心を磨くがごとく

タッチガンスプレーで再補修を試み、サイドミラーでは平滑にすることを失敗。ドアでは直したいところと違うところも塗装した上に、ボカシ剤を液垂れさせてしまうという失敗をしてしまった。

それがこの状態。ドアの取手の周辺、特に上の方のテカリ具合が違うのがわかる。マットな感じで、これも好きなんだけど、周りと違うから困る。
IMG_20201107_141359.jpg

これをコンパウンドで磨いた。大して変わんないな。触った感じはつるつるになったものの、周りほどつるつるにはなってない。見た目も違う。しかし、磨きすぎてまた剥がしてしまったら目も当てられないので、もうこれで諦める。
IMG_20201107_144118.jpg

サイドミラー。最初にタッチアップペンで塗装したところが盛り上がってる。塗装面が下向きのため、あまり目立たないのが救いか。
IMG_20201107_144432.jpg

で、今日は洗車。なんだかんだで3ヶ月近く空いた。
雨が降りそうだけど、関係ない。どうせいつかは降るのだから。

今回は鉄粉除去を試みる。前の洗車の吹上の時、クロスがなんか引っかかるなと思ってて、ちょっとやってみたかった。とは言え、磨きキズはつけたくないのでソフトにやる。

まずはこれ。鉄粉除去剤。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00K15A6BM/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
IMG_20201107_144902.jpg

ボンネットと天井だけ。
鉄粉があると紫色に変わるらしい。それっぽい所はあるが、本当にそれだろうか?車が青いのでよくわからない。洗い流しても、んー?手感じ。あんまり鉄粉被ってないのかな?

その後、普通に洗車。
その水が残った状態で鉄粉除去スポンジ。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XSHLTV7/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1
IMG_20201107_152737.jpg

鉄粉用粘土は難易度高そうで手間もかかりそうで敬遠。お手軽に使えそうなスポンジにしてみた。
ボディの上を滑らすようになぞっていく。
そして・・・取れてないな。透明フィルムが付属してて、それを通して指先で触ると、プツプツ何やら残ってるのがわかる。スポンジでなでたところも残ってる。再度なでてみてもやっぱり残ってる。もっとこすれば取れるかもしれないが、またひどいことになりそうなのでやめた。そもそも鉄粉なのかどうかもわからない。

液だれの状態。写真ではわかりにくいけど見れば確実にわかる。もう、いいんだ、別に。
IMG_20201107_161137.jpg

洗車すると気持ちいいね。洗車にはまる人の気持ちがようやくわかったわ。すごいすっきりした。これで、また新たな一歩が踏み出せるわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント