Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である

アクセスカウンタ

zoom RSS 県シングルス選手権 地震が来るかもしれない

<<   作成日時 : 2018/11/24 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はい、県のシングルスの試合です。仕事のメンバーを休日出勤させてしまってるのに、俺はのうのうとテニスをしにきました。全クラス試合が揃ってるこの大会。今回はB級で出た。去年は35歳で出たけど、35歳の人は一般に出ていることが多くて人が少なく、二人しかいなくて3セットマッチで散った。今年から45歳で出られるが、このクラスはやる気と実力に溢れてる人が多くて、トーナメントなので1回やって終わる可能性が高い。それだったらB級の予選リーグで複数試合やれると思って。しかし、申し込んだ後に今年は45歳もリーグであったことを知る・・・。

いつものごとく壁打ちしてから来たが、フォアで3球入ったら終わろうと思ってたら、3球目に必ずネットをするというミスで何度も失敗。かなり不安をいだいて出発。車の中で、やべー、今日もやべー、テイクバックはこうしてー、とかもんもんと考えてたが、疲れた。もういい!!何も考えない!!

しかし、寒いなー。動くと暑いんだけど。じっとしてるとすぐ寒くなる。風は冷たくてやや強い。

1試合目
世界に誇る某地元有名企業の若者が相手。どっかで見たような気がしないでもないが、思い出せないので、多分気のせい。受付したら前の試合が棄権で無くなってるからすぐできると言われ、何も考えずはいやりますと言って、ストレッチも何もせず、いろんな装備品を慌てて身にまとって開始。試合前練習で、バックハンドでホームランを打って、胸騒ぎが抑えられない。

相手のサーブから。最初のポイントで安直にネットに出ていったら見事に抜かれて、その後もリターンできずに続けて失点。G0-1。
第2ゲーム。チャンスボールをフォアで叩き込んだ先に相手がいて、カウンターでウィナーを取られて、まだ1ポイントも取れない。試合開始直後から相手の応援が湧く。女子も応援している。おのれ・・・。

しかし、この後、サーブが入って相手がミスしてくれて40−15。しかし、せっかくいいサーブが入ってネット際にチャンスボールが来たのに、簡単なドロップショットをネットにかけてジュース。やばい。早く1ゲーム取りたい。アドバンテージでサーブ&ボレー狙うもまたパッシングで1発やられる。焦る。
しかし、相手のストロークとリターンのミスに助けられG1-1となんとかキープ成功。

サービスキープ、そして1ゲーム取れたことでやや落ち着いてきた。フォアが安定して入るようになり、ホームランバックハンドもラインの中に入るようになってブレークに成功。G2-1。

練習してきた頭くらいの打点で打つフォアハンドのトップ打ち(軟式用語)が最初ミスばっかりだたたけど、力抜いて徐々に入りだす。ムーンボール気味の返球が多い相手に効果を発揮することになる。
サーブもYouTubeで勉強したスピンサーブが入るのでダブルフォールト無く安定。ファーストでもスピンサーブを使いつつ、フラットサーブも混ぜて緩急をつけてキープを続ける。もっとネットに仕掛けてもいいところだが、なぜかその方が相手のストロークが強力でパッシングを何本も決められたため、自重。G5-1までリードに成功。

しかし、どんなにリードしても安心できない俺。今まで負けに負け続けているため、少しでも追いつかれるとドキドキが隠せない。
相手のサーブで30−0とまたブレークのチャンス。しかし、ここからリターン、ボレー、トップ打ち、バックのスライスと凡ミスを繰り返しG5-2。

ドキドキが隠せない、第8ゲーム。ファーストポイントをネットに出てボレーし、相手のミスを誘ってゲット。相手にネットプレーでポイント返されたけど、安全にキープできてG6-2。これで再び落ち着きを取り戻す。
第9ゲーム。意図しない怪しいフレームショット&ドロップショットで相手を翻弄しブレークに成功。
そして、第10ゲーム。安定のサーブ、フォア、卓球のカットマンのようなスライスを繰り出し、ポイントを重ね、最後はトップ打ちウィナーが決まってG8-2で勝った。


やったな。県の試合で勝ったのいつ以来だっけ?去年は1回も勝ってなかったよな?いや、D級で1勝したっけか?まあ、いいですわ。お、あれに見えるは国府のお母さん。今日も観戦ですか。勝利を祝ってくれてか、なぜかまたポカリスエットを恵んでいただきました。乾杯。


2試合目

先程の勝利の余韻に浸っていたが、程なくして呼ばれた。どこかの若者が相手。

第1ゲームは無難にサービスゲーム、キープ成功。よしよし、相手のミスが早いよ、ラクラクよ。と思った第2ゲーム。いきなり相手の強力サーブでリターンできなかったのを皮切りに次々攻められてG1-1。さらに次のサービスゲームも相手の攻撃の前にあっさり落としてG1-2。

第4ゲームも相手のプレッシャーにミスを出してしまい40−0。しかし、それなりにラリーを頑張ってたことで相手にもミスが出て40-40。のはずだった。しかし、後から動画を見て気づいたが、なぜかこの時点で俺がゲームを取ったことになってG2-2。なんど見直しても40-0から40-40に追いついただけなのに、相手がボールを俺に渡し、そしてなんの疑いもなくサーブを打ち出す俺。試合をしている時は全く気づいてない。確かに俺も何故かこの時ブレークした気になってた。本来なら最低でも後2ポイント必要なのに、取ってしまった。

第5ゲーム。セカンドになると、入るけどなんの伸びもキックもしないスピンサーブでは攻め込まれる。ファーストでフラットサーブをメインに打ち、それが功を奏してキープ成功G3-2。
第6ゲーム。狙ってかどうかわからないが、相手のサーブの緩急にレシーブでミスを繰り返しG3-3。キープが続きG4-4。

やばい。非常にプレッシャーである。拮抗した状態になり、少しでもほころびを見せると、一気に持っていかれそう。多分、相手もそう感じてる。ゲームが進むごとにレシーブが全然入らないようになり、サーブをブレークされたらあっという間に負けそう。

第9ゲーム。早速ダブルフォールトで始まる。負けるか。負けるのか?でも次相手のミスで15-15。でも俺ミスで15-30。負ける。負けてしまう。セカンドサーブ。相手コートに入ったら、バウンドせず転がっていった。人工芝の裂け目にはまったらしい。30-30。そこからファーストサーブはいらず苦しんだけど、ラリーで相手のミスに助けられキープ。G5-4。

第10ゲーム。レシーブをとにかく入れる。相手コートに入れる。ほとんど相手コートに返ってないので、入るだけでとりあえず流れが変わる可能性がある。1ポイント目、まさにラケットに当てて返したら相手のミスで先制。そして、ダブルフォールト2本。最後もあっさりミスで取ってブレーク成功。G6-4。

第11ゲーム。ここだ。このゲームが超大事。ところがパッシングショット、フォアのウィナーで0-30。うう、ブレークされる。と思ったが、良いサーブが入って、15-30。ラリーで頑張って相手のミスを誘って40-30。それでも強気の相手にスマッシュを決められジュースとなるも、再びラリーで頑張って相手のミスでキープ成功。G7-4。

第12ゲーム。もう、ここで決めたい。後3ゲームのうち1ゲーム取れば勝てる。しかし、たまたまキープできてるが、キュウキュウの状態で次のサーブで取れる自信がない。相手のサーブの調子が落ちてきてて、ストロークにもミスが目立ちマッチポイント。しかし、俺も焦りがあって、リターンでミスが出てしまう。遠くに国府の母が見える。さっさと決めてしまいたい。しかしリターンミス。焦る俺。相手も焦ってると思う。取れば次でブレークできると相手も思ってると思う。
3回目のジュース。ドロップショットからのスマッシュでマッチポイント。そして、返しただけのリターンを相手の強打はアウト。G8-4で勝ち。相手のフォアの強打に難有りの状態、さらにハンデとラッキーポイントに大分救われたが、そこまでラリーをがんばれたのが大きかった。


まさかの2連勝(1ゲームのハンデあり状態ではあったが)。天を仰ぎ、国府母の祝福を受け、休憩に入る。やばいな。かなり大きな地震が来るかもしれん。まさかの勝利報告に本部の人もびっくりだな、きっと。
その後、知り合いの人と談笑して、軽く食べながら、勝利の余韻に浸る。


3試合目
この試合で勝ったほうが本戦。しかし、さっき苦労して勝った相手にG8-2と圧勝の相手。去年のミックスダブルス団体戦で同じチームになったことがあるが、相手のほうが強いのはわかっている。ただ、シングルスに出てくるのはあまり見てないので、やってみないとわからない。

甘かった。序盤から一気に持っていかれる。サーブは厳しい。厳しいとこ入ってくるし、威力もある。前の試合まで通用してたカット気味のリターンも、ストロークの餌食。そして、サーブ&ボレーの前ではもっと意味なし。なんか相手のフォアが、ほぼ無回転でネットスレスレで飛んでくる感じ。すげー異質だ。
こちらのサーブも通用しない。俺の威力のないスピンサーブでは攻め込まれる。フラットサーブが入ったら、甘めの返ってくるボール。このボールを攻めこめればいいが、そこそこのボールをなんとなーくな所にしか返せない俺。次のボールで攻められて形成が逆転してしまい、ポイントできない。序盤はほとんどポイントすらできず。ここを取れば、という展開もあったが、ダブルフォールトや凡ミスで流れが変わらず、あっという間にG0-5

第2試合の途中で、構えただけで足をつりかけている状態ではあったが、休憩時間は長かったので回復はしてた。しかし、追い込まれてダッシュするのを繰り返してたら徐々にひどくなってきた。

第6ゲーム。最大のチャンスはここだった。サーブとストロークが少し復活し、40-30のゲームポイント。しかし、相手のコートボールがネット際に入る。届いたけど返すだけになり、相手に軽く返されてジュース。さらにゲームポイントを得た。ストロークで追い込んでチャンスボール。ここまで何度も決まったドロップショット。ところがカス当たりすぎてネット下段。リードしたのはこれが最後。相手のドロップボレー、ダブルフォールトで失い、G0-6。

ここで、まさに力尽きた。足のつりがひどくなってきた。相手のサーブに対して次々とレシーブミス。諦めてはないが、同じミスを繰り返した。前の試合では返すだけに集中とかしたのに、相手のプレッシャーの前に強打にこだわってミスを繰り返した。サービスエースも取られた。
最後のサービスゲーム。チャンスもあったけど最後の詰めで足が前に出ず。15-40。サーブ入ったけど相手が動かずにフォア打てるところに行ってしまい、サーブより早いリターンエースを決められる。G0-8。負け。

あかん。途中でミスしたこと、試合に負けていることを、足がつったことに逃げてしまった。最後までくらいつかないといけないのに、最後の1歩が止まってしまった。足がつると、真っ直ぐ走ることより、ボールに近づいて細かい調整をすることの影響が大きい気がする。ちょっと厳しいボールが来ると踏ん張りがきかず、簡単にミスしてしまう。そんなことわかりきってるのだから、泣き言言わず打ち返せ。


2勝したけど、最後はちょっと寂しい結果だった。フィールドは違えど、長年試合して勝ってきたので、こういう終わり方は寂しい。相変わらず体力ない。国府母には風で吹き飛ばされそうとか言われるし。まあ、でもたしかに、今日の気温で足つってる人なんていないよな。寒かったから足が冷えたのもあるかもしれないけど。マラソン、完走できるだろうと勝手に思い込んでるが、スタミナ切れより早く足をつりそうな気がしてきた。

フォアもバックもミス減った。フォアは高い打点はトップ打ちが入るようになってきたし、低い打点もネットに叩き込むことが減った。というより、ミスした記憶がない。課題は横に走らされたときかな。癖で肘が体にくっつけて、体を回して打とうとしてしまう。体は回さず、引きつけて腕だけで打ち返さないと。

バックはトップスピンがいつもより多く入った。動画を見てると、まだ横振りすぎる感があるので、もっと低い位置から振り出してボールがしっかりラケットに乗るようにしたい。スライスは卓球カットマンスライスが結構効いた。ナチュラルストリングなので、そういうボールが打ちやすい。

サーブがちょっと苦しんだ。母には良くなったと言われたけど、自分としてはファーストサーブで使うフラットサーブをもっと入れたかった。入れば相手のミスを結構引き出してたけど、確率が悪かった。多分、半分は入ってない。30〜40%くらいの感覚。壁では同じ位置に打ててたのだけど、やっぱりコートで練習しないとだめか。試合でポイントごとに狙うところを変えて入るレベルに達してない。最後の試合でちょっとコツをつかんだ気はする。
YoutTubeで勉強したスピンサーブはよく入った。苦しい場面でも入った。しかし、3試合目では大事なところでダブルフォールトしてしまった。威力にしても強い相手には通用しない。動画を見てもイメージが違う。

ラケットはピュアストライク2014+ナチュラルで正解だった。やっぱりシングルスは守備範囲が広くて、フルスイングできる場面が少ない。ある程度、当てるだけで飛んでくれたほうが助かる。ナチュラルだと当てただけでもスピンかかって飛んでくれる。すぐ疲れるので、サーブとかも助かる。

しかし、強い人と試合すると1球の差を感じる。余裕がある時の1球目。これがまともに打ち返せない所に確実に来る。サーブもそう、ストロークもそう。俺はまだ、打つときに不安で、入って良かったと思いながら打ってるので、細かいところを狙えない。今日は調子よくてストロークのミスが少なかった。でも、3試合目は通用しなかった。勝てなければ上位進出は無いが、これからさらにレベルアップして、こういう人たちと互角にできるというイメージが今のところ無い。

まあ、でも、今日は驚きの2勝ですよ。1ゲームは勘違いで取って、あれがなかったら逆の結果だった気もするけど。いつもの凡ミスが激減し、苦しい場面も耐えて挽回できた。もっと打てて当たり前のレベルに達して、もっと細かいこと考えながら試合ができるようになりたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
県シングルス選手権 地震が来るかもしれない Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる