終りが見えない

志村けん逝く、というYahooニュースを見て、会社で涙ぐんでいた。入院したと言うニュースを見て、嫌な気持ちを抱いていたが、最悪の結果となった。子供の頃、金曜日の夜が楽しみで過ごした思い出がある。自分の父親と同じ年代で、そりゃ自分の父親のようにとまでは思わないけど、笑いで育てられたような感覚はある。わかんないだろうな、若い人には。こんな人生の終わり方は不本意だったと思う。ご冥福をお祈りします。

ペストやコレラが流行した時は、医学も進んでおらず、生活環境も不衛生だからしょうがない面はあったと思うけど、現代において、こんなことになるなんて想像できなかった。致死率はそこまで高くはならないだろうけど、今も人は未知の病気に対して無力なことを思い知らされる。

4月のテニスの試合も予備日に延期との連絡があった。そんな気もしてたので、あまり驚きはない。練習してないし、仕事も今忙しくて残業休日出勤続いてて、こちらも終りが見えないので、問題ない。まあ、そんなレベルの心配事をしてる場合ではない。学校も始まるのかどうか怪しいし。失業してる人も多い中、仕事があるだけましだろうか。

限界を超える

もうだめだね、日本も。今までの患者の増加数がちりに見えるわ。で、封鎖される前に東京から若者が田舎に帰省してると言うし、これは間違いなく全国に広まるわ。徳島で感染したという人は嫌がらせを受けて徳島を出ていったという噂。ひどい話だ。自主的に検査を受けたこの人より、検査を拒否してる人の方が問題なのに。どうせ嫌がらせやってたやつも感染するのに。
俺も認識が甘かった。外国があんなにひどいことになるとは思わなかった。甲子園やってたらどうなっただろ。無観客でできると思うんだけど、患者数が激増の地域だけに、選手で感染が発覚して途中で中止という可能性が結構あった気がする。でも、やるだけやってあげてほしかった。

で、神山に花見。もう子供が寮に行くし、いつ外出禁止になってもおかしくないので行った。むちゃくちゃ寒かった。それもあってか、レジャーシート広げてお弁当食べてるような人はいなかった。人は多かったけど、人と人が交わるようなところはなかった。
P_20200329_130307_vHDR_On.jpg
P_20200329_133548.jpg

で、夕方ランニング。テニスはできない。お誘いはあるんだけど、昨日は仕事で、今日も先述の通り。
最近、走力が上がってるわ。みぞおち駆動、かかと前着地走法が板についてきか。今日は6kmを36分切れた。
ちょっと前の練習から、最後の1kmをがんばってペースを上げて走ってた。そしたら、次の練習で走り始めからペースが上がった。それも普通に走ってるだけで。で、また最後の1kmペースを上げるということをやってた。
前は6:20/km、最後の1kmが5:40/kmだったのが、今日は5:40/km、5:20/kmくらいになった。
この画像のペースは実測値とずれているが、概ねこんな感じ。
Screenshot_20200329-215410.jpgScreenshot_20200329-215419.jpg

やっぱり1kmだけでも限界を超える練習をすると走力が上がるのかな。これが今まで足りなかったと思う。今まで7:00/km切るのできゅうきゅうしてたのが信じられない。次のマラソンが再開されるまでは、これで地力をつけていくかな。

ピークはこれから

本当ならとくしまマラソンの日だったけど、テニスの練習。中止が決まった頃を思い返すと、やっても問題ないと思ってた。

今の状況はと言うと、全国で感染者は増えてはいるものの爆発的な広がりは抑えられている。徳島に至ってはクルーズ船以外の増加は無し。陸の孤島と同じ状態。実際にはいるはずだが、重症的な発症はない。

開催したらどうなんだろうという感じ。感染者はそりゃ増える可能性が高い。でも、多分、マラソン走るような人は感染しても重症にはならない。でも、家に持ち帰ってということもあろう。やめておいたほうが無難なことは間違いない。なんせ、オリンピックさえやめようというくらい、海外の状況がひどい。なんであんなに感染者、死亡者が多いのだろうか?日本が休校措置を取らなからと言って、あんなにひどいことになるとは思えないが、感染者が増えるとウィルスの変異が起きないとも限らない。重症化しないとなめていたが、死人が増えてるのは怖い。もうちょっと免疫保持者が増えるまで、大規模な人の集まりはちょっと様子見が無難だろう。


ちょっと前に阿波シティマラソンから参加賞が送られてきた。
P_20200310_200035_vHDR_On.jpg

市橋さん、会いたかったなー。
P_20200310_200159_vHDR_On.jpg

この他に、ゼッケンとクオカードも送られてきた。当面、マラソン大会はない。多分、早くても去年11月に走った吉野川リバーサイドになるだろう。暑くなるから普段の練習もきつくなる。

今週は平日に1回6km練習しただけ。着地方法でしっくりきて、足の動かし方も変えてみた。何かの動画で、みぞおちから足を動かす、みたいなのを見た気があって、そういう感じで試してみた。なんか、足の力で足を動かすだけじゃなく、体全体で足が動かせる感じがしてなかなか良かった。久々に6:30/kmを切るペースで走れた。最後の1kmはがんばって5:40で走った。当面は週一の6km練習だな。


で、テニスの練習。いつものサークルは少なくとも今月は練習がないが、お知り合いが別のところで誘ってくれた。2時間だけど、4人しかいないので、十分練習できた。

概ね好調だった。フォアは軟式打法で問題なし。バックは手首でスピンをかけようとして不安定になるミスが多かった。かといって、手首を使わないと吹っ飛んでいくミスもある。ここらへんが肘に余裕をもたせてというところなんだろうけど、一定の打点で打てないところがまた難しい。
サーブも良かった。ちょっと良い感じがはまってる。これが続かないのが問題なのだけど。今までかっこつけて、大して威力無いのにセカンドでも振り切って打とうとしてたけど、まず100%入ることが前提よね。そこをベースに上げていって、ファーストにも展開していかないと。

ボレーはへぼかった。ちょっと良い感覚が無い。当てて返すだけのような感じ。ボレストで2人相手のボレー練習したけど、ボレーでコース変えるのが難しい。特にバックはコントロールできてない。ナチュラルにドロップボレーになる。

大分あったかかくなってきた。新しいシーズンが楽しみ。ストリング張り替えたいなー。

春が来る

玉翁はまだ花が咲いてる。もしかしたら4月まで残るかもしれない。
2020-03-221.jpg

ミニトマト越冬。毎日夜だけ部屋の中に取り込んでたからな。実は7~8個取ったかな。酸味はなく、やや甘みを感じる味だった。2020-03-223.jpg
2020-03-222.jpg

メダカのトロ船。2020-03-225.jpg

そこにヘドロみたいなのが堆積してて、ちょっとかき回すと水中に舞い上がる。ビオトープが作りたくてトロ船にしてから3年位だろうか。いいかげん底土とか交換したいところ。しかし、集合住宅のベランダにこんなでかいもの置くものではなかった。重すぎて持ち上がらない。どうやって水や土の交換をすればいいのか?やっぱり小分けにしようかな。
2020-03-224.jpg

トロ船の石巻貝がまだ生きている。いつ入れたのか覚えてないが、もう二冬越えたのではなかろうか。家の中でアカヒレ飼ってたときの水槽に入れた時は1年ももたなかったのに。何がちがうのだろうか?
2020-03-226.jpg

冬に剪定したハゼノキ。幹の途中から芽らしきものが出てきた。秋にまた紅葉するだろうか。
2020-03-227.jpg

ちょこちょこしくじる

約1ヶ月ぶりに釣り。釣りに行くのがまばらで思いつきになってるので、なんか忘れ物をしてる気がしてならない。

まず、釣り用のシューズ忘れた。やばい。テトラの上をへろへろの普段履きでは危ない。真夏も車に入れっぱなしにしてるところ、安物ゆえ靴底の接着が剥がれてきたので、家の中に持ち帰るようにしてたのを忘れた。
ただ、車の中に膝下まである長靴みたいなブーツが入ってたのでとりあえずセーフ。

21時頃から釣り開始。中潮の下げ止まりが迫る時間帯。緩やか~な流れがある程度。無風。むしろ上流側に流れているようにも見える。

ほいほいと投げていく。ルアーの着水音がはっきり聞こえる。だめだな、こりゃ。

ワームでも使うか。これどうかな?んー、ちょっと重すぎるかな。流れがないから思ったより沈んでしまう。軽いのに変えるか。と思ったら根がかりロスト。あーあ。

水面が大分下がってるな。テトラの下の方に降りないとルアーが足元で引っかかってしまう。

ずる、がしゃ。

バランスを崩してテトラ上でこける。足がズボッと水に落ちる。しかし、ブーツのおかげで濡れずにすんだ。いつも使ってるシューズだとずぶ濡れだ。しかし、この歩きにくいブーツのせいでバランスを崩したとも言える。
コケたときに強く前に倒れたが手をついてしのいだ。防寒もあるがやはりグローブをしてて助かった。フジツボやカキ殻で手を切るところだった。

約1時間半経過。もう終わりかな。潮止まりだし。ネットで釣果漁ってたら、上げ潮でも釣れてるみたい。ほんとに?でも、新聞の釣りだよりでも上げ潮のときに釣れてるのを見たことある。上げ潮なんて完全に止水状態だと思うんだけど、そんなんで本当に釣れるの?まあ、たしかにじゃあなんで下げ潮で釣れるのかと言われても説明はできない。上流から餌が流れてきて活性が上がってるとか、弱ってる魚が流れに押されて餌にされやすいからとか、その程度の予想しかできないし。上げ潮の時は水の中はどんな状況になってるのだろうか?

で、最後の1投と思ってサイレントアサシン放り込んだところ、ぐっ、とお魚の反応あり!!
バシャバシャと水面で暴れる。
よし来た!!

2020-03-21.jpg

もー、またおまえかよソイ・プードル。25cmくらいのナイスサイズ。スレがかりで引きが強かったとは言え、お前ごときにタモを使ってしまったじゃないか。さようなら。

お片付け。あ、水忘れた。いつも1Lペットボトルに見ず持ってきてるのを忘れた。まあ、いいか。家で洗えば。と思ったらあった。忘れてたのだけど、前回の釣りで使った余りがあった。

新しい大橋の工事状況を観察。お、橋桁の上にでっかいコンクリート建造物が増えてる。遠いところから見ると、暗闇で点滅するライトとそのシルエットが、ア・バオア・クー戦で出てきた戦艦ドロスみたいに見えた・・・
2020-03-21_2.jpg

シングルスの試合 軟式打ちで行きます

選抜甲子園も中止とはねー。他の全国大会も中止になってるから野球だけやるのはおかしいとか言うけど、他のもやればいいのよ。こんなに、こまでやめることないでしょ。出場決まってた高校にはこれを糧にさらにがんばれとか言うけど、そんなの何の励ましにも慰めにもならんよ。テレビのインタビューで気丈に答えてる姿が痛々しい。大体はキャプテンが喋ってると思うけど、高校生があそこまでしっかり受け答えできるもんかね。これ以上イベントごとの中止が続くと、コロナで死ぬより経済で死ぬ人のほうが増えそうだ。

で、俺は連盟登録してもらってるクラブのシングルスの試合へ。まさかこれも中止か?という疑念を抱いたが何の問題もなかった。3月の最初に練習して以来、何もやってない。ランニングと家で軽い素振りとテニスの動画を見てたくらい。在宅勤務が多かったので、逆に会社帰りの壁打ちも行ってない。ま、最後の練習でフォア復調したのでなんとかなるでしょう。

1回戦
入る気しない(笑

なんでだろうな?直前の壁打ちでも全然問題なかったが、シングルスの試合でコートに立った途端、入る気が全くしない。
相手は、レッスン生の女子中学生。いきなりきついっす・・・。

1ゲーム目は取れたんだけど、2,3ゲームと落とす。4ゲーム目は本気サーブがガンガン入ってキープできてG2-2。

そこまではフォアを無茶振りせず、入るように入るように抑えて打ってて、ぎりぎり平行カウント。しかし、前の練習で打ってたような感覚が無く、振ったらミスする感にずっと包まれていた。

で、JCの振り切ったショットに徐々に押され始め、攻めないとやられるという思いが強くなり、少しずつ振り出して、少しずつミスが増えて離されていく。離されるほど無理をして余計にミスをする。サーブも入らなくなり、相変わらずセカンドの方が確率が悪くダブルフォールトも重ねてしまう。
G2-6で負け。

後から聞いたところ、テニス初めてまだ半年だとか。もうねー、客観的に見て勝てるとは思ってなかったけどさー、軟式+硬式で30年以上テニスやっててさー、これは如何にと思うんだけど・・・。


コンソレ1回戦
前に、G3-0からまくられて負けた人が相手。あのときもフォアが打てなくてスライスばっかりで返してたら、いいようにぼこぼこ打たれて負けた。
1ゲーム目取られたけど、ミスをしない範囲でフォアを打って挽回。バック側に結構いいボール打たれるんだけど、スライスの切り返しがうまくいって反撃許さず。風が強かったので、確率重視のサーブで自滅も防いだ。G6-2で勝ち。

とりあえず勝って落ち着きはしたが、相変わらずフォアが入る気がしない。んー、なんだかなー。

コンソレ2回戦
このクラブの試合に参加しだした頃からのお知り合いの人。久々の対戦。
もう自分の親ほどの年代の人なので、走るスピードとかは劣ってるのだけど、今の俺に相手を走らせる球威とコントロールはない。しかも、相手の方がサーブもストロークも上。
でも、ミスをしないようにラリーをして、明らかに相手の方に振り回されるのだけど、ランニングで鍛えた足で拾いまくってしのぎ、G5-3とリード。
自分のサーブで40-15のマッチポイント。しかし、勝ちビビリ状態でミスを抑えられず3ポイント連続で落としてG5-4。
今度は相手のサーブで40-15のマッチポイント。ところが、もっと勝ちビビってる状態。そして、ここまで持ちこたえてたストロークも完全に見失った状態。ミスをしないフォアも打てない。またもここから連続で落としてG5-5。
こうなると後は時間の問題。サーブもレシーブもストロークも入らず。最後はアドサイドに振って戻ってきたボールを、ストレートのオープンコート狙ったら、パチーンと薄ラケにも関わらずものすごいフレームショットになってホームラン。G5-7で負け。

はー、相変わらずですなー・・・。


コーチに「グリップの厚い薄いで、肘曲げた方が良いとか伸ばした方が良いとかありますかね?」て聞いてみた。
「肘は伸ばしきらない方がいい。シングルハンドのバックなんかは特に。伸ばしきって打つと、抑えきれず吹っ飛んでいく。」
え、そうなんですか?バックなんかテイクバックから伸ばしきって打ってるイメージなんだけど。フォアもそうなのかな。フェデラーさんとかナダルさんとかストレートアームでばっこばこ打ってるけど。
まあ、ちょっと肘に余裕をもたせて打つ感じがいいのかな。よくわからんけど。

エキシビジョンマッチ
なんかよくわからないけど、コーチの女子中学生の娘さんと試合をさせてもらえることになった。意図はわからない。「6-0で勝ってきてください」て言われたけど、ここまでの俺の結果を見てますよね?

サーブからですが、やはりよく練習してる振り切ったストロークに翻弄されブレークされる。
2ゲーム目も押される。しかし・・・
もういいや、軟式打ちで行こ。
と切り替えたところ、それまで振ればカッスカストップスピン、すっぽ抜けトップスピンだったのが、厚い当たりになってコートに入りだした。コースは狙えないけど、伸びる深いフォアで相手を押し込んで挽回。
サーブもようやく安定して入るようになった。で、バックもコーチに教えてもらった肘のことを気をつけて打ってたら、確かに入るようになってきた。
G3-1になったところから、娘さんに諦めの表情。足を動かさず手だけで打つようになってきてフレームショットが増えだす。
G6-1で勝ち。

やったー!!人生で初めて中学生に勝ったー!!!
娘さんも別に最初に試合した子と比べれば遜色無かったんだけど、ちょっと辛抱足らなかったかな。
コーチ「お前、そこにいろ。もう1試合行くぞ。」
娘「なんでよ!!1試合だけって言ったじゃん!!」
コーチ「舐めた試合をするけんじゃ!!」
娘「ほな、あと1試合な!!」

娘さんは、めっちゃかわいいけど、反抗期らしい。

最後の試合
もはや、何位決めの試合なのかわからない。
相手は女性。数年前、ハンデを付けた状態で対戦したとはいえ、マッチポイントを取られるところまで追い詰められ、逆転でぎりぎり勝った。
サーブから。前の試合から安定して入るようになった。ストロークも入る。相手の人もすごい上達してて、フラットボールががんがん飛んでくるけど、それ以上に俺の方が入るので問題なし。
G6-0で勝った。
ダブルフォールト無く自滅せずに進めることができた。相手の方がストロークもスピードあるけど、軟式打ちで対抗して終始リードできた。

連勝して機嫌よく帰った。(笑
5試合して、そのうち女性3人が相手だったという珍しい日だった。当然、全員全力で。しかも1試合目の女子中学生には惨殺された。
しかしコーチ娘さんには快勝。まあ、しかし、ジュニアとの試合は難しいね。負けたら惨めだし、勝ったら痛めつけてるようで虚しいし。

今日は、ピュアコントロールを使った。当初からフォアが入る気がせず、一番飛ばないラケットを使った。一瞬だけピュアドライブ2015も使ったけど、全く復調せずすぐ使うのをやめた。本来の主力ラケットピュアドライブ2018は、前回の練習で弾きすぎる感覚が合わず、この日は全く使わず・・・。もう試合で使わないと思ったラケットしか使ってない・・。
P_20200315_165523_vHDR_On.jpg

サーブはちょっとフォーム変えて、最後の方にようやく入るようになった。最初フラット打ってたんだけど、やはり確率が上がらず、セカンドの方が確率悪くて自滅。自分のペース乱さないことを考えると、ファーストが7割位入るサーブを打たざるえず、ちょっと強いセカンドを打ってる感じになった。結局セカンドもほぼ同じサーブを打って確率上がった。相手の肩くらいには弾んでた。最初はスピンかけることを意識して巻き込んでネットするミスが多かったけど、面を打球方向に向けたまま振り抜いてスピンかけたら安定した。

フォアは軟式打ちにして復調した。多分、今までこすりすぎてた。コートに入れるためにスピンを意識してたけど、スピンかける動作が過ぎてたのではなかろうか。もっとフラットに当てていかないとな。

バックはコーチのアドバイスで良くなった。あまり数打ってないけど、打つときに不安を感じなかった。しかし、スライスはミス多かった。ラケットの上とか先の方で打つと良いという動画を見て、たしかにそうだと思って打ってたが、実際に試したらだめだった。

今日は珍しく後半調子上がったけど、動画見直したところ、見た目ほとんど変わってない。むしろ、見た目思いっきり変わるくらいフォーム変えたほ方が良くなるのかな?小手先レベルで変えてるから、良くなってもすぐだめになるような。

最後の調子が続いたら次の大会も期待できるけど、だめだろうな。どうせ忘れるよ。
それとも次の試合まで練習しないほうがいいかな。余計なことするとすぐ忘れる。
あと、動画は見すぎない、かな。

走力が落ちる

子供の進学手続きの資料を読んだり書いたりして昼過ぎまで過ごす。もう、資料が多すぎて困る。長文を読むのが苦手なので苦痛でしょうがない。送らなくていい証明書を配達証明で送っちゃったり、入学金まだ払い込む期間じゃないのに払い込んだり。寮にも入るから、その手続準備があるし。めんどくさいわー、もう。

昼からランニング。次のとくしまマラソンがいつになるかわからないが、今の走力は維持しておきたい。今日は休みだし、10km位走ろうかな、と思ってスタート。

2kmくらいまでは6:10/kmと快調。ちょっと歩幅を縮めてみたら足がよく動いた。
しかし、そこからペースが落ちて、6:30/km、6:40/km、6:50/km。

なんか苦しい。
足は動かないし、息も苦しい。
10kmも無理。

その後、6:30/kmを切るくらいまで戻して、7km走って終了。
いつも走ってる6kmから1km余分に走るだけで諦めた。

フルマラソン5時間切りを目標に練習してたとは思えない堕落ぶり。今日のペースが最後まで維持できれば余裕だけど、7kmぎりぎり。とても今日の6倍も走れる気はしない。

なんだろうな?
数kmとは言え、週に1~2回は走ってるんだから、それくらい余裕で走れるはずなんだけど、走るたびに体が重く苦しくなっていく。十分と思ってたけど、維持することができないくらい練習量が少ないということか。半端に練習するほうがきついのかな。普段から10kmくらい走る方が、もっと体が軽くなるのかな?

まあ、でもやっぱり気持ちがね。当面、大会が無いので、無理して上げていこうという気持ちが起きない。普段の積み重ねこそが大事なんだけど、ここらへんがにわかランナーの限界かな。

体が重い

今週から学校が休校。在宅での仕事が認められたため、昨日今日と家で仕事。別に放っておいてもいいのだけど、家にいていいならそれに越したことはなく、ありがたくそうさせてもらった。やっぱりその方が安心できる。それに、なんと言ってもあのストレスに満ち満ちた空間に行かなくても良いという大きなメリットもある。

夕方仕事を終えご飯を食べる。奥さんが夕ご飯を作り置きしてくれてて、俺は味噌汁とかだけ作って子供食べる。その後ランニング。いつもの6km。もう、マラソン大会も無いし、週末の長距離練習はやってない。今日も無理にペース上げず、手抜きペースで走る。

しかし、体が重い。遅くも速くもない一番楽なペースで走ってるつもりだったが、7分/km前後のペース。前半は6:50、後半は7分を超えて、結局42分かかった。いつもは夕飯前に走るのだが、そのせいだろうか?

とくしまマラソンを5時間切るという目標で練習してたが、ぜーんぜんだめ。足も苦しいし息も苦しいし、ぜーんぜんだめ。ハーフマラソンも走りきれるのか怪しい感じ。何だったんだろうな、あの29kmとか走ったの。1週間に1回のランニングでは維持もできないのだろうか。

ま、別にいいけど。やっぱり何か目標となるイベントが無いとやる気が起きないな。

最後の練習

とくしまマラソンも中止が正式発表され、他のマラソンもどんどん中止され、それどころかありとあらゆるイベント・催し・行事ごとが全部中止。終戦諦めムードが漂う今日このごろ。

今日は阿波シティマラソンがあるはず日だったがテニスの練習へ。しかし、この練習も今日が最後。なぜなら、いつも練習させてもらってるサークルで使用してるのが町営のコートなのだが、町営管理の施設は3月いっぱい全部使用中止となったため。
驚きだね、ほんと。北海道は週末外出控えろとか言ってたけど、ここもいつもより車がかなり少ない。いつもなら40分かかるところ30分くらいでついた。もうね、やりすぎだって、ほんと。ここ2週間が大規模感染の瀬戸際とか言ってるけど、そんなのもう遅いって。毎日毎日新たな感染者が出てるのに、今更子供だけ休校にしてそれが変わるか?
これは終わりが見てこなくなったな。4月以降の試合もあるのかどうかわからないな。

というわけで、最後の練習を堪能してきました。
フォアは復調した。フォームのこととか無視。ただ入るように打つだけ。今まで正しいフォームで打つことにこだわりすぎて、手打ちになってたな。体の回転でボールに圧力かければ腕でちょこちょこやらなくても飛ぶわ。今までは腕だけで前に飛ばすのとスピンかけるのを両方やってておかしくなってたわ。腕だけでこするようなスピンだと威力ないし不安定だけど、フラットで当てたほうがボールがラケットに食いついてスピンもかってにかかる。やっとこの感覚を思い出したわ。

同じような感覚でバックとかサーブも好調。よしよし。ただし、試合は勝ったり負けたり。おれのせいじゃないよ。

しかし、ラケットをナチュラル張ってるピュアドライブ2018に変えたらおかしくなった。サーブが全然入らなくなった。特にスピンがかからない。スピンサーブ打とうとしてるのに、スピンはかからないし、どこに飛ぶのかわからない。
最初はコートが湿ってたので、ポリを張ってるピュアドライブ2015を使ってたのだが、ストロークもサーブもボールをしっかり掴んでる感じがあって、振りまくっても安心感があった。それが、同じような打ち方をしてるはずなのに、全然入らなくなっていく・・・

大分経って、掴むんじゃなくて 弾くような感じで打ちだして、ようやくサーブが入るようになった。ラケットの感覚がだいぶ違う。打ち方を変えないと入らないことがわかった。ポリと言っても、ルキシロンのスマートは44lbと緩めで張ってるのもあって、かなりボールを掴む感じがある。遅いスイングの時は柔らかく、速い時は硬くなる性質。基本的に俺のスイングは遅いと思われる。
去年の試合は最初ピュアコントロール+ナチュラルで、あとからピュアドライブ2015に変えるという使い方をしてたのだが、そんなに感じは変わってなかったのだが。ピュアコントロール自体が柔らかいからかな。前もピュアストライク+ナチュラルのときに感覚が合わないときがあった。
2018のストリング、ちょっと考えものかな。サーブのスピードを出したくてこのセッティングにしたのに、ちょっと感覚と合わないところがあって確率があがらないのは困る。入れるのにやや手加減している感じがあって、肝心のスピードも出せてなくて意味がない。

ま、これで当分テニスは終了。次はいつできるかな。それまではサボってた釣りにでも行こうか。