サブ4ペース

平日6km走。
オンラインマラソンも終わった今、もう週末は走らないし、平日も1回しか走らない。
オンラインマラソンの方は約3千人中、2千位くらいの走行距離だった。
トップは700km超え。2週間の期間で、1日平均50km。一体どんな生活をしているのだろうか?

今日も最初から快調に走る。
長距離走る気がないから、ペース上げても心配ない。
なんか、下手に体力温存して疲れないように走るより、適度にペース上げて走った方が疲れない気がする。

6:20/kmのペースで終了。思ったより速くないのも同じ。
序盤は6分を切るペースもあったけど、最後の1kmは6:30に落ちた。10km位はペース変わらずに走りたいところ。

TATTAとZeroner Health Proで計測される距離が数百m違ってて、後者のほうだと6:00/km位。
時計、アプリ、スマホ本体のGPS、一体何が狂ってるのかわからない。

しかし、仮に6:00/kmのペースだとしても、フルマラソンでは4時間切れない。
先日ランスマでりさっちが4時間切りしていたが、走ってる様子を見ても全然速そうに見えない。
それなのに、俺は10kmにも満たない距離で、それより遅いペースという現実。
もうそんなに大きな向上は望めないが、もう少し上げたいところ。

COURT SPEED FF OC

土曜日、子供の練習試合。
サーブとかストロークで、ちょことアドバイスして、すぐに効果が出て、そこそこ試合に勝って、本人は機嫌が良かった。
とは言っても、前より若干ましになったかなという程度で、勝ったのも相手がまだ初心者レベルを抜けてないような感じ。
ま、でも、もうあまり口出ししない。多くを求めてもしょうがないのがわかってるし、自分も言うほど大したレベルでもないし、本人がエンジョイしてればよくて、スパルタ的に鍛えるような気力もない。

相変わらず左足親指が痛くて爪がおかしな状態。テニスシューズを買いに行った。
今使っているGEL-RESOLUTIONはネットで買ったけど、やっぱり試し履きしないといけないと思った。
1割引券も持ってるしね。

ゆめタウンのゼビオに行ったけど、種類少ないなー。ヨネックス、ミズノ、アシックス、ディアドラかー。あ、あとパシフィックという知らないメーカー。これはソフトテニス公認ではない。
サイズも少なくて28cm以上が必要なのに、そのサイズがないシューズもある。なんかやる気感じないな。店頭でサイズ確認して、ネットで買うというのが常套手段なので、本気で売る気無いのかな。

第一優先はアシックスだけど、種類無い。選択肢はCOURT SPEED FF とGEL-RESOLUTIONの新しいやつくらいかな。COURT SPEED FF の方が安いのでこれにしようか。
ヨネックスので手軽に安くて幅広なのがある。指先は明らかにこちらが余裕あるが、ちょっとシューズの中で足が動くなー。どうしよー。

と、いうことでCOURT SPEED FF 購入。割引で1万円切。あー、ネットで見たら7千円くらいで買えそうだなー。
IMG_20210328_174546 (カスタム).jpg

このシューズがどういうものか知らずに買ったが、柔らかくてあまり耐久度が高くなく、中学生とかややミドルスペックな感じ。
アッパーソールがほとんどメッシュで、つま先の痛いところにも強く当たらず、効果があるのではないかと思う。

だからさー、紐が短いってんだよ。GEL-RESOLUTIONもそうだけど。
二重ハトメで結ぶと、ギャグかと思うほど情けない結びになってしまう。
どういうこと、これ?なんか間違えてるのかな?
世の中のアシックスユーザーはこの結び方はしないのかな。ほとんどしないから、それに紐の長さを合わせてて、ぎりぎり二重ハトメで結べる長さを確保してるのかな?
IMG_20210328_174842 (カスタム).jpg

色違いで2種類あったけど、アウトソールが灰色のこの色を選んだ。これならカーペットでも色移りしなくて安心。
と思ったけど、底を見たら「NOMARKING」の刻印。他の色、メーカーのシューズを手にとって見たけど、みんなそう書いている。最近のシューズはアウトソールの色に関わらず、色移りしないのかな?ちなみに「Ne Marque Pas」はフランス語。ne~pasが否定形だ。
IMG_20210328_174954 (カスタム).jpg

つま先がランニングシューズみたいに反り上がってる。前にダッシュしやすいようにしてるらしい。
IMG_20210328_175536 (カスタム).jpg

前から見ると、アウトソールがへこんだ感じで反っている。これはなにか意味あるのだろうか。
IMG_20210328_175557 (カスタム).jpg

これで指の痛みがなくなればいいんだけど。

リセットトロ船

午前中、二人の姪の入学祝いを持っていった。その後、ポイントで釣具を見てたら、従兄弟から電話がかかってきた。
「おう、どうした?」
「ごめん、なんか、片方にお金が入ってないんやけど・・・。」
あー、言われてみたらそんな気がするなー。
速攻で従兄弟の家に戻って、お金を手渡しした。人としてやってはいけないことをやってしまった。


先週、メダカトロ舟の底砂以外を空きのトロ舟に移し、底砂を洗って1週間。

日干し乾燥済み。
IMG_20210328_150914 (カスタム).jpg

そこに、再びメダカ一式を移動。水はバケツ二杯の新しいのを用意してたので、それを先に入れた。その後にトロ舟の水を足したので、3分の1くらいは入れ替えできたと思う。
トロ船の半分くらいまでの水なら一人で抱えあげれた。なので、ポンプで半分水を移した時点で、こどもに目の細かい編みを構えさせ、そこに僕がトロ船を持ち上げて一気に水を流し込み、ヘドロをほぼ除去して水を移し替えできた。

姪の入学祝いを渡した後、ペットショップでホテイ草を買ってたので、それを投入。もう産卵始まるので。
普通のホテイ草に比べて小さい姫ホテイ草という名前で売られてた。ホテイ草が増えすぎるのが悩みだったが、これならサイズ小さくてその心配なさそう。
しかし、この水たっぷりの容器がフタ無しで売られてて、レジで支払い済ませても、そのまま。一応、ダンボール紙そこに入れて安定させてくれたけど、意味ないだろ。水がだばだばこぼれて全く意味ない。なんか間違えてない?小さいビニール袋に入れて口縛って持って返ったよ。
IMG_20210328_153051 (カスタム).jpg

リセット完了。
IMG_20210328_153231 (カスタム).jpg

きれいなピンク色の底砂、というより砂利が復活した。
心配してたエビちゃんも4匹生きていた。
度重なる環境の変化できついかもしれないが、また頑張って生きて欲しい。

完璧にリセットできたな。
かつて赤玉土を入れたたけど、玉が崩れ濁りがひどかったからな。やっぱり洗い直しは砂利がやりやすい。重かったけど、赤玉土なら洗うこと自体できないからな。
・・・。
いや、待てよ。空きトロ舟に新しい赤玉土を入れて引っ越しすれば、土を洗い直す手間など不要なのでは・・・。

目が見えない

約1ヶ月ぶりの釣り。
久々のソフトテニスのシングルスの試合に備えてずっと練習してたけど、それも先週終わって、ふと思い出して釣りへ。

土曜日の夜。
強い南風が吹いてて心配してたが、吉野川北岸側に立ったところ、しっかり強い向かい風でがっかり。大潮の満潮すぎに来たため、波がざっぱんざっぱん打ちつけてくる。
さらにびっくりしたのは、二人組の人が竿を7,8本ずらっと並べてて釣りをしてたこと。竿先にライトを付けていたことから、投釣りだと思うのだけど、何を釣ってるのだろう?
ちょうど何か釣り上げてて、遠目から見た限りシーバスのようだった。
たまたま先日、この時期はでかいイソメの投釣りでスズキが釣れるというのをインターネットで見てたのだが、そういうことだろうか?この時期は底にいるのか?

とりあえず、荒れてることから大きめのプラグから投げてみる。反応がないのでソフトタイプのバイブレーションをそこに沈めてから引いてくる。向かい風が強いのでプラグはあまり飛ばないし、どこ泳いでるのかもよくわからない。バイブレーションの方が釣りやすい。
下げの時間帯だけど、お気からの強い風とうねりのせいか、流れがあまりない。表面はほとんど流れてないが、バイブレーションを沈めて引いてくると、下流の方に流れている感じ。

ほどなくして、バイブレーション、根がかりロスト。足元近くのテトラにがっつり。大潮のためあっという間に潮位が下がっていき、しかし波が強いので低い足場に移れない。竿先が足元のテトラに全く届かず、ものすごい釣りにくい。万が一釣れたときの取り込みも考えてとなると、ルアーを投げられる足場を探すのに苦労する。

さらに苦労したのがラインの結び直し。
もう、老眼のため、夜中でのライトの明るさでは手先が見えない。切れたリーダーの結び直しとか、スナップにライン結ぶのとか。強風でラインが手に付かないのも相まって、ルアー投げるのよりライン結び直してる方の時間が長い。


今日も釣れないな。妙に木の枝ばっかり引っ掛けてくるだけ。
釣りに来たということが何より良かったよ。
最近和歌山周りで地震多いし、釣りするたびに地震が来るんじゃないかと思って怖くてしょうがない。大潮の時に大きい地震が起きるという話もあるし。
そろそろ帰るか。

ぐんぐん。

む?また枝か?

ぐんぐんぐん。

いや、魚だ!!
バイブレーション底引き作戦が当たった!!これはシーバスでしょう!!
なかなか重いぞ。
よしよし、寄ってきた。
しかし、足場が高くて、目も効かないのでどこに寄ってきてるのかがよくわからん。しかもタモが水面に届かない。まじか。

しょうがなく、低い足場に移動。
んー、どこだ?なんかおかしいな。抵抗はされるが、引きがシーバスの割にちょっと軽い。それに水面に来てるはずなのに暴れない。
いた!!これだ!!

マゴチかー!!
そうかー、マゴチかー!!
結構でかいぞ。前に1回釣ったことがあると思うが、その時は小さかった。今回は確実にお持ち帰りサイズ。

しかし、タモの中で暴れられ、ルアーのフックがタモに絡みまくり。マゴチも絡みまくり。
ぼやける視界で必死にマゴチとルアーをタモから剥がす。
さらにフックが複雑にマゴチの口に刺さってて、これも見えない目で格闘。

あー、疲れた。やっと外せた。
締め方がわからない。スマホでマゴチの締め方を調べる。はー、脳天を貫いて、血抜き。一緒か。

血抜きでマゴチを水の中で洗いたいが、水面が遠い。なんかもう命がけ。
うわ。ルアーが勝手にベストに引っかかってきた。ロッドが落ちるだろ。あっちいけ。
やれやれ、どうにか血抜きもできてと。じゃ、帰るか。

あれ?さっきのルアーどこ行った?ラインをたどっていくと・・・・切れている。ルアー、ロスト・・・。

あれ?左手の手袋どこ行った?そもそも、いつ外したっけ?どこにもない・・・。暗闇の中、ライトで照らしてもろくに目が見えない。
コンタクトレンズだと近くが全く見えない。もう夜は眼鏡だな。それでもかなりきついのだけど。こうやって徐々に釣りも諦めていくのかな。


50cmくらいかな。
IMG_20210327_221500.jpg

ネット見ながら初めてさばいた。
形が普通の魚と違うのでやややりにくいが、基本は同じだった。ただ、体が丸っこくて、皮を引くのが苦労した。
刺し身で食べたが、普通にうまかった。
あらがまだある。
家族の糧となってもらったことに感謝します。

なくなったグッズを補充しにポイントといはらに行ったけど、無かった。
シリテンバイブとダイワのソフトタイプのバイブレーションがなくなった。それの代わりが欲しかったけど無かった。一昔前、結構流行り的にいろいろあった気がしたんだけど、最近はないのかな?メタル系は結構あるんだけど・・・。

手袋も無かった。いつも左手は5本指のをつけてるの。魚に遠慮なく触れるし、転倒したときとか5本指の方が安全。でも、釣り用となるとほとんどは指は穴開きタイプ。開いてないのはジギング用のごついやつばっかり。また探すのに苦労する。

しかし、マゴチに1匹と、ルアー×2+手袋。割に合わん。
いはらにスズキの大きな魚拓があったな。あー、スズキ釣りたいなー。

達成感無い完走5km

オンラインマラソン完走まで5km弱。
週末に走って終わる予定だったが、今日走って完走した。

土曜日、午前は子供部活練習試合の送迎、午後オンラインセミナー。
日曜日、雨。
土曜日の夜走ろうかと思ったが、久しぶりに釣りに行きたいと思うようになって、それなら今日しかないということで走った。

昨日7km弱走って、さすがに2日連続で走るのに慣れてないせいか、走り出しから足が重い。
走ってるうちにペースが上がってくるかと思ったが、一向に上がらない。
とにかく5km走って終わるだけという気持ちもあって、頑張ることもなくずっとだらだらと走る。

結局、6kmちょっとを45分、平均7:30/kmという激遅でゴール。
遅すぎて時間かかりすぎて、余計に疲れた。

これで42.195km達成。合計で43.5kmくらい走った。
全く、なんの盛り上がりも達成感もない。
公式サイトの方では何やらいろいろ盛り上げようとイベントが上がってたが、全く気にもなってない。

これにて、とくしまマラソン終了。
これからはランニングはしばらく抑え気味になると思う。
暑くなってくるし、しばらく大会無いので、無理して走る気力がない。短い距離を速く走るような練習をするかもしれない。

残り5km

今日のランニングは7km弱。
6kmだけ走ろうと思って、最後にちょっと遠回りして距離を稼ぐつもりが、少しオーバーした。
寝不足でちょっと疲れが残ってたせいか、前半は遅めのペース。後半にかかるにつれ体が慣れてきてペースが上がった。
最初は6:30/kmを超えてたが、最後の1kmが6:00/kmを切った。
平均6:30/kmくらいで走り終わった。

これで合計37km超えた。あと5km。週末に軽く走って、オンラインマラソン完走の予定。

着々と積み重ねる8km

オンラインマラソン継続中。
今日は8kmちょっと走った。

相変わらず好調。
今まではフルマラソン完走のために、なるべく負荷が少なく体力を残せる走り方をしようと思っていた。
しかし、そういった縛りはなくなり、合計で42km走ればいいので自由に走れる。
むしろ、テニスのためには負荷の高い走り方をして、足や心配を鍛えるべきとさえ思うようになった。

で、こんな感じ。
Screenshot_20210323-232731.jpg

TATTAより走行距離が長く計測されていて、TATTAの方では6:20/kmのペースだった。
走るたびに速くなっている。気分的には6分/kmを切っているのだが。

今日はリズムよく走ることを意識していて、いつもよりちょっと多めの歩数だったが、最後までほぼ維持できた。
不思議なのは、心拍数が思ったより上がらないこと。以前なら140を超えていて、ほとんど無酸素運動と計測されていた。
それがオンラインマラソン期間に入って走った分については、心拍数が落ちてて、今回も半分は有酸素運動状態。それでも少ない方で、前回や前々回は有酸素運動の割合がもっと多かった。

以前より長距離の練習をしなくなって楽してる状態。日を空けて長距離練習するより、隔日で数キロの練習をする方が体力向上につながるのだろうか?

これで約30km。残り12kmちょっと。楽勝だな。
ちなみにTATTAによると、トップの人は380km以上走っている。9日で380km。1日平均40km以上。毎日フルマラソン?

ソフトテニス シングルス どこかで見た風景

ソフトテニスの県のシングルス。東京都ではベスト16、世田谷区で優勝という経験はあるけど、20年以上前のお話。

この日のために新しいラケット、試合用パンツを買った。
ラケットに至っては最初に買ったX 200Vが飛ばなさすぎて、スカッド05-Cを買い直す羽目に。
パンツはネットで1500円くらいでディアドラのを買った。店で安いの探し回る手間暇が無駄だった。

天候は雨だが、家を出るときにはやんでいた。いつ降るのかわからない状態だったので、雨が降っても大丈夫なような服装持っていったり、ウェアには防水スプレーふっといた。
硬式の試合なら壁打ちしてから向かうところだけど、雨が降ると思っててあまり早く起きなかった。硬式と違って技術的な心配はしてない。

いまいち勝手がわからないので、早めに試合会場に到着。様子を伺う。それらしい人たちが見える。社会人があまり出てないと思われ、駐車場の車は少ない。

そういえば、ゼッケンをつけないとな。雨とか寒さが気になって、一番上に着るウェアがどれになるのか迷ってたが、寒くもないし雨も大丈夫そうなので、普通の試合用シャツにゼッケンをつける・・・。

安全ピンがない。

とくしまマラソンのゼッケンをつける安全ピンが余ってたの用意してたのに。ああ、家出る時、財布とか入れるかばんをいつものと違うのにして、移し替えるの忘れた。どうしよう・・・。

コンビニしかないよな。まだ時間はある。車で・・・、いや待てよ。Googleマップでコンビニ検索。歩いて5分のところに発見。準備運動がてら走っていく。よかった。すぐ安全ピンが手に入った。

練習が始まったようだ。バッカンバッカン打ってる。試合前に全員受付で体温計測。集団の中でたった一人行動するのは慣れない。受付でお金払う。受付の人にがんばってくださいねって言われた。マスクしててよくわからなかったが、いつも練習してる隣のコートの人だと思う。

ドロー拝見。高校生、大学生が多くて、実業団やクラブがそこそこ。いずれにしても強豪チームばっかりでほとんど占められている。38人、女子も30人くらいと思ったより多い。
あー、1試合目か。第2シードのパッキン。まあ、10年以上実績無しなので当たり前だけど。
しかし、朝から緊張感が途切れることなく、落ち着かない。

1回戦
相手は高校生。僕の昔の顧問の先生が今顧問になっているところ。先生はまだ来ていないらしい。強豪校ではあるが、パッキンに入ってるということは番手は下の方と思われる。

トスに勝ってサーブ。全く練習してないがサーブ。
第1ゲーム。いきなりサービスポイント。昨日復活したフラットサーブがガツンと入った。その後も、サーブで攻めて落ち着かない相手のミスで0で先取。G1-0。
第2ゲーム。しょうもないストロークミスやボレーミス。0で落としてG1-1。このゲームもったいなかった。1ゲーム目が良かったので、もうちょっと畳み掛ける必要があった。

第3ゲーム。ここもサーブ中心に攻めて3-1とゲームポイント。しかし、ここで半端なアプローチからパッシングで2ポイント失いジュース。サービスポイントでアドバンテージも、バックのスライスがネットで取れず。
このゲーム流れ決めそうな雰囲気。相手フォアでこちらのバック攻められる展開が続いてる。
バックハンドミスって、相手アドバンテージ。バック側にスピンサーブ打ってタイミングずらすつもりが、コース中に入って相手のフォアでリターンエースくらう。G1-2。

ここで流れが決まった。最初はミスが多かった相手だが、段々はまってきてストロークの威力と精度が上がってきた。こちらはストロークの調子が上がらず、こすりぎみでコースもつけない。相手にネットに出てこられ2本もスマッシュくらいG1-3。

第5ゲーム。フラットサーブ入ってもリターンエース決められる。次もサーブ入ってもリターン深く、こちらのストロークミス。そして、トスが乱れて打ち直しできないルールのため、無理やり打ってダブルフォールトで万事休す。1本サービスポイントで返すも、最後はバックハンドを厳しいところに打とうとしてミスヒット。G1-4で負け。


調子悪かったな。ストロークが最後まで冴えなかった。まともなストロークが1本もなかった。硬式の癖でこすりすぎてスピンばっかりかかりがち。全然フラットに打てなかった。サーブはフラットに行けたけど、これも相手が慣れてくるとコースが甘くなったところをカウンターを食らう結果に。お得意のスライスも不発。拾いまくるスライスもミス。
硬式やってる時は軟式の癖がと言い、今日は硬式のせいで打てないという・・・。お互いの出してはいけない癖を出してはな。臨機応変な対応が必要なところなのに。

しかし、家に帰って撮ってた動画見たところ・・・。
硬式と一緒。
フォアのだめなところとか全く一緒。なんだ、これ。だめだこりゃ。そりゃ打てるわけないわ。なんか独学で硬式やってるうちに変な癖ついちゃったな。硬式も軟式も打てなくなってるわ。子供や初心者相手にゆるやかに打ってて気づかなかった。重症だわ、これ。
なんとも虚しい結果と気持ちになった。もうちょいできると思ってたが。相手にやられたと言うより、自分ができなかったという気持ちの方が大きく、残念な思い。

試合後、高校の時の顧問の先生や後輩と久しぶりに話ができて良かった。先生はときどき会ったり電話とかあったけど、後輩の方は20数年ぶりとかだもんね。生きてればいいことあるね。

一応、区切りもついて、ソフトテニスの方はぼちぼちやる感じかな。もう試合ないので。今回、間違いなく最年長で、おそらく次に若い人とも20歳は離れてるという感じ。ちょっと調子乗りすぎたかな。もう、みっともないし、さすがに身を引いたほうがいいかなとさえ思った。
フォアはなんとかしないとなあ。軟式のボールだから入ってたようなもんで、今日の調子で硬式ボール打ってたら1球も入ってなかった。なんでこんなことになっちゃったんだろう。

底砂洗浄

前から気になっていたメダカトロ船。
底砂にヘドロがたまり、水質の悪化も心配な状態。
新しく底砂を入れて1年足らずでこんな状態になってしまった。
そこで、今日思いついたまま手を入れることにした。

まず、余っているトロ舟に水とメダカ移動。
IMG_20210320_140756.jpg

最初は底砂の3分の1とか半分だけとかだけ洗おうと思ったが、まどろっこしくていっぺんにやることにした。

水を抜いて、水道でなんどか米を洗うように洗浄。
ヘドロや藻が固まって層を作っているところもあるが、ちまちまやっても砂利に絡みついて取れないので、ざくざくかき回して洗った。
エビが体が透明なために救出するのに苦労してて、あやうく水道に1匹流しそうになったがぎりぎり防いだ。
天日にさらして消毒する。何日かかけて、何度かかき回して全体が消毒できるようにしないといけない。
IMG_20210320_143922.jpg

仮住まいのメダカ、ヤマトエビ、石巻貝、ヒメタニシなど。
IMG_20210320_143933.jpg

水は元の方からほとんど移してるので、水質はそんなに変わってないと思うが、ヘドロも巻き込んで移動してるのがちょっといらつく。
底砂がなくなったことでバクテリアもいなくなって、今後が少し心配。
メダカは大丈夫だと思うが、エビ達が餌がなくなるのではないかという気がする。
石巻貝は元気だが、ヒメタニシは冬の間にほぼ死んだ。ちっこいヒメタニシが増えていて、それらが生きているのかどうかが確認できてない。

しかし、もう砂を戻さず、このままでいいような気がしないでもない。

復刻フラットサーブ

また上の子連れてソフトテニス練習。
明日はシングルスの試合なので大事な最後の練習。多分、試合終わったら今までより行く回数は減ると思う。
しかし、今日は若者がおらず、あまりシングルスを想定した練習はしなかった。

軟式練習しだしてから、昔打ってたフラットサーブが打てなくて、ちょっと困ってた。
入るけど回転がかかりすぎてあまり奥に伸びず、相手が前に寄ってレシーブしてる。

でも、やっと今日の練習で思い出せた。
硬式のときと同じようにコンチネンタルより少しだけ薄く持ってたのを、普通のコンチネンタルに戻した。
そして、フラットに打つだけ。
今まで、回内動作を入れてたのをやめた。意識して入れてはないけど、自然と入る感じ。硬式でも回内動作を意識して入れようとして失敗してたのかもしれない。

硬式だとスライスとかスピンサーブは打球方向とスイング方向が違うとよく言うけど、軟式は一緒。回転をかける場合も振った方向にしか飛ばない。
そこの感覚が合わなくて、セカンドで打つスピンもどきサーブが入らず、ちょっと不安。

しかも明日は雨。
予報では試合が始まるころに止むかどうかという感じで、コートには水分が残っているのは間違いない。
あー、人よりも球が吹くのでやばい。
最初で最後になるかもしれない試合がぼろぼろで終わるかもしれない。

予定変更7km

昨日に続いて、今日は7km。

予定では今日は走らず、明日テニスの練習した後にちょっと走るつもりだった。
でも、午後から日曜の日中まで雨が降る予報。
明日の午前はテニスの練習で、日曜日は試合。雨のせいで試合がどうなるか予測がつかず、下手すると土日全く走れないかもしれない。

なので、急に走ることにした。
昨日は8km走ったけど、今まで2日続けて走った記憶がない。
特に変わりなく、昨日とほぼ同じペースで走って終了。
すごく速く走ったつもりなのに、大して速くなく6:40/km。
これで22.5km。
オンラインマラソン半分クリア。

さすがに後半はちょっと疲れた。
でも、ランニング始めた頃を思い出すと、5kmも走った次の日に走るなんて考えたこともなかった。実際、足に疲労が残ってたし。人間続ければ、ちょっとは変わるもんだな。

快走8km

オンラインマラソンチャレンジ中。
平日2回目のランニング。
前回は低血糖状態でふらふらになって7km。

今日は走り始めから大丈夫と感じてて、実際、最後まで普通に走りきれた。
久しぶりにまともに走れる。
快調にピッチを刻む。
時計も見ずに走る。

7kmでいいかと最初は思ってたけど、調子が良かったので8kmまで延長。
ペースを維持したままゴール。

いやー、今日はかなり早かったんじゃないのかな。

Screenshot_20210318-221233.png

おせーよ!

8kmちょっとを54分、6:40/kmのペース。
6分/kmくらいかと思ってたのに、6:30/kmも切ってなかったとは。
車避けるために立ち止まったのが2,3回ありはしたが。

週末のテニスの試合のためのトレーニングと思って走ってたのにな。
心拍数も140回/分行っておらず。まだ上げる余裕あったな。

これで15.5km消化。残り27km足らず。
土曜日は試合前なので無理せず6kmの予定。試合にさっさと負ければ追加で走る。
でも雨降りそう。

走れない体になっている

さ、オンラインマラソンの期間に入った。
ちまちま走って、合計42.195kmを目指す。

本来なら平日にいつもの6km、週末に長めに15kmとか走るつもりだった。
しかし、マラソンが中止になってからは長距離走っていない。しかも、次の日曜日にテニスの試合があって、あまり長距離走れない。土曜日走りすぎると試合で足動かないし、試合後も疲れて走れない。1試合で負けてすぐ終われば走れるだろうけど。

なので、平日に2回走って補うことにした。その代わり筋トレを1日減らす。

できれば8km走りたいけど、一昨日のテニスのダメージがまだ残っている。行けるところまで行こうかという感じでスタート。

てれてれ走ってたら、2km過ぎたあたりから異変。3km手前でフラフラしだした。また低血糖状態のような感じ。

しかし、オンラインマラソン完走のために前みたいに5kmでやめるとか許さない。お腹すいたからという理由なんかで自分の体を甘えさせない。

と、思ったものの、走れないものは走れない。ペースはどんどん落ち、挙げ句に歩きだしてしまう。
歩いたり、走ったりを繰り返す。走ると言っても、競歩よりも遅いが。
今の目標は単に距離を稼ぐだけ。どんなに遅かろうが進む。

5km過ぎたあたりで徐々に体が戻ってきた。ふらふらがなくなってきた。
最後の500m、やっと普通に走れるようになった。

Screenshot_20210316-235431.jpg

Screenshot_20210316-234302.jpg

7.2kmを1時間以上かけて走る+歩くと言う情けない結果に。
走る前にエネルギー補給するつもりでチョコレートとか食べてたのだが、急激に血糖値が上がって、インスリンが出て、低血糖の状態になったのだろうか?昼ごはんは普通に食べて、おやつ代わりにプロテインも飲んで、栄養が足りないなんてことはないはずなのだが。

数kmを息も絶え絶えという状態で、走ってもなんの負荷もかからない意味のないランニングだった。ただ距離を積んだだけ。
家に帰ったらくたばった。
次は木曜日だな。

月例シングルス。なんでやってるのか?

今日は硬軟テニス1日。

朝、ソフトテニス。また上の子を連れて。

新しいラケットを買ったものの、どうもその軽さに慣れず、少々重りを足した。

スロート内側にキモニーのリードテープスリムタイプ。
IMG_20210314_090216.jpg

フレームの内側にグリップテープを止めるためのテープ4枚を半分に切り、1箇所に2枚ずつ貼り付け。
普通にリードテープを張ればいいのだが、ラケット自体が軽いので重りによる影響が出やすいと考え、このような方法を試した。これでスイングウェイトは4ポイントくらい変わるらしい。このページによれば。「コートでスイングウェイトを
調整する意外な方法」
IMG_20210314_090224.jpg

これで、相手の打球が強くてもまあまあ面が安定するようになった。
だが、球が浅くなりがちなのは変わらず。ベースラインまで届かない。やっぱり打ち方が変わったか、パワーが落ちたかな。特にロブが浅くなりがち。
しかもサーブがパワー不足。かつて、ぶいぶいフラットサーブを打ってたのに、同じように打とうとすると制御が効かない。すごい球がブレる。サーブだけはガチガチラケットの方がいいのかな?

最近のラケットは飛ぶので、テイクバックを小さくインパクトのところだけ集中して打てばいいと言われた。確かに一理あると思う。

来週はシングルス。どうもコロナのせいで試合が減って暇な高校生と大学生が大量にエントリーしているとの噂。

1月ごろから左足親指が痛くて治らないのだが、その原因がほぼ特定できた。
IMG_20210314_090203.jpg

靴が指に当たっている。最近プレー中も結構痛い。当初はそうは思ってなかったが、最近の痛さでやはりこれだろうと思った。
去年までは練習の時は安物シューズでやってたのだが、へろへろになってきて、練習のときも試合で履いているシューズを使ってた。親指に当たる時間が増えて、痛みが増してきたと思う。痛い上に、爪がも3ヶ月位伸びてない。
今頃になって、ちょっとサイズがきつい気がする。長さも幅もちょっとピッタリしてて余裕がない。元々、昔からそういう感じで履いてたのだが、ちょっとつま先の余裕がなさすぎるのかもしれない。どうしよう。へろへろシューズは息子に使わせてるからな。新しい安物シューズを買うべきだろうか。もしくは試合用の良いやつを買うべきか。いずれにしろ、店頭でサイズ合わせた方が良さそうだな。


で、朝の練習は早めに切り上げ、12時からの月例シングルスの試合へ。
前回は1時間勘違いして遅刻した。初戦で負けたけど、その後復調してほとんどゲームを失わず勝ち続けた。
軟式→硬式の違和感を拭い去るため壁打ちは欠かせない。

今日は9人とやや多め。3人ずつの3つのリーグ戦。各リーグの同順位でまたリーグ戦やって順位を決める。

1次リーグ第1試合
歯医者先生が相手。対戦成績はやや負け越し状態。今日の優勝候補の一人だ。
サーブから。いきなりブレークの危機ながら、ノーアドで相手のミスに救われてキープ。
でも、次のサーブはあっさりブレークされ、その後は一進一退。G4-3。
今日は風が強い。追い風に回った第8ゲーム。ここでスライスを多用。風にのってスライスが伸びていき相手のミスを誘発。意外に連取できてG6-3で勝った。

1次リーグ第2試合
どっかの学校の校長先生と言ってたような気がする人が相手。一回やったことがある気がする。その時はあっさり負けた。
最近の調子の良さもあって、G3-1とリード。
しかし、追いつかれて、その後一進一退。
逆クロスの低いフラット気味のフォアハンドがきつい。こちらはスライスで返すものの、相手フォアがしつこく送り込まれてくる。このボールが浮いてこず、こちらもどうもスライスの感覚がおかしくて、3球くらいしか続かずミスしてしまう。
G5-5。6ゲーム先取のためこれがファイナルゲーム。で、俺サーブ。
このゲームもノーアド。逆クロスに来たボールをバックのトップスピンで打ったらアウト。G5-6で負け。
逆クロス展開を打破できなかったのが敗因。後からトップスピンでストレートやドロップショットすれば良かったと思ったものの、そこまで技術的に自信がなく、思いついたとしても使えなかっただろう。

1勝1敗で3人並んだけど、得失ゲーム差で僕が1位リーグに進むことになった。ラッキー。

ふとストリング見たら結構ノッチができていた。スマート125を張ってるのだが、こんなの初めてだ。2月頭に買ってまだ2ヶ月も経ってなのに。今までピュアドライブやCX200にも張って使ったことあるが、こんなにノッチができたことない。クラッシュ100Sが横糸少なくて、縦糸がよく動くということだろうか。
クラッシュ100Sは今日も好調。だめなのは僕の技術だけ。
IMG_20210314_150003.jpg

1位リーグ第1試合
テニスが彼女のサウスポー若者が相手。もう全然勝てない。良くて3ゲーム取れるくらい。
試合感覚が空いたことで、なんか体がこわばっている。日差しは暖かいが風が強くて寒いので冷えたのだろうか。
序盤こそ競ったものの、しょうもないミスをぽろぽろやって流れを失う。集中力切れ気味になってしまい、G2-6で負け。

1位リーグ第2試合
パワフルヒッター、セカンドサーブも強打の人が相手。前回は0で勝った。しかし、サウスポー相手に先に5ゲーム取っており、逆転負けしたものの、かなり復調している模様。
僕は前の試合から連戦となりちょっと疲れている。
一進一退。とは言うものの、しょうもないミスで自分を苦しめている感じ。G3-4。足が右足の膝上がつり始めている。ラリーが続くほどにジリ貧になっていく。
1位リーグとはいっても、このままでは今日は1勝3敗になってしまう。
ここで、フォアを矯正。軸足を決めたときにヘッドが落ちてるようにしてたのだが、また肘伸ばして手首から先でスピンかけようとしてフレームショットが多発してたのに気づいた。あまり小手先でいろいろしないよう、肘が曲がってても肩から先を1つとして打つように心がけた。
それでフォアのミスが減り、逆に相手のミスが増え、3ゲーム連取してG6-3で勝った。

今回も2位かー。最後はよく盛り返せたけど、優勝できない。

エキシビジョンマッチ
なんか時間が余ったので、またサウスポーと練習試合。
試合前にコーチから緩いボール打っておけば勝手にミスすると教えられる。
バックはもちろん、フォアもスライスを混ぜる。それで相手のトップスピンのミスが増えてG3-2とリード。
さらに相手のサービスゲームで30-0として、さらにゲームを取るチャンス。ところが、ここからスライスでミスを連発してしまい、G3-3。相手が息を吹き返す。
相手が慣れてきてミスをしないようになり、逆にドロップショットやネットに出てきて対応される。こちらはスライス打ってもどんどん浅くなってしまう。
しょうがなくトップスピン打ってみるものの、センターにしか飛ばず、逆に切り返しでポイントを失う。余計に走らされて足がどんどんつっていく。
G3-6で負け。だめかー。

このあと、サウスポーとコーチが試合。サウスポーが健闘するものの、結局コーチの余裕勝ち。
スライスのキレ、ストロークのコース、ネットプレー激ウマ。


あー、疲れた。今日は体のダメージがかなり残った。腰から下がこわばって、家の中で動くのも苦労する。ま、明日は午後から出社なのでゆっくりできるけど。
1月なんか、前の日に20km走り、朝に軟式練習してから試合に来たけど、全然問題なかったのに。マラソンが無くなって、ランニングの手を抜き始めた途端これか。
あえて理由をあげるなら、一昨日の夜から腸閉塞になったことかな。土曜日で回復したものの、一度なってしまうと、消化器官の働きが弱くなって、しばらく栄養が足りなくなる気がする。

今日はスライスのミスが多かった。いつも多いけど、それよりも多かった。朝にソフトテニスやってて、その時のスライスの打ち方が影響した気がする。軟式の時はなるべくスピンかける動作をなくして、スライス面のまま前に押す。ちょっとでも切るような動作を入れるとスピンかかりすぎて前に飛ばない。
低いボールはそれでいいけど、腰くらいの高さになるとその前に押す動作が逆に前に飛ばなくなる原因になった気がする。それに気づいて最後の方はちょっと直せたけど、時既に遅し。

最近調子良かったフォアも今日は力み気味でいまいち。なんせコース狙っても全部中に寄ってしまう。サイドに行ったかと思えばサイドアウト。
特に引っ張り方向がだめ。アドサイドからのストレート、ジュースサイドからのクロス、センターからのクロス、全部ダメ。面が被ってネット。またはフレームショットでアウト。調子が上がってもこのコースは質が上がらず、なんとか擦り上げてムーンボール気味で入ってくれることを願うか、スライスでつなぐのが精一杯。これだけは今もどうしたらいいのかわからない。

今日もネットプレーできなかったな。試合前はいろいろやってみようと思ったけど、競った状態ではとても選択肢には入れられない。
サーブは風が強い割にダブルフォールトは少なく、安定していた。あまり威力の無い状態で安定していた。一応、エースも3本あった。上級者と呼べるレベルには程遠い。見た目もおかしいし。

なかなか、上達しない。これが良くなったと思っても、別の何かが下がってしまう感じ。


終わった後、パワフルヒッターから質問があった。試合の合間で質問があると言われてて、あらたまってそんな事言われるってなんだろうと思ってた。もしかして、このブログを書いてることがバレたのだろうかと心配してた。

「どうしてそんなにシングルスの試合に出続けられるの?」


どうして?とは?
質問の意味がわからない。もしかして、あんなに負け続けて、どうしてそんなに恥ずかしげもなく試合に出られるのかという意味だろうか?

「シングルスって辛いでしょ?体力もきついし、精神的にも辛い。なんであんな辛いものに、ずっと出続けられるのかと思って。」

はあ。まあ、それはそうだけど。
シングルスやりたいがためにテニスやってるので、そりゃ出ないことには意味ないし。
別に試合出ることに義務感とか責任を負ってるわけでもないし。
辛いの乗り越えて勝った時の達成感も、その分大きいわけだし。
単に趣味なだけ。

ダブルスも楽しいけど、やっぱりシングルスこそテニスの醍醐味と思うんだけど。
攻守が表裏一体で同時に発生して、一人で考えて対処しないといけない。
体力も頭も精神力もダブルスより倍以上使っている気がする。
シングルスで負けると辛い。全て自分の責任で、相手より弱かったことを痛感させられる。
ダブルスで負けた時、やっぱりちょっと負けた理由を、わずかながらペアにもあったよなと思ってしまって、そこに逃げてしまってる自分を感じるときもある。

試合も出ないのに、ただ健康のためにとか、仲間でわいわいやりたいという理由だけで練習する気起きない。今の所まだ体動くし、貴重な時間とお金をこんなにも費やしてるのに。
それ言うならフルマラソンランナーこそよほど辛いだろうにと思う。完走だけが目標としても、練習でむちゃくちゃ走らないといけないし、本番だって42kmも何時間もかけて走ってる。3,4時間で走れる人は楽しいかもしれないけど、5時間もかかったら、かなり苦痛を感じてるはず。よく、何度も走る気になるよな、て思う。

まあ、でも、たしかにそう言われると、辛いといえば辛いかな。
もう、かれこれ10年やってるけど、ちっとも自分の思ったプレーができないので、結構へこんでるときもある。
軟式ではコースも深さも狙えるけど、硬式だとセンター浅めしか自信持って打てない。全然ベースが上がってこないからな。
そろそろ足も動かなくなるだろうし、辛いわー。

鏡面磨き

先週、塗装したフィールダー。雨が2、3日降ったものの10日ほど経過し、塗装も固まったことだろう。
ということで、最後に仕上げ磨きをすることにした。

磨く前はこんな状況。左側のフレームを塗装したのだが、塗装してない右側のパネルと比べると明らかに表面がざらざらしてて、地面の映り込みもない。
IMG_20210313_135614.jpg

ホルツの細目のコンパウンドを小豆ほどの量をコンパウンド用スポンジに取って、
IMG_20210313_140423.jpg

塗装面にぽんぽんと叩くように置いてから磨く。
IMG_20210313_140437.jpg

参考にしたのはホルツの説明サイト。
http://www.holts.co.jp/repairdetail11/

しかし、力加減とかどらくらい磨きを繰り返せばいいのかわからない。
ちょっと力を込めて磨いてると「キュッキュッ」と音がする。この音がするのはちゃんと磨けている証拠とのこと。しかし、この状態でいつまで磨けばいいのかわからない。とりあえず、音がなってから20~30秒位磨いて終わり。もう一回、細目コンパウンドで同じように磨いた。

次に今度は極細コンパウンドで同じ要領で磨く。

お?なんか地面が映り込んでない?(途中で気がついて、テープでマスクした。)
IMG_20210313_141318.jpg

ここで追加購入した液体コンパウンド。これ99工房製。
IMG_20210313_141401.jpg

これで磨くとかなり甲高いキュッキュッした音が出る。近所迷惑にならないか気になった。

鏡面磨き終了。こんな感じ。
IMG_20210313_142453.jpg

結構、地面が映り込んでいる。触った感じもつるつるしている。まあまあな仕上がりだ。
ただ、完全に戻ったわけでなく、塗装してないところと比べると、見た目も触った感じも差を感じる。
また塗装を剥がしてしまわないか心配で、あまりしつこく磨かなかった。ま、しょうがないかな。

で、ついでに、他のところも液体コンパウンドで磨いてみた。

以前、サイドミラーの傷直すついでに、ドア付近の塗装をして、液垂れしてしまったところ。
前後ろのドアの境目周りがぼやけている状態。ここを液体コンパウンドで磨いてみた。
IMG_20210313_142614.jpg

ん、なかなか光沢が出た。
IMG_20210313_143131.jpg

先月、左後ろにいつの間にか増えてた傷。
https://silent-diary.at.webry.info/20210206/index.html

極細、液体コンパウンドで磨いたところ、目立たない程度に消せた。
IMG_20210313_144247.jpg

100点とはいかないけど、まあ、最低限の仕上がりにはなった。今回はとりあえずこれで良しとする。
また洗車してコーティングしとかないとな。

ちょっと気になるのは、
ボカシ剤は塗装と塗装してない部分の境目だけにスプレーするものらしい。俺、全体にやってた。
次の補修では気をつけよう。

ヘドロ除去できない

先週に底上げしたメダカトロ船。水換えポンプで水換えを試みる。

底砂から吸い取るとこんな感じ。
IMG_20210313_082700.jpg

やっぱり汚れてるなー。

しかし、底砂にたまったヘドロを除去するには至らず。
IMG_20210313_082708.jpg

底上げしたものの、段差があまり高くないので水圧差もかからず、強く吸い取れない。
そもそもたまってるのは藻も相当あって、そいつらは底砂と絡み合ってるためポンプで吸い取れない。
ヘドロも層を作ってて固まってるところもある。

なんか考えないとな。
底砂を一度取り上げて洗浄しないと無理っぽい。今はまだ水が冷たくて、長時間作業するのが辛い。
どうやったら底砂と藻・ヘドロを分離できるのだろうか。

ふらふら5km

いつもの平日ランニング。
今日は歩幅を小さくしてピッチ走法で行ってみた。
通常は160歩/分を超えるくらいのところ、180回/分で行ってみた。
で、後半になったらストライドも広げるつもり。

2kmまではいつもどおりの感じ。
しかし、3kmあたりで急にふらふらしてきた。
4kmあたりで諦めようと思ったが、なんとか5km到達して終わった。
心拍数は120を下回り、走ってるのに寒くてて、手袋している指の先が冷え切った。
36分を超えて、平均7:20/kmくらいのペース。最後の方は7:40/kmを超えていた。

たまにあるんだよな、走ってるときにふらふらするのが。
血糖値が低くなりすぎたような感じ。
オンラインマラソンに備えてちょっと長めに走ろうかと思ってたのに。

セミイースタングリップ?

ちょっと前に子供が部活で「セミイースタングリップ」とかいう、聞いたことのないグリップのことを言っていて、またローカルなやつらがわけのわからないことを言っていると思っていた。


ところが、たまたま見つけたこの資料。



10ページ目にグリップの説明があるのだが、思いっきりセミイースタングリップの説明がある。


硬式との対比でいうと↓こうなる。
ソフトテニスウエスタングリップセミイースタングリップイースタングリップ
硬式テニスウエスタングリップイースタングリップコンチネンタルグリップ


なんでこんなことになったんだろう?

ちなみに、僕は昔軟式やってたときもコンチネンタルでサーブやスマッシュやときにボレーも打ってたが、セミイースタンと言ったことはない。周りの人も言ってない、というか、僕以外コンチネンタルで打ってる人を知らず、そういう話題になったことがない。誰か一人、イースタンのことをコンチネンタル、コンチネンタルのことをイースタンと逆に言ってたのだけ覚えてる。


連盟が出している資料でさえこう書いてるのだから、それが正解として認識されてるのだろう。

ま、硬式でも海外では呼び方がいまいち揃ってないみたいだし、呼び方にこだわってもしょうがない。


しかし、さらに気になるのはこのページのボレーとグリップの適正の説明。

ウエスタンは体から遠いバックボレー、バックローボレーが適しているとある。イースタン、セミイースタン共にバックボレーは適していないことになっている。


なぜ?

ウエスタンでバックのローボレーなんて、一番打ちにくいけど。

グリップが薄くなるセミイースタン、イースタンとなるほどバックのローボレー打ちやすいけど。

(ただし、ドライブかけて相手前衛にぶつけるくらいの威力のあるローボレーはウエスタンじゃないと無理だけど。)


もしかして、片面しか使わない前提だろうか?

セミイースタン、イースタンでも手の甲側の面を使わないということ?

そりゃイースタンで手の平側でバックボレーしたら手首骨折するだろうね・・・。

なんとか6km

テニスの練習後、6km。もうサボろうかと思ったけど、走らない自分が許せず、手を抜いてでも良いので走ろうと決めてスタート。

結局6km走った。平均7:10/kmくらいのペース。一昨日筋トレしたらふくらはぎが筋肉痛になってて、そこに昨日今日とテニスの練習して疲れてて、最後の方は太ももがつりかけた。その割に、遅いけど、最後まであまりペースを変えず走れた。

こういう状態で走るときが、自分にとって一番無駄なく楽に走れるフォームとペースになるんだろうな。

オンラインマラソンまであと2週間。そこまでは足を動かし続ける。

トロ船底上げ

メダカを飼っているトロ船を新しいのに変えて約1年。速くも底砂に泥が溜まっている状態。容器がでかいため、底砂を洗ったり水を入れ替えるのが不可能。ベランダの地べたに置いてるので、ポンプを使って底砂掃除ができない。

そこで、トロ船の下に何か台を置いて底上げを試みた。

じゃじゃん。
IMG_20210307_142806.jpg

コーナンで買ってきた。
ブロックみたいなのは発泡スチロール製。1個250円くらい。普通のセメントのブロックも当然打ってたけど、ベランダにあまり重いものをごてごて置きたくないと思ってた。トロ船が既に重いのだが。
店内を歩き回ってて、まさかこんな物が見つかるとは。

で、その上にすのこを置く。これも数百円とお手頃価格。ブロックだけでもいいけど、高さを稼ぎたいのと、安定感を出したいので。

こんな感じに置いて
IMG_20210307_143156.jpg

その上にトロ船を置く。子供に手伝ってもらった。一人でも持てないことはないが、幅が広くて力が入りにくいので危ない。
IMG_20210307_143337.jpg

どう?完璧じゃない?
これだけ段差があれば、ポンプで底砂掃除ができるくらいの水は出せるだろ。水足したばっかりなので、まだやってないけど、来週やってみよ。

ほぼ一面にたまったヘドロを吸い出してみせる。
IMG_20210307_143435.jpg

スカッド05-C 

軟式練習。
前日にスカッド05-Cが届いた。ストリングはサイバーナチュラル・シャープを29lbで。スリクソンX 200Vではサイバーナチュラル・クロスアイを26lbで打ってたけど、打感はモノフィラメントが好みなのと、26lbだとやっぱりぼよぼよ感が強いため、今回のセッティングにした。とは言っても、張る店が違うのでセッティングに統一感はない。

IMG_20210307_090007.jpg
IMG_20210307_175827.jpg

現行モデルの割に1万円切りという不思議。とはいえストリング入れて1万2千円。もう逆さになっても何も出ない。

前からいろいろ教えてくれてる人いわく、あまり人気がないらしい。前のモデルのDIとかジストの方が今でも需要があって、たしかにネットで調べても、値段があまり変わらない。

で、実際打ってみたところ、まあ、こんなもんかなって感じ。特に大きな感動も無いが、大きな不満もない。気持ちちょっと浅くなるかなという気もするが、まあこんなもんだろ。

しかし、中学生、高校生とか打てる相手と打ち合うと、どうも打ち負けてしまう。なんか、ちょっと軽すぎる気がする。昔は250gくらいの重さを使ってたけど、今のモデルは普通の重さで240g弱。最近のラインナップが基本的に軽量化してて、昔自分が使ってたくらいの重さとなると、上級者向けの一部のモデルだけ。軽くても反発力はあるが、振らないとラケットが弾かれる。フルスイングで打ち込んでこられたら、こちらもフルスイングで打ち返す必要がある。軽量化によるスピード化が進んで、ロブを使う展開勝負とか、もうあまりないのかな。

また、自分の振りも弱くなってるかもしれない。硬式寄りの打ち方になってるのかもしれない。昔持ってたラケットで飛ばないのはラケットやストリングが古いせいかと思ってたが、単純に振りが弱くなってるかもしれない。サーブも伸びないから相手がすごい前に立ってるし。筋トレはしてるけど、筋力が上がれば勝手に威力が出るわけでもないみたい。自分の感覚でコートに収まるスイングに自然にまとまっているのかもしれない。

子供が使ってる初心者向けのテクニクス200使ってみたけど、シングルスだったらこっちのほうが深く打てるかもしれない。振り切るとラケットがしなりすぎて不安な感じがする。

ま、ラケットはもうこれでいいや。メインはスカッド、パワー不足を感じたら奥さんか子供のラケット、風が強かったり思いっきり振りたい時はX 200Vという体制で行こう。

シングルスの試合はおそらく高校生や大学生がちょこっと出てくるくらいだろうとのこと。一般の社会人はほとんど出ないみたい。それはそれでいいです。そしたらリーグ戦で複数試合できるし。
シングルスになるとみんなまともに打ってこないらしい。切りまくって相手に打たせない展開が多いとか。いやだな、それ。俺もスライスは使うけど、普通に深く時間を稼ぐだけなので。サーブは硬式のスピンサーブのように変化させてるものの、バウンドが半端に高くなるので相手に見極められたら叩き込まれると言われた。硬式みたいに高く弾まないので、逆に低く沈むような工夫が必要だと。注意しなければ。

概ね調子良い

シングルスの申し込みしてもらった。軟式の方の。
県の試合なので規則が厳しい。ソフトテニス連盟公認メーカーのウェアを着る必要がある。
さらに県名、所属チーム、名字が書かれたゼッケンを付ける必要がある。

予想では、メーカーから連盟がスポンサー料をもらってて、大会では公認メーカーのウェアを着るという契約なんだと思う。

シャツは問題ない。最近はユニクロとかばっかり買ってるけど、今の楽天ジャパンオープンがまだAIGジャパンオープンだったころに、毎年観戦に行ってポロシャツを買ってた。それはヨネックス製。ここ数年着てないけど1試合くらい着ても問題ない。

問題は短パン。これが無い。持ってるのはフィラかセルジオ・タッキーニ。中学生の子供のユニフォームの短パン借りようかと思ったが、サイズがS。試しに履いたところ、痩せているのでウエストはきついが入らないでもない。しかし丈が短い。
スポーツデポに行って探したが、ヨネックスとか短パンのくせに5千円も6千円もしてびっくり。どんなすごい性能があるのかわからないけど、下手するとシャツより高い。

お、ニューバランスも公認メーカーか。人気がないせいか安売りしている。3千円以下で買えそうだ。しかし、黒、紺系はサイズがSかLしかない。Lはだすだすになってしまう。Mは真っ白しかない。まっしろかー。もう年取ると白とか着るの抵抗あるわ。

とりあえず、お見送り。少なくとも3千円以下じゃないと買う気が起きない。

その後、練習。硬式の方。
概ね好調。
軸足決めたときにテイクバックでラケットが落ちているように気をつけているが、安定してフォアが打てる傾向。今までの体に身についているタイミングではないので、振り遅れることもしばしばある。
サーブも好調。しかし、ファーストで打つサーブはどれもいいけど、セカンドで打つサーブがどれも不安定。スイングとスピンのバランスが思ったようにいかない。

試合ではいまいち勝てなかった。人が少なかったのでシングルス1試合、G4-3。2キープ、2ブレーク、サービスゲームが不安定。ちゃんとラリーすれば流れが来るのだけど、早い段階でミスするパターンが続くとだめ。

ダブルスでは数試合したけど、G3-1とかリードしてるのに追いつかれて負けるのが続いた。サービスゲームもあまりキープできなかった。フォアの調子が良いのだけど、フォームを変えて調子良いと、どんなボールもそのフォームで打とうとしてミスしてしまいがち。いつの間にかテイクバックで力入りすぎてしまった。

それでも、概ね調子良かったのであまり気にしない。クラッシュ100Sも問題なし。ストリングはいろいろ変えてみたくなるとは思うけど、しばらくはラケットジャーニーにならずにすみそうだ。

DIY塗装再び

昨日、子供の寮の荷物を引き上げに行ってた。水道工事やっててあちこち地面を掘り起こし、がたぼこ状態だった。コロナのせいで去年の夏にやっと寮生活が始まったのに、2年からは寮の部屋が足りないという理由で勝手に退寮扱いにされ、少々ムカついてた。

荷物を積み終わり帰ろうと、がたぼこ道を引き返してたら「バコ」と車のそこから音が聞こえた。何事か思ってフィールダーの底を覗き込んだら

IMG_20210303_124425 (カスタム).jpg

やってくれたわ。
多分、マンホールの蓋がちゃんとはまってなくて、タイヤで踏んづけたときに蓋が跳ね上がって底を叩いたと思われる。
運転席下側のフレームがへこんで、塗料が完全に剥がれて地金が見えている。
まったく、あの高専には腹立たしいことこの上ない。高専のせいじゃないが、そう思えてしょうがない。

上から見てもわからないのだが、地金が出ているのは塞がないと錆びるし、塗料が剥がれていってしまう。直すかー、自分で。
前は自分でいろいろやってイマイチな結果になったが、そのときの経験もあるし。
https://silent-diary.at.webry.info/202010/article_15.html

へこんではいるが目に入らない部位。これを直すならパテ埋めが考えられたが、角のところなのでパテでの整形は難しいし、時間もかかる。見えない部位に手間かける必要ないので、塗装するだけにした。

しかし、いざ作業に取り掛かろうとしてよく見ると、微小な傷が2箇所あり。
微小ながら地金が出ている。あー、面倒だけどやるかー。どうせへこんだところと近くて塗料かかるだろうし。
IMG_20210304_092823 (カスタム).jpg

まず紙やすりで削る。手持ち600番と1000番しかなく、それを使った。
IMG_20210304_095224 (カスタム).jpg

微小な傷の方は、大きい方の傷が実は傷としては浅かった。紙やすりで磨いたら見えなくなった。小さい方の傷が地金まで行ってた。
IMG_20210304_095204 (カスタム).jpg

底のへこんで広い傷はさすがにこのまま塗装できないのでプラサフをスプレー。こんなの使うのは何年か前にヴィヴィオの凹み傷を直したとき以来だ。
IMG_20210304_095654 (カスタム).jpg
IMG_20210304_103955.jpg

次、ボカシ剤。
前回は塗装した後にボカシ剤を使ったのだが、ここの説明を見ると、塗装前にも使うらしい。しかもボカシ剤吹いてすぐに塗装。塗装後もすぐにボカシ剤。
https://www.99kobo.jp/repair/point/08.html

しかし、ボカシ剤がスプレーしても出ない。残量がほとんど無いことに気づいた。しょうがなく、家の近くの店に買いに行く。30分ロス。痛い。タッチガンのガスが残ってるので、前回同様ホルツ製。
で、説明通りボカシ剤を一吹きして・・・

今回使う塗料。タッチガンとタッチアップペイント。
前はホルツ製を使ったが、今回は99工房製で青色を買い足す。株主優待券で買い物できる店にそれしか置いてなかったから。
これをボカシ剤の後にすぐスプレー。
IMG_20210304_095900 (カスタム).jpg

しかし、いまいち塗料の出方が良くない。
スプレーしても出ない。缶を振った後出る。しかし、すぐ出なくなる。おかしいな・・・。出るには出るけど使い勝手が悪すぎる・・・。

あ。
チューブつけ忘れてた。振ったら塗料が噴出口近くに付着するから出てたのか。
いかん、慌ててる。
IMG_20210304_105113 (カスタム).jpg

改めて装着し直したら、快調にスプレーできるようになった。疑ってごめん。

数回重ね塗りしてこの状態。
クリア塗装は3回。最後のスプレーの後すぐにボカシ剤。これも3回。
IMG_20210304_111855 (カスタム).jpg

明らかに、塗装してないところと比べて艶がない。見ても触ってもざらざらしてるのがわかる。塗装してないところは地面が映ってるが、塗装したところは映らない。
しかし、これは完全に塗装が乾燥した後に磨き上げることでピカピカになるらしい。
https://www.99kobo.jp/repair/point/12.html

前回もそうしたんだけど、磨きが足りなかったか?それとも塗装が完全に乾燥してなかったのか?

底の傷の方は一応ボカシ剤までやったけど、磨く必要はない。
錆と塗装剥がれが防げればそれで十分。
IMG_20210304_111916 (カスタム).jpg

あ、よく見たらタッチガンにアダプターあった。慌ててて見逃した。
IMG_20210304_112535 (カスタム).jpg

翌週の週末にでも磨いてみるか。目立たない場所なので思い切ってできる。

しかし、後から気になることがあった。

・ボカシ剤は塗装前と後それぞれ使ったが、説明良よく見ると本塗装の後も使って、そこからクリア塗装+ボカシ剤とある。今回は青塗装の後にボカシ剤使ってない。
・青塗装は99工房、クリア塗装とボカシ剤はホルツとなったが、メーカー統一しないとクリア塗装とボカシ剤がなじまないのでは?

この点がちょっと仕上がりに不安を感じる。まあ、目立たない場所なのでいいけど。

今回勉強したことを更に活かし、次はこのへこみ傷を直そうと思う。
IMG_20210304_111942 (カスタム).jpg

また無謀ではあるが、大分経験を積んだ。
目立つ場所だけど、塗装領域が狭い範囲で区切られてて作業はしやすい。今度はパテ埋めが必要になって難易度が上がる。花粉がなくなり、ゆっくり時間の取れるGWとかにやろうと思う。

吐き気の6km

いつもの平日6kmランニング。
子供の量の荷物を引き上げるために奥さんともども休みを取っていて、結婚記念日だったこともあり、夕方に家族で食事に行った。といっても、奥さんがGoogleおすすめの気になる店ということで行ってみたら、ただの居酒屋だった。
コロナ状況でも20人くらいの会社員ぽい団体客がいて、密着ノーマスクで騒いでて、すげーなと思ってた。

で、食べ終わって家に帰った後に走った。
2kmまではいつもどおりだったんだけど、3km過ぎたあたりから気分悪くなってきた。さっき食べたものが出てきそうな感じがした。
ペースを落として足を動かせる範囲でなんとか6km移動して終わった。

平均7:10/km位のペース。前回は6:10/kmくらいだったので、ひどい有様だった。やっぱり食べる前に走らないと。
本当は夕方に走るべきだったけど、量の荷物を引き上げるときに車を傷つけてしまい、直すための塗料を買いに行ってて時間が無くなってしまった。
明日も休むので無理に走る必要なかった。よく考えれば良かった。