Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国霊場八十八箇所 第十番札所 切幡寺

<<   作成日時 : 2018/01/27 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山門
image

山門からは333段の長い階段が本堂まで続く。ただ、1段の高さはそんなでもないので、思ったよりは上がりやすい。奥さんは息が切れてたけど。最後に女厄除け坂、男厄除け坂があり、お賽銭が1段ごとに置かれてた。
imageimage

激寒の日が続く中、この日も出発時点で気温3度。山腹にある切幡寺。手水場の水がカッチカチに凍ってた。
image

本堂
image

本堂の中にあるでかい数珠。回すと珠がカチッと音を立てて落ちてくる。が、そういう使い方でいいのか、その意図は何なのかわからないまま。
image

大師堂。
image

国指定重要文化財の大塔。でかいのと足場の問題でカメラのフレームに収まりきらない。豊臣秀頼が大阪の神宮寺に建立したとか。二段しか無いけど、重厚な迫力を感じる。明治の廃仏毀釈の際に取り壊されるところを、当時の切幡寺のご住職が買い取って、解体移築したらしい。説明を読むと、ああそうか、と思うだけだが、こんなものを買って持ってくると思いつくことも普通無いし、わざわざ解体して運んで組み立てようと、実際に行動することも普通は考えられない。しかし、そのおかげでこうやって身近に貴重な歴史を体験することができる。

image
image
image

はたきり観音像。お寺の名前の由来となった乙女が即身成仏されたお姿。美しい顔立ちとその姿に心打たれる。
image


ふもとから本堂までほどよい散歩道としても親しまれてるようで、お遍路以外で訪れている人もぱらぱらと見られた。
image
image
image

image

ご本尊は千手観世音菩薩。
image

おん ばさら たらま きりく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
四国霊場八十八箇所 第十番札所 切幡寺 Allez!! 賢者には毎日が新しい人生である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる