Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である

アクセスカウンタ

zoom RSS 間に合わない

<<   作成日時 : 2018/04/29 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の試合の動画をまた見てた。コンソレでやって負けた中学生。サーブのフォームがおかしかったので最後までたいしたことないと思ってたが、改めて見てると結構やり手だったかもしれない。ネットプレーはすごくうまかったし、そんなに悪いと思わなかったアプローチでもパッシングショットを軽々と決められてた。スライスや遅いボールを使いまくってたのが、結果的に相手のリズムを変えて攻撃を抑え込んでたのかもしれない。

久々にコートで練習。肩が痛くて壁打ちも釣りも控えてたが、あまり良くならず。でも来週試合なので練習したいし。また頭の中でああしよう、こうしようというシュミレーションをしてたので試したい。

10歳上の年齢別ですごい強い人がいて練習の相手をしてもらった。ミスするのは俺ばかり。ミニラリーも普通のラリーも気がついたらネット際に落ちているボールは俺のサイドばっかり。ダブルスだけど試合をしても全敗。ペアを入れ替えても俺だけ負ける。

ボール打つ時、手首って使うのか聞いてみた。基本的には使わないと。使うとヘッドが前に出すぎてボールに被ってしまうそうだ。そうですね。まさに俺のことですね。そしてなるべくグリップは握らないようにしていると。ふーむ。俺の場合、そうすると手首も緩んでしまうな。

シュミレーションでも気をつけていたが、その話を聞いてより腕の使い方に気をつけるようにした。フォアはちょっと勢いをつけようとすると腕をしならせて暴発することがおおいので、卓球のドライブを打つくらいの気持ちで打った。飛ばないラケットを使っていても普通に打ってると合うとしてしまうので、余っている力はラケットを振り上げてスピンをかける方に回す気持ち。今日は頑張って低い打点はなるべくスライスを使わないようにした。なるべく打点を引きつけラケットを振り上げた。浅い時は頑張って足動かしてボールに近づき振り上げた。腕じゃなく、腕は固めて体全体で振り上げた。入るんだけど、伸びが無い。薄いラケットがそういう打ち方に合ってない気がする。でも厚ラケにするとフレームショット連発する気がする。厚ラケは筒で打ってる気がする。

バックはまたグリップを厚く変えた。厚いグリップは打てる打点の範囲が狭くなるのが嫌でイースタングリップで打つようにしたかった。何度も諦めて、また練習して打てる気になって、試合になると打てなかった。思い返してみれば、いろんな打点で打ちたいにもかかわらず、どの打点でも打ててない。それなら、狭くても確実に打てる打点があるグリップの方が何倍もマシであることに気がついた。

もう一つ問題があって、それはグリップの握り変え方。グリップエンドから見て時計方向に握りかえるのが速いのだが、一瞬手首が手のひら側に少し曲がる。打つ時は甲側にコックする形なので少し手首の感覚が合わない。なので、遠回りではあるけど時計と逆方向に握り変えたほうが手首の形は作りやすい。が、遠回り故時間がかかるし、ずれる事が多い。本来は左手使わなくても握りかえできるくらいの感覚が無いといけないのだけど、イースタンに比べると指先の感覚がまだ足りなくてできない。

実際今日もがんばってそれで通してみたけど、特にレシーブで間に合わない。握りかえることに気が取られてたらボールが来て通り過ぎた。最初にフォアの形で握ってるとバック側に来た時、余計間に合わないのでコンチネンタルで持ってたら、フォアもバックも間に合わない。最初からバックに持つとフォアが確実に間に合わない。必ずどこかが間に合わない。

それでも変えたグリップのバックハンドはそこそこ良さそう。高い打点は打てないけど、そこは今までと同じでスライスで逃げる。低い打点は握り変えさえできれば、そこそこ自身持って打てる。

肩痛いので、一番サーブがきつい。野球のボールを投げるみたいな感じで、打点が前になりすぎてボールを撫でるような当て方やスピンのかけ方になってたのが肩痛の原因にもなってたと思われるので、腕が前に出ないように気をつけた。こするんじゃなく、ゴツッと当てるようにスピンをかける。ちょっとエース狙ったろうみたいな色気が出ると全く入らない。頭が突っ込みすぎて体勢が崩れる。7割位の力で頭の位置が変わらないようにした方がいろいろ良い気がする。感じは良くなった。次の試合はこれでいける。でもダブルフォールトは多かった。

ボレーはへぼかった。簡単なボールでも決めてやろうとすると100%ミス。ミスの方が多かった。返すだけ位の気持ちで打ったほうが結果は良かった。

人が少なかったのでほぼやりっぱなし。練習不足なためスタミナ不足で疲れた。肩は痛いし、肘は重い。とりあえず悪くならなかったのが救いだった。


次の試合は年齢別。今回は新たなステージに進んだが、レベルが高い気がする。中年にもなると、勝てる自信のある強い人か、弱いけど物好きな人しか残ってないと思われる。俺は当然後者ではあるが、30過ぎてから始めたのでしょうがない。今度当たる人は知らない人だけど、少なくとも俺よりは強いだろう。どれくらい強いかがわからないだけ。自分が他の人より勝っていると思われるのは、未だ野球で盗塁できるくらいのスピードだけで、それもシングルスとなると試合感が養われておらず1歩目が遅いため活かせてない。サーブもストロークも弱い。つなぐ技術も体力も無い。我慢もできない。ネットプレーもへぼい。何を以て試合に勝とうとしてるのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
間に合わない Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる