初体験 バチ抜け

  先週、アラフォー前厄にして、練習試合とは言え初めてピッチャーデビューした俺。明日は今年の開幕戦。一週間入念にフォームをチェックし、1ポイントでも行けるように準備してた。しかし、監督からメール。相手チームが棄権のため、明日の試合はなしと・・・・。しょうがない。釣りでも行くか。

 

  20時半頃、吉野川到着。干潮が22時半過ぎなので、あまり時間が無い。2週間ぶりだけど、前回は全くかすりもしなかった。このところ、やややる気落ち気味。このパターンでこの方法で釣れればいる、釣れなければいない。そんな感じでちょっと流れ作業的な釣りになってしまって。

 

  先行者が一人いるな。邪魔にならないようにかなり離れる。遠くで煌々と水面を照らす漁船あり。まさかシラス漁か?一抹の不安を覚えるが、近寄ってくる気配はない。今日も流れ作業的にミノーを投げる。中潮の下げ潮。流れはあるけど、そんなに速くない。夜も黄砂のせいか、星の光が鈍い。眉山付近の町並みもぼやけている。

 

  ん?変なところで障害物に当たる感覚。おかしいな?そんなところに障害物が?みたいな。しばらく続けて反応がないのでルアーを変える。ん?何、このぷよぷよした物体がフックにかかってるのは?またしばらく続けるがやはり反応は無い。足場を変えるためにルアーを回収し手に取ると・・・・、何この軟体動物は?ミミズのような。気持ち悪。障害物に当たるときに引っかけてるのか・・・?

 

  ふと気になってライトで水面を照らす。・・・・。こ、これは・・・・ゴカイが泳いでいる!!よーく目をこらすと、1匹だけじゃなく、何匹かうようよと水の中を漂っている!!これがバチ抜けか!!

 

  あんな物は東京湾みたいなごく限られた地域だけかと思ってた。しかし、数は少ないが、間違いなくゴカイらしき物が泳いでいる。シーバス再開して5年にして初の体験。今日はバチ抜けパターンだ!!

 

  とはいえ、どうしたらいいんだろうか?ルアーはシンキングペンシルかな。にょろにょろ持ってるんだけど、普段使わないから車の中のバッグか家か。手持ちの物を探る。レイジー7Sとエリア10Evoのクリア系の色を取り出す。これをいかにゴカイに見せるか・・・。普段はミノーを下流側から泳がせてくるんだけど、ゴカイはそんな動きはしない。上流側に投げ、ロッドにテンションを感じるぎりぎりのスピードでリールを巻く。ゆるゆるではまたライントラブルだからな。反応がないので、下流側に投げてデッドスロー。反応は無い。しかし、時々?な感触がある。沈みすぎて障害物に当たってるのか?流れてきたゴミにでも当たってるのか?

 

  上流側を探ってるとき、ゴッ、ギュン、っと来た!!しかし、あっという間に軽くなる。あちゃー、今のは明らかに来とったよ。うぉー、辛い・・・。さらに下流側を探ってると、コッ・・・・ぐぅいっと来た!!今度は乗っている!!ぐりぐり寄せてくる。タモを用意し、浮かせようする・・・・ばれた・・・。うぉー、かなり辛い・・・。はー、久しぶりにシーバスさんに会えると思ったのに・・・。エリア10のフックが曲がっている。このフック、細くて弱いんだよなあ・・・。

 

  コツ、コッ、と何かに当たる感触は続く。だんだんわかってきたぞ。これ、きっとシーバスだぞ。アタリがすごい小さい。そして、乗らない。いつもだと向こうアワセで乗るのに。なんか違う。ミノーの時、小魚を食べている時は素早く泳ぐ標的を狙うので、向こうから一気に狙いを定めて突撃してくる。しかし、今日の餌はゴカイだ。しかも水の中を漂っている無防備な生き物。口を開けてりゃ勝手に入るような相手。だから口先でちょっと触れるだけ。

 

  そんな想像をしてみる。こっちからアワセを入れないとだめか。即アワセか、一度送った方がいいのか・・・。何度か試みるが、うまく乗らない。しかし、シーバスは確実にいる。

 

  ここ・・・、ぐぐ・・・ぶるっ。

 

  来たー!!乗ったー!!どうやってアワセを入れたのか覚えてないけど、乗ったー!!ドラグはゆるめに直してある。足下に来た。さっきはここでばれた。テンションが変わらないように体全体でいなす。うー、相手の元気があって、腕が疲れる。そして、最後のタモ入れ・・・。

 

  image

 

  60cm強のシーバスゲットー!!やっぱり釣れたらうれしいです!!

 

  さらに続ける。何度も明らかにアワセ損なっているので、悔しい気持ちの方がまだ大きい。足場を変えて探っていく。

 

  同じように、また来たー!!

 

  さらに元気で強い。足下でごんごん潜られる。腕がだいー。足場がやや悪く、タモ入れに苦労する。が、しかし、

 

image

 

  さっきよりもうちょい大きいのを追加!!やるじゃないか、俺!!おめでとう、俺!!しかし、タモに入れて持ち上げた瞬間。ボキッとタモの根本が折れた・・・(泣。

 

  いやー、良かった。2匹も釣れた。タモが折れたので、ここで終了とした。いやー、良かった。2匹も釣れるなんて。流れはいつもより明らかに弱かったけど、いつもと違うパターンが経験できた。うまい人ならもっと釣ってただろう。途中でいなくなった先行者の人は釣りまくってたのだろうか?これで今年4匹釣れた。今月はもういいや。

 

  ちなみに、折れたタモ。また買わなければ・・・ということはない。以前、タモのグリップエンドが勝手に落ちてしまったので、同じタモを買ってグリップエンドだけを使ってた。だから、タモの柄がまるまる残ってた。それと交換するだけですむ。おいといて良かった(喜

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

nero
2016年03月06日 01:06
こんばんは。初投稿です。バチ抜けって数はけっこうまとまってその辺にいるんでしょうか?できればどこで目撃されたのか教えていただければ大変助かるのですが・・・・。
管理人
2016年03月06日 18:00
こんにちは。
結局、自分もはっきり見たのはこの時だけです。場所もここというはっきりしたところはないです。河口付近全体的です。この時は北側ですね。最河口付近です。
目に見えなくてもシーバスの口一杯にバチが入ってるときがありました。

この記事へのトラックバック