらスマホと接続状態になって、スマホで音楽再生始めるだけ。音量の調整はイヤホン側で簡単にできた。
これまでBluetoothは信用してなかったけど、これに関しては大丈夫かな。まだ1回しか使ってないけど。

来週からは長くても10kmとかでいいかな。テニスでせっかく足をつらないようになったのでもったいない気はするけど、それを維持できるレベルの距離を走るのはちょっとつらい。まあ、のんびりとね。

とくしまマラソンさようなら

いやー、不意打ちだった。
昨日も応援動画の追加募集の案内が出てて、そりゃあ、そんなのたくさん集まらないよなと思ってたけど、まだ開催の方向だと思っていた。
それが、今日に来ていきなり中止決定。

中止になって喜ぶ人がたくさんいる状況なので、しょうがないとは思うし、申込み時点から中止になる可能性を常に感じてはいた。
ただ、初めてマラソンのために月間100km走って仕上げてきていたのに、この成果を持っていくところがなくなった状況にまだなじめてない。

ランニングをこよなく愛するランナーたちは普段から練習してて、また次の大会と切り替えることもできよう。
しかし、僕はこの大会を最後にフルマラソンは最後にするという決意で練習してきた。
また優先エントリー権は次の大会に持ち越されるらしいが、またこの練習をできるのか、練習する気持ちが出てくるのかわからない。少なくとも現時点では来年に向けて頑張ろうという気持ちにはなっていない。

でも、まさか2回連続で中止とはなー。去年中止の時点では次回は開催されると思ってた。それがここまで長引いて、ワクチン接種が始まってもまだ1~2年は収束しないなんて思いもしなかった。

オンラインマラソンは開催されるらしい。
追加エントリーが後日できるとのことなので、多分申し込むとは思う。走るかどうかわからないけど。
分割していいらしいから、いつもの練習感覚で走れば勝手に完走できるだろう。

と、いうことでいつもの平日ランニング。
中止になったからと言って、いきなりやめる気になれず、なんかいつもの惰性で走ってしまった。
でも今日は8km。前回の平日は9kmで今回は10kmと考えてたけど、もう必死で伸ばす必要もない。
2月は筋トレを減らして週3回ランニングしようかとも思ってたが、それも必要ない。
そういう意味だと、本格的に練習強度を上げる前に中止になってよかったかもしれない。去年の中止決定はもっと遅くて、30km練習した後に中止だった。

さくっと走ろうと序盤から飛ばし気味。
ところが、ペースが上がらない。
3kmまでは6:10/kmくらいのペースだった。
しかし、その後、感覚的には6分/kmくらいの感覚で走ってるのに6:20~6:30/kmに落ちている。
一瞬6分ちょっとに上がったけど、7km以降はどんどん遅くなって最後の1kmは7分。
ランニングウォッチのP1には心拍数の範囲を設定して、範囲外ならアラームを出す機能がある。今日は無酸素運動の心拍数を設定してたのだが、下限の137回を度々下回ってアラームが出る。最後の2kmは心拍数も足も完全に落ちきって、体が冷えてきて寒いくらいだった。
先週末24km走ったダメージがまだ残ってるのか?
これが本番で5時間切りを目指そうとしてた奴の走りなのか。情けなくて涙ぐんできたわ。

Screenshot_20210203-233256.jpg

ちなみにP1は今の所生きながらえている。ちょくちょく勝手に電源が切れてたので買い換えないといけないかと思ってた。
しかし、電源が切れるのは、照明ランニング機能を使ってるときだとわかった。夜走る時、車とかから見えやすいよう、常にディスプレイを点灯させておく機能がある。それをオフにしておけば勝手に電源が切れない。バッテリーがへたってるのかもしれないが、今の所オフにしておけば大丈夫。
本番も中止になったし、買わなくて良かった。
しかし、これからどうしようかな。もう20kmも30kmも走ることはしないと思うけど。

先立つものが

クラッシュの100Sを買おうと思った。
昨日、レンタルで100L使って、思ったのとは違ったけど、まあ良いんじゃないと思った。
100Lは軽すぎすた。普通なら100と思ったけど、100Sにしようと思った。
縦糸が少なくてスナップバックが大きくなる。ということは、それだけボールを持ってる時間が長いだろうと。しなりうんぬんより、そっちのほうが僕の思ってる感覚に近いと予想した。

しかし、ネットで安いところを探し回ったが、グリップサイズが2しかない。できれば3が欲しい。2でも後からグリップを太くすることはできるので構わない。ただ、以前ピュアストライクをグリップサイズ1で買って、グリップを太くしたら、なんか妙に重く感じるようになって使わなくなってしまった。

そして、よく考えたら先立つものが無い。なくはないが厳しい。年末年始で使いまくったのが響いている。今年は親戚の子供が進学するのでお祝いもあるし、固定資産税、車の税金が控えている。いくらお金を使っていいのか、一度冷静に計算しておかなければ。


さらに、軟式のラケットも買わないといけない。
こちらも大体あたりはつけてるのだが、まだ決めきれてない。
店頭で手に持っていろいろ見てたのだが、なんか違和感を感じてた。
長いんだよね、なんか。長く感じる。
気になって今持っている自分のラケットの長さを計ったら680mm。
今調べている限り、680mmというのは最上級者向けモデルしかない。一番売れ筋となりそうな中上級者向けモデルはほとんどが690mm。だからかー。

昔なら迷うことなく最上級者向け選んだだろうが、今のモデルは硬い上にフェイスサイズも小さい。とても普通に飛ばせる気がしない。それにシングルス対策として柔らかめの飛びの良いものが欲しいので、手が出せない。

今は690mmが普通なのかー。一度、長ラケに手を出して全く合わせられずスランプに陥った経験もあってなー。
前に奥さんが持ってる初心者向けマッスルパワーXF200を使って意外に良かったのだが、これも690mm。ただ、面が95平方インチと大きく、手元に打球面が広がってるので、その分スイートスポットも手元に寄ってる感があって、違和感はなかった。

スリクソンのX 200Vが安くて一番良いと思ったのだけど、690mmの90平方インチ。面も先のほうが膨らんでいる普通の形。今使ってるのに比べると、打点が遠く感じるだろう。

んー、GSR7がいいかなという気がしてきた。長さ大きさは一緒なんだけど、面の下側が膨らんでる珍しい形。スイートスポットが手元に近い。持った感覚は合ってる気がする。
ただ、ネットで探しても評価が少なく、あっても良い評価がほぼ無い。シングルス向けという挑戦的なモデルではあったが、前衛も後衛も使いにくい半端なスペック、というのが概ねの評価で既に廃盤。面の下側が広いのでスライスが打ちやすいとのことだけど、シングルスとなると先の方で打つことも多いので、そこを強調されてもなというのが自分の感想。先の方で打っても飛んでくれないと困る。ジオブレーク8 REVというラケットがあって、前衛でも後衛でも使いやすいという正反対の評価なのが不思議。

打たないとわからないな。結局の所。無駄な出費にはしたくないが、こればっかりは打たないとわからない。適当に買っとくか。
と思ったけど、軟式のラケット買うなら先にクラッシュ買いたいという気持ちもあって動けない。買った後に試合がコロナで中止になったら嫌だし。それにまたランニンググッズ買ってしまったしなー。

クラッシュ100L しなりわからない

今日はテニスの練習。
昨日、24km走ってへろへろだったけど、足は動くので大丈夫。2週間前も20km走ったあとにシングルスの試合しまくったし。

午前中、ソフトテニスの方のサークルにちょっと行って、午後から硬式。
今日はクラッシュ100Lをレンタルしてて、それを試すのが楽しみだった。

IMG_20210131_140501.jpg

本当は100を借りたかったけど、レンタル済みだったので100Lとなった。100が295gに対して100Lが280g。バランスはそれぞれ31cmと31.5cm。フェースサイズとか厚さは同じ。ストリングはミクロスーパー48lb。
振った感じはCX200とあまり変わらないけど、まあ、やっぱりトップヘビーかなという印象。しなりという意味では同じくらいとのことなので、期待を込めて練習で使った。

しかし・・・。
わからん。
しなり・・・あるか?
24mmという中厚らしい弾き。ナイロンが張られてるのもあって、反発力を感じる。
ストローク、サーブともに弾きとスピンは申し分なし。
ボレーも打ちやすい。

しかし、しなりって・・・。
インパクトの衝撃は確かに優しいが、ナイロン張ってたらCX200でもピュアドライブでも他のラケットでも、こんなもんでしょというレベル。
ウィルソンの言う「しなり」ってどういう意味で使ってるんだろ?
俺、勝手にシャフトが曲がってボールを長く掴んでみたいなイメージだったんだけど、全然そんなんじゃない。球離れも別に遅いわけじゃない。それもナイロンだったらこれくらいでしょという感じ。
軟式のラケットと同じ感覚で打てるんじゃないかと思ってたけど、普通に今ある硬式のラケットの範疇。

俺のスイングスピードが遅いのかな?ナイロンじゃなくポリ張ったらしなりが感じられるのかな?

打感の柔らかい中厚のよく飛ぶラケット。
それが僕の印象。
ピュアドライブみたいによく飛ぶ厚ラケは打感が硬くて球離れ早いけど、クラッシュは腕に優しい。打感が優しいのでボレーが打ちやすい。柔らかいラケットは飛びが抑えられるのが普通だけど、クラッシュは飛ばせる。
俺が勝手に思ってた「しなり」とは全然違うけど、腕に優しくてよく飛ばせるシングルスに向いてるラケットと考えるとありかな。


今日はフォアハンドのグリップをイースタン気味に薄くして打った。
違和感はあるものの、ちょっとずつ慣れてきた感じもする。このグリップの方が入る。ボールが持ち上がらずネット、すっぽ抜けてアウトというミスが減る。
小手先でスピンを掛けようとするとフレームショットが増えるのは一緒。手首が90度に曲がって体の前で押しながらスピンかけようとするとだめ。

ただし、バックはその方が入る。インパクトで手首の位置が変わらずラケットヘッドだけ上に上がっていくイメージ。こうするとボールをつかめてスピンがかかる。今まで腕とラケットが一体になってるイメージだったんだけど、スピンがかけにくくて「ぼかーん」とドフラットで飛んでいくときもあって、「なんか違うな?」と思ってた。
今日はその点はうまくいった。

体力よゆー、と思ってたのだけど、練習後半に体がだるくなってきた。家に帰ったらよりだるくて異変を感じるレベル。コロナか?やっぱり昨日のランニングは良くなかった。体力をいたずらに消耗して、トレーニングとしては破綻してた気がする。次の長距離練習はちゃんと睡眠取って栄養も取って、翌日とかにはあまり用事を入れないようにしよう。

市民ランナーの仲間入り

はい、今日は長距離練習。今月合計87km走っているので、今日月間100km超えを狙う。
予定は24km。先々週の20kmから更に距離を伸ばす。その時は久々の20kmで疲れたけど足はまだ残っており、地力がついてきたと自信が出てきた。今日も余力を持って走り切る予定。

9時半スタート。気温は5℃位。風が結構あってとても寒いので、防寒対策はぬかりなく。
前回同様心拍数が140を超えないペースで余裕を持って走る。

ところが、心拍数が落ちない。いつもは最初の1kmは高めで、それを過ぎると落ちていく。ところが今日は2km、3kmと走っても心拍数が落ちない。ペースは7分/km前後と遅いのに。どういうことだ?いつまで経っても落ちないので、一度歩いてわざと心拍数を落としたくらい。そうこうしてるうちに、いつもの上り区間に入ったのでどうしても落ちない。下りになると若干落ちたが、折り返して上りになってまた上がる。

これ何の花?梅?早いな。
IMG_20210130_102829 (カスタム).jpg

20km走ったきに比べペースはあまり変わらないが、体に来る負担が大きい。走ってて苦しい。昨日、遅くまで起きてたからかな?水曜日に9kmを6分ちょっとのペースで走った時の方が楽に感じる。

10km過ぎで自動販売機で水分補給。あと、予め買ってたエナジーゼリーで栄養補給。
しかし、再開後も苦しい。既に足に来ている。走ってはいるものの、躍動感はゼロ。
ペースは7分ちょっと。

14km走った時点でスタート付近に戻り、別のコースへ足を伸ばす。残り10km。辛い。足は死んでるのにまだ10kmもある。度の向きで走ってても風はいつも向かい風。
肝心の心拍数はようやく140を切るようになった。しかし、それは足が動かないだけ。スピードが出ないので心拍数が落ちてるだけ。

19km過ぎで折り返して残り5km。辛い。5kmなんていつも走ってることを考えれば余裕なのに今は辛い。残り10kmの時点で既に足は死んでて、心も折れてる状態なので、ただ、もう苦しいだけ。
何より、暇。もう、ほんと暇。ただ、足動かしてるだけで楽しいことが何もない。もうペースは上がらずタイムは終わってるし、足はとっくに死んでて、余力を持って走るという目的も終わってる。ただ、距離と時間が過ぎるのを待ってるだけ。

ペースは8分台に落ちている。
しょうがないので寺町界隈のお寺の山門の写真を撮りながら走って気を紛らす。
IMG_20210130_115912 (カスタム).jpg
IMG_20210130_115816 (カスタム).jpg
IMG_20210130_115759 (カスタム).jpg


22km過ぎるとようやくゴールが近いと思えてきた。ちょっと頑張って、ペースが7分台に戻る。
そして、24km到達。辛くて、しばらくその場でしゃがんで休んだ。じゃないと家まで帰れなかった。

24kmとはなってるものの、Gps Distanceが23.26kmていうのが気になる。
Screenshot_20210130-175828.png

きつかったー。
走り始めからきつくて、半分くらいで足が止まってまじきつかった。足が死ぬと100m走るのもすげーきつい。
20km時点のタイムは前回より若干早く、24kmでぎりぎり3時間切り。
タイムはこれでもいいのだが、足が死んでるのがまずい。本番はこれでまだ18kmも残ってるなんて考えられない。最後のペースを考えると3時間で走れるのかも怪しく、また制限時間ぎりぎりになるのではないか。

これで月間111kmとなり100km超え達成。市民ランナーの仲間入りを果たした、と思われる。
ただ、これまで調子よく来てたんだけど、また自信なくなった。タイム遅くてもいいので、足は生きてて欲しい。じゃないとまた地獄を見ることになる。

さすがに20km超えるとただの練習といういうわけにはいかず、準備万端にしておかないとだめだな。ペットボトルポケットに入れて走るのうっとうしいし、栄養補給もちゃんとしないといけないし、体調も整えておかないといけないし、3時間も走ってると暇だし。次からは気をつけたいところ。

今日は9km

平日夜ランニング。

日曜日に眉山山頂まで走って、月曜日に筋トレしたら、筋肉痛が残ってた。いつの間にかYoutubeにNHKの筋肉体操のシーズン5までが再公開されてた。ここ最近はずっとダンベル使ってて、スクワットもダンベル持ってやってる。筋肉体操は基本的に自重なので、今更なあ、という感じ。しかし、やってみたらきつかった。スクワットは8kgのダンベル持ってやったけど、それを差し引いてもきつい。侮りがたし、筋肉体操。

今日は9km走った。
前回の平日同様、8kmのつもりだったけど、少し余裕があってちょっと頑張ってみた。

最初の1kmは筋肉痛もあったので7分弱で流し。その後は足もこなれてきて、6:10/kmくらいのペースで進んだ。
6km、7kmの時点で5:40位に上がって、その後はまた6:10に戻って終わった。
Screenshot_20210128-000002.jpg

9kmきつい。あわよくば10kmもと思ったが、やっぱりやめた。今週末は24kmを予定してるので無理しない。
前は心肺は全然問題ないけど、足がすぐついてこなくなっていた。最近は足は最後まで動くけど、心肺がきつくて上げられなくなってきた。ちょっと体が変わってきたかもしれない。6分/kmのペースが130回/分くらいの心拍数になれば5時間切りも夢じゃない気がする。またそれも一つの壁かな。

眉山山頂

テニスの練習。その前に、コートの近くにある大型スポーツ店に立ち寄った。

昨日と同じく、まずペットボトルがもてるランニングポーチを探す。1個良さげなのがあったけど、収納力が小さめで見送り。ホカオネオネのシューズが店頭に置いてあった。クリフトン7が1万7千円くらいで置いてあった。俺のはネットで1万円ちょっとで買った。なんでこんなに違うのか。俺のは偽物なんじゃないかと思ってしまう。

次、軟式テニスラケット。やっぱり高いなー。前にオールラウンダー向けでなんか型落ちっぽい安いのが置いたあったんだけど、今日はなかった。あれ、何置いてたんだろう。
ちなみにネットでしつこく探してたら、アウトレットの安物がぽつぽつ見つかった。
スリクソンのX 200Vがちょっと狙い目か。1万円くらいだけど中上級者向け。前衛向けの200Vだがバランスポイントが275mmと若干先寄り。重りで調整すれば、俺の考えるシングルス向けのラケットにできるかもしれない。
ヨネックス、ミズノというソフトテニス界ではメインストリームではないスリクソン。それだけでソフトテニスプレーヤーの選択肢から外れていると思われるが、スリクソンの確かさは硬式の方で確認済み。ただ、やっぱり抵抗があるのも事実・・・。

硬式の方で、クラッシュの試打ラケットを置いてるか聞いてみたところ、なかった。他の製品も含めて出払ってるらしい。週末は早いタイミングで行かないと借りられないかもしれない。


で、テニスの練習に行ったんだけど、雨がやまず帰ってきた。1時間位待ってればできたかもしれないけど、うちは遠いので待ってられない。試打ラケットも借りられなくてテンション上がらなかったので帰った。

で、家に帰ってランニングすることにした。雨は小降りながらやみつつある。本来なら16km走るつもりだったけど、夕方前となってあまりやる気が出ない。どうしようかと考えた結果、ちょっと気分を変えて、眉山に行ってみることにした。前に同じマンションに住むランナー奥さんから眉山に練習に行くと聞いてて、どんなもんか試してみることにした。

距離的には往復で12kmくらいと思われる。どれどれ行ってみますか。

きっつー。
上り坂めちゃきっついー。

普段の長距離で走るコースの坂は最高地点が30mくらいで、1km位をゆるゆると上がっていく。きついけど、健脚の人なら普通に走れる勾配。
しかし、眉山登山車道はマジ坂道。走るというフォームを維持するのがぎりぎり状態。きれいに舗装されてて道幅もあるので走りやすいが、足にはきつい。
小学生の頃、遠足ではふはふ言いながら登ったのを思い出した。あの頃、こんなおっさんになって走って上がることになるとは思いもしなかった。

どこで引き返そうか考えてたが、距離や時間から考えて頂上まで行かないと練習にならないと思い、辛抱して登り続けた。勾配的には序盤にきつい区間が多かったが、中盤以降はやや緩やかになって同じペースで上がり続ける。だいたい9~10分/kmくらい。

ようやく頂上付近。やった頂上だ!と思ったがなんか違う。

ガゼボ。なにそれ?姉妹都市のサギノー市から送られたらしい。
IMG_20210124_151416 (カスタム).jpg

モラエス像と犬像。犬がかわいい。眉山頂上に来た人でも、ガゼボやモラエス像を見た人は少ないのではなかろうか。
IMG_20210124_151537 (カスタム).jpg

寄り道をして駐車場に到着。階段を2段飛ばしで上がれる力がまだ残っていた。
IMG_20210124_151931 (カスタム).jpg

頂上到着!!久々にランニングで達成感を感じたわ。新しい吉野川河口の橋が半分くらいつながってるのが見える。
IMG_20210124_152057 (カスタム).jpg

モラエス館、なんか工事してて近寄れない。なんだっけ?移転するんだっけ?
IMG_20210124_152134 (カスタム).jpg

登山口から頂上まで45分くらいかな。お尻とかハムストリングが痛くなった。いい刺激になったと思う。

下り。当然上がるより速いが、ペースを見てると速くても6:30/kmくらいで、平地を走るより遅い。上りで疲れたにしても遅い。進むより、落ちるのを止めるという感じで常にブレーキをかけて走ってる。足の負担も上がる。位置エネルギーを運動エネルギーに変えるうまい走り方はないのだろうか?

11km走って終了。平地も含めて1時間半くらいで終わった。まあ、たまにはこういう練習もよかろうと思う。
Screenshot_20210124-172338 (カスタム).png

これで今月78km。月間100kmに届くには、来週ちょっと長距離がんばらないといけないが十分届く範囲。やるなー、俺。ランニング始めた頃は、月間100kmが視野に入るところまで来るとは思わなかった。

親はいなくとも

アマゾンフロッグピットを放り込んで、時々水を足して放置しているバケツがあるのだが・・・。

2021-01-2301.jpg

メダカが1匹生きていた。びっくりした。
いつ用意したバケツか覚えていない。増えすぎてアマゾンフロッグピットをバケツに放り込んでいたのだが、そのときに卵が紛れ込んだのだろう。体の大きさから見て、多分去年の夏以降に孵化したと思う。当然、餌などやったことはない。水を足す時は水道水そのままで、カルキ抜きとかやってない。よく今まで生きてたもんだ。もしかしたら、もっとたくさんの卵を紛れ込ませたかもしれない。
とりあえず、トロ船に移動させた。

2021-01-2302.jpg

最近は寒い日が多いので、トロ船のメダカは静かにしている。夜はすだれをトロ船の上にかぶせてる。そうすると放射冷却が抑えられるような気がして。実際、バケツの水に分厚い氷ができてても、トロ船の水はちょっとしか凍ってなかった。別に凍ってもメダカは死なないけど、急な温度変化を防ぐことは悪いことではないと思う。

すだれで影を作ってると、殆どのメダカは影に入ってじっとしている。やっぱり影があると安心なんだろう。

しかし、よくよく眺めてると、奇形のメダカが増えたな。上から見ると、背骨がギザギザに曲がっている。最初は1匹しかいなかったのが、いつの間にか目立って数匹確認できる。まあ、こういうのが高値がつくことはないだろうな。世の中の高いメダカもある意味奇形だと思うんだけど、見た目が良いか悪いか面白いかが、希少か奇形かの分かれ目だと思う。

去年花が咲かなかったハイビスカス。剪定して部屋の中で冬越し。葉っぱがどんどん落ちてしまったが、新しい小さい葉が出てきてるので、まだ大丈夫と思われる。
2021-01-2303.jpg

ミニトマト。寒さにかなり弱い。最高気温が10度に満たない日が多くなった時期に合わせて枯れてきた。日光には当ててるんだけど。そもそも、冬越しさせる意味が無い。春先に苗買って植えればすぐ実つけるし。
2021-01-2304.jpg

来年はもう少し大きい鉢で大きく育てようかな。

人は変われるかもしれない

平日ランニング。水曜日に走るつもりだったけど、昨日は帰りが遅かったので今日走った。

徐々に距離を伸ばすべく、いつも6kmだったのを今日は8km走った。先週末に20km走った時は心拍数が140を超えない範囲で走って、7分/km程度のペース。今日はいつもどおりのペースで走った。

出だしの1kmは抑えて、2kmからペースを上げる。先週末20km走ったせいか、ペースを上げても苦しくない。いつもより速く走れている気がする。しかし、まだ7kmもあることを考えて息や足が上がりきらない楽に走れる範囲で続ける。

大体6:10~6:20/km程度で走って、5~8は5:50~6:10/km。8kmを約50分、平均6:15/kmという結果。
Screenshot_20210122-000926.png

クリフトン7で初めて走った時はもう少し速かったけど、今日の方が楽だった。心拍数の上がり方を見ても前回が160超えてたのが、今回は150前後で収まってるし。ただ、家に帰ってシャワー浴びてご飯食べたら寝落ちした。やっぱり8kmはきつかった。

限界を超える努力を続けることで、人は変われるかもしれない。

ただ、大会が実施されるかどうかわからない。コロナの状況がますます厳しくなってるので。

いくらやっても答えは見つからない

午前。奥さんについてソフトテニスのサークルへ。
今までどさくさに紛れて練習してたが、今年はちゃんと会費払うことにした。硬式の方のサークルはずっとビジターなのに。まあ、こっちのサークルはビジターという仕組みがないからしょうがない。

で、どうせ登録するんだったら軟式のシングルス出たろうと思って聞いてみた。
本来なら県の試合に出るなら2級審判資格持ってないといけない。昔持ってたけど、当然更新してないので切れている。でも、今年取るという前提で出られるかもしれない、とのことでまだ未定。でも出られる気がする。
んでまあ、ウェアとかは公認メーカーのもので、ちゃんとロゴが見てるものが必要。さらにクラブ名と氏名が書かれたゼッケンが必要とのことで発注してもらった。ゼッケンて・・・。昔は団体戦の時にクラブ名だけの手のひらサイズのをつけてたことはあるけど、ゼッケンて・・・。

残念なのは、初めて出ようとした硬式のJOPベテランの試合と重なってること。登録料も払っててぜひ出たかったのだが、軟式のシングルスは年に1回この試合しかないので、泣く泣くそちらを選ぶことにした。多分、1回出たら気が済む。

で、おじいさん3人に混じって試合。組んでる人がまだ2,3年とかの前衛の人。なんせ守備範囲がまだ狭いので、頭の上とか通されまくって、俺また走らされまくり。あー、もうダブルスで後ろにへばりつきとか、未だにソフトテニスの進化が止まったままなのがうざい。

その試合の後、俺がシングルスに出る話ししてたら、部長さんが気を利かしてくれて、隣のコートの別のクラブの人から若者をつれてきてシングルスをお膳立てしてくれた。いや、ちょっと、いきなりここでシングルスとか、やりすぎなんでは・・・。何も考えずやると言ってしまったことを後悔する。

まだ30代の人。チラミしてた限り大したことないと思ってたけど、ちょっと打ったら普通に良いボールを打ってくるので、こりゃ大変だと思った。早く終わらせたいので、5ゲームマッチのノーアドでやってもらう。
ラケットは奥さんのを借りることにした。さすがに振れば振るほど飛ばない俺の化石ラケットだとシングルスはきつい。

サーブから。
第1ゲームはミスって0-3となるけど、そこから追いついてノーアド。アプローチからボレー決まってG1-0。
第2ゲームは相手のストロークに圧されてミスしてG1-1。
第3ゲーム、3-2から良いサーブが入って相手レシーブミスでG3-1。
第4ゲーム。スライスを駆使して翻弄。G3-1で勝ち。

思ったより楽しかった。どんな試合でもシングルスで勝つと、すごく誇らしい気持ちになる。これがダブルスと何か違うところ。
基本的にバック狙い。軟式はグリップ厚いので遠い打点のバックはとてもきつい。俺はスライスでしのいだ。しかし、伸びるスライスとかは軟式のボールでは無理。どうしたって叩かれる。今の軟式界でどのように対処しているのか知らない。
奥さんのラケット、初心者用だけど良かった。やっぱりよく飛んでくれる。柔らかすぎるせいか、サーブを本気で打つとちょっと弾道がブレる。でも、やっぱりラケット買わないとだめだな。どうしよう。お小遣いないよ。


午後。
硬式の連盟登録してもらってるクラブで硬式のシングル試合。お小遣いないのに4000円も払って来てしまった。
今日は6人で総当り。

年末の試合を反省し、いかにコースを狙って打つかが今日のテーマ。
走らされた時は時間を稼ぐムーンボールやスライスを使う。
余裕ある時はセンターからでもサイドを狙う。
これがどこまでできるかが課題。

第1試合
クラブで豪打で鳴らす女性が相手。去年の試合で連続入賞を果たしている上昇中の人だ。
しかし、今日は調子悪かったみたい。明らかに無理な体勢から無理な強打が多く、当然ミスが多い。
俺はゆっくりのペースでボールを散らしてたけど、そうでなくてもミスをしてくれるので、ほぼ安全圏でプレー。
G6-0で勝ち。

第2試合
ご年配の方が相手。
この試合もほぼ安全圏。スライスを左右に展開し、ネットに出て安全にプレー。G6-1で勝ち。

エキシビジョン
コーチが相手。
本来の対戦相手が遅刻していて、時間を埋めるためにコーチが試合してくれることになった。初めて。
サーブから。今日はサーブが好調。しかし、入っても絶妙のスライスを前後左右に展開され、走り回される。しかし、僕もスライスで対応。ノーアドでコーチがミスって、まさかの1ゲーム先取。
あっさりG1-2とされるけど、コーチのサーブをまさかのブレークでG2-2。お、やるな、俺。
しかし、やはりコーチの展開に翻弄され続け、対応しきれず。なんせ、スライスがバウンドした後の方が速い。空中を飛んでくるスピードに合わせてると、バウンド後に圧されてしまう。どうやって打ってるんだ?回転軸が回転して、バウンドするときにはドライブ回転になってるのか?
かと思えば、同じフォームでネット際に落とされるし、ネットに出れば頭上を抜かれるし、前日20km走った俺を容赦なく走らせる。
段々とトップスピンにしてもスライスにしてもフォームが崩れていき、最後はスライスがネットにも届かず。G2-6で負け。いやー、やっぱりきつかったー。

第3試合
遅刻してきた人が相手。
最初はちょっと競ってたんだけど、やっぱりスライス展開に相手がミスを重ねるようになって、安全圏で勝利。G6-1。

第4試合
初めて合った女の人。にこにこしてる。どんなプレーするんだろう?
最初の2ゲーム簡単に取る。その後、0ポイントでサービスブレークされたけど、またブレークし返してG3-1。また安全に勝てるな。
ところが、次のサービスゲームもまた0ポイントでブレークされる。またブレークしたけど、今度は1ポイントだけ取れてブレークされる。そしてキープされてついにG4-4。

おかしい・・・。サービスゲームで点が取れない。
いや・・・、むしろやられている。スライスを駆使して左右に展開しているつもりが、いつの間にか先手を取られて先に走り回されている。また、俺のスライスが浅くなりがちで、すかさずネットに来られる。サーブ&ボレーもしかけられる。にもかかわらず、スライスで返してボレーの餌食になっている・・・。
そして、相手の人、むちゃくちゃ強気だ。にこにこしてるが、すごい殺気を感じる。やべーぞ、これ、まじ飲まれそう。

ようやくサービスゲーム取ってG5-4。相手サーブで40-15としてダブルマッチポイント。勝てると思った。しかし、ここからミスやボレー食らって追いつかれ、ノーアドで取られた。ショック。G5-5。
ショックを引きずってサーブ。あー、もう負けそう。リードされる展開。なんとかノーアド。ネット際の攻防となったが、相手の人のボレーがアウトになってくれてぎりぎりキープ。G6-5。

相手がネットに来ても、やっとスライスじゃなくてトップスピンで打つようにして対応。40-30で再びマッチポイント。セカンドサーブで振り遅れた俺のフォアはアドサイドのサイドラインぎりぎりに入ってゲームセット。G7-5で勝ち。
同じペースでやりあって、完全にやられてた。タイブレーク行ったら負けてたな。サーブとストロークの威力でわずかに上回って勝てたが、コースを狙うテニスは完全にやられてた・・・。

第5試合
サウスポーの若者が相手。去年の県のコンソレでやって3で負けた。ここ最近は負けっぱなし。
第1ゲーム。センターから浅い低いトップスピンでサイドにウィナー。ようやく打ちたいボールが打てた。しかし、2本のブレークチャンスありながら追いつかれてブレークできず。
その後も、ノーアドでチャンスはありながらも圧される展開でG0-4までやられる。
ベースラインからのトップスピン、チャンスボールでの強打をきっちり決められ、勝てる気がしない。

ここまでトップスピンで打つことに気が行き過ぎてたことに気づき、フォアもスライスを使うようにしてようやく流れが変わって1ゲーム取り返す。でも、またブレークされてG1-5。
ここから2ゲーム取ってG3-5。
相手サーブで2本のブレークチャンス。ところが2本、簡単なスライスでのレシーブミス。あいたー。
ノーアド。ダウン・ザ・ラインで相手がネットに来たと思って強打したら大アウト。G3-6で負け。

だめだー、勝てねー。
またうまくなってるな、この若者。まあ、ジュニアと一緒にぼこぼこ打って練習してるんだから、当たり前か。ストロークが本当に良くなってきてる。トップスピンで左右に展開されると、なかなか余裕を持って打つ体勢にならない。で、スライスで返すもミスが多いし、入っても甘かったりと、イーブンに持っていくことができない。

4試合目の女の人との試合、フォアのグリップで悩んでた。いつものウエスタンだと入らないけど、イースタン気味に薄く持つと入る。でも、気持ち的には入る気がしなくて気持ち悪い。でも打つと入る。どうしたらいいか迷ってた。
で、5試合目もイースタンで打つことに気が行き過ぎて、それまでのコースを狙うテニスを忘れてた。

コースを狙うことが大事で有効なことはわかった。トップスピンはもちろん、スライスでも深く打つだけじゃなく、浅く低くサイドラインよりに打つとボール浮いてきやすい。ただ、狙ってそういうボールを打つ精度が悪い。
相手のバックに高い弾道で打つのも有効。相手の視線が切れるのでネットに出てボレーとか。ただ、ボレーがヘボくて・・・。

コーチ相手にゲーム取れたり、そういう展開がある程度できたので、負けたけど収穫はあったかと思う。
ただ、いかんせんん狙い通りに打てないのが・・。
深く打ちたいのに浅くなったり、浅く打ちたいのに浮いたり。
今日は風が強くて舞ってたので難しかったけど、コーチはそんな中でほぼ完璧なコントロールだったし。

なんで、こうも思い通りにならないのか、この黄色いボールは。
午前のシングルスなんか何にも考えないで勝手に思ったようにボール入るのに、この固くて重い黄色いボールはなんでこんなに思い通りに入らないのか。

軟式の感覚で打つと遅れる。ボールがラケットに乗らないから、思ったより早くラケットからボールが離れる。
それではと手首をやや固め気味に打つとフレームショットが増えてガシャる。
もうこの感覚を変えられる気がしない。だめなんだなー。やっぱり体が軟式なのかなー。
でもイースタングリップで打つと入るんだよな。全く入る気しなくてすごい不安なんだけど入る。もう我慢してイースタンで練習するかー。

ラケットもかなー。今日はピュアドライブも使ってみたけど、ボールを掴んでいる感覚が少ないことから、スライス多めのプレーになるとミスが抑えられない。CX200もスライスの伸びがいまいち。まあ、それは俺の問題だろうけど。
コーチには、俺の場合どんなにテンション落としても40lbまでにした方が言われた。しかし、どうにも、この硬式ボールの球離れの早さが吸収できない。今はポリの場合42lb。38llbくらいに落とそうかな。軟式は35lbで張ってたので、これだけ違うボールを打つのに3lbしかテンションが変わらないのは、変なプライドが邪魔してやったことないけど、もうここまで来たらやってみても良い気がしてる。


今日は軟式でダブルス1試合、シングルス1試合。
硬式でシングルス6試合。時間が余ったのでダブルスも組まれて3試合。
全部で11試合。鬼畜だろ。俺、昨日20km走ってるんだけど。
ところが、普通に最後までできた。足つってない。最後の最後につりかけたけどつってない。さすがに家に帰ったら太ももが筋肉痛ぽいけど、その程度。すごくない?今までシングルスなんか3試合目にはつってたのに。これ、やっぱりランニングのおかげかな。ここまで走ったらテニスにも効いてくるのか。いやー、ここまで走らないといけないというのは、ちょっと辛いな・・。

月間100km

週末は貴重な長距離練習ができる日。
火曜日に16km走った。ただ、最後の3kmは足のバネが完全になくなって、もうそれ以上は走れないという状態だった。

で、今回は心拍数130回/分程度で走ることにした。

前回の記録を見ると、前半は6:30/kmくらいのペースで走ってたのだけど、アプリを見ると心拍数は140回/分位で、殆どを無酸素運動の負荷で走ってるという結果。
別に息が切れるとかいう感じは全然しないのだけど、足が死んだのは事実。
今までいかに速く走るかということを考えてたのだが、そもそも10km程度でペースが落ちてしまうような足。まずは40km足が動かせるようになるのが先だろうと思った。

それで、今回は有酸素運動ペースの心拍数130回/分程度で最後まで走ると決めた。

9時半頃スタート。
今日はとても暖かくて風もない。晴れてて日差しが暖かい。

最初の1kmはまだ体が慣れず、ペースは遅いのに心拍数は高かったけど、2kmくらいで130回/分に落ち着いた。
その後はひたすら心拍数が上がりすぎないように気をつけて走り続ける。ペースにして約7分/km。
上り坂では少し心拍数上がるけど、無理に走らず、両足が地面から離れない程度までペースを落とす。
1回坂を上がって下り、8km地点折返し、また坂を上がって下って10km。

坂を2回上がって下ると足に来る。ペースが7:30/kmくらいに落ちる。
前回と同じ16km通過。ここまで2時間弱。前回走ったときより数分遅い。しかし、足はまだ動く。前回は足が止まったが、今日はまだ動く。

とは言え、ペースはさらに遅くなり8分/km程度まで落ちる。でも心拍数は130回/分を守る。
そのペースで継続し、20km走って終わった。約2時間半で終了。
2021-01-16.png


今月末に20km走れたらいいかなと思ってたけど、もう走ってしまった。
20kmなんてとんでもない長距離だと思ってたけど、徐々に走る距離を伸ばしてきたら、これくらい走ってもいけるなって思うようになった。
実際、午前中に走って足は疲れてたけど、夕方には子供とキャッチボールして遊べたし。

一応、最後まで走るという形は維持できた。最後の1kmだけちょっとペース上げる余裕はあった。ただ、走るという形では限界が来ていた。走るという形では8分/kmが限界で、それ以上遅いのは速歩きと変わらない。

同じペースでフルマラソン走ったら5時間ちょっとというペース。頑張ったら5時間切れるんじゃない?というのはまだまだ幻想。同じペースであと20kmも走れるわけがない。一昨年のフルマラソンと同様、足のバネが無くなった状態で後半の20kmなんて地獄を見る。いやだ。またあの地獄を見るのは嫌だ。まだまだフルマラソンを走る足になっていない。


ネットでフルマラソンの練習量を改めて調べると、完走を目指すレベルで月間100kmとある。
100かー。100はなー。
これから平日は8~10kmに伸ばそうと思う。で、週末は15~20km。そしたら100は行くかな。
今月は既に60km位走ってるから、行こうと思えば行けるかな。少なくとも2月は100kmは行かないとな。
でもいやだなー。これからずっとそんなに走るの?嫌だよ。

懸念はやっぱりコロナ。
今回は感染対策でエイドとか最小限の提供。着替える場所ないとか、荷物預けるのとか引き取るのは自分でやるとかあるのだけど、一番気になってるのは飲み物はペットボトルで提供とのこと。俺みたいなヘボランナーは完走に時間かかるので、栄養補給、怪我対策とかで荷物が多くなりがちだが、ペットボトルもとなると大分かさばるな。
今日も途中、自動販売機で小さいペットボトル買ったけど、やっぱり邪魔だった。一気に飲み干すには量が多いし、ある程度持って走ることになる。ペットホルダー付きのポーチとかいるかな。またお金かかるな。

それに、開催すると決定されたものの、その後さらに感染は拡大し、大都市圏では緊急事態宣言が出て、県でもクラスター発生。もっと宣言の対象地域を広げろという世論。とくしまマラソンも開催するとなってるものの、何が何でもやるとかじゃなく、だめならまた中止すればいいし、位の本気度じゃないかな?
最高潮に練習重ねて、そして中止になりました。みたいな。あー、もう心が折れる。

お前、川だろ?

金曜の夜、潮回り良いし釣り行くか、と思いついて出かけた。
これからマラソンの練習増やしていかないといけないので、釣り行く機会はまた減るだろうし、今日はあまり寒くなくて釣りやすいし。

場所は前回と同じ小さな川の河口。

20時過ぎから開始。

相変わらず流れがない。
お前、川だろ?
川幅はそこそこあるのに、この流れの無さは何?
風が無いにしても、夜空の小さな星の光が水面に映って見えるくらい。
水量少なそうだし、雨降らないとだめかな?
下げより上げの方が良いのではとさえ思う。

思ったより水深がありそうな気がして、普通にフローティングミノーに加え、今回はバイブレーションを底から引いてみることにした。
しかし、着底してるのかどうかわかりにくい。思ったよりずっと早く着底しているのか?足元が深く見えたので沖はもっと深いかと思ったが、足元と同じくらいしかないのか?

1時間半くらいして終わった。
残念。今回はソイも相手してくれなかった。
何の変化もない湖みたいな川相手に、むしろよく粘ったわ。

いるのかなシーバス?
いるのかいないのかわからない状態で粘るのにも限度がある。
いるとしてもどうやったら釣れるのか。

16km 完走まではるか遠く

前回のマラソン日記で、今までニンバスというシューズを使ってたと書いたのだが、キュムラスが正しかった。1年間も俺の足を支えてくれたのに、なぜ勝手にいつ認識を間違えてしまったのだろう?
https://silent-diary.at.webry.info/202002/article_4.html

土曜日に仕事した代わりに今日休み。

休みは貴重な超距離練習のチャンス。
午前中に走って、昼はゆっくり過ごすつもりだったけど、生憎の雨。しばらくまって9時半過ぎにスタート。

先週末は12kmで1時間20分くらい走った。
本番までに20kmを2回、30kmを1回走るつもり。
今回はまず20km走までのつなぎとして、15km、1時間40分くらい走るという大体の目標。

シューズはもちろんクリフトン7。
6km走では快調だったので、今日も期待大。
むちゃくちゃ寒くて、防水パーカー、ネックウォーマーやイヤーバンドもつけて走った。
2021-01-1201.jpg

出だしは7分弱/km、その後6分~6:20/km。
4~6kmの上り坂で6分後半まで落ちる。
前回はそこで折り返したけど、今回は距離を伸ばすために更に進むと、下り坂。8km地点で折り返すと、当然上り坂。高度は、Argusでは30m程。
下りに入ってからは約6:30/kmで進んでいく。

負荷としては軽くもなく苦しくもなく。無理はしてないが、これ以上上げるのは辛いという感じ。とにかくスピードより足を動かす距離を伸ばすのが目的。

10kmくらいで走るのに飽きてきた。
まだ辛くはないけど、さっさと走り終わりたい。でもスピードを上げるのは無理。
みんな、10kmも20kmも何が楽しくて走ってるんだろう?

12kmまではペースを維持してたのだが、ここからが前回からの追加分。ここまでで1時間18分。前回より2分程度早かった。ここで16km走ることに決めた。

ところが、そこから徐々に足が上がらなくなり、14km、15km地点でいきなりラップタイムが7:30程度まで落ちる。
最後の1kmはなんとか頑張って6分台に戻そうとしたが、7:10で終了。
2021-01-1202.png

きつかったー。
12kmのタイムは上がった。前回よりアップダウンが増えた分きつかったけど、タイムは2分だけながら短縮できた。クリフトン7のおかげだろうか?
しかし、最後の3kmがだめ。30mの坂道を2回上り下りして足が殺されたのか。足が完全に動かなくなり苦しいのに、体温が上がらない状態になって寒くて危なかった。

今月中に1回20km走ろうと思うのだが、きついなー。
16kmでこんななのに20kmも走れるかな?一昨年のハーフマラソンのほうがよっぽど走れてたわ。
しかし、本番までには42km走れるように、自分の限界を超えていく努力を重ねないといけない。だから辛いのよね、フルマラソンは。
走れる距離を伸ばしていくという地味な努力。
あー、辛いー。

もう、これ以上恥ずかしいと思うことはない

今年最初のサークルの練習へ。
すげー寒い。風も強いし。昨日よりましだが。ほぼ日差しがあったので良かったが、日陰になるとマジ寒い。これより寒い地域があるなんて信じられない。

昨日6km走ったけど、なんともなかったな。前は走った翌日は足動かなくて、試合の前は走らないようにしてたけど気にならなくなった。タイムは上がらないけど、地味に体力はついてきてる気がする。
そう言えば、前は足や腰や肩とか、どこかいつも痛かった。プレーができないレベルではないにしても、いつも痛むところがあった。でも、最近はそういうことなくなった。筋トレしてるからかな?地味に関節周りが強化され、負担に耐えられるようになってるのかもしれない。ただ、それがボールの威力につながってないのが悔しい。

去年末の試合で無理打ちして0ポイント負けしそうになった反省をして、今日は堅実に行った。
ダブルスなんでシングルスみたいに振り回せないのもあるけど、サーブもストロークもコースを狙い堅実に行った。
結構いっぱい試合できて覚えてないけど、6勝1敗くらいの感じ。不思議だ。ダブルスなのに自分の調子が良いと結果も良い。

前からわかっていたのに、どうしてもスピードに走ってしまっていたが、徐々に見えてきた。
速いボールを打つことに必死になると、視野が狭くなって周りが見えない。当然相手も相手コートのラインも見えない。自分が無理しない範囲で打たないと、ミスは増えるし、相手が見えなくなってしまう。今日は相手の動きが見えて、余裕でサイド抜くことができた。

技術的には、ストロークの時、体を真っ直ぐ立てることを意識した。すると低い打点でも比較的ボールを持ち上げやすくなった。軟式打ちのせいか、単なる自分の癖なのかわからないけど、上体が結構前に突っ込んで倒れがち。球離れの早い硬式は意識して体を立てることが大事かもしれない。

サーブは手首を使わないように。最近スピード出そうとして緩く使いすぎてた気がしてたので。
あと、↓これ見て、スライスの打ち方気をつけた。今までボールの横打ってたけど、ちょっと上側から打ち下ろす感じで打って良くなった。
https://www.youtube.com/watch?v=4kyweMhg8y0

ただ、練習の最後の方に強い相手とやって、力が入って、サーブは手首使ってスピード出そうとしてオーバー、ストロークは前に突っ込んでネットのミスが多くなった。だめですね。
あと、ボレーはほぼフレームショットだった。風のせいだと思いたいが、おそらくラケットを振りすぎてるのだと思う。コンチネンタルグリップでボレーをする感覚が未だによくわからない。


https://www.youtube.com/watch?v=h7qEY0PCNjo
この動画見て鈴木貴男の軟式打ちがフォアもバックもまじうますぎて、本当にフォーム変えなくていいんじゃないかという気になる。ただ、鈴木貴男が、硬式ではこんなに思いっきり打ってない、ということを言ってて、やはり力の入れ加減とかタイミングの違いはあるのではないかと思う。



今年はJOPのポイントがつくベテランの試合に出てみようと思う。たしか県内で春先に年齢別のやってた気がする。今までは県内の人がほとんど出てなくて、おそらくレベルがすごい高いんだろうくらいにしか思ってなくてスルーしてた。
しかし、自由にテニスができる時間がおそらく減っていくであろうと思うと、なんかいろいろやってみたくなった。
先日の試合で0ポイント負け目前まで来た経験をしたので、もうこれ以上恥ずかしいことがない。仮に本当に0ポイントで負けてもいいじゃないかと思う。「ああ、あの人また0で負けたね。」て言われるだけだろ。今まで積み上げた敗戦をJOPレベルで重ねるだけなんで、何も気にすることがない。

JOPの会員登録は前からやってて、試合の案内メールはよく来ている。あとは費用を払えばポイントも付く。
しかし、手続きがよくわからないのだが、これで費用を申し込めばいいんだよな。
https://www.jta-tennis.or.jp/Portals/0/resources/JTA/pdf/information/registration/vet_touroku_proc.pdf

このご時世に郵便局の払込取扱票で払い込むしか方法がないってどうにかならんのか。田舎の県レベルならまだしも、全国組織だろ。本当にこれでいいのか不安だ。

あと、ソフトテニスの方も試合に出てみたいと思う。シングルスの。ダブルスはペア見つけないといけないし、練習しないといけないけど、シングルならそんなこと気にしなくていい。試合あっても1年に1回くらいだし。ただ、県レベルの試合は2級審判員取らないといけないらしい。そちらのハードルが高いな。あと、ラケットも。

クリフトン7 これに命を預ける

アマゾンで注文したホカオネオネのクリフトン7がもう届いた。
IMG_20210109_180502 (カスタム).jpg

手に持った瞬間、軽くてびっくりした。
サイズは28cm。靴を試し履きせず買うのは怖いけど、テニスシューズと同じ28cmで問題なかった。ワイドタイプもあるけど、俺の足は細長なので普通幅で問題なし。むしろ、それでもやや広く感じる。

履きやすいように踵側がべろ状になっている。
ランニングする前の履く時だけなので、なくても問題ないけど、実際使ってみると履きやすくて便利。この部分て履くときに潰れやすいので、ストレスなく履けるのが気持ちいい。
IMG_20210109_180555 (カスタム).jpg

アシックスのシューズみたいに、二重ハトメの結び方ができる。そういう使い方をするために穴が空いてるのかわからないけど、この結び方が好きなので、そのように使わせてもらう。
IMG_20210109_180539 (カスタム).jpg

で、仕事から帰って、一通り調べてから、早速ランニングで使ってみた。

いつもの6km。
ほぼ1年間、アシックスのニンバスキュムラスを使ってた。
前回はインターバル走で1km×3本走ったので、シューズの比較という意味で、またインターバル走をしようかとも思ったが、続けてインターバル走も何だし、1km過ぎでまたP1が勝手に電源切れたので、普通に走った。同じコースを走ってるので、どこが1km通過地点か大体わかってる。

最初の1kmは足慣らしで軽く走ったつもりが、6分20秒くらい。新しいシューズで気持ちが高ぶってるのか?明らかにいつもより速いペース。

その後、ペースを上げて走り続ける。
いい感じだ。いつもより走れている。
ソールの前後が反ってて、普通に立ってる時はつま先が地面についていない。靴が転がるように移動できる。
最大の特徴と思われる「マシュマロのようなクッション」だが、正直そこまでふわふわとは思わない。ニンバスもかなり柔らかいので、それに慣れてしまってるからかもしれない。ただし、足が前に進みやすくなってスピードが上がってる分、着地の衝撃も上がってるはずだけど、それを気にせず走っていける。踵で着地してもころっと前に転がっていく。

結果、ほぼ6分/kmのペースで走り、6kmを35:50という結果。
今までは6:30~6:40/kmくらいのペースだったので、シューズ変えただけで30秒縮められたのは良い結果だと思う。
特に足や心肺への負荷も思ったほど上がっていない。いつもより速いのに、いくら走っても寒くて寒くて、走り終わった後も寒いくらいだったので、走りやすかったせいもあるかな。
これくらいのペースが当たり前になったら、当初目標にしたものの諦めてたフルマラソン5時間切りが見えてくるかもしれない。


不安もあったけど良いシューズだと思う。
何を買おうか調べてて、聞いたことないメーカーがいっぱいあって、ホカオネオネて何だよ?て感じだった。

同じメーカーでリンコン2というのがあって、そちらがもうちょっとスピード重視という感じ。
他にカーボンプレート入りの厚底で、カーボンXとかナイキのエア ズーム テンポ ネクスト%とかは、比較的初心者にも履けるようで、それも良いかと思った。まあ、でも、まだそこまでスピードに耐えられる足になっていなくて、最後まで足を動かし続けられるのが目標レベルだし、いかんせん高価なので、クリフトン7が無難かと思った。

シューズでこんなに変わるんだねー。びっくりした。
まだこれから走り込んだら、何かあるかもしれないけど、今日の感じだったら心配ないだろう。
また、いろんなシューズを試したくなるだろうけど、とりあえず次のマラソンで命を預けられるシューズが手に入った。後は地道に練習を重ねるのみ。

いや、ランニングウォッチがバグってたんだった・・

出る準備をすすめる

申し込んだ人全員当選。連絡が来た。
見事当選した。5000人の募集で2100人くらいしか申し込んでないので、当選するのは必然だった。

迷うことなく参加費払った。今回はチャレンジ&チャリティの分も含めて1万円。
徳島は無人島レベルの感染者だが、やっぱり徐々に増えてきている状況。首都圏で緊急事態宣言も出されて、今後どうなるのか、世間的に許されるのかわからない。ただ、自主的に辞退するか判断しなくても、だめな時は大会自体また中止になるだろう。今は出るという前提で準備していく。

で、早速新しいランニングシューズを注文した。これまた1万円。俺の命をこの1万円に預ける。

やばいのか?

ランニング。今日はちょっと内容を変えてみた。全力で走ってみることにした。いつもは6km走っているところを、全力で短い距離にしようと思った。

6kmくらい全力で走れよと思うが、いきなり走ると心臓止まるかもしれないので、短くする。
走り始め、まず1kmはゆっくり走る。最初から飛ばすと必ずどこか痛くなる。案の定、少しかかとが痛くなったが、しばらくしたら治まった。

2kmから全力。3kmくらい全力と思ったが、苦しいのでやめた。1km全力で走って、少し流して、また1km全力という方法に変えることにした。インターバル走ですな。

1km全力で走り、500m流し、また1km全力。そして500m流して、1km全力。最後の1km走の途中、残り300mくらいでまたランニングウォッチのP1が勝手に電源切れて、正しい距離がわからなくなった。電源入れ直して、再度ランニングモードにして、120mくらい走って終わりにした。1km全力を3本、流しで2kmで合計5km。

で、肝心のラップは、
1回目1km 5分弱
2回目1km 5:30
3回目1km 5:35

おそっ。
遅いだろ。全力だぞ。5:30て。世の中のマラソンランナーは1km3分とかで走るのによ。ひどく遅いだろ。
おかしいなー。練習で5分/kmのペースで5km走ったこともあった気がするんだけど、今までの練習はなんだったんだろう。
最近は普通に走って6:30/kmくらい。全力で走ったら半分くらいになるかと思ったら、1分速いだけってどういうことよ。

かかと着地だと衝撃がきついな。かと言って短距離を全力で走るような着地で1kmも走ることできんしな。
まあ、フォームとかフォアフットとか語るのは、やっぱりスピード出して初めて言えることですよね。それがわかっただけだった。


とくしまマラソン、ニュースで応募者が定員5千人を大きく下回ってるとのこと。前回エントリーしてた人という制限を外して再募集するらしい。
あれー。

公式サイトでは募集締め切って、たくさんの応募ありがとうございました、抽選結果は後日連絡します、って書いてたのに、どれだけ盛ってるんだ。オンラインは締め切り延長するとあったので、やっぱりオンラインは人気ないなって思ってたけど。

意外にランナーの感染対策意識が高いのかな。感染するのは当然嫌だし、感染を広げないという自粛モードになってるのかな。
やばいな。やばいイベントに出ようとしてるのかな、俺。
こんなときにマラソンなんて何考えてんだって言われるのかな。

地味に12km

12km走った。まだ年始2日目で、人も車も少なく、天気も良くて走りやすかった。

前日にちょっと足の筋トレしてたせいか、走り始め足が重かったけど、最初の1kmを6:50。次の1kmが5:50といきなり上がったけど、その後は6:30~6:40位。

前回は坂道を折り返した後ペースが乱高下したけど、今日は下りも平地もペースが対して変わらず。残り1kmが7分くらいに落ちて、12kmで1時間20分。前回より1分遅い結果。平均6:40/kmくらいのペース。

遅い。
この程度のペースなら余裕持って終わりたいけど、結構いっぱいいっぱい。これで残り30kmも走れるのか自信がない。
一回、本気で走ってみようか?
今までは、最後までなるべく疲れないように無理しない範囲で走ってるのだけど、6kmでも12kmでも疲れている。遅いけど疲れている。
3kmとか短い距離を全力で走ってみて、疲れ具合とタイムがどうなるのか試してみても良いかもしれない。