TATTAで6km

6km走。
昨日は雪が降っていて諦めた。今日は雪はないけどものすごい寒い。でも、足は動かしておきたいので、薄手のパーカーとネックウォーマーとイヤーウォーマーつけて出発。

あまりに寒いので、体が縮こまって歩幅も短い。
しかし、それがピッチが上がっていつもより走りやすい。足を高く上げないので着地の衝撃が小さい。いつもより速く走れている気がする。
最後までペースを落とさず終了。

今回はTATTAで計測してみた。今度のオンラインマラソンはこのアプリを使って計測するとのこと。一度どんなものか使ってみた。

Screenshot_20210218-223233.png
Screenshot_20210218-223225.png

特に特筆すべき特徴はないと思う。計測できるパラメータは一通り揃っている。
1kmごとのペースが正確なのはありがたい。

ちなみにいつものランニングウォッチP1用のアプリZeroner Healthは
Screenshot_20210218-223352.png
Screenshot_20210218-223401.png

やはり1kmごとのペースがめちゃくちゃ。おそらく1kmごとの通過時の瞬時ペースを記録していると思う。最初のスタートの時、P1やTATTAの操作をしていて、もたついて走り出しが遅かったのだが、それで最初の1kmのペースが11分台という意味のない数字になっていると思われる。
なぜ、普通に1kmごとの差分の時間を記録する作りにしなかったのか?


あー、普通のランニングウォッチが欲しい。TATTAはガーミン、EPSON、Google Fitのランニングウォッチと連携できるらしい。あー、ガーミンほしー。

ところで、すごく速く走ったと思ったが、平均6:30/kmといういつものペースだった。最近の中では速いほうだが、ピッチが早くなっても歩幅が短いので、大したスピードアップにはなってなかった。ま、ここらへんが限界かな。