とても感動している

シガーソケットがサイドブレーキの横、自分が座ってる腰の横に来てしまい、色んなものをつないでたのに繋げられなくなった。つなぐと配線がごちゃごちゃとサイドブレーキや座席近くでこんがらがって危ない。

つないでたのはポータブルナビ、ドライブレコーダー、FMトランスミッター。ポータブルナビはほとんどワンセグテレビを見てたが、フィールダーのナビで見られる。ドライブレコーダーはセーフティーセンスの機能の一つとして、事故があったときの画像は保存されてるらしい。当然、ドラブレコーダーの安全運転支援機能はセーフティーセンスで全て補えるので、ドライブレコーダーは不要となり、奥さんの車につけた。

とうことで、FMトランスミッターだけならまあいいかということで、座席の横に挿して使ってた。

しかし、ナビをいじってるうちに、Blutoothで何やら物が繋げられることがわかった。最初操作に迷ったが、ナビ側で接続開始し、ミュージックプレーヤーとして使っているiPhone 5sで設定画面からBlutoothを開くと、カーナビが表示されている。それをペアリングすると・・・。

音がナビから鳴っている!!
2020-05-09.jpg

しかも、FMトランスミッターより音がいい!!
そりゃ当たり前か。いやでも感動!!

いや、びっくりしたね。つなぐための部品を使うことなく、車のスピーカーから音が鳴るって。どうやら携帯接続してフリーハンズでの会話もできるらしい。

惜しむらくは、エンジンかけても自動ではつながらないこと。説明書には自動で接続するらしいことを書いてるんだけど、接続されない場合もあるとも書いてある。接続デバイスは複数登録できて、その中で優先して接続するデバイスも設定できるのだけど、手持ちのiPhone 5sは接続されない。
エンジンを掛けた後、オーディオ画面で機器接続→iPhone5s→接続と3回画面を押す必要がある。接続されると自動で再生が始まる。FMトランスミッターのときは、iPhone 5sの画面開いてミュージックアプリで再生する操作が必要だった。手数は同じだが、かばんやポケットからiPhone 5Sを出さないですむ分、今のほうがましかな。

もう一個残念なのは、ミュージックデバイスのiPhone5sとは別で、携帯電話端末として使うメインのAndroidがある。ハンズフリー通話をするならこれをナビと接続しないといけないのだが、そしたらiPhone 5sが切れる。音楽聞いてて電話がかかってくると接続し直す必要があるので、事実上ハンズフリー通話できない。まあ、仕事で営業者に乗らなくなった後、車で走りなが通話をすることはほとんどないのでいいんだけど。

ついでに言うと、テレビが見えない。ワンセグと音楽のどちらか一つしか選べない。ポータブルナビを使わないと音楽とワンセグの両方楽しめない。

しかし、このナビ、まだまだいろいろできそうだ・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント